所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

大学院医歯薬学総合研究科・腫瘍ウイルス学分野

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

ウイルス学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:HBVの感染及び複製に必要な新規宿主因子の同定

    研究課題概要:2017年度肝炎等克服実用化研究事業・B型肝炎創薬実用化等研究事業・レポーターHBVを駆使したHBV複製解析および創薬研究

  • 研究課題名:HBV高感受性ヒト肝細胞株の樹立とHBV増殖制御因子の解析

  • 研究課題名:C型肝炎ウイルスに対する新規標的の同定とそれに基づく新規薬剤の開発

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Anti-HCV activity of the Chinese medicinal fungus Cordyceps militaris.

    掲載誌名:Biochem Biophys Res Commun447巻 2号 (頁 341 ~ 345)

    発行年月:2014年05月

    著者氏名(共著者含):Ueda Y, Mori K, Satoh S, Dansako H, Ikeda M, Kato N

  • 論文題目名:Genetic characterization of hepatitis C virus in long-term RNA replication using Li23 cell culture systems.

    掲載誌名:PLoS ONE9巻 3号 (頁 91156)

    発行年月:2014年03月

    著者氏名(共著者含):Kato N, Sejima H, Ueda Y, Mori K, Satoh S, Dansako H, Ikeda M

  • 論文題目名:New preclinical antimalarial drugs potently inhibit hepatitis C virus genotype 1b RNA replication.

    掲載誌名:PLoS ONE8巻 8号 (頁 e72519 ~ )

    発行年月:2013年08月

    著者氏名(共著者含):Ueda Y, Takeda M, Mori K, Dansako H, Wakita T, Kim HS, Sato A, Wataya Y, Ikeda M, and Kato N.

全件表示 >>

 

写真

氏名

上田 優輝 (ウエダ ユウキ)

UEDA Yuki

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

(英)2-5-1 Shikata-cho, Okayama 700-8558, Japan.

研究室電話

(日)086-235-7390

(英)+81-86-235-7390

研究室FAX

(日)086-235-7392

(英)+81-86-235-7392

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス

(英)Hepatitis C Virus, Hepatitis B Virus

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山理科大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:化学科

    卒業年月:2009年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医歯薬学総合研究科

    専攻名:病態制御科学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2015年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医歯薬学総合研究科

    専攻名:医歯科学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:2011年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:ウイルス学 (Virology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2015年03月

  • 学位名:修士(医科学)

    学位の分野名:ウイルス学 (Virology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2011年03月

  • 学位名:学士(理学)

    学位の分野名:物理化学 (Physical chemistry)

    学位授与機関名:岡山理科大学 (Okayama University of Science)

    取得方法:課程

    取得年月:2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科 、病態制御科学専攻

    経歴名:日本学術振興会特別研究員 (Postdoctoral Fellowships of Japan Society for the Promotion of Science)

    職務期間:2012年04月 ~ 2015年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

  • 日本肝臓学会 /  日本国 ( 2010年04月 ~ 継続中 )

  • 日本癌学会 /  日本国 ( 2010年04月 ~ 継続中 )

  • 中国四国ウイルス研究会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学 (Virology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 感染症,寄生虫病

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 普通自動車免許(一種)

  • 自動二輪車免許

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:HBVの感染及び複製に必要な新規宿主因子の同定

    キーワード:B型肝炎ウイルス (Hepatitis B virus)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2017年04月 ~ 2022年03月

    専門分野(科研費分類):ウイルス学

    専門分野(researchmap分類):感染症,寄生虫病

  • 研究課題名:HBV高感受性ヒト肝細胞株の樹立とHBV増殖制御因子の解析

    キーワード:B型肝炎ウイルス (Hepatitis B virus)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2018年04月 ~ 2020年03月

    専門分野(科研費分類):ウイルス学

    専門分野(researchmap分類):感染症,寄生虫病

  • 研究課題名:C型肝炎ウイルスに対する新規標的の同定とそれに基づく新規薬剤の開発 (Development of new anti-HCV reagent)

    キーワード:C型肝炎ウイルス (Hepatitis C virus)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    専門分野(科研費分類):ウイルス学

    専門分野(researchmap分類):感染症,寄生虫病

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学医学部FDワークショップ  ( 2015年07月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:腫瘍ウイルス学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:腫瘍ウイルス学II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:腫瘍ウイルス学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:腫瘍ウイルス学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:腫瘍ウイルス学II(演習・実習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    科目名:生命の不思議2

    担当期間:2019年10月

  • 年度:2019年度

    科目名:医学研究インターンシップ

    担当期間:2019年05月 ~ 2019年07月

  • 年度:2019年度

    科目名:基礎病態演習

    担当期間:2019年04月

  • 年度:2018年度

    科目名:生命の不思議2

    担当期間:2018年10月

  • 年度:2018年度

    科目名:医学研究インターンシップ

    担当期間:2018年05月 ~ 2018年07月

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    2015年7月31日に開催された夏の教員FDに参加し、多くの教員とのディスカッションを行い、教育者としての能力や技術の向上に努めた。

