所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

計算機科学講座 (工学部・情報系学科) コンピュータ・アーキテクチャ学

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

計算機システム・ネットワーク

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

コンピュータアーキテクチャ,設計自動化,リコンフィギャラブル・コンピューティング

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:動的再構成可能ハードウェアを有するプロセッサの構成技術に関する研究

    研究課題概要:低消費電力で高性能なコンピュータの実現手法として,実行時に回路構成を変更可能なハードウェアと汎用プロセッサコアとが連携動作する構成方式の有効性を明らかにする.

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:自律再構成可能アーキテクチャPCAの構成手法

    掲載誌名:電子情報通信学会論文誌 DJ89-D巻 6号 (頁 1110 ~ 1119)

    発行年月:2006年06月

    著者氏名(共著者含):*名古屋 彰, 小栗 清, 中村 行宏

  • 題目:自律再構成可能なハードウェア - プラスティックセルアーキテクチャ(PCA) -

    掲載誌名:電子情報通信学会誌Vol. 87, No. 4, pp. 303-308巻

    発行年月:2004年04月

    著者氏名(共著者含):*名古屋 彰

  • 著書名:リコンフィギャラブルシステム

    出版機関名:オーム社

    発行日:2005年08月

    著者名:小栗 清, *名古屋 彰

    著書形態:共著

    担当部分:第8章 プラスティックセルアーキテクチャ(PCA)

全件表示 >>

 

写真

氏名

名古屋 彰 (ナゴヤ アキラ)

NAGOYA Akira

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushima-naka, Kita-ku, Okayama-shi, 700-8530 JAPAN

研究分野・キーワード

(日)コンピュータアーキテクチャ,設計自動化,リコンフィギャラブル・コンピューティング

(英)Computer Architecture, Electronic Design Automation, Reconfigurable Computing

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:電気系学科

    卒業年月:1978年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:電子工学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:1980年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(情報学) (Doctor (Informatics))

    学位の分野名:計算機システム・ネットワーク (Computer systems)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:論文

    取得年月:2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2006年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:NTT 研究所 (NTT Laboratories)

    経歴名:主幹研究員 (Senior Research Engineer, Supervisor)

    経歴期間:1992年04月 ~ 2006年03月

  • 所属(勤務)先:イリノイ大学 (University of Illinois at Urbana-Champaign)

    経歴名:客員研究員 (Visiting Scholar)

    経歴期間:1990年08月 ~ 1991年08月

  • 所属(勤務)先:NTT 研究所 (NTT Laboratories)

    経歴名:主任研究員 (Senior Research Engineer)

    経歴期間:1987年02月 ~ 1992年03月

  • 所属(勤務)先:NTT 研究所 (NTT Laboratories)

    経歴名:研究員 (Research Engineer)

    経歴期間:1980年04月 ~ 1987年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 サステナブルコンピューティング (SUSC) 特別研究会 /  日本国 ( 2018年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:専門委員

    活動期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 電子情報通信学会 再生可能集積システム (RIS) 時限研究会 /  日本国 ( 2010年04月 ~ 2018年03月 )

    役職・役割名:副委員長

    活動期間:2013年05月 ~ 2015年05月

  • 電子情報通信学会 再生可能集積システム (RIS) 時限研究会 /  日本国 ( 2010年04月 ~ 2018年03月 )

    役職・役割名:専門委員

    活動期間:2010年04月 ~ 2018年03月

  • ACM (The Association for Computing Machinery) (ACM (The Association for Computing Machinery) )  /  アメリカ合衆国 ( 2006年11月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:会員

    活動期間:2006年11月 ~ 継続中

  • 特定非営利活動法人パルテノン研究会 /  日本国 ( 2004年06月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:運営委員長

    活動期間:2008年06月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算機システム・ネットワーク (Computer system network)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:動的再構成可能ハードウェアを有するプロセッサの構成技術に関する研究 (The research on the processor with dynamically reconfigurable hardware)

    キーワード:リコンフィギャラブルシステム (reconfigurable systems)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月

    専門分野(科研費分類):計算機システム・ネットワーク

    専門分野(researchmap分類):ディジタル計算機ハードウエア 、ディジタル計算機方式 、計算機方式・ハードウエア一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:コンピュータアーキテクチャⅡ

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:コンピュータアーキテクチャII

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:コンピュータアーキテクチャII

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:コンピュータアーキテクチャⅡ

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:計算機ハードウェア特論

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    科目名:コンピュータ科学基礎2

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    講義内容またはシラバス:コンピュータ科学基礎1に引き続き,さらに他の分野の研究室を訪問し,研究内容を理解するとともに,研究に関連する課題をグループワークとして実施する.グループ内の議論を通して結果を整理するとともに,結果のプレゼンテーションを行う.

