所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

心理・臨床学系,教育臨床心理学講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

臨床心理学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

臨床心理学,臨床健康心理学,人間関係とセルフケアの心理実践学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:心理・行動上の問題を予防し心の健康を育む人間関係とセルフケアの心理実践学研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:糖尿病とともに生きている人と家族への臨床健康心理学研究

  • 研究課題名:職場のメンタルヘルス対策に関する臨床心理学研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:児童生徒のいじめ・うつを予防する心理教育“サクセスフル・セルフ”第2版

    出版機関名:岡山大学出版会

    発行日:2015年03月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 論文題目名:総合病院における多職種新人医療従事者の心の健康とチーム医療に関する研修―心理教育“サクセスフル・セルフ”の活用―

    掲載誌名:産業ストレス研究22巻 4号 (頁 345 ~ 357)

    発行年月:2015年11月

    著者氏名(共著者含):安藤美華代

  • 論文題目名:An intervention program focused on self-understanding and interpersonal interactions to prevent psychosocial distress among Japanese university students

    掲載誌名:Journal of Adolescence34巻 5号 (頁 929 ~ 940)

    発行年月:2011年10月

    著者氏名(共著者含):Ando, Mikayo

全件表示 >>

 

写真

氏名

安藤 美華代 (アンドウ ミカヨ)

ANDO Mikayo

所属専攻講座

教育学研究科

職名

教授

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)臨床心理学,臨床健康心理学,人間関係とセルフケアの心理実践学

(英)clinical psychology, clinical health psychology, psychology practice for interpersonal relationship and self-care

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(教育学) (Doctor of Philosophy in Education)

    学位の分野名:教育学 (Pedagogy)

    学位授与機関名:東京学芸大学 (Tokyo Gakugei University)

    取得方法:課程

    取得年月:2005年03月

  • 学位名:文学修士 (Master of Art)

    学位の分野名:臨床心理学 (Clinical psychology)

    学位授与機関名:中京大学 (Chukyo University)

    取得方法:課程

    取得年月:1991年03月

  • 学位名:発達心理学修士 (Master of Science in Developmental Psychology)

    学位の分野名:発達心理学 (Other)

    学位授与機関名:ジョンズ・ホプキンス大学 (Johns Hopkins University)

    取得方法:課程

    取得年月:2000年05月

  • 学位名:公衆衛生学修士 (Master of Public Health)

    学位の分野名:公衆衛生学・健康科学 (Public hygiene studies/health science)

    学位授与機関名:ジョンズ・ホプキンス大学 (Johns Hopkins University)

    取得方法:課程

    取得年月:2002年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2013年10月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2007年04月 ~ 2013年09月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:武蔵大学人文学部

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:2006年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:東京学芸大学教育学部

    経歴名:研究員

    経歴期間:2005年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:財団法人東京都保健医療公社 大久保病院

    経歴名:臨床心理士

    経歴期間:2004年06月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:有明教育芸術短期大学子ども教育学科

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:2002年10月 ~ 2004年09月

  • 所属(勤務)先:医療法人社団桐光会 調布病院

    経歴名:臨床心理士

    経歴期間:2002年03月 ~ 2004年05月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学 (Clinical psychology)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:心理・行動上の問題を予防し心の健康を育む人間関係とセルフケアの心理実践学研究 (Study on psychology practice for interpersonal relationship and self-care to prevent psychological distress and behavioral problems and improve mental health )

    キーワード:心理実践,心理療法,心理教育,抑うつ,不安,ストレス,食行動,いじめ,人間関係,セルフケア

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):臨床心理学

    専門分野(researchmap分類):教育・社会系心理学

  • 研究課題名:糖尿病とともに生きている人と家族への臨床健康心理学研究 (Study on clinical health psychology for person living with diabetes and their families)

    キーワード:糖尿病,心理実践,心理療法,抑うつ,不安,ストレス,食行動,セルフケア

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1991年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):臨床心理学

