所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

薬学部

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物系薬学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

変異機構学,遺伝毒性学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:発癌性ニトロソアミンの光活性化

    研究課題概要:

  • 研究課題名:発癌抑制効果を持つ食品天然成分の研究

  • 研究課題名:発癌物質によるDNA損傷研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Beer in ‘Chemoprevention of Cancer and DNA Damage by Dietary Factors’ (共著)

    出版機関名:Wiley-VCH

    発行日:2009年04月

    著者名:Filipic, M., Plazar, J., Arimoto-Kobayashi, S.

    著書形態:共著

  • 著書名:Beer in Health and Disease Prevention (共著)

    出版機関名:Academic Press

    発行日:2008年04月

    著者名:*Arimoto-Kobayashi, S.

    著書形態:単著

    担当部分:Beer and prevention of heterocyclic amine-induced DNA Adducts and O6-methylguanine.

  • 論文題目名:Mutagenicity and clastogenicity of extracts of Helicobacter pylori detected by the Ames test and in the micronucleus test using human lymphoblastoid cells

    掲載誌名:Mutagenesis

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

有元 佐賀惠 (アリモト サカエ)

ARIMOTO Sakae

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

准教授

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)変異機構学,遺伝毒性学

(英)Mutagenesis, Genotoxicology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:薬学博士 (Ph. D.)

    学位の分野名:生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:1989年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会 /  日本国 ( 1979年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本癌学会 /  日本国 ( 1980年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本光医学・光生物学会 /  日本国 ( 2003年07月 ~ 継続中 )

  • 日本がん予防学会 /  日本国 ( 2002年07月 ~ 継続中 )

  • 日本分子生物学会 /  日本国 ( 1992年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

  • 環境系薬学 (Environmental pharmaceutical science)

  • 放射線・化学物質影響科学 (Radiation/chemical substance influence science)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬学一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:発癌性ニトロソアミンの光活性化 (Photo activation of Nitrosamines)

    キーワード:ニトロサミン,近紫外光,光反応 (nitrosamine,niar oltra riolet light,photo reaction)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1982年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):環境系薬学

    専門分野(researchmap分類):環境影響評価(含放射生物学)

  • 研究課題名:発癌抑制効果を持つ食品天然成分の研究

    キーワード:ビール、果実

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1979年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物系薬学

    専門分野(researchmap分類):予防医学一般

  • 研究課題名:発癌物質によるDNA損傷研究 (Detection of DNA adducts by Carcinogens)

    キーワード:発がん物質,核酸修飾,付加体 (DNA,adducts,Carcinogen)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1982年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):環境系薬学

    専門分野(researchmap分類):薬学一般

  • 研究課題名:Environmental monitoring for genotoxic pollution (Environmental monitoring for genotoxic pollution)

    キーワード:mutagen (mutagen)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1979年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):放射線・化学物質影響科学

    専門分野(researchmap分類):環境影響評価(含放射生物学)

  • 研究課題名:発癌性物質・変異原物質の活性抑制 (Inhibitory effects against exposure to carcingens and mutagens)

    キーワード:天然成分,ポルフィリン,ヘテロサイテクリックアミン (porphyrin,chlorophyllin,Hetercyclic amine)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):生物系薬学

    専門分野(researchmap分類):

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:大学生なら知っておきたい生物学

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:化学物質って危ないの?

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:生物統計学1

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:生物統計学1

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:分子生物学4

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Mutagenicity and clastogenicity of extracts of Helicobacter pylori detected by the Ames test and in the micronucleus test using human lymphoblastoid cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Mutagenesis

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Increase of somatic cell mutations in oxidative damage-sensitive drosophila

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Genes and Environment40巻 3号

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:https://doi.org/10.1186/s41021-017-0090-z

  • 論文題目名:UV-irradiated 2-methyl-4′-(methylthio)-2- morpholinopropiophenone-containing injection solution produced frameshift mutations in the Ames mutagenicity assay

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Environmental Science and Pollution Research25巻 10号 (頁 10135 ~ 10140)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:https://doi.org/10.1007/s11356-018-1539-8