  • 年度:2017年度

    科目名:コンピュータ科学基礎2

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    講義内容またはシラバス:コンピュータ科学基礎1に引き続き,さらに他の分野の研究室を訪問し,研究内容を理解するとともに,研究に関連する課題をグループワークとして実施する.グループ内の議論を通して結果を整理するとともに,結果のプレゼンテーションを行う.

  • 年度:2016年度

    科目名:コンピュータ科学基礎2

    担当期間:2016年06月 ~ 2016年07月

    講義内容またはシラバス:コンピュータ科学基礎1に引き続き,さらに他の分野の研究室を訪問し,研究内容を理解するとともに,研究に関連する課題をグループワークとして実施する.グループ内の議論を通して結果を整理するとともに,結果のプレゼンテーションを行う.

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:優秀プレゼンテーション賞

    受賞年月:2018年12月

    授与機関:特定非営利活動法人 パルテノン研究会

    受賞者・受賞グループ名:大西 創也

    受賞内容:第44回パルテノン研究会
    「RISC-VプロセッサのFSLによる実装と評価」

  • 賞名:参加賞

    受賞年月:2016年09月

    授与機関:第7回相磯秀夫杯デザインコンテスト Trax デザインコンペティション

    受賞者・受賞グループ名:寺山 直輝,本城 和樹,渡邊 誠也,名古屋 彰

    受賞内容:FIT2016イベント企画 第7回相磯秀夫杯デザインコンテスト Trax デザインコンペティションに参加

  • 賞名:奨励賞

    受賞年月:2016年03月

    授与機関:電子情報通信学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:田邊 亮介

    受賞内容:平成27年度電気・情報関連学会中国支部連合大会
    「大規模データに対するクラスタリングのGPUによる高速化」

  • 賞名:奨励賞

    受賞年月:2015年05月

    授与機関:情報処理学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:西佐古 祐太

    受賞内容:平成26年度電気・情報関連学会中国支部連合大会
    「ブロック暗号CamelliaのGPGPU向けの各種実装手法の比較評価」

  • 賞名:奨励賞

    受賞年月:2015年02月

    授与機関:電子情報通信学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:西佐古 祐太

    受賞内容:平成26年度電気・情報関連学会中国支部連合大会
    「ブロック暗号CamelliaのGPGPU向けの各種実装手法の比較評価」

全件表示 >>

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学生活動支援の種類:就職支援

    学生活動支援:就職担当

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Acceleration of Analysis Processing on Decentralized Performance Profiling System Using Virtual Machines (共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of 6th International Workshop on Computer Systems and Architectures (CSA'18) to be held in conjunction with CANDAR'18 (頁 152 ~ 158)

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):M. Yamamoto, K. Nakashima, T. Yamauchi, A. Nagoya, H. Taniguchi

    共著区分:共著

  • 論文題目名:FSL - A Sophisticated Hardware Description Language Inheriting Design Philosophy of SFL (共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Conference Record of 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS 2017)1A-6巻 (頁 8)

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):N. Watanabe, A. Nagoya

    共著区分:共著

  • 論文題目名:PARTHENONの概要

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:第17回PARTHENON講習会資料(CD-R) (頁 1 ~ 10)

    発行年月:2011年09月

    著者氏名(共著者含):名古屋 彰

    共著区分:単著

  • 論文題目名:PARTHENONの論理回路最適化プログラムの利用技法

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:第17回PARTHENON講習会資料(CD-R) (頁 1 ~ 24)

    発行年月:2011年09月

    著者氏名(共著者含):名古屋 彰

    共著区分:単著

  • 論文題目名:研究最前線 リコンフィギャラブルシステム研究会

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌16巻 1号 (頁 4 ~ 5)

    発行年月:2011年05月

    著者氏名(共著者含):名古屋 彰

    共著区分:単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:自律再構成可能なハードウェア - プラスティックセルアーキテクチャ(PCA) -

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:電子情報通信学会誌Vol. 87, No. 4, pp. 303-308巻

    出版機関名:

    発行年月:2004年04月

    著者氏名(共著者含):*名古屋 彰

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:リコンフィギャラブルシステム (Reconfigurable Systems)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:オーム社 (Ohmsha)

    発行日:2005年08月

    著者名:小栗 清, *名古屋 彰 (K. Oguri and A. Nagoya)

    著書形態:共著

    担当部分:第8章 プラスティックセルアーキテクチャ(PCA)

  • 著書名:はじめてのPARTHENON (PARTHENON for the First Time )

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:CQ出版社 (CQ Publishing Co., Ltd.)