    専門分野(researchmap分類):広領域

  • 研究課題名:職場のメンタルヘルス対策に関する臨床心理学研究 (Study on clinical psychology for mental health in workplace )

    キーワード:臨床心理学,心理実践,心理教育,抑うつ,不安,ストレス,いじめ,人間関係,セルフケア

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):臨床心理学

    専門分野(researchmap分類):広領域

  • 研究課題名:健康を脅かす諸問題の心理社会的要因に関する実証研究 (Study on psychosocial factors associated with health-related problems)

    キーワード:いじめ,不登校,抑うつ,不安,ストレス,トラウマ,食行動の問題

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):臨床心理学

    専門分野(researchmap分類):教育・社会系心理学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:臨床心理査定演習Ⅱ

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:臨床健康心理学特論

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:臨床心理応用実習Ⅱ

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:生徒指導論AⅡ

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:臨床心理応用実習Ⅰ

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

全件表示 >>

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発: “サクセスフル・セルフ”ワークブック 第2版 チーム医療と人間関係力Up!.
    岡山大学安藤美華代研究室.

  • 年度:2015年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:“サクセスフル・セルフ”ワークブック チーム医療と人間関係力Up!.
    岡山大学安藤美華代研究室.

  • 年度:2014年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:児童生徒のいじめ・うつを予防する心理教育“サクセスフル・セルフ”.第2版.岡山大学出版会.岡山

  • 年度:2011年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:児童生徒のいじめ・うつを予防する心理教育“サクセスフル・セルフ”.岡山大学出版会.岡山

  • 年度:2011年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:自己理解を深め人間関係力を育む心理教育“サクセスフル・セルフ”.岡山大学出版会.岡山 

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:糖尿病とともに生きる人たちのサポート・グループ活動での心理臨床的支援の実践

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:心理・教育臨床の実践研究14号 (頁 1 ~ 12)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):安藤美華代

    共著区分:単著

  • 論文題目名:若者における“コンテンツ型”インターネット依存傾向の心理社会的形成要因

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:心理・教育臨床の実践研究14号 (頁 27 ~ 36)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):眞部美友紀・安藤美華代

    共著区分:共著

  • 論文題目名:保育士の抑うつに関連する要因の検討 ―経験年数,首尾一貫感覚,対処スキルに着目して―

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:保育学研究

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:小学生を対象とした学級単位の心理教育“サクセスフル・セルフ” のいじめ・うつに対する有効性 ―メタ分析による検討―

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録162巻 (頁 67 ~ 76)

    発行年月:2016年07月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:小学校全学年での心理教育“サクセスフル・セルフ”の実践に対する学級担任の評価

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学教師教育開発センター紀要6号 (頁 67 ~ 76)

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):岡﨑由美子・安藤美華代

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名: “サクセスフル・セルフ”ワークブック 第2版 チーム医療と人間関係力Up!

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:岡山大学安藤美華代研究室

    発行日:2017年04月

    著者名:安藤 美華代

    著書形態:単著

  • 著書名:“サクセスフル・セルフ”ワークブック チーム医療と人間関係力Up!

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:岡山大学安藤美華代研究室

    発行日:2015年04月

    著者名:安藤 美華代

    著書形態:単著

  • 著書名:児童生徒のいじめ・うつを予防する心理教育“サクセスフル・セルフ”第2版

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山大学出版会

    発行日:2015年03月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:外傷後悲憤障害 (Posttraumatic Embitterment Disorder)

    記述言語:日本語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:岡山大学出版会

    発行日:2014年03月

    著者名:安藤美華代 他

    著書形態:共訳

  • 著書名:臨床心理学の実践 アセスメント・支援・研究

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:金子書房

    発行日:2013年11月

    著者名:安藤美華代

    著書形態:共著

    担当部分:第11章 いじめを予防する心理教育“サクセスフル・セルフ”

