所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

工学部・化学生命系学科

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物機能・バイオプロセス

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

酵素工学,生化学,分子生物学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:バクテリア多面体オルガネラタンパク質の相互作用機構の解明とその応用

    研究課題概要:

  • 研究課題名:可溶性タンパク質の新規精製法の開発

  • 研究課題名:バイオ技術によるグリセロールからの化成品原料の生産のための基盤研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Diol Dehydratase-Reactivase Is Essential for Recycling of Coenzyme B12 in Diol Dehydratase.

    掲載誌名:Biochemistry55巻 1号 (頁 69 ~ 78)

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Toraya T, Tanokuchi A, Yamasaki A, Nakamura T, Ogura K, Tobimatsu T.

  • 論文題目名:Redesign of coenzyme B(12) dependent diol dehydratase to be resistant to the mechanism-based inactivation by glycerol and act on longer chain 1,2-diols.(共著)

    掲載誌名:FEBS J.279巻 5号 (頁 793 ~ 805)

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):Yamanishi M, Kinoshita K, Fukuoka M, Saito T, Tanokuchi A, Ikeda Y, Obayashi H, Mori K, Shibata N, Tobimatsu T, Toraya T.

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:タンパク質、融合タンパク質の製造法及び精製法

    発明(考案)者名:飛松 孝正、山本 祐也

    登録番号:6548063

    登録日:2019年07月05日

 

写真

氏名

飛松 孝正 (トビマツ タカマサ)

TOBIMATSU Takamasa

所属専攻講座

ヘルスシステム統合科学研究科

職名

准教授

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530 岡山県岡山市津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushima-naka, Okayama-shi, Okayama 700-8530 Japan

研究室電話

(日)086-251-8195

(英)+81-86-251-8195

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)酵素工学,生化学,分子生物学

(英)Enzyme engineering,Biochemistry,Molecular Biology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:化学

    卒業年月:1978年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:生理系

    修了課程:博士課程

    修了年月:1986年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:工業化学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:1980年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士 (Ph.D.)

    学位の分野名:医化学一般 (General medical chemistry)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:工学修士 (Master of Engineering)

    学位の分野名:生物機能・バイオプロセス (Bio-function/bioprocesses)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:工学部

    経歴名:助教授 (Associate Professor)

    職務期間:1998年12月 ~ 2004年03月

  • 職務遂行組織:工学部

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:1991年01月 ~ 1998年11月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会 /  日本国 ( 1983年05月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本ビタミン学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本生物工学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物機能・バイオプロセス (Bio-function/bioprocesses)

  • 機能生物化学 (Functional biochemistry)

  • 分子生物学 (Molecular biology)

  • 構造生物化学 (Structural biochemistry)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:バクテリア多面体オルガネラタンパク質の相互作用機構の解明とその応用 (Investigation of the protein-protein interactions in a bacterial polyhedral organelle and their applycation.)

    キーワード:多面体オルガネ, タンパク質の相互作用 (polyhedral organelle, protein-protein interactions)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2011年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用微生物学 、生物機能・バイオプロセス 、構造生物化学

    専門分野(researchmap分類):微生物学(ウイルス以外)

  • 研究課題名:可溶性タンパク質の新規精製法の開発 (Development of novel-purification method of soluble proteins.)

    キーワード:可溶性タンパク質, 精製法 (protein purification method, soluble proteins)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2011年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):構造生物化学 、生物機能・バイオプロセス

    専門分野(researchmap分類):蛋白質・ペプチドの生化学

  • 研究課題名:バイオ技術によるグリセロールからの化成品原料の生産のための基盤研究

    キーワード:バイオ,グリセロール,代謝工学,進化分子工学

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物機能・バイオプロセス 、機能生物化学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:Structure and Function of reactivating factor for cobalamin-dependent dehydratase (Structure and Function of reactivating factor for cobalamin-dependent dehydratase)

    キーワード:Adenosylcobalamin,Reactivating factor (Adenosylcobalamin,Reactivating factor)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):構造生物化学 、機能生物化学 、分子生物学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:ビタミンB<sub>12</sub>補酵素関与デヒドラタ-ゼの分子機能 (Molecular-function of cobalamin-dependent dehydratase)

    キーワード:酵素機能,コバラミン,デヒドラタ-ゼ (Enzyme Function,Cobalamin,Dehydratase)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):構造生物化学 、分子生物学 、機能生物化学

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:微生物工学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:微生物工学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:教養生物学(バイオテクノロジー)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:ヘルスシステム統合科学専門英語

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:酵素機能解析学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Diol Dehydratase-Reactivase Is Essential for Recycling of Coenzyme B12 in Diol Dehydratase.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochemistry55巻 1号 (頁 69 ~ 78)

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Toraya T, Tanokuchi A, Yamasaki A, Nakamura T, Ogura K, Tobimatsu T.

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.biochem.5b01023.

  • 論文題目名:Redesign of coenzyme B(12) dependent diol dehydratase to be resistant to the mechanism-based inactivation by glycerol and act on longer chain 1,2-diols.(共著) ( Redesign of coenzyme B(12) dependent diol dehydratase to be resistant to the mechanism-based inactivation by glycerol and act on longer chain 1,2-diols."jointly worked")

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:FEBS J. ( FEBS J.) 279巻 5号 (頁 793 ~ 805)

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):Yamanishi M, Kinoshita K, Fukuoka M, Saito T, Tanokuchi A, Ikeda Y, Obayashi H, Mori K, Shibata N, Tobimatsu T, Toraya T.

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/j.1742-4658.2012.08470.x. Epub 2012 Jan 30.

  • 論文題目名:Cleavage of influenza RNA by using a human PUF-based artificial RNA-binding protein?staphylococcal nuclease hybrid

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochemical and Biophysical Research Communications479巻 4号 (頁 736 ~ 740)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Tomoaki Mori*,Kento Nakamura,Keisuke Masaoka,Yusuke Fujita,Ryosuke Morisada,Koichi Mori*,Takamasa Tobimatsu*,Takashi Sera*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bbrc.2016.09.142

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:その他

    会議名称:ライフサイエンス ワールド 2016 (第132回アカデミックフォーラム)

    開催場所:東京ビッグサイト

    開催期間:2016年05月

    題目又はセッション名:自己集合ペプチドタグと Non‐カラムタンパク質精製等への応用

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:その他

    会議名称:岡山大学新技術説明会

    開催場所:東京

    開催期間:2016年01月

    題目又はセッション名:カラム不要でシンプルな、活性のある蛋白質の究極の精製法

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:その他

    会議名称:ライフサイエンス ワールド 2015 (第12回アカデミックフォーラム)

    開催場所:東京ビッグサイト

    開催期間:2015年05月

    題目又はセッション名:カラム不要でシンプルな、活性のあるタンパク質の究極の精製法:解離会合を調節できるペプチドタグの応用 (Non-column and simple purification of active proteins expressed as fusions with association-controllable peptide tags)

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:タンパク質、融合タンパク質の製造法及び精製法 (Preparation and purification of protein and fusion protein.)

    発明(考案)者名:飛松 孝正、山本 祐也 (Takamasa Tobimatsu, Yuuya Yamamoto)

    登録番号:6548063

    登録日:2019年07月05日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:補酵素B12関与ラジカル酵素の活性維持システムの動作原理の解明

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:補酵素B12関与ラジカル酵素の活性維持システムの動作原理の解明

 
 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:紀要委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2017年09月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:紀要委員会

    役職:委員

    任期:2016年10月 ~ 2017年09月

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:紀要委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年09月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:紀要委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月