    発行日:1994年09月

    著者名:小栗 清, 名古屋 彰, 野村 亮, 雪下 充輝 (K. Oguri, A. Nagoya, R. Nomura and M. Yukishita)

    著書形態:共著

  • 著書名:ASIC技術の基礎と応用 (ASIC Technology: Fundamentals and Applications)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:電子情報通信学会 (IEICE)

    発行日:1994年02月

    著者名:中村 行宏, 名古屋 彰 (Y. Nakamura and A. Nagoya)

    著書形態:共著

    担当部分:第14章 ASICのアーキテクチャ設計技術

  • 著書名:High-level VLSI Synthesis (High-level VLSI Synthesis)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Kluwer Academic Publishers (Kluwer Academic Publishers)

    発行日:1991年06月

    著者名:Y. Nakamura, K. Oguri and A. Nagoya (Y. Nakamura, K. Oguri and A. Nagoya)

    著書形態:共著

    担当部分:9. Synthesis from Pure Behavioral Descriptions

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:電子情報通信学会英文論文誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:電子情報通信学会英文論文誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:電子情報通信学会英文論文誌

    委員長/委員等の種類:委員

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    件数:2件

    学術雑誌名:IEICE Transactions on Information and Systems

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第18回情報科学技術フォーラム(FIT 2019), C-002, pp. 185-188

    開催場所:岡山大学

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:異種プロセッサ環境における並列プログラミング手法の提案

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第18回情報科学技術フォーラム(FIT 2019), C-003, pp. 189-192

    開催場所:岡山大学

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:GPGPU向けプログラミング環境の比較評価

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第18回情報科学技術フォーラム(FIT 2019), C-008, pp. 201-204

    開催場所:岡山大学

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:RISC-Vへのカスタム命令の実装と評価

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第18回情報科学技術フォーラム(FIT 2019), C-019, pp. 229-236

    開催場所:岡山大学

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:RISC-VプロセッサのFSLを用いた実装と評価

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:電子情報通信学会 2019年総合大会 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-020, p. 80

    開催場所:早稲田大学

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:ハードウェア記述言語FSLにおける手続き記述手法の拡張

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 2nd Sustainable Computing Systems Workshop (SUSCW'19) to be held in conjunction with CANDAR'19

    役職・役割名:Program Committee

    活動期間:2019年04月 ~ 2019年11月

  • 情報処理学会/電子情報通信学会 第18回情報科学技術フォーラム(FIT 2019)

    役職・役割名:実行委員

    活動期間:2018年06月 ~ 2019年09月

  • 第44回パルテノン研究会 東京都

    役職・役割名:理事, 運営委員長, プログラム委員長

    活動期間:2018年12月

  • Sustainable Computing Systems Workshop (SUSCW'18) to be held in conjunction with CANDAR'18

    役職・役割名:Program Committee

    活動期間:2018年05月 ~ 2018年11月

  • International Conference on Field-Programmable Technology (FPT'18)

    役職・役割名:Advisory Committee

    活動期間:2017年10月 ~ 2018年12月

全件表示 >>

出展・出場・入賞等 【 表示 / 非表示

  • 名称:SFL/PARTHENONを用いた設計によるTraxのFPGA実装

    作品分類:その他

    大会区分:芸術作品公表

    発表年月:2016年09月07日

    発表者氏名(共同作業者含):寺山直輝, 本城和樹, 渡邊誠也, 名古屋 彰

    発表内容:第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016)イベント企画 第7回 相磯秀夫杯デザインコンテスト The 2nd RECONF/CPSY/ARC/GI TraxデザインコンペティションのTraxデザインコンテストに出場した.

    入賞等:参加賞 (予選リーグ敗退 (Bリーグ6チーム中 3位))

  • 名称:SFLを用いた設計によるTraxのFPGA実装

    作品分類:その他

    大会区分:芸術作品公表

    発表年月:2015年09月16日

    発表者氏名(共同作業者含):高山敬生,板嶋公希,寺山直輝,渡邊誠也,名古屋 彰

    発表内容:情報科学フォーラム(FIT2015)のTraxデザインコンテストに出場した.