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本糖尿病学会年次学術集会

    開催期間:2017年05月

    題目又はセッション名:心理教育“サクセスフル・セルフ”にもとづく糖尿病教室での糖尿病者のこころの支援

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本糖尿病学会年次学術集会

    開催期間:2017年05月

    題目又はセッション名:糖尿病心理カンファレンスの試み

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第40回日本心身医学会中国地方会

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:多職種新人医療従事者の心の健康とチーム医療に関する研修-心理教育“サクセスフル・セルフ”を活用して-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本健康心理学会第29回大会

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:就学前後の子どもをもつ親の子育て支援の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本健康心理学会第29回大会

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:高校生女子がネガティブ感情を感じる友人関係の探索的研究

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:Outstanding Contribution in Reviewing (Outstanding Contribution in Reviewing)

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2016年06月

    受賞国:オランダ王国

    授与機関:Elsevier

    受賞者・受賞グループ名:安藤美華代 (Ando, Mikayo)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:対人援助職者・訓練生のセルフケア力を育み職業不適応を予防する心理教育に関する研究

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:複雑で多様な現代社会を生き抜くために,心理・行動上の問題を予防し心の健康を育む心理教育は,子ども・若者のみならず,すべての人にとって必要になってきている。本研究の目的は,平成16年度から実施している社会の中で自分らしく生きる基礎力を育む心理教育“サクセスフル・セルフ”(安藤, 2012ab等)を,対人援助に携わる専門職者・訓練生へ対象を広げ,対人援助職者の心理援助を受けることの障壁に着目し,セルフケアとして可能な方法や内容へ発展させる実証的・実践的研究を行うことである。結果を基盤に,対象とした職場や訓練機関で活用可能なカリキュラムの作成,対象者自身が実践可能なワークブックの作成を行う。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:対人援助職者・訓練生のセルフケア力を育み職業不適応を予防する心理教育に関する研究

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:複雑で多様な現代社会を生き抜くために,心理・行動上の問題を予防し心の健康を育む心理教育は,子ども・若者のみならず,すべての人にとって必要になってきている。本研究の目的は,平成16年度から実施している社会の中で自分らしく生きる基礎力を育む心理教育“サクセスフル・セルフ”(安藤, 2012ab等)を,対人援助に携わる専門職者・訓練生へ対象を広げ,対人援助職者の心理援助を受けることの障壁に着目し,セルフケアとして可能な方法や内容へ発展させる実証的・実践的研究を行うことである。結果を基盤に,対象とした職場や訓練機関で活用可能なカリキュラムの作成,対象者自身が実践可能なワークブックの作成を行う。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:知恵と社会的適応を育み心理・行動上の問題を予防する持続可能な心理教育に関する研究

    研究期間:2012年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:社会の複雑な変化が続いているなか,人々は安定しない環境で生活するようになっている。本研究の目的は,2004年から実施している心理教育“サクセスフル・セルフ” (安藤, 2007等)を,学校種や機関をつないで,ふだん使いの持続可能な取り組みにするために,小学1年生から成人前期まで対象者を広げ,人生における難問に対処するスキル(知恵)および他者援助志向を育む内容を追加した,プログラムの再開発に関する実証的・実践的研究を行うことである。そして結果を基盤に,学校や職場で活用可能なワークブックを作成する。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:知恵と社会的適応を育み心理・行動上の問題を予防する持続可能な心理教育に関する研究

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:社会の複雑な変化が続いているなか,人々は安定しない環境で生活するようになっている。本研究の目的は,2004年から実施している心理教育“サクセスフル・セルフ” (安藤, 2007等)を,学校種や機関をつないで,ふだん使いの持続可能な取り組みにするために,小学1年生から成人前期まで対象者を広げ,人生における難問に対処するスキル(知恵)および他者援助志向を育む内容を追加した,プログラムの再開発に関する実証的・実践的研究を行うことである。そして結果を基盤に,学校や職場で活用可能なワークブックを作成する。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:知恵と社会的適応を育み心理・行動上の問題を予防する持続可能な心理教育に関する研究

