所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

応用化学専攻 (工学部化学生命系学科兼担)

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

合成化学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

有機合成化学, 有機金属化学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:環境調和型の新しい触媒反応の開拓

    研究課題概要:レニウム、マンガン、ルテニウムなどの遷移金属錯体触媒を用いる新しい有機合成反応を開拓している。とくに実用的な環境調和型分子変換反応の開発を行なっている。

  • 研究課題名:有機金属錯体の単離と構造決定

  • 研究課題名:金属の活性化とその利用

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 会議名称:日本化学会第94春季年会

    開催期間:2014年03月

    題目又はセッション名:4-7族金属の特性を活かした有機合成反応の開拓(1S2-01)

    発表形態:口頭(招待・特別)

    発表者名(共同発表者含):髙井和彦

 

写真

氏名

髙井 和彦 (タカイ カズヒコ)

TAKAI Kazuhiko

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)有機合成化学, 有機金属化学

(英)Organic Synthesis, Organometallic Chemistry

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:工業化学

    卒業年月:1977年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:工業化学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1981年03月

    修了区分:中退

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:京都大学 工学博士

    学位の分野名:合成化学 (Synthetic chemistry)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:論文

    取得年月:1983年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2005年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:工学部

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:1998年04月 ~ 2005年03月

  • 職務遂行組織:工学部

    経歴名:助教授 (Associate Professor)

    職務期間:1994年04月 ~ 1998年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:京都大学工学部工業化学科 (Kyoto University Faculty of Engineering Department of Industrial Chemistry)

    経歴名:助手 (Research Associate)

    経歴期間:1981年04月 ~ 1994年03月

  • 所属(勤務)先:カリフォルニア大学バークレー校化学部 (University of California, Berkeley, Department of Chemistry)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:1983年09月 ~ 1984年08月

  • 所属(勤務)先:ルーアン大学(フランス)精密有機化学研究所 (University of Rouen, IRCOF (Institut de Recherche en Chimie Organique Fine) )

    経歴名:客員教授 (Visiting Professor)

    経歴期間:2006年06月 ~ 2006年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会 /  日本国 ( 1978年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本化学会 有機化学ディビジョン /  日本国 ( 2006年01月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:有機化学ディビジョン 幹事

    活動期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    活動内容:日本化学会有機化学ディビジョンの世話役

  • 日本化学会 有機化学ディビジョン /  日本国 ( 2006年01月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:有機化学ディビジョン 主査

    活動期間:2010年01月 ~ 2013年03月

    活動内容:日本化学会有機化学ディビジョンのとりまとめ

  • アメリカ化学会(American Chemical Society) /  その他 ( 1978年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 有機合成化学協会 /  日本国 ( 2017年02月 ~ 2019年02月 )

    役職・役割名:監事

    活動期間:2017年02月 ~ 2019年02月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 合成化学 (Synthetic chemistry)

  • 有機化学 (Organic chemistry)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:環境調和型の新しい触媒反応の開拓 (Development of Novel Catalytic Processes for Green-Sustainable Chemistry)

    キーワード:触媒、グリーンサステナブルケミストリー (Catalyst, reen-suntainable chemistry)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):合成化学 、有機化学

    専門分野(researchmap分類):有機化学反応

  • 研究課題名:有機金属錯体の単離と構造決定 (Isolation and Characterization of Organometallic Complexes)

    キーワード:有機金属錯体,構造決定 (Organometallic Complex,Structure Determination)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):有機化学

    専門分野(researchmap分類):有機化学反応

  • 研究課題名:金属の活性化とその利用 (Activation of Metals and Its Utilization)

    キーワード:金属表面,電子移動 (Metal Surface,Electron Transfer)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):合成化学 、触媒・資源化学プロセス

    専門分野(researchmap分類):有機化学反応

  • 研究課題名:有機金属反応剤を用いる有機合成 (Organic Synthesis using Organometallic Reagents)

    キーワード:高選択的合成,有機金属反応剤 (Highly Selective Synthesis,Organometallic Reagents)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):合成化学 、有機化学

    専門分野(researchmap分類):有機化学反応

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:有機化学1B

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:有機合成化学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:有機工業化学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:有機合成化学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:機能分子化学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Erratum

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Angewandte Chemie - International Edition55巻 6号

    発行年月:2016年02月

    著者氏名(共著者含):Yoichiro Kuninobu,Kanae Yamauchi,Naoya Tamura,Takayuki Seiki,Kazuhiko Takai*

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/anie.201511117

  • 論文題目名:Trace Amounts of Second Metal Elements Can Play a Key Role in the Generation of Organometallic Compounds.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bulletin of the Chemical Society of Japan88巻 11号 (頁 1511 ~ 1529)

