所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

農学部・応用植物科学コース・遺伝子細胞工学分野

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

植物病理学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

植物病理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:植物病原細菌の化学物質による感染行動制御機構の解析

    研究課題概要:

  • 研究課題名:植物病原細菌の病原性糖タンパク質糖鎖の構造解析と病害防除への利用

  • 研究課題名:植物病原細菌の病原性の研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Identification of glycosylation genes and glycosylated amino acids of flagellin in Pseudomonas syringae pv. tabaci. (共著)

    掲載誌名:Cellular Microbiology8巻 6号 (頁 923 ~ 938)

    発行年月:2006年06月

    著者氏名(共著者含):Taguchi, F., Takeuchi, K., Katoh, E., Murata, K., Suzuki, T., Marutani, M., Kawasaki, T., Eguchi, M., Katoh, S., Kaku, H., Yasuda, C., Inagaki, Y., Toyoda, K., Shiraishi, T. and Ichinose, Y.

 

写真

氏名

一瀬 勇規 (イチノセ ユウキ)

ICHINOSE Yuki

所属専攻講座

環境生命科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)植物病理学

(英)Plant Pathology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:農学部

    学科名:農学科

    卒業年月:1983年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:生物化学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1988年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:理学博士 (Doctor of Philosophy, Science)

    学位の分野名:細胞生物学 (Cell biology)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:農学修士 (Master of Agriculture)

    学位の分野名:植物病理学 (Plant pathology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:1989-1989 大阪大学 助手 (1989-1989 Osaka University, Research Assistant)

    経歴名:未設定

    経歴期間:1992年07月 ~ 1992年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本細菌学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • American Society for Microbiology /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 植物微生物研究会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物病理学 (Plant pathology)

  • 応用分子細胞生物学 (Applied molecular cell biology)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:植物病原細菌の化学物質による感染行動制御機構の解析

    キーワード:走化性

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2014年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):植物病理学

    専門分野(researchmap分類):植物の病虫害防除

  • 研究課題名:植物病原細菌の病原性糖タンパク質糖鎖の構造解析と病害防除への利用 (Structural analysis of glycan moieties of virulent glycoprotein in phytopathogenic bacteria and its application to disease control.)

    キーワード:MAMP, フラジェリン,糖鎖修飾 (flagellin, virulence, MAMP)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業

    研究期間:2007年01月 ~ 2011年12月

    専門分野(科研費分類):植物病理学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:植物病原細菌の病原性の研究 (Study on virulence factor of phytopathogenic bacteria)

    キーワード:べん毛,フラジェリン,植物毒素 (flagella,flagellin,phytotoxin)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1998年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):植物病理学 、分子生物学 、応用分子細胞生物学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:植物の非宿主抵抗性

    キーワード:MAMP

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1990年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):植物病理学

    専門分野(researchmap分類):植物の病虫害防除

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:遺伝子細胞工学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:遺伝子工学1

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:植物微生物相互作用論

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:植物微生物相互作用学

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:遺伝子細胞工学演習

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Characterization of the suppressive effects of the biological control strain VAR03-1 of Rhizobium vitis on the virulence of tumorigenic R. vitis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of General Plant Pathology (頁 1 ~ 7)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Kirara Saito,Megumi Watanabe*,Hidenori Matsui,Mikihiro Yamamoto*,Yuki Ichinose*,Kazuhiro Toyoda*,Akira Kawaguchi,Yoshiteru Noutoshi*

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s10327-017-0756-1

  • 論文題目名:Ultrastructural and cytological studies on Mycosphaerella pinodes infection of the model legume Medicago truncatula

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Frontiers in Plant Science8巻 (頁 359 ~ 364)

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):Tomoko Suzuki,Aya Maeda,Masaya Hirose,Yuki Ichinose*,Tomonori Shiraishi,Kazuhiro Toyoda*

    共著区分:共著

    DOI:10.3389/fpls.2017.01132

  • 論文題目名:Expression profiling of marker genes responsive to the defence-associated phytohormones salicylic acid, jasmonic acid and ethylene in Brachypodium distachyon

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:BMC Plant Biology16巻 1号

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Yusuke Kouzai,Mamiko Kimura,Yurie Yamanaka,Megumi Watanabe*,Hidenori Matsui*,Mikihiro Yamamoto*,Yuki Ichinose*,Kazuhiro Toyoda*,Yoshihiko Onda,Keiichi Mochida*,Yoshiteru Noutoshi*