  • 論文題目名:Mutation spectrum resulting in M13mp2 phage DNA exposed to N-nitrosoproline with UVA irradiation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Mutation Research - Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis821巻 (頁 1 ~ 4)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):Yumi Horai,Yoshiko Ando,Sachiko Kimura ,Sakae Arimoto-Kobayashi *

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.mrgentox.2017.06.003

  • 論文題目名:E. coli mismatch repair enhances AT-to-GC mutagenesis caused by alkylating agents

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Mutation Research - Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis815巻 (頁 22 ~ 27)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):Kota Nakano,Yoko Yamada,Eizo Takahashi*,Sakae Arimoto*,Keinosuke Okamoto*,Kazuo Negishi,Tomoe Negishi

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.mrgentox.2017.02.001

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Photogenotoxicity and photomutagenicity of medicines, carcinogens and endogenous compounds

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Genes and Environment36巻 3号 (頁 000)

    出版機関名:

    発行年月:2014年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Beer in ‘Chemoprevention of Cancer and DNA Damage by Dietary Factors’ (共著)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Wiley-VCH

    発行日:2009年04月

    著者名:Filipic, M., Plazar, J., Arimoto-Kobayashi, S.

    著書形態:共著

  • 著書名:Beer in Health and Disease Prevention (共著)

    記述言語:未設定

    著書種別:著書

    出版機関名:Academic Press

    発行日:2008年04月

    著者名:*Arimoto-Kobayashi, S.

    著書形態:単著

    担当部分:Beer and prevention of heterocyclic amine-induced DNA Adducts and O6-methylguanine.

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本薬学会第135年会

    開催場所:神戸

    開催期間:2015年03月

    題目又はセッション名:ピロリ菌体成分の変異原性および遺伝子損傷性

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:17th BIennial Meeting of Society for Free Radical Research International

    開催期間:2015年03月

    題目又はセッション名:Release of nitric oxide and formation of mutagenic substance from UVA irradiated N-nitrosoproline in non-aqueous lipids

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本環境変異原学会43回大会

    開催場所:東京

    開催期間:2014年12月

    題目又はセッション名:ラット大腸がん前癌病変(ACF)誘発に対するサルナシ(A.arguta)及び成分化合物の抑制効果

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本環境変異原学会43回大会

    開催場所:東京

    開催期間:2014年12月

    題目又はセッション名:長波長紫外線(365nm-UVA)の変異誘発傷害とその修復機構

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本環境変異原学会43回大会

    開催場所:東京

    開催期間:2014年12月

    題目又はセッション名:ラット大腸がん前癌病変(ACF)誘発に対するサルナシ(A.arguta)及び成分化合物の抑制効果

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本光医学・光生物学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2017年01月 ~ 継続中

出展・出場・入賞等 【 表示 / 非表示

  • 名称:知恵の見本市

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2014年11月14日

  • 名称:第19回岡山リサーチパーク研究・展示発表会

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2014年09月03日

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:山陽新聞

    番組名等及び内容:サルナシ肺がん抑制効果

    報道年月日:2014年08月06日

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2017年07月

    講座等名:第1回全国さるなしサミット in 玉川村 基調講演

    講義題名:サルナシの健康効果について

    主催者:全国さるなし連絡協議会

    開催地,会場:福島県玉川村

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2017年08月

    講座等名:サルナシ講演会

    講義題名:さるなし茶の大腸がん防護機能硏究

    主催者:岡山県新庄村

    開催地,会場:岡山県新庄村

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2016年06月

    講座等名:22回岡山大学薬学部公開講演会及び薬用植物園一般公開

    講義題名:身近な発癌物質

    開催地,会場:岡山大学薬学部

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2016年07月

    講座等名:サルナシ栽培研究会

    講義題名:放射線と発がん

    主催者:新庄村

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2015年07月

    講座等名:サルナシ栽培研究会

    講義題名:サルナシの果実および製品のがん抑制効果研究

    主催者:新庄村

    開催地,会場:新庄村

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:学外オープンスクール 姫路

    実施日時,時間数:7月18日

    活動内容:学部紹介

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山県環境審議会

    役職:委員

  • 年度:2014年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県環境保健センター外部評価委員会

    役職:委員