    発行年月:2015年11月

    著者氏名(共著者含):Kazuhiko Takai

    共著区分:単著

    DOI:10.1246/bcsj.20150170

  • 論文題目名:Short Synthesis of [5]- and [7]Phenacenes with Silyl Groups at the Axis Positions.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chemistry - An Asian Journal10巻 11号 (頁 2518 ~ 2524)

    発行年月:2015年11月

    著者氏名(共著者含):David Roy, Hiroyuki Maekawa, Masahito Murai, Kazuhiko Takai

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/asia.201500700

  • 論文題目名:Stereospecific Deoxygenation of Aliphatic Epoxides to Alkenes under Rhenium Catalysis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Organic Letters17巻 13号 (頁 3346 ~ 3349)

    発行年月:2015年07月

    著者氏名(共著者含):Takuya Nakagiri, Masahito Murai, Kazuhiko Takai

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.orglett.5b01583

  • 論文題目名:Rhodium-Catalyzed Synthesis of Benzosilolometallocenes via the Dehydrogenative Silylation of C(sp2)-H Bonds.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Organic Letters17巻 12号 (頁 3102 ~ 3105)

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):Masahito Murai, Koji Matsumoto, Yutaro Takeuchi, Kazuhiko Takai

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.orglett.5b01373

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:基礎有機化学 (第3版) 下巻

    記述言語:日本語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:化学同人

    発行日:2013年01月

    著者名:大嶌幸一郎、高井和彦、忍久保 洋、依光英樹

    著書形態:共訳

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PacifiChem2015)

    開催場所:Honolulu (Hawaii, USA)

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:Synthesis and properties of azulene-fused polycyclic aromatic hydrocarbons (ORGN1896)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PacifiChem2015)

    開催場所:Honolulu (Hawaii, USA)

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:Molybdenum-catalyzed stereospecific deoxygenation of epoxides (ORGN202)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015年日本化学会中国四国支部大会

    開催期間:2015年11月

    題目又はセッション名:アズレン骨格の組み込みによる多環芳香族炭化水素の物性の変化(14EF09)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015年日本化学会中国四国支部大会

    開催期間:2015年11月

    題目又はセッション名:ロジウム触媒による脱水素ケイ素化反応を利用する面性キラリティーを有するベンゾシロロメタロセンの合成(15ED03)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015年日本化学会中国四国支部大会

    開催期間:2015年11月

    題目又はセッション名:窒素配位子により安定化されたgem-ビス(ヨードジンシオ) メタン錯体の単離と構造解析(15ED02)

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会 (Synthetic Organic Chemistry, Japan)

    役職・役割名:副会長

    活動期間:2014年02月 ~ 2016年01月

    活動内容:本部の副会長を務めた

  • 日本化学会 有機化学ディビジョン (The Chemical Society of Japan, Organic Division)

    役職・役割名:有機化学ディビジョン 幹事

    活動期間:2014年01月 ~ 2016年03月

    活動内容:日本化学会有機化学ディビジョンの幹事

  • ICOMC2014 Post-Symposium in Okayama

    役職・役割名:主催責任者

    活動期間:2014年07月

  • IUPAC International Conference on Organometallic Chemistry 2014

    役職・役割名:組織委員、プログラム副委員長

    活動期間:2012年09月 ~ 2014年10月

    活動内容:IUPAC主催で2年に1回開催される国際学会で、参加者は800名を超える。この学会の組織委員一人として、プログラム編成などの活動をおこなった。

  • 日本化学会 有機化学ディビジョン

    役職・役割名:有機化学ディビジョン 副主査

    活動期間:2010年01月 ~ 2013年03月

    活動内容:日本化学会有機化学ディビジョンのとりまとめ

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:ラジオ

    会社名等:RSKラジオ

    番組名等及び内容:「技術の森」に出演し、自身のおこなっている研究について紹介した。

    報道年月日:2013年06月19日

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本化学会進歩賞(第38回)

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:1989年03月

    受賞国:日本国

    授与機関:日本化学会

    受賞者・受賞グループ名:高井和彦

    題目名:有機チタンおよびクロム反応剤による高選択的有機合成反応の開拓

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:6-7族金属の多様性を活かした革新的な合成反応の開発

    研究期間:2014年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容: 「6族、7族金属のもつ固有の能力、いわば個性を明らかにし、新規で有用な反応を有機金属活性種、反応剤、錯体触媒の創製を通して開発する。」 申請者はこれまで、6族のクロム、7族のレニウムとマンガンを用いる多様な反応を開発してきた。本研究では、これまで申請者が行なった研究を「なぜ」という視点からもう一度深く掘り直し、それぞれの金属のもつ特色のある鉱脈をさらに極める。具体的には、(1) gem-ジクロム化合物の単離・構造決定をおこない、得られた錯体の構造をもとに新反応をデザインする; (2) レニウム元素や錯体の反応性を追究し新反応を開発する。とくに、高原子価のレニウム錯体にも研究対象を拡げる; (3) 6族のモリブデンを取りあげ、ゼロから新しい有用な反応を開拓する、の三つの研究で成果を出す。もう一つの重要な目的は、6族、7族金属を探り針(probe)として用い、新奇で、革新的な反応を創出することである。

