所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

歯学部共同利用施設 マルチメディア共同利用施設

職名 【 表示 / 非表示

助手

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

計算機システム・ネットワーク

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

情報倫理教育、社会科教育、日本政治分析、医療情報、計算機統計学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:歯学教育の情報化

    研究課題概要:歯学教育における情報機器・IT技術の導入および教育的効果に関する研究

  • 研究課題名:口腔保健用品における顧客分析に関する研究

  • 研究課題名:死後生殖に関する意識の研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:医療情報第5版 情報処理技術編

    出版機関名:篠原出版新社

    発行日:2016年07月

    著者名:

    著書形態:共編著

 

写真

氏名

小河 達之 (オガワ タツユキ)

OGAWA Tatsuyuki

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助手

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)情報倫理教育、社会科教育、日本政治分析、医療情報、計算機統計学

(英)Medical Infomation Network / Cyberethics / Social science / Social study

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:札幌大学

    学校の種類:大学

    学部名:法学部

    学科名:法学科

    卒業年月:1996年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:兵庫教育大学

    研究科名:学校教育研究科

    専攻名:教科・領域教育専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:1998年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(学校教育学)

    学位の分野名:教科教育学 (Subject pedagogy)

    学位授与機関名:兵庫教育大学 (Hyogo University of Teacher Education)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助手 (Research Associate)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    組織名:医療情報部

    経歴名:職員

    職務期間:2003年10月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:川崎医療福祉大学

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:2004年04月 ~ 2010年03月

  • 所属(勤務)先:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科

    経歴名:研究生

    経歴期間:1999年04月 ~ 2002年03月

  • 所属(勤務)先:兵庫教育大学学校教育学部

    経歴名:研究生

    経歴期間:1998年05月 ~ 1999年03月

  • 所属(勤務)先: 岡山県理容美容専門学校

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:1998年04月 ~ 2002年03月

  • 所属(勤務)先:兵庫教育大学 学校教育学部

    経歴名:ティーチングアシスタント

    経歴期間:1997年05月 ~ 1998年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本医療情報学会 /  日本国 ( 2007年11月 ~ 継続中 )

  • 日本人権教育研究学会 /  日本国 ( 2001年01月 ~ 継続中 )

  • 日本人権教育研究学会 /  日本国 ( 2001年01月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:常任理事

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 2005

  • 日本法政学会 /  日本国 ( 1996年10月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2013年10月 ~ 継続中

  • 日本法政学会 /  日本国 ( 1996年10月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:監事

    活動期間:2010年06月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算機システム・ネットワーク (Computer system network)

  • 教科教育学 (Subject pedagogy)

  • 社会学 (Sociology)

  • 政治学 (Politics)

  • 公法学 (Public law studies)

全件表示 >>

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 政治学

  • 教科教育

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

  • 専門社会調査士

  • 高等学校教諭専修免許

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:歯学教育の情報化

    キーワード:歯学教育

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教育工学

    専門分野(researchmap分類):歯科学

    研究内容:歯学部教育において情報機器の活用やネットワークを利用した教育の改善について研究を行っている

  • 研究課題名:口腔保健用品における顧客分析に関する研究

    キーワード:歯科用品 購買

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2010年04月 ~ 2012年03月

    専門分野(科研費分類):公衆衛生学・健康科学 、統計科学 、経営学

    専門分野(researchmap分類):歯科学 、マーケティング

    研究内容: 天満屋ストアが所持している顧客情報および販売実績より,口腔保健用品の購入状況が地域で異なるか検討を行う。さらに,購入状況の地域差と歯科医院数,口腔の健康状態に関連があるか検討する。

  • 研究課題名:死後生殖に関する意識の研究

    キーワード:死後生殖、生命倫理

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2007年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:機能性モノマーの分子構造とアパタイト表面における化学的相互作用との関連性

    キーワード:歯科材料学、計算機分析

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2006年01月 ~ 2010年12月

    専門分野(科研費分類):統計科学 、医用生体工学・生体材料学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:電子カルテシステムの歯科への導入

    キーワード:電子カルテ

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):ソフトウエア 、計算機システム・ネットワーク 、医療社会学

    専門分野(researchmap分類):