    入賞等:参加賞 (予選リーグ敗退 (Cリーグ6チーム中3位,うち1チームは不参加))

  • 名称:Improvement of the Blokus Duo Implementation on FPGA using SFL

    作品分類:その他

    大会区分:芸術作品公表

    発表年月:2014年06月11日

    発表者氏名(共同作業者含):Keisei Takayama, Kouki Itajima, Nobuya Watanabe and Akira Nagoya

    発表内容:国際シンポジウム HEART2014(Fifth International Symposium on Highly-Efficient Accelerators and Reconfigurable Technologies)/電子情報通信学会リコンフィギャラブルシステム研究会のFPGA Designコンテストに参加した.

    入賞等:参加賞 (予選リーグ敗退 (Bリーグ5チーム中4位))

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:IEEE CAS Society, CAD Transactions Best Paper Award (IEEE CAS Society, CAD Transactions Best Paper Award)

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2001年05月

    受賞国:アメリカ合衆国

    授与機関:IEEE

    受賞者・受賞グループ名:S. Yamashita, H. Sawada, A. Nagoya

    題目名:SPFD: A New Method to Express Functional Flexibility

  • 受賞学術賞名:電子情報通信学会業績賞 (Achievement Award from IEICE)

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2000年05月20日

    受賞国:日本国

    授与機関:電子情報通信学会

    受賞者・受賞グループ名:中村行宏,小栗清,名古屋彰

    題目名:ハードウェア動作記述法と高位論理合成技術に関する先駆的研究・開発

  • 受賞学術賞名:NTT社長表彰 (Invention Award from the President of NTT)

    受賞区分:その他の賞

    受賞年月:1992年10月23日

    受賞国:日本国

    授与機関:NTT

    受賞者・受賞グループ名:中村行宏,小栗清,野村亮,名古屋彰,雪下充輝

    題目名:ASIC設計支援システムの研究・開発

  • 受賞学術賞名:大河内記念技術賞 (Technology Prize from Okochi Memorial Foundation)

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞

    受賞年月:1992年03月11日

    受賞国:日本国

    授与機関:大河内記念会

    受賞者・受賞グループ名:中村行宏,小栗清,野村亮,名古屋彰,雪下充輝

    題目名:新しい動作記述言語による論理LSIの知的合成システム

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:145人

    開催日:2019年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究内容の紹介

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生

    開催地,会場:岡山大学

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:40人

    開催日:2019年08月

    講座等名:岡山大学公開講座「コンピュータ技術はどこまで進んでいるの」

    講義題名:コンピュータはどうやって作られているの

    主催者:岡山大学

    対象者:一般

    開催地,会場:岡山大学工学部4号館

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:131人

    開催日:2018年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究内容の紹介

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生

    開催地,会場:岡山大学

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:139人

    開催日:2017年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究内容の紹介

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生

    開催地,会場:岡山大学

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:415人

    開催日:2017年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:学科紹介

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生

    開催地,会場:岡山大学

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:兵庫県立北条高校,西宮市立西宮東高校

    実施日時,時間数:2019年7月12日,0.3時間

    活動内容:来訪高校生に対して,研究室見学に応じた.

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山県立新見高等学校,高知県立高知追手前高等学校

    実施日時,時間数:2018年7月19日,0.3時間

    活動内容:来訪高校生に対して,研究室見学に応じた.

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山県立井原高等学校,岡山県立津山東高等学校

    実施日時,時間数:2018年10月5日,0.3時間

    活動内容:来訪高校生に対して,学科の概要を説明した.

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山県立西大寺高校

    実施日時,時間数:2018年10月25日,0.3時間

    活動内容:来訪高校生に対して,学科の概要を説明した.

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山県立岡山一宮高等学校

    実施日時,時間数:2018年11月9日,0.3時間

    活動内容:来訪高校生に対して,学科の概要を説明した.

全件表示 >>

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    外国人留学生数:4人

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    職名:学科主任

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    役職:学科長

    職名:情報系学科長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2016年度

    役職:専攻長

    職名:産業創成工学専攻 専攻長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2015年度

    役職:専攻長

    職名:産業創成工学専攻 専攻長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:公開講座「コンピュータ技術はどこまで進んでいるの」とりまとめ

    役職:その他

    貢献の実績:2019年度岡山大学公開講座「コンピュータ技術はどこまで進んでいるの」について,実施内容をとりまとめた.