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:6-7族金属の多様性を活かした革新的な合成反応の開発

    研究期間:2014年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容: 「6族、7族金属のもつ固有の能力、いわば個性を明らかにし、新規で有用な反応を有機金属活性種、反応剤、錯体触媒の創製を通して開発する。」 申請者はこれまで、6族のクロム、7族のレニウムとマンガンを用いる多様な反応を開発してきた。本研究では、これまで申請者が行なった研究を「なぜ」という視点からもう一度深く掘り直し、それぞれの金属のもつ特色のある鉱脈をさらに極める。具体的には、(1) gem-ジクロム化合物の単離・構造決定をおこない、得られた錯体の構造をもとに新反応をデザインする; (2) レニウム元素や錯体の反応性を追究し新反応を開発する。とくに、高原子価のレニウム錯体にも研究対象を拡げる; (3) 6族のモリブデンを取りあげ、ゼロから新しい有用な反応を開拓する、の三つの研究で成果を出す。もう一つの重要な目的は、6族、7族金属を探り針(probe)として用い、新奇で、革新的な反応を創出することである。

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:6-7族金属の多様性を活かした革新的な合成反応の開発

    研究期間:2014年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容: 「6族、7族金属のもつ固有の能力、いわば個性を明らかにし、新規で有用な反応を有機金属活性種、反応剤、錯体触媒の創製を通して開発する。」 申請者はこれまで、6族のクロム、7族のレニウムとマンガンを用いる多様な反応を開発してきた。本研究では、これまで申請者が行なった研究を「なぜ」という視点からもう一度深く掘り直し、それぞれの金属のもつ特色のある鉱脈をさらに極める。具体的には、(1) gem-ジクロム化合物の単離・構造決定をおこない、得られた錯体の構造をもとに新反応をデザインする; (2) レニウム元素や錯体の反応性を追究し新反応を開発する。とくに、高原子価のレニウム錯体にも研究対象を拡げる; (3) 6族のモリブデンを取りあげ、ゼロから新しい有用な反応を開拓する、の三つの研究で成果を出す。もう一つの重要な目的は、6族、7族金属を探り針(probe)として用い、新奇で、革新的な反応を創出することである。

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:水素-ヘテロ原子結合を起点とする不活性結合の活性化

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: C-H結合活性化を利用して新しい結合を形成するときに重要な二つの段階がある。それは、(1)いかにしてC-H結合活性化をおこす活性種を発生させるか、と (2)いかにC-H結合活性化の位置を決めるかである。後者の問題解決のために活性種に配位する配向基が種々開発・導入された。本申請では前者に着目し研究を進める。
     C-H結合活性化を利用する結合生成の研究を進展させるための突破口になると考えられるシラフルオレンの合成(J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 14324)を利用して、以下の研究をおこなう。
     1) ケイ素-水素結合を起点とするC-H結合活性化とSi-C結合形成のメカニズムを明らかにする。メカニズム解明とともに、不斉化合物や電子共役系化合物などの合成に幅広くこの反応を応用、発展させる。
     2) メカニズム解明の結果を受け、新しい炭素-ヘテロ結合形成、たとえばP-C結合形成によるジベンゾホスホールの合成を検討する。

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:水素-ヘテロ原子結合を起点とする不活性結合の活性化

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: C-H結合活性化を利用して新しい結合を形成するときに重要な二つの段階がある。それは、(1)いかにしてC-H結合活性化をおこす活性種を発生させるか、と (2)いかにC-H結合活性化の位置を決めるかである。後者の問題解決のために活性種に配位する配向基が種々開発・導入された。本申請では前者に着目し研究を進める。
     C-H結合活性化を利用する結合生成の研究を進展させるための突破口になると考えられるシラフルオレンの合成(J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 14324)を利用して、以下の研究をおこなう。
     1) ケイ素-水素結合を起点とするC-H結合活性化とSi-C結合形成のメカニズムを明らかにする。メカニズム解明とともに、不斉化合物や電子共役系化合物などの合成に幅広くこの反応を応用、発展させる。
     2) メカニズム解明の結果を受け、新しい炭素-ヘテロ結合形成、たとえばP-C結合形成によるジベンゾホスホールの合成を検討する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:(財)三菱財団 自然科学研究助成

