所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

中性子医療研究センター

職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

ホウ素中性子捕捉療法 脳腫瘍学 癌 生理学 DDS  脳卒中学  疼痛学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:次世代BNCTに利用可能な新規ホウ素製剤開発

    研究課題概要:次世代BNCTに利用可能な新規ホウ素製剤開発

  • 研究課題名:脳腫瘍幹細胞由来の腫瘍血管に対する治療研究

  • 研究課題名:ペプチドを用いた経皮導入法技術の確立とその応用

 

写真

氏名

道上 宏之 (ミチウエ ヒロユキ)

MICHIUE Hiroyuki

所属専攻講座

中性子医療研究センター

職名

准教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5-1 中性子医療研究センター

(英)2-5-1 Shikata-cho, Okayama City, Okayama, Japan 700-8558

研究室電話

(日)086-235-7105

(英)+81-86-235-7105

研究室FAX

(日)086-235-7111

(英)81-86-235-7111

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)ホウ素中性子捕捉療法 脳腫瘍学 癌 生理学 DDS  脳卒中学  疼痛学

(英)Boron Neutron Capture Therapy(BNCT), brain tumor, Cancer, Physiology, Stroke, Pain

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士

    学位の分野名:脳神経外科学 (Cerebral neurosurgery)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:大学評価・学位授与機構

    取得年月:2005年06月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:中性子医療研究センター

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:次世代BNCTに利用可能な新規ホウ素製剤開発

    キーワード:BNCT, boron, CPP, ホウ素製剤

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):創薬化学

    専門分野(researchmap分類):放射線医学

  • 研究課題名:脳腫瘍幹細胞由来の腫瘍血管に対する治療研究

    キーワード:脳腫瘍幹細胞、抗血管新生薬、ドラッグリボジショニング

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):脳神経外科学

    専門分野(researchmap分類):抗腫よう薬

  • 研究課題名:ペプチドを用いた経皮導入法技術の確立とその応用

    キーワード:経皮導入法、CPP,ペプチド

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):皮膚科学

    専門分野(researchmap分類):皮膚科学

  • 研究課題名:ペプチドを用いた新規脳腫瘍治療薬開発

    キーワード:ペプチド、脳腫瘍、CPP

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):創薬化学

    専門分野(researchmap分類):神経系の腫よう

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Actin bundling by dynamin 2 and cortactin is implicated in cell migration by stabilizing filopodia in human non-small cell lung carcinoma cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Oncology, International journal of oncology49巻 3号 (頁 877 ~ 886)

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Hiroshi Yamada*,Tetsuya Takeda*,Hiroyuki Michiue*,Tadashi Abe,Kohji Takei*

    共著区分:共著

    DOI:10.3892/ijo.2016.3592

  • 論文題目名:Fluvoxamine, an anti-depressant, inhibits human glioblastoma invasion by disrupting actin polymerization

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports6巻

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Keiichiro Hayashi,Hiroyuki Michiue*,Hiroshi Yamada*,Katsuyoshi Takata,Hiroki Nakayama,Fan Yan Wei,Atsushi Fujimura,Hiroshi Tazawa*,Akira Asai,Naohisa Ogo,Hiroyuki Miyachi,Tei Ichi Nishiki*,Kazuhito Tomizawa,Kohji Takei*,Hideki Matsui*

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/srep23372

  • 論文題目名:Detection of γH2AX foci in mouse normal brain and brain tumor after boron neutron capture therapy

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reports of Practical Oncology and Radiotherapy, Reports of Practical Oncology21巻 2号 (頁 108 ~ 112)

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Natsuko Kondo,Hiroyuki Michiue*,Yoshinori Sakurai,Hiroki Tanaka,Yosuke Nakagawa,Tsubasa Watanabe,Masaru Narabayashi,Yuko Kinashi,Minoru Suzuki,Shin Ichiro Masunaga ,Koji Ono

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.rpor.2014.10.005

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ペプチドジッパー法により細胞内運搬したタンパク質や機能性ペプチドの効果的機能改善

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年04月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:ペプチドジッパー法により細胞内運搬したタンパク質や機能性ペプチドの効果的機能改善

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ペプチドジッパー法により細胞内運搬したタンパク質や機能性ペプチドの効果的機能改善

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年04月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:ペプチドジッパー法により細胞内運搬したタンパク質や機能性ペプチドの効果的機能改善