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:社会の複雑な変化が続いているなか,人々は安定しない環境で生活するようになっている。本研究の目的は,2004年から実施している心理教育“サクセスフル・セルフ” (安藤, 2007等)を,学校種や機関をつないで,ふだん使いの持続可能な取り組みにするために,小学1年生から成人前期まで対象者を広げ,人生における難問に対処するスキル(知恵)および他者援助志向を育む内容を追加した,プログラムの再開発に関する実証的・実践的研究を行うことである。そして結果を基盤に,学校や職場で活用可能なワークブックを作成する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:連合大学院(博士課程)における共同研究プロジェクトL

    研究題目:健康と適応を守る学校予防教育の国際比較研究 -独自性と共通性の探求から,新たな発展への模索-

    研究期間:2010年04月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科

    研究内容: 本プロジェクトでは,日本の予防教育の現状を詳細に把握するとともに,この種の予防教育を様々なかたちで先行実施している諸外国の現状を詳細に把握する。それらを基に,諸外国と日本の予防教育を比較検討し,今後の発展への知見を得,広範囲に長期継続的に実施される予防教育のコンテンツとその実施条件(時間や実施者等)の基礎資料を得たい。
     また,本プロジェクトでは,日本の予防教育の現状と特徴の把握,欧米やアジアでの予防教育の現状と特徴の把握,両者の比較検討,そして,今後の在り方の構築から構成される。海外では,アメリカ合衆国,カナダ,オーストラリア,ヨーロッパ諸国,中国等を主要対象国とし,実際の視察調査や文献調査はもとより,海外の研究者との直接的な意見交換(日本や海外での国際シンポ・専門家会議、国際学会でのシンポジウム等)という手段を講じたい。

  • 資金名称:連合大学院(博士課程)における共同研究プロジェクトL

    研究題目:健康と適応を守る学校予防教育の国際比較研究 -独自性と共通性の探求から,新たな発展への模索-

    研究期間:2010年04月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科

    研究内容: 本プロジェクトでは,日本の予防教育の現状を詳細に把握するとともに,この種の予防教育を様々なかたちで先行実施している諸外国の現状を詳細に把握する。それらを基に,諸外国と日本の予防教育を比較検討し,今後の発展への知見を得,広範囲に長期継続的に実施される予防教育のコンテンツとその実施条件(時間や実施者等)の基礎資料を得たい。
     また,本プロジェクトでは,日本の予防教育の現状と特徴の把握,欧米やアジアでの予防教育の現状と特徴の把握,両者の比較検討,そして,今後の在り方の構築から構成される。海外では,アメリカ合衆国,カナダ,オーストラリア,ヨーロッパ諸国,中国等を主要対象国とし,実際の視察調査や文献調査はもとより,海外の研究者との直接的な意見交換(日本や海外での国際シンポ・専門家会議、国際学会でのシンポジウム等)という手段を講じたい。

  • 資金名称:連合大学院(博士課程)における共同研究プロジェクトL

    研究題目:健康と適応を守る学校予防教育の国際比較研究 -独自性と共通性の探求から,新たな発展への模索-

    研究期間:2010年04月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科

    研究内容: 本プロジェクトでは,日本の予防教育の現状を詳細に把握するとともに,この種の予防教育を様々なかたちで先行実施している諸外国の現状を詳細に把握する。それらを基に,諸外国と日本の予防教育を比較検討し,今後の発展への知見を得,広範囲に長期継続的に実施される予防教育のコンテンツとその実施条件(時間や実施者等)の基礎資料を得たい。
     また,本プロジェクトでは,日本の予防教育の現状と特徴の把握,欧米やアジアでの予防教育の現状と特徴の把握,両者の比較検討,そして,今後の在り方の構築から構成される。海外では,アメリカ合衆国,カナダ,オーストラリア,ヨーロッパ諸国,中国等を主要対象国とし,実際の視察調査や文献調査はもとより,海外の研究者との直接的な意見交換(日本や海外での国際シンポ・専門家会議、国際学会でのシンポジウム等)という手段を講じたい。

