所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

工学部・自然科学研究科・産業創成工学専攻

職名 【 表示 / 非表示

講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生産工学・加工学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

切削加工,データマイニング

 

写真

氏名

児玉 紘幸 (コダマ ヒロユキ)

Hiroyuki Kodama

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

講師

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3丁目1-1 工学部1号館

(英)3-1-1 Tsushima-naka, Okayama, 700-8530

研究室電話

(日)086-251-8040

(英)+81-86-251-8040

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)切削加工,データマイニング

(英)Machining, Data-mining

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:同志社大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:機械システム工学科

    卒業年月:2009年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:同志社大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:機械工学

    修了課程:博士課程

    修了年月:2014年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:同志社大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:機械工学

    修了課程:修士課程

    修了年月:2011年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学)

    学位の分野名:生産工学・加工学 (Production engineering/processing studies)

    学位授与機関名:同志社大学 (Doshisha University)

    取得方法:課程

    取得年月:2014年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:兵庫県立大学 (University of Hyogo)

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    経歴期間:2014年04月 ~ 2017年03月

  • 所属(勤務)先:同志社大学

    経歴名:日本学術振興会特別研究員

    経歴期間:2012年04月 ~ 2014年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ機械学会 (American Society of Mechanical Engineers)  /  アメリカ合衆国 ( 2018年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:アフィリエイトメンバー

    (Affiliate member)

    活動期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 精密工学会 (The Japan Society of Precision Engineering)  /  日本国 ( 2011年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:アフィリエイト委員

    (Affiliate member)

    活動期間:2013年04月 ~ 継続中

  • 日本機械学会 (The Japan Society of Mechanical Engineering)  /  日本国 ( 2011年04月 ~ 継続中 )

  • 砥粒加工学会 (The Japan Society of Abrasive Technology)  /  日本国 ( 2010年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:会誌編集委員

    (Journal Editorial member)

    活動期間:2014年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生産工学・加工学 (Production engineering/processing studies)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 切削

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:機械システム工学演習2

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:微分積分2

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:機械加工学演習

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生産システムデザイン工学

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:機械システム工学演習1

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Decision support system for principal factors of grinding wheel using data mining methodology

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Int. J. Abrasive Technology9巻 2号 (頁 89 ~ 98)

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Hiroyuki Kodama, Itaru Uotani and Kazuhito Ohashi

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Decision Support System for Grinding Wheel Selection Using Data-Mining

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of euspen’s 18th International Conference & Exhibition

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Aiding of Micro End-Milling Condition Decision Using Data-Mining from Tool Catalog Data

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Int. J. of Automation Technology12巻 2号 (頁 238 ~ 245)

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Hiroyuki Kodama, Koichi Okuda, Kazuhiro Tanaka

    共著区分:共著

    DOI:10.20965/ijat.2018.p0238

  • 論文題目名:Recovery of Grindactivity by Dry Ice Blasting on Micro-Grit Diamond wheel in dry Grinding of Carbon

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 20th International Symposium on Advances in Abrasive Technology

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Yuto KATAYAMA, Yuki OHTA, Hiroyuki KODAMA and Kazuhito OHASHI

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Micro Abrasive Jet Patterning of Sloped Micro Herringbone Grooves for Journal Bearings

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 20th International Symposium on Advances in Abrasive Technology

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Shota NAKAMAE, Masashi HARADA, Hiroyuki KODAMA and Kazuhito OHASHI

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:データマイニングを活用したモノづくりの意思決定支援 ( Decision Aiding of Manufacturing Using Data-mining)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:精密工学会誌83巻 11号 (頁 1014 ~ 1017)

    出版機関名:公益社団法人 精密工学会

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    DOI:10.2493/jjspe.83.1014

  • 題目:データマイニング手法を応用した切削条件決定支援システム

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:システム制御情報学会誌61巻 9号 (頁 363 ~ 368)

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    DOI:10.11509/isciesci.61.9_363

  • 題目:解説 博士論文 工具カタログからのデータマイニングに支援された ものづくりシステムに関する研究

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:精密工学会誌83巻 2号 (頁 143 ~ 145)

    出版機関名:公益社団法人 精密工学会

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:euspen’s 18th International Conference & Exhibition

    開催場所:Venice, Italy

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:Decision Support System for Grinding Wheel Selection Using Data-Mining

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 20th International Symposium of Advances in Abrasive Technology ISAAT2017

    開催場所:Okinawa, Japan

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:Experimental Verification of Micro End-milling Condition Decision Methodology Using Data-Mining System

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 9th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century

    開催場所:Hiroshima, Japan

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:Development of the Grinding Wheel Decision Support System Using Data Mining Method

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:euspen’s 17th International Conference & Exhibition

    開催場所:Hannover, Germany

    開催期間:2017年05月 ~ 2017年06月

    題目又はセッション名:Study of Surface Integrity in Micro-groove Cutting of Anisotropic Material

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2016 International Conference on Machining Materials and Mechanical Technologies

    開催場所:Matsue, Japan

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:Effect on Processing Quality of Impurities in Coolant Used in Grinding Stainless Steel

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究

    研究題目:データマイニングを応用した研削砥石選定支援システムの開発

    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:難削材加工にむけた研削砥石の選定支援システムを構築する.近年においても,研削加工技術は,高硬度難削材料の精密加工技術として重要な役割を担っている.一方で,研削砥石の選定やドレッシング条件の設定は,技術者の暗黙知や経験に依存しているのが現状であり,熟練した技術者にとっても最適な条件の決定が困難である.これまでに,機械学習手法を援用した研削条件決定支援プロセスが提案されてきたが,具体的な条件決定の指針を決定するまでには至っていない.これに対して本申請では,従来型の機械学習手法よりも,高精度に技術者への的確な技能伝承が行えるアンサンブル学習を用いたデータマイニングシステムを,難削材加工用の研削砥石データベースに適用することにより,加工特性が未知の難削材料や砥石要素に対応可能な砥石選定支援システムを構築する.

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:工具カタログデータマイニングシステムによる難削材加工技術の最適化手法の開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:難削材料の切削加工を支援できる切削条件決定システムを構築する.近年,チタン合金や炭素繊維複合材料,超耐熱合金などに代表される難削材料加工の需要が高まってきたが,その材料特性により現場に合った最適な切削条件の決定が難しい.これまでに,難削材料の被削性を材料特性の観点から定義する手法の提案が行われてきたが,具体的な切削条件決定の指針を提示するまでには至っていない.本申請では,非階層・階層型クラスタリング手法を併用したデータマイニングシステムを,難削材料加工用のエンドミルに適用することにより,環境影響負荷の低減効果も考慮した,未知の難削材料や切削工具に対応可能な切削条件決定支援システムを構築する.