所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

細胞組織学分野(医学部 第一解剖学)

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

解剖学一般(含組織学・発生学)

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

細胞組織学 発生生物学 再生生物学 分子生物学 再生医学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規視物質ニューロンの発生分化機構と機能の解明

    研究課題概要:眼の網膜にある古典的視細胞(桿体・錐体)とは異なる、オプシン5やオプシン3という紫〜青色光感受の視物質を発現する神経細胞の機能と発生について研究しています。

  • 研究課題名:腫瘍関連遺伝子の生物学的機能の解明

  • 研究課題名: 組織修復と器官再生の分子機構の研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Opn5L1 is a retinal receptor that behaves as a reverse and self-regenerating photoreceptor

    掲載誌名:Nature Communications9巻 (頁 1255 ~ )

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Keita Sato, Takahiro Yamashita, Hideyo Ohuchi et al.

  • 題目:Congenital eye anomalies: More mosaic than thought?

    掲載誌名:Congenital Anomalies

    発行年月:2018年07月

    著者氏名(共著者含):Hideyo Ohuchi, Keita Sato, Munenori Habuta, Hirofumi Fujita, Tetsuya Bando

  • 論文題目名:Two opsin 3-related proteins in the chicken retina and brain: A TMT-type Opsin 3 is a blue-light sensor in retinal horizontal cells, hypothalamus, and cerebellum.

    掲載誌名:PLoS ONE

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Kato M, Sugiyama T, Sakai K, Yamashita T, Fujita H, Sato K, Tomonari S, Shichida Y, Ohuchi H.

 

写真

氏名

大内 淑代 (オオウチ ヒデヨ)

OHUCHI Hideyo

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)細胞組織学 発生生物学 再生生物学 分子生物学 再生医学

(英)Histology, Developmental Biology, Regenerative Medicine and Biology, Molecular Biology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:眼科学 (Ophthalmology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会 /  日本国 ( 2012年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2012年08月 ~ 継続中

  • 国際発生生物学会 (International Society of Developmental Biologists)  /  日本国 ( 1993年04月 ~ 継続中 )

  • 日本ゲノム編集学会 (The Japanese Society for Genome Editing)  /  日本国 ( 2016年04月 ~ 継続中 )

  • 日本先天異常学会 /  日本国 ( 2017年09月 ~ 継続中 )

  • 日本神経科学学会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学) (General anatomy(includes histology/embryology))

  • 発生生物学 (Developmental biology)

  • 神経科学一般 (General neuroscience)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学

  • 先天性疾患,奇形

  • 感覚系の生理と解剖学

  • 神経科学一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規視物質ニューロンの発生分化機構と機能の解明 (Studies of novel photopigment-expressing neurons in the vertebrate retina and brain)

    キーワード:視物質、GPCR、オプシン、網膜、神経内分泌、ニワトリ、マウス、メダカ

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2004年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):神経科学一般 、解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):神経科学一般 、眼科学

    研究内容:「脳内光受容体」大内淑代、光と生命の事典(編集:真嶋哲朗、飯野盛利、七田芳則、藤堂剛)、朝倉書店(東京)2016年、180頁-181頁.

    (1. Two opsin 3-related proteins in the chicken retina and brain: A TMT-type opsin 3 is a blue-light sensor in retinal horizontal cells, hypothalamus, and cerebellum. Kato M et al., PLoS One. 2016 Nov 18;11(11):e0163925.
    2. Two UV-sensitive photoreceptor proteins, Opn5m and Opn5m2 in ray-finned fish with distinct molecular properties and broad distribution in the retina and brain. Sato K et al., PLoS One. 2016 May 11;11(5):e0155339.
    3. Evolution of mammalian Opn5 as a specialized UV-absorbing pigment by a single amino acid mutation. Yamashita T et al., J Biol Chem, 2014, 289, 3991-4000.
    4. A non-mammalian type opsin 5 functions dually in the photoreceptive and non-photoreceptive organs of birds. Ohuchi H et al., PLoS One, 2012, 7, e31534.
    5. Opn5 is a UV-sensitive bistable pigment that couples with Gi subtype of G protein. Yamashita T et al., Proc Natl Acad Sci U S A, 2010, 107, 22084-22089.
    6. Expression patterns of the opsin 5-related genes in the developing chicken retina. Tomonari S et al., Dev Dyn, 2008, 237, 1910-1922. )

  • 研究課題名:腫瘍関連遺伝子の生物学的機能の解明 (Studies of biological functions for tumor-associated genes )

    キーワード:DKK3/REIC, Fat, マウス、昆虫

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):発生生物学 、解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):発生生物学 、抗腫よう薬

    研究内容:REIC/DKK3 expression in mouse normal tissues. Ohuchi H, 第4回 東アジア遺伝子治療推進懇話会、2015年6月21日、於岡山市

    (Expression analysis of Dickkopf-related protein 3 (Dkk3) suggests its pleiotropic roles for a secretory glycoprotein in adult mouse. Inoue J et al., J Mol Histol. 2017 Feb;48(1):29-39.)