    研究題目:炭素-水素結合活性化による 新規ケイ素架橋キラル化合物の合成と物性探究

    研究期間:2015年10月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:民間財団等

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2016年10月

    講座等名:化学技術基礎講座 「有機合成化学」

    講義題名:有機合成化学の基礎:炭素-炭素結合形成

    主催者:日本化学会

    対象者:一般(大学卒以上)

    開催地,会場:東京

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2015年09月

    講座等名:化学技術基礎講座 「有機合成化学」

    講義題名:有機合成化学の基礎:炭素-炭素結合形成

    主催者:日本化学会

    対象者:一般(大学卒以上)

    開催地,会場:東京

  • 年度:2014年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:70人

    開催日:2014年08月

    講座等名:工学部体験講義

    講義題名:「石油と高分子化合物をつなぐ化学」
    (11:00-11:30、15:00-15:30の2回)

    主催者:岡山大学工学部

    対象者:高校生(化学生命系学科に興味をもっている高校生)

    開催地,会場:岡山大学工学部

  • 年度:2014年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:32人

    開催日:2014年10月

    講座等名:化学技術基礎講座 「有機合成化学」

    講義題名:講座の趣旨説明とまとめ(主査)(2日間)

    主催者:日本化学会

    対象者:一般(大学卒以上)

    開催地,会場:東京

  • 年度:2013年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:36人

    開催日:2013年10月

    講座等名:化学技術基礎講座 「有機合成化学」

    講義題名:講座の趣旨説明とまとめ(主査)(2日間)

    主催者:日本化学会

    対象者:一般(大学卒以上)

    開催地,会場:東京

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山学芸館清秀中学校・高等部

    実施日時,時間数:2015年1月10日 10:40~12:30 

    活動内容:リベラルアーツ講座 理系1・2年生41名に、「化学の研究ってそんなに面白いの?」という題目で講義をおこなった。

  • 年度:2014年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:広島県立府中高等学校

    実施日時,時間数:2014年12月9日 14:20-16:20

    活動内容:模擬授業を通して大学での講義の一端に触れ,大学の学習内容に対する生徒の興味・関心を高め,今後の進路決定(大学受験における学部・学科選択)の一助とする授業。

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:日本学術振興会 学術システム研究センター

    役職:委員

    活動内容:専門研究員として、日本学術振興会事業への様々な提案・助言をおこなうとともに、科研費等の審査システム・評価業務に参画

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:日本学術振興会 学術システム研究センター

    役職:委員

    活動内容:専門研究員として、日本学術振興会事業への様々な提案・助言をおこなうとともに、科研費等の審査システム・評価業務に参画

  • 年度:2015年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:日本学術振興会 学術システム研究センター

    役職:委員

    活動内容:専門研究員として、日本学術振興会事業への様々な提案・助言をおこなうとともに、科研費等の審査システム・評価業務に参画

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:附属図書館運営委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:リスクアセスメントWG

    役職:委員

    任期:2016年05月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:全学におけるリスクアセスメントの方針と方法についての素案の作成

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:異分野融合先端研究コア運営協議会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:大学のテニュアトラック事業「異分野融合先端研究」の運営に委員として協力した。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:異分野融合先端研究コア運営協議会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:大学のテニュアトラック事業「異分野融合先端研究」の運営に委員として協力した。

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:異分野融合先端研究コア運営協議会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:大学のテニュアトラック事業「異分野融合先端研究」の運営に委員として協力した。

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:大学院自然科学研究科専攻長会議(専攻長)

    役職:その他

    任期:2015年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:大学院自然科学研究科応用化学専攻長を務めた。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:大学院自然科学研究科専攻長会議(専攻長)

    役職:その他

    任期:2015年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:大学院自然科学研究科応用化学専攻長を務めた。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:工学部主任会(合成化学コース長)

    役職:その他

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:工学部化学生命系学科合成化学コース長を1年間務めた。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:大学院自然科学研究科専攻長会議(副専攻長・講座主任)

    役職:その他

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:大学院自然科学研究科化学生命工学専攻応用化学講座主任を1年間務めた。

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:工学部教務委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

    貢献の実績:工学部および学科の教務に関して、委員として1年間務めた。

全件表示 >>

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    貢献の実績:所属講座の管理運営

  • 年度:2015年度

    役職:その他

    貢献の実績:所属講座の管理運営

  • 年度:2014年度

    役職:その他

    貢献の実績:所属講座の管理運営

  • 年度:2013年度

    役職:その他

    貢献の実績:所属講座の管理運営