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • New Education EXPO 2015 in 岡山 モデル施設見研修会  ( 2015年11月 )

  • メディア教育開発センター eラーニングと個人情報保護  ( 2006年09月 )

  • メディア教育開発センター 「Web教材作成 −学習オブジェクトの作成と共有−」  ( 2004年07月 )

  • メディア教育開発センター IT時代の著作権問題  ( 2004年06月 )

  • メディア教育開発センター Webを活用した学習環境デザイン研修  ( 2002年06月 )

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    授業科目:情報処理入門

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年09月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:歯学教育と歯科臨床で用いられる情報通信技術(ICT)を,講義と実習を通して体得する。

  • 年度:2015年度

    授業科目:情報処理入門

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年09月

    授業形式:

    講義内容またはシラバス:歯学教育と歯科臨床で用いられる情報通信技術(ICT)を,講義と実習を通して体得する。

  • 年度:2015年度

    授業科目:情報処理入門

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年09月

    授業形式:

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:臨床予備実習

    担当期間:2016年09月

    講義内容またはシラバス:医療情報を取り扱う前の情報倫理教育
    大学でのPC持ち込みのルールと取り扱いの研修

  • 年度:2015年度

    科目名:臨床予備実習

    担当期間:2015年09月

    講義内容またはシラバス:医療情報を取り扱う前の情報倫理教育
    大学でのPC持ち込みのルールと取り扱いの研修

  • 年度:2014年度

    科目名:臨床予備実習

    担当期間:2014年09月

    講義内容またはシラバス:医療情報を取り扱う前の情報倫理教育
    大学でのPC持ち込みのルールと取り扱いの研修

  • 年度:2013年度

    科目名:臨床予備実習

    担当期間:2013年09月

    講義内容またはシラバス:医療情報を取り扱う前の情報倫理教育
    大学でのPC持ち込みのルールと取り扱いの研修

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    授業環境整備として、教育改善経費に基づき学習環境の整備を行った。また新設された教養科目「情報処理入門1」の開講に関して講義の計画段階から参加し講義の補助を全時間帯において行った
    学部FD研修など各種研修に参加した

  • 年度:2015年度

    授業環境整備として、H27国立大学改革強化推進補助金(文科省) (5001500008)を得て診療参加型臨床実習の電子化を推進した。また60分講義実施準備のため各種学習環境のIT化のために準備を行った。
    学部FD研修など各種研修に参加した

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:大学院医歯薬学総合研究科教育功労賞

    受賞年月:2014年01月

    授与機関:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科長

    受賞内容:CBT教育を円滑に実施するためのIT関連の保守点検・整備に貢献

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:医療情報第5版 情報処理技術編(一般社団法人日本医療情報学会医療情報技師育成部会編集)
    9.1.4 知的財産権の管理
    9.1.5 データ管理
    9.1.6 性能管理

  • 年度:2013年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:共著:医療情報 第2版 情報処理技術編,篠原出版新社,2013.04.

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:学生相談

    学生活動支援:歯学部学生および大学院生(歯学系)を中心に、大学におけるPC利用相談を行っている

  • 年度:2015年度

    学生活動支援の種類:学生相談

    学生活動支援:歯学部学生および大学院生(歯学系)を中心に、大学におけるPC利用相談を行っている

  • 年度:2014年度

    学生活動支援の種類:学生相談

    学生活動支援:歯学部学生および大学院生(歯学系)を中心に、大学におけるPC利用相談を行っている

  • 年度:2013年度

    学生活動支援の種類:学生相談

    学生活動支援:歯学部学生および大学院生(歯学系)を中心に、大学におけるPC利用相談を行っている

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    新規開設科目である「情報処理入門1」(教養)および「医療情報処理入門」(歯学部専門)の計画段階から参画し、講義の補助を行った
     歯学部5年生の臨床実習前教育において、個人情報保護の観点から「情報倫理教育」を実施している。
     CBT(医学系・歯学系)の実施に関して、歯学系では実施補助者・医学系ではサイトマネージャーとして、技術的部分の対応および、実施中の運用を行っている。