  • 研究課題名: 組織修復と器官再生の分子機構の研究 (Studies of molecular mechanisms for tissue regeneration and organogenesis )

    キーワード:コオロギ再生脚、上皮間葉相互作用、FGF10、マウス

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:1998年03月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):発生生物学 、解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):発生生物学 、外皮の生理と解剖学

    (1. Leg regeneration is epigenetically regulated by histone H3K27 methylation in the cricket Gryllus bimaculatus. Hamada Y et al., Development. 2015 Sep 1;142(17):2916-27.
    2. Analysis of RNA-Seq data reveals involvement of JAK/STAT signalling during leg regeneration in the cricket Gryllus bimaculatus. Bando T et al., Development. 2013 Mar;140(5):959-64.
    3. Wakayama Symposium: Epithelial-mesenchymal interactions in eyelid development. Ohuchi H, Ocul Surf. 2012 Oct;10(4):212-6. )

  • 研究課題名:眼の初期発生と網膜細胞分化の研究

    キーワード:形態形成、細胞分化、ニワトリ胚、マウス、ゲノム編集

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2000年03月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):発生生物学 、神経科学一般

    専門分野(researchmap分類):発生生物学

    研究内容:「視覚系の発生」大内淑代、脳科学辞典 DOI:10.14931/bsd.2379 2013年3月

    (1. Relationship between somatic mosaicism of Pax6 mutation and variable developmental eye abnormalities-an analysis of CRISPR genome-edited mouse embryos. Yasuo A et al., Sci Rep. 2017 Dec;7(1):53.
    2. Autopsy Case of Bilateral Optic Nerve Aplasia with Microphthalmia: Neural Retina Formation Is Required for the Coordinated Development of Ocular Tissues. Ohuchi H et al., Acta Med Okayama. 2016;70(2):131-7.
    3. The expression of LIM-homeobox genes, Lhx1 and Lhx5, in the forebrain is essential for neural retina differentiation. Inoue J et al., Dev Growth Differ. 2013 Sep;55(7):668-75.
    4. Molecular aspects of eye evolution and development: from the origin of retinal cells to the future of regenerative medicine. Ohuchi H. Acta Med Okayama. 2013;67(4):203-12. Review.
    5. Lhx1 in the proximal region of the optic vesicle permits neural retina development in the chicken. Kawaue T et al., Biology Open. 2012;1:1083-1093.)

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • Brainstorming-2017  ( 2017年09月 )

  • 夏のFD  ( 2017年07月 )

  • 第35回 国内医科大学視察と討論の会(兵庫医科大学)  ( 2015年09月 )

  • 第25回 電顕サマースクール2014  ( 2014年07月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:細胞組織学

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:細胞組織学実習

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:発生学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2016年度

    授業科目:細胞組織学

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2016年度

    授業科目:細胞組織学実習

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:専任

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2012年度

    科目名:人体の構造:入門

    担当期間:2012年10月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:内分泌系、生殖器系

  • 年度:2012年度

    科目名:基礎医学入門

    担当期間:2012年10月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:細胞骨格

  • 年度:2012年度

    科目名:医学入門

    担当期間:2012年04月 ~ 2015年09月

    講義内容またはシラバス:人体の構造

  • 年度:2012年度

    科目名:基礎病態演習

    担当期間:2012年12月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:Problem oriented learningのグループ演習(2)

  • 年度:2012年度

    科目名:医学セミナー

    担当期間:2012年04月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:Problem oriented learningのグループ演習(1)

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Opn5L1 is a retinal receptor that behaves as a reverse and self-regenerating photoreceptor

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nature Communications9巻 (頁 1255 ~ )

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Keita Sato, Takahiro Yamashita, Hideyo Ohuchi et al.

