所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

(大学院)数理科学講座, (学部)環境数理学科

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

幾何学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

多様体上の変換群論

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:多様体上の不動点集合の研究

    研究課題概要:滑らかな多様体(特に球面や射影空間)上の有限群 G の滑らかな作用の不動点集合を,表現論,K-理論,同変手術理論を用いて研究する.

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Finite groups with smooth one fixed point actions on spheres(共著)

    掲載誌名:Forum Mathematicum10巻 (頁 479 ~ 520)

    発行年月:1998年12月

    著者氏名(共著者含):Eriki Laitinen, Masaharu Moirmoto

  • 論文題目名:Equivariant intersection theory and surgery theory for manifolds with middle dimensional singular sets (共著)

    掲載誌名:Journal of K-Theory 2巻 Spec. Iss. 03号 (頁 507 ~ 600)

    発行年月:2008年05月

    著者氏名(共著者含):Anthony Bak, Masaharu Morimoto

  • 論文題目名:Deleting and inserting fixed point manifolds under the weak gap condition

    掲載誌名:Publications of the Research Institute for Mathematica Sciences48巻 3号 (頁 623 ~ 651)

    発行年月:2012年10月

    著者氏名(共著者含):Masaharu Morimoto

全件表示 >>

 

写真

氏名

森本 雅治 (モリモト マサハル)

MORIMOTO Masaharu

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)多様体上の変換群論

(英)Transformation Groups on Manifolds

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:数学科

    卒業年月:1978年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:数学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1985年12月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:数学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1983年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:理学博士

    学位の分野名:幾何学 (Geometry)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:1985年12月

  • 学位名:理学修士

    学位の分野名:幾何学 (Geometry)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:1980年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2005年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:環境理工学部 、環境数理学科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2001年05月 ~ 2005年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会 (Mathematical Society of Japan)  /  日本国 ( 1982年09月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:学会員

    活動期間:1982年09月 ~ 継続中

    活動内容:学会員として研究活動を行う.
    1998年4月~2000年3月 評議員
    2003年4月~2004年3月 代議員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 幾何学 (Geometry)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 位相幾何学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:多様体上の不動点集合の研究 (Study of G-Fixed Point Sets on Manifolds)

    キーワード:不動点,多様体 (G-fixed point, manifold)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2010年04月 ~ 2020年03月

    専門分野(科研費分類):幾何学 、代数学

    専門分野(researchmap分類):位相幾何学

    研究内容:不動点集合と現れる多様体についてオイラー数や接束の特性類に必要条件が現れる.それらについて A. Bak, K. Pawalowski, M. Kaluba, 長崎 生光,角 俊雄 などと研究情報を交換しながら,研究を行っていいる.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:幾何学基礎B

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:線形代数Ⅱ-2

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:線形代数Ⅱ-2 演習

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:幾何学基礎A

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:線形代数Ⅱ-1

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Cokernels of homomorphisms from Burnside rings to inverse limits

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Canadian Mathematical Bulletin60巻 1号 (頁 165 ~ 172)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    DOI:10.4153/CMB-2016-068-6

  • 論文題目名:Direct limits and inverse limits of Mackey functors

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Algebra470巻 (頁 68 ~ 76)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    DOI:10.1016/j.jalgebra.2016.09.002

  • 論文題目名:A necessary condition for the Smith equivalence of G-modules and its sufficiency

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Mathematica Slovaca66巻 4号 (頁 979 ~ 998)

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Masaharu Morimoto

    共著区分:単著

    DOI:10.1515/ms-2015-0197

  • 論文題目名: One-fixed-point actions on spheres and Smith sets

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Osaka Journaol of Mathematics53巻 4号 (頁 1003 ~ 1013)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:On the V-transversality construction of equivariant framed maps

    記述言語:英語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:数理解析研究所講究録1968号 (頁 16 ~ 22)

    発行年月:2015年11月

    著者氏名(共著者含):Masaharu Morimoto

    共著区分:単著

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2016 日本数学会秋季総合分科会

    開催場所:関西大学吹田キャンパス

    開催期間:2016年09月

    題目又はセッション名:Mackey 関手の極限について (On limits of Mackey functors)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:変換群論ワークショップ (Workshop on Transformation Groups)

    開催場所:呉市 呉会員会館

    開催期間:2016年03月

    題目又はセッション名:バーンサイド環の逆極限について I (On the inverse limits of the Burnside rings I)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:第42回変換群論シンポジウム

    開催場所:金沢勤労者会館

    開催期間:2015年11月

    題目又はセッション名:Realization of closed manifolds as A_5-fixed point sets

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:Glances at Manifolds

    開催場所:Krakow, Poland

    開催期間:2015年07月

    題目又はセッション名:The Burnside ring, equivariant framed maps, and the reflection method (The Burnside ring, equivariant framed maps, and the reflection method)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:New Topics on Transformation Groups (New Topics on Transformation Groups)

    開催場所:京都大学数理解析研究所

    開催期間:2015年05月

    題目又はセッション名:On the V-transversality construction of equivariant framed maps (On the V-transversality construction of equivariant framed maps)

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 不動点定理とその周辺 (Fixed Point Theorems and Related Topics)

    役職・役割名:オーガナイザー (Organizer)

    活動期間:2014年03月

    活動内容:シンポジウムをオーガナイズ

  • Knots, Manifolds, and Transformation Groups, Sulbice 2013 (Knots, Manifolds, and Transformation Groups, Sulbice 2013)

    役職・役割名:シンポジウムオーガナイザー (Organizer of the symposium)

    活動期間:2013年02月 ~ 2013年09月

    活動内容:国際シンポジウム Knots, Manifolds, and Transformation Groups のオーガナイザーを務める

  • Group Actions, Toplogy and Analysis, Milan 2010 (Group Actions, Toplogy and Analysis, Milan 2010)

    役職・役割名:オーガナイザー (Organizer)

    活動期間:2010年09月

    活動内容:ミラノ大学での国際シンポジウムのオーガナイザー

  • Group Actions and Homogeneous Spaces, Bratislava 2009

    役職・役割名:オーガナイザー (Organizer)

    活動期間:2009年09月

    活動内容:Bratislava で変換群論のシンポジウムを開催するための世話を行った.

  • Groups in Geometry and Topology, Malaga 2006(Malaga, Spain)

    役職・役割名:オーガナイザー

    活動期間:2006年09月

    活動内容:Malaga において国際シンポジウムを開催

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:非単連結同変多様体での交差や絡みとK-理論の研究

    研究期間:2010年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    2015年3月8日,9日
    Workshop on Transformation Groups
    を名古屋市民文化会館,ウインク愛知で開催した。

  • 年度:2015年度

    2015年7月17日から20日
    国際研究集会 Glances at Manifolds をポーランドの
    Krakow で開催した。

  • 年度:2014年度

    交流協定締結校の Adam Mickiewiz 大学から Pawalowski 教授,Karuba 助教を招いて1週間の共同研究を行い,11月19日に岡山ーポズナニ交流談話会を開催した。

  • 年度:2014年度

    2014年3月9日,10日
    シンポジウム「不動点定理とその周辺」を奈良女子大学理学部で開催した。

  • 年度:2013年度

    2013年9月11日から14日
    国際研究集会 Knots, 201Manifolds, and Groups Actions
    をポーランドの Slubice で開催した。