     歯学部の全講義室・示説室のネットワーク環境整備の維持管理・充実を行った

  • 年度:2015年度

     歯学部5年生の臨床実習前教育において、個人情報保護の観点から「情報倫理教育」を実施している。
     CBT(医学系・歯学系)の実施に関して、歯学系では実施補助者・医学系ではサイトマネージャーとして、技術的部分の対応および、実施中の運用を行っている。

     歯学部の全講義室・示説室のネットワーク環境整備の維持管理・充実を行った

  • 年度:2014年度

     歯学部5年生の臨床実習前教育において、個人情報保護の観点から、「情報倫理教育」を実施している。
     CBT(医学系・歯学系)の実施に関して、歯学系では実施補助者・医学系ではサイトマネージャーとして、技術的部分の対応および、実施中の運用を行っている。

     歯学部の全講義室・示説室のネットワーク環境整備の維持管理・充実を行った

  • 年度:2013年度

     歯学部5年生の臨床実習前教育において、個人情報保護の観点から、「情報倫理教育」を実施している。
     CBT(医学系・歯学系)の実施に関して、歯学系では実施補助者・医学系ではサイトマネージャーとして、技術的部分の対応および、実施中の運用を行っている。

     歯学部の全講義室・示説室のネットワーク環境整備の維持管理・充実を行った

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:人工妊娠中絶の法規制-女性の意識調査からリプロダクティブ・ヘルス/ライツを考える-

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ヒューマンケア研究学会誌7巻 1号 (頁 29 ~ 35)

    発行年月:2015年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Novel fluoro-carbon functional monomer for dental bonding.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名: Journal of Dental Research93巻 2号 (頁 189 ~ 194)

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):Yoshihara K1, Yoshida Y, Hayakawa S, Nagaoka N, Kamenoue S, Okihara T, Ogawa T, Nakamura M, Osaka A, Van Meerbeek B.

    共著区分:共著

    DOI:10.1177/0022034513514447

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:医療情報第5版 情報処理技術編

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:篠原出版新社

    発行日:2016年07月

    著者名:

    著書形態:共編著

  • 著書名:新版 医療情報 第2版 情報処理技術編(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:篠原出版新社

    発行日:2013年04月

    著者名:安德 恭彰, 上村 幸司, 小笠原 克彦, 五味悠一郎, 平松治彦, 佐藤大, 谷川拓海, 吉岡真, 小河達之, 大佐賀敦, 岡田美保子, 喜多紘一, 木村映善, 木下良正, 栗原幸男, 作佐部太也, 笹川紀夫, 鶴田陽和, 中島典昭, 向井まさみ

    著書形態:共著

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:人権教育学研究

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第35回日本歯科医学教育学会総会および学術大会

    開催場所:かごしま県民交流センター

    開催期間:2015年07月

    題目又はセッション名: 電子版診療参加型臨床実習・臨床研修連携手帳(電子ログブック)の展開

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第33回日本歯科医学教育学会総会および学術大会

    開催場所:北九州国際会議場

    開催期間:2014年07月 ~ 2015年07月

    題目又はセッション名:電子版診療参加型臨床実習・臨床研修連携手帳(電子版連携ログブック)の試行 (The trial of the electronic log book for evaluating a clininal training in dental students and residents)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第32回日本歯科医学教育学会総会および学術大会

    開催場所:北海道大学学術交流会館

    開催期間:2013年07月

    題目又はセッション名:電子版診療参加型臨床実習・臨床研修連携手帳(電子版連携ログブック)の開発

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本法政学会

    役職・役割名:総会および研究会幹事(大会長)

    活動期間:2014年11月

    活動内容:第121回日本法政学会 を開催した

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:配偶子・性腺凍結保存に伴う「生殖年齢の変化」「商品化」に関する学際的研究 研究課題

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:配偶子・性腺凍結保存に伴う「生殖年齢の変化」「商品化」に関する学際的研究

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:配偶子・性腺凍結保存に伴う「生殖年齢の変化」「商品化」に関する学際的研究 研究課題

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:配偶子・性腺凍結保存に伴う「生殖年齢の変化」「商品化」に関する学際的研究

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:配偶子・性腺凍結保存に伴う「生殖年齢の変化」「商品化」に関する学際的研究 研究課題

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:配偶子・性腺凍結保存に伴う「生殖年齢の変化」「商品化」に関する学際的研究