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/s41467-018-03603-3

  • 論文題目名:Expression analysis of Dickkopf-related protein 3 (Dkk3) suggests its pleiotropic roles for a secretory glycoprotein in adult mouse

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Molecular Histology, Histochemical Journal48巻 1号 (頁 29 ~ 39)

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):Junji Inoue,Hirofumi Fujita*,Tetsuya Bando*,Yoichi Kondo,Hiromi Kumon,Hideyo Ohuchi*

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s10735-016-9703-2

  • 論文題目名:Relationship between somatic mosaicism of Pax6 mutation and variable developmental eye abnormalities-an analysis of CRISPR genome-edited mouse embryos

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports7巻 1号 (頁 1 ~ 13)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Akihiro Yasue,Hitomi Kono,Munenori Habuta,Tetsuya Bando*,Keita Sato*,Junji Inoue,Seiichi Oyadomari,Sumihare Noji,Eiji Tanaka,Hideyo Ohuchi*

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/s41598-017-00088-w

  • 論文題目名:Two opsin 3-related proteins in the chicken retina and brain: A TMT-type Opsin 3 is a blue-light sensor in retinal horizontal cells, hypothalamus, and cerebellum.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PLoS ONE

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Kato M, Sugiyama T, Sakai K, Yamashita T, Fujita H, Sato K, Tomonari S, Shichida Y, Ohuchi H.

    共著区分:共著

    DOI:10.1371/journal.pone.0163925

  • 論文題目名:TGF-β signaling in insects regulates metamorphosis via juvenile hormone biosynthesis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America113巻 20号 (頁 5634 ~ 5639)

    発行年月:2016年05月

    著者氏名(共著者含):Yoshiyasu Ishimaru,Sayuri Tomonari,Yuji Matsuoka,Takahito Watanabe,Katsuyuki Miyawaki,Tetsuya Bando*,Kenji Tomioka*,Hideyo Ohuchi*,Sumihare Noji,Taro Mito

    共著区分:共著

    DOI:10.1073/pnas.1600612113

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Congenital eye anomalies: More mosaic than thought?

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Congenital Anomalies

    出版機関名:Wiley

    発行年月:2018年07月

    著者氏名(共著者含):Hideyo Ohuchi, Keita Sato, Munenori Habuta, Hirofumi Fujita, Tetsuya Bando

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/cga.12304

  • 題目:Molecular aspects of eye evolution and development: from the origin of retinal cells to the future of regenerative medicine.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Med Okayama67巻 4号 (頁 203 ~ 212)

    出版機関名:

    発行年月:2013年04月

    著者氏名(共著者含):Ohuchi H.

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Eye development and photoreception of a hemimetabolous insect, Gryllus bimaculatus. In "The Cricket as a Model Organism, Development, Regeneration, and Behavior"(共著)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer Japan

    発行日:2017年04月

    著者名:Ohuchi H, Bando T, Mito T, Noji S

    著書形態:共著

  • 著書名:「脳内光受容体」光と生命の事典(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書・辞典

    出版機関名:朝倉書店

    発行日:2016年02月

    著者名:大内淑代

    著書形態:共著

  • 著書名:発生生物学 生物はどのように形づくられるか(共訳)

    記述言語:日本語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:丸善出版

    発行日:2013年07月

    著者名:大内淑代、野地澄晴

    著書形態:共訳

  • 著書名:「視覚系の発生」脳科学辞典

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:

    発行日:2013年03月

    著者名:大内淑代

    著書形態:単著

  • 著書名:「In situハイブリダイゼーション」脳科学辞典

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:

    発行日:2013年03月

    著者名:大内淑代

    著書形態:単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:脳の”眼”を構成するオプシン5視細胞の機能解明とその発生分化メカニズム

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:独立行政法人日本学術振興会

    研究内容:我々は、2010年に動物の脳に新規な“眼”があることを発見した。すなわち、従来の視細胞とは異なる、オプシン5という短波長感受の視物質を発現する神経細胞が網膜と脳に存在することを見出した。本研究では、このオプシン5視細胞の機能と発生分化過程を解明する。

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:Dachsous/Fatシグナリング系を介した位置情報決定メカニズムの解明

    研究期間:2010年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:独立行政法人日本学術振興会

    研究内容:再生時の体のサイズとプロポーションを決める分子機構について、再生する昆虫の脚の系を用いて明らかにする(分担研究者)。

 

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    2015年11月4日、岡山大学教育学部附属中学校の生徒さん9名に、岡山大学医学部共同実験室の職員とともに、「電子顕微鏡で見る生物の世界」について説明し、電顕観察を体験していただきました。

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    役職:学科長

    職名:医学科長

    任期:2017年04月 ~ 継続中

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:基礎系中期将来構想委員会

    役職:委員長

    任期:2017年04月 ~ 継続中

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:医学科教務委員会

    役職:委員長

    任期:2015年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:2016年6月末に医学教育分野別認証評価を受審した。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:医学科教務委員会

    役職:委員長

    任期:2015年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:医歯科学専攻学務委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:遺伝子治療臨床研究審査委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:医学部共同実験室第一分室長(2013年度より継続)