    共著区分:共著

    DOI:10.1186/s12870-016-0749-9

  • 論文題目名:Pseudomonas syringae pv. tomato Oxyr is required for virulence in tomato and arabidopsis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Molecular Plant-Microbe Interactions29巻 2号 (頁 119 ~ 131)

    発行年月:2016年02月

    著者氏名(共著者含):Yasuhiro Ishiga ,Yuki Ichinose*

    共著区分:共著

    DOI:10.1094/MPMI-09-15-0204-R

  • 論文題目名:Characterization of quorum sensing-controlled transcriptional regulator MarR and Rieske (2Fe-2S) cluster-containing protein (Orf5) that are involved in resistance to environmental stresses in Pseudomonas syringae pv. tabaci 6605. ( Characterization of quorum sensing-controlled transcriptional regulator MarR and Rieske (2Fe-2S) cluster-containing protein (Orf5) that are involved in resistance to environmental stresses in Pseudomonas syringae pv. tabaci 6605.)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Mol. Plant Pathol. ( Mol. Plant Pathol.)

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):Taguchi, F., Inoue, Y., Suzuki, T., Inagaki, Y., Yamamoto, M., Toyoda, K., Yoshiteru, N., Shiraishi, T. and Ichinose, Y. ( Taguchi, F., Inoue, Y., Suzuki, T., Inagaki, Y., Yamamoto, M., Toyoda, K., Yoshiteru, N., Shiraishi, T. and Ichinose, Y.)

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Pseudmonas syringaeの菌体密度感知機構と多剤排出ポンプの病原力における役割

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:植物細菌病談話会論文集27号 (頁 77 ~ 88)

    出版機関名:日本植物病理学会

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):一瀬勇規・澤田貴博・高田基弘・山本 悟・藤山友里・中津有紀子・田阪洋昌・下村洪祐・田口富美子・松井英譲・山本幹博・能年義輝・豊田和弘

    共著区分:共著

  • 題目:植物毒素コロナチンを介した罹病性の分子メカニズム

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:植物細菌病談話会論文集27号 (頁 41 ~ 50)

    出版機関名:日本植物病理学会

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):石賀康博・石賀貴子・一瀬勇規

    共著区分:共著

  • 題目:Motility-mediated regulation of virulence in Pseudomonas syringae.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physiol. Mol. Plant Pathol. 95巻 (頁 50 ~ 54)

    出版機関名:

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):Ichinose Y, Sawada T, Matsui H, Yamamoto M, Toyoda K, Noutoshi Y, and Taguchi F.

    共著区分:共著

  • 題目:The plant cell wall as a site for molecular contacts in fungal pathogenesis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physiol. Mol. Plant Pathol. 95巻 (頁 44 ~ 49)

    出版機関名:

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):Toyoda K., Yao S., Takagi M., Uchioki M., Miki M., Tanaka K., Suzuki T., Amano M., Kiba A., Kato T., Takahashi H., Ishiga Y., Matsui H., Noutoshi Y., Yamamoto M., Ichinose Y., Shiraishi T.

    共著区分:共著

  • 題目:Pseudomonas syringaeの病原性関連遺伝子の発現制御ネットワーク

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:新視点から見渡す病原体感染戦略と植物免疫ネットワーク (頁 9 ~ 18)

    出版機関名:日本植物病理学会

    発行年月:2014年08月

    著者氏名(共著者含):一瀬勇規・田口富美子

    共著区分:共著

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:平成30年度日本植物病理学会大会

    開催場所:神戸

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:Pseudomonas syringaeの菌体密度感知機構の解析(3)PsyRとアシルホモセリンラクトンによる遺伝子発現制御機構

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:平成30年度日本植物病理学会大会

    開催場所:神戸

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:An Endogenous Suppressor(s) from Arabidopsis thaliana

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:平成30年度日本植物病理学会大会

    開催場所:神戸

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:Saccharin induces resistance in Arabidopsis to Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000 through activation of defense-related genes

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:平成30年度日本植物病理学会大会

    開催場所:神戸

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:MAMP応答性リン酸化タンパク質MARK2の機能解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:平成30年度日本植物病理学会大会

    開催場所:神戸

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:細菌シグナル伝達因子CDG proteinの機能解析

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本植物病理学会

    役職・役割名:常任評議員

    活動期間:2018年01月 ~ 2018年12月

    活動内容:評議会に参加して議論した。

  • 日本植物病理学会

    役職・役割名:常任評議員

    活動期間:2017年01月 ~ 2017年12月

    活動内容:評議会に参加して議論した。

  • 日本植物病理学会

    役職・役割名:常任評議員

    活動期間:2016年01月 ~ 2016年12月

    活動内容:評議会に参加して議論した。