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:機能性モノマーと光重合開始剤が歯質接着に及ぼす影響:分子レベルでの解析

    研究期間:2010年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 歯質接着性材料には,様々な成分が含有されているが,中でも❶機能性モノマーと❷光重合開始剤は歯質への接着特性に大きく影響する重要な因子である。応募者らは,歯質接着メカニズムを解明すべく,界面の微細構造と機能性モノマーの分子挙動との関連性について検討してきた。本研究では,この分析技術をもとに,❶機能性モノマーならびに❷光重合開始剤の違いが歯質接着に及ぼす影響をナノスケールで解析する。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:機能性モノマーと光重合開始剤が歯質接着に及ぼす影響:分子レベルでの解析

    研究期間:2010年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 歯質接着性材料には,様々な成分が含有されているが,中でも❶機能性モノマーと❷光重合開始剤は歯質への接着特性に大きく影響する重要な因子である。応募者らは,歯質接着メカニズムを解明すべく,界面の微細構造と機能性モノマーの分子挙動との関連性について検討してきた。本研究では,この分析技術をもとに,❶機能性モノマーならびに❷光重合開始剤の違いが歯質接着に及ぼす影響をナノスケールで解析する。

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:口腔保健用品における顧客分析に関する共同研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    相手先機関名:天満屋ストア

    研究内容:天満屋ストアが所持している顧客情報より,口腔保健用品の購入状況が地域で異なるか検討を行う。さらに,購入状況の地域差と歯科医院数,口腔の健康状態に関連があるか検討する。
    口腔保健用品の購入状況を地域別に調査することで,一地域に住む集団の口腔保健行動を定量化することが可能となる。口腔保健行動の地域差を調査することは,歯科疾患の地域差を説明するための基礎的なデータを得ることができる。

産学官連携等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    我孫子東邦病院および国際情報ネット(株)が本学に導入している手術ロボット「ダ・ヴィンチ」遠隔教育システムの応用として、テレビ会議システムを利用した遠距離歯科教育支援について、同社担当者と共に岡山県情報政策課を交えて検討を行っている

  • 年度:2015年度

    我孫子東邦病院および国際情報ネット(株)が本学に導入している手術ロボット「ダ・ヴィンチ」遠隔教育システムの応用として、テレビ会議システムを利用した遠距離歯科教育支援について、同社担当者と共に岡山県情報政策課を交えて検討を行っている

  • 年度:2014年度

    国際情報ネット(株)が本学に導入している手術ロボット「ダ・ヴィンチ」遠隔教育システムの応用として、テレビ会議システムを利用した遠距離歯科教育支援について、同社担当者と共に岡山県情報政策課を交えて検討を行っている

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    国際情報ネット(株)が我孫子東邦病院と本学に導入している手術ロボット「ダ・ヴィンチ」遠隔教育システムの応用として、テレビ会議システムを利用した遠距離教育支援について、同社担当者と共に岡山県情報政策課を交えて検討を行っている
    また、ウェアラブルカメラを用いた遠隔での診療支援についての研究を開始した

  • 年度:2015年度

    国際情報ネット(株)が我孫子東邦病院と本学に導入している手術ロボット「ダ・ヴィンチ」遠隔教育システムの応用として、テレビ会議システムを利用した遠距離教育支援について、同社担当者と共に岡山県情報政策課を交えて検討を行っている
    また、ウェアラブルカメラを用いた遠隔での診療支援についての研究を開始した

  • 年度:2014年度

    国際情報ネット(株)が本学に導入している手術ロボット「ダ・ヴィンチ」遠隔教育システムの応用として、テレビ会議システムを利用した遠距離教育支援について、同社担当者と共に岡山県情報政策課を交えて検討を行っている
    また、ウェアラブルカメラを用いた遠隔での診療支援についての研究を開始した

 

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立玉野光南高等学校

    実施日時,時間数:2017年1月30日

    活動内容:情報教育講演会
    「IT関連の仕事に求められるもの」

    http://www.konan.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=82438
    にて高校側が広報されています

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立玉野光南高等学校

    実施日時,時間数:2016年1月21日1410から1550

    活動内容:情報科1年生「総合学習」にて講演した
    http://www.konan.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=74128