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:新人医療従事者のメンタルヘルスに関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2009年04月 ~ 継続中

    研究内容:新人医療従事者のこころの健康を育むための心理教育的プログラムを開発・実践し,その効果に関する検討を行う。

  • 研究題目:人々の心理・行動上の問題を予防し,心の健康を育む心理教育に関する研究

    共同研究区分:国際共同研究

    研究期間:2000年08月 ~ 継続中

  • 研究題目:健康を脅かす諸問題の心理社会的要因に関する実証的研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:1991年04月 ~ 継続中

    研究内容:いじめ,不登校,抑うつ,不安,ストレス,トラウマ,食行動の問題など,健康を脅かす諸問題の心理社会的要因に関する実証研究を行っている。

  • 研究題目:糖尿病とともに生きている人と家族に関する心理臨床学的研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:1991年04月 ~ 継続中

    研究内容:糖尿病とともに生きている人と家族への心理臨床学的支援に関する研究を行っている。

  • 研究題目:新人医療従事者のメンタルヘルスに関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2009年04月 ~ 継続中

    研究内容:新人医療従事者のこころの健康を育むための心理教育的プログラムを開発・実践し,その効果に関する検討を行う。

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2017年06月

    講座等名:平成29年度倉敷教育センター実施.研修講座名「いじめ問題研修」

    講義題名:心理教育“サクセスフル・セルフ”について

    主催者:倉敷市教育委員会

    対象者:倉敷市小中学校教員

    開催地,会場:倉敷ライフパーク

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2017年07月

    講座等名:岡山県 高教研教育相談部会 教育相談研修会

    講義題名:マインドフルネスを活用したセルフケア

    主催者:岡山県高教研教育相談部会

    対象者:岡山県高教研教育相談部会に関わっている教員

    開催地,会場:倉敷ライフパーク

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2016年08月

    講座等名:鳥取市小学校教育研究会養護教諭部会東ブロック研修会

    講義題名:心理教育“サクセスフル・セルフ”について

    主催者:鳥取市小学校教育研究会養護教諭部会東ブロック部会

    対象者:鳥取市小学校教育研究会養護教諭部会 東ブロック養護教諭・養護助教諭

    開催地,会場:鳥取市教育センター

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    開催日:2016年12月

    講座等名:兵庫県立赤穂高等学校(定時制課程) 平成28年度高校生心のサポートシステム公開授業「サクセスフル・セルフ」プログラム

    講義題名:サクセスフル・セルフ プログラムの概要と成果

    主催者:兵庫県立赤穂高等学校(定時制課程)

    対象者:兵庫県立赤穂高等学校(定時制課程)教員

    開催地,会場:兵庫県立赤穂高等学校

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    開催日:2016年10月

    講座等名:倉敷市立東陽中学校 公開授業

    講義題名:サクセスフル・セルフ プログラムについて

    主催者:倉敷市立東陽中学校

    対象者:倉敷市立東陽中学校教員

    開催地,会場:倉敷市立東陽中学校

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    高大連携の種類:研究助言・指導等

    高校名等:岡山県立岡山操山高等学校

    実施日時,時間数:2013年7月16日 1時限

    活動内容:系統別課題研究中間発表会の指導助言

調査・研究会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    名称:内分泌糖尿病心理行動研究会

    役職:その他

    活動内容:内分泌糖尿病心理行動研究会 顧問

  • 年度:2017年度

    名称:鳴門教育大学予防教育科学教育研究センター

    役職:その他

    活動内容:連携研究

  • 年度:2016年度

    名称:鳴門教育大学予防教育科学教育研究センター

    役職:その他

    活動内容:連携研究

  • 年度:2016年度

    名称:内分泌糖尿病心理行動研究会

    役職:その他

    活動内容:内分泌糖尿病心理行動研究会 顧問

  • 年度:2015年度

    名称:鳴門教育大学予防教育科学教育研究センター

    役職:その他

    活動内容:連携研究

全件表示 >>

教育臨床 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:附属学校園に関する心理相談

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:小中学校,特別支援学校との連携による心理教育 “サクセスフル・セルフ”の普及活動(研修・指導助言)