  • 年度:2014年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立玉野光南高等学校

    実施日時,時間数:2015年1月22日1505から1550

    活動内容:情報科1年生「総合学習」にて講演した

  • 年度:2013年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立玉野光南高等学校

    実施日時,時間数:2014年1月23日1505から1550

    活動内容:情報科1年生「総合学習」にて講演した
    http://www.konan.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=45695

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    職名:国立大学法人岡山大学大学院医歯薬学総合研究科等 職員代表

    任期:2017年06月 ~ 2018年05月

    貢献の実績:労使協定の意見取りまとめ、調印を行っている

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    職名:国立大学法人岡山大学大学院医歯薬学総合研究科等 職員代表

    任期:2016年06月 ~ 2017年05月

    貢献の実績:労使協定の意見取りまとめ、調印を行っている

  • 年度:2015年度

    役職:その他

    職名:国立大学法人岡山大学大学院医歯薬学総合研究科等 職員代表

    任期:2015年06月 ~ 2016年05月

    貢献の実績:労使協定の意見取りまとめ、調印を行っている

  • 年度:2014年度

    役職:その他

    職名:国立大学法人岡山大学大学院医歯薬学総合研究科等 職員代表

    任期:2014年06月 ~ 2015年05月

    貢献の実績:労使協定の意見取りまとめ、調印を行っている

  • 年度:2013年度

    役職:その他

    職名:国立大学法人岡山大学大学院医歯薬学総合研究科等 職員代表

    任期:2013年06月 ~ 2014年05月

    貢献の実績:労使協定の意見取りまとめ、調印を行っている

全件表示 >>

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:事業場別・職場別代表委員会

    役職:委員長

    任期:2017年06月 ~ 2018年05月

    貢献の実績:委員(鹿田地区研究系事業場職場代表) および 副議長

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:苦情処理委員会

    役職:委員

    任期:2017年06月 ~ 2018年05月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:医療情報部職員会議

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:歯科ホームページ改善WG

    役職:委員長

    貢献の実績:「岡山大学病院 歯と口のトラブルナビ」の作成・公開を行った
     これにより、岡山大学病院長賞櫂の木賞を受賞した

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:病院歯学系広報専門部会

    役職:委員

    貢献の実績:「歯学だより」の作成などに協力した

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:歯学部広報委員会

    役職:委員

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:医療情報部職員会議

    役職:委員

全件表示 >>

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等: 全学の一部としての学部ネットワークの運用のため、情報統括センターと連携して管理・運営業務を行っている。
     60分4学期制の開始に伴い講義の補助等にも参加し、教育への参画時間が増大している

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等: 全学の一部としての学部ネットワークの運用のため、情報統括センターと連携して管理・運営業務を行っている。
     60分授業等の改革のため学習環境のIT化を推進するために参画し、H27国立大学改革強化推進補助金(文科省) を得た

  • 年度:2014年度

    貢献の項目と割合等: 全学の一部としての学部ネットワークの運用のため、情報統括センターと連携して管理・運営業務を行っている。
     歯学部にビデオ会議システムの導入を行った。
     

  • 年度:2013年度

    貢献の項目と割合等: 全学の一部としての学部ネットワークの運用のため、情報統括センターと連携して管理・運営業務を行っている。
     病院・医療情報部の職員として、電子カルテシステムの更新(技術審査)、GIMセンター稼働に向けてテレビ会議システムの構築および講義集録システムの稼働準備にも参加した。

その他管理運営活動 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    歯学部行事などの記録を通じてWebページ及びパンフレットで使用する写真素材の撮影および蓄積を行っており、入試パンフレットおよびWebページの改善に役立てている

  • 年度:2015年度

    歯学部行事などの記録を通じてWebページ及びパンフレットで使用する写真素材の撮影および蓄積を行っており、入試パンフレットおよびWebページの改善に役立てている
    またH27国立大学改革強化推進補助金(文科省) を得て学習環境のIT化を推進した

  • 年度:2014年度

    歯学部行事などの記録を通じてWebページ及びパンフレットで使用する写真素材の撮影および蓄積を行っており、入試パンフレットおよびWebページの改善に役立てている