    一般校園等でのカウンセリング活動:教職員サポート相談(岡山県教育庁福利課との連携事業)
    岡山大学大学院教育学研究科心理教育相談室での心理相談活動

  • 年度:2016年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:附属学校園に関する心理相談

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:小中学校,特別支援学校との連携による心理教育 “サクセスフル・セルフ”の普及活動(研修・指導助言)

    一般校園等でのカウンセリング活動:教職員サポート相談(岡山県教育庁福利課との連携事業)
    岡山大学大学院教育学研究科心理教育相談室での心理相談活動

  • 年度:2015年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:附属学校園に関する心理相談

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:小中学校,特別支援学校との連携による心理教育 “サクセスフル・セルフ”の普及活動(研修・指導助言)

    一般校園等でのカウンセリング活動:教職員サポート相談(岡山県教育庁福利課との連携事業)
    岡山大学大学院教育学研究科心理教育相談室での心理相談活動

  • 年度:2014年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:附属学校園に関する心理相談

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:岡山県・岡山市・埼玉県・茨木県・京都府等の公立小中学校,特別支援学校との連携による心理教育 “サクセスフル・セルフ”の普及活動(研修・指導助言)

    一般校園等でのカウンセリング活動:教職員サポート相談(岡山県教育庁福利課との連携事業)
    岡山大学大学院教育学研究科心理教育相談室での心理相談活動

  • 年度:2013年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:附属学校園に関する心理相談

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:岡山県・岡山市・埼玉県・京都府等の公立小中学校,特別支援学校との連携による心理教育 “サクセスフル・セルフ”の普及活動(研修・指導助言)

    一般校園等でのカウンセリング活動:教職員サポート相談(岡山県教育庁福利課との連携事業)
    岡山大学大学院教育学研究科心理教育相談室での心理相談活動

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    他機関名:兵庫県立赤穂高等学校[定時制課程]

    活動内容:兵庫県立赤穂高等学校[定時制課程]における“サクセスフル・セルフ”に関するコンサルテーション。

  • 年度:2017年度

    他機関名:学校法人就実学園就実小学校

    活動内容:“サクセスフル・セルフ”実践に関するコンサルテーション。

  • 年度:2017年度

    他機関名:倉敷市教育委員会

    活動内容:倉敷市における“サクセスフル・セルフ”に関するコンサルテーション。

  • 年度:2016年度

    他機関名:倉敷市教育委員会

    活動内容:倉敷市における“サクセスフル・セルフ”に関するコンサルテーション。

  • 年度:2016年度

    他機関名:学校法人就実学園就実小学校

    活動内容:“サクセスフル・セルフ”実践に関するコンサルテーション。

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    The 33th Pearl Anniversary Edition of Who's Who in the World. (2016) Marquis Who’s Who Piblications.

  • 年度:2015年度

    The 32th Edition of Who's Who in the World. (2014) Marquis Who’s Who Piblications.

  • 年度:2014年度

    The 31th Edition of Who's Who in the World. (2014) Marquis Who’s Who Piblications.

  • 年度:2013年度

    The 30th Pearl Anniversary Edition of Who's Who in the World. (2013) Marquis Who’s Who Piblications.

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:岡山大学ハラスメント相談員

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:ハラスメント相談に応じた。

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:キャリア開発センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:岡山大学ハラスメント相談員

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:ハラスメント相談に応じた。

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:岡山大学ハラスメント相談員

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:ハラスメント相談に応じた。