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2018年度

    博士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2017年度

    博士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2016年度

    修士論文指導学生: 2人 、(うち留学生数): 1人

    博士論文指導学生: 1人

  • 年度:2015年度

    修士論文指導学生: 2人 、(うち留学生数): 1人

    博士論文指導学生: 2人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A new hepatoma cell line exhibiting high susceptibility to hepatitis B virus infection.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochemical and Biophysical Research Communications515巻 1号 (頁 156 ~ 162)

    発行年月:2019年07月

    著者氏名(共著者含):Ueda Y, Gu W, Dansako H, Nishitsuji H, Satoh S, Shimotohno K, Kato N

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bbrc.2019.05.126

  • 論文題目名:Ribavirin-induced downregulation of CCAAT/enhancer-binding protein α leads to suppression of lipogenesis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochemical Journal476巻 (頁 137 ~ 149)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):Satoh S, Onomura D, Ueda Y, Dansako H, Honda M, Kaneko S, Kato N

    共著区分:共著

    DOI:10.1042/BCJ20180680

  • 論文題目名:Daunorubicin, a topoisomerase II poison, suppresses viral production of hepatitis B virus by inducing cGAS-dependent innate immune response.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochemical and Biophysical Research Communications504巻 4号 (頁 672 ~ 678)

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):Imai H, Dansako H, Ueda Y, Satoh S, Kato N.

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bbrc.2018.08.195

  • 論文題目名:High‐level expression of STING restricts susceptibility to HBV by mediating type III IFN induction.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:FASEB Bioadvances1巻 (頁 67 ~ 80)

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1096/fba.1022

  • 論文題目名:Multiple antiviral activities of the antimalarial and anti-hepatitis C drug candidates N-89 and N-251.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochemistry and Biophysics Reports15巻 (頁 1 ~ 6)

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第34回中国四国ウイルス研究会

    開催期間:2019年06月

    題目又はセッション名:HBV高感受性新規肝がん細胞株の樹立

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第34回中国四国ウイルス研究会

    開催期間:2019年06月

    題目又はセッション名:ヒト不死化肝NKNT-3細胞において、細胞外小胞を介する細胞間自然免疫伝達機構の解明

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 66th Annual Meeting of The Japanese Society for Virology

    開催期間:2018年10月

    題目又はセッション名:Screening of the new host factors necessary for HBV proliferation using plural human cell lines.

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 66th Annual Meeting of The Japanese Society for Virology

    開催期間:2018年10月

    題目又はセッション名:Mechanism of GPAM suppression by Anti-HCV drug ribavirin.

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 66th Annual Meeting of The Japanese Society for Virology

    開催期間:2018年10月

    題目又はセッション名:Drug screening for suppression of lipogenesis through downregulation of C/EBPα.

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:読売新聞

    番組名等及び内容:C型慢性肝炎治療薬リバビリンの新たな機能の発見とその分子機序を解明

    報道年月日:2017年07月21日

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:インターネットニュース

    会社名等:yomiDr

    番組名等及び内容:C型慢性肝炎治療薬リバビリンの新たな機能の発見とその分子機序を解明

    報道年月日:2017年07月27日

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:インターネットニュース

    会社名等:QLifePro

    番組名等及び内容:C型慢性肝炎治療薬リバビリンの新たな機能の発見とその分子機序を解明

    報道年月日:2017年07月27日

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:インターネットニュース

    会社名等:マイナビ

    番組名等及び内容:C型慢性肝炎治療薬リバビリンの新たな機能の発見とその分子機序を解明

    報道年月日:2017年07月31日

  • 年度:2015年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:日刊工業新聞

    番組名等及び内容:B型肝炎ウイルス感染に対抗する新たな宿主遺伝子の機能を解明

    報道年月日:2015年10月20日

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:優秀発表賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2018年06月

    受賞国:日本国

    授与機関:中国四国ウイルス研究会

    受賞者・受賞グループ名:小野村 大地、佐藤 伸哉、上田 優輝、團迫 浩方、加藤 宣之

  • 受賞学術賞名:優秀発表賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2018年06月

    受賞国:日本国

    授与機関:中国四国ウイルス研究会

    受賞者・受賞グループ名:今井 大誉、團迫 浩方、上田 優輝、佐藤 伸哉、加藤 宣之

  • 受賞学術賞名:優秀発表賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2018年06月

    受賞国:日本国

    授与機関:中国四国ウイルス研究会

    受賞者・受賞グループ名:谷 煒琳、上田 優輝、佐藤 伸哉、團迫 浩方、加藤 宣之

  • 受賞学術賞名:優秀演題賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2011年06月24日

    受賞国:日本国

    授与機関:中国四国ウイルス研究会

    受賞者・受賞グループ名:上田優輝

    題目名:強力な抗HCV活性が見出された抗マラリア薬として開発中の化合物

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:HBV高感受性ヒト肝細胞株の樹立とHBV増殖制御因子の解析

    研究期間:2018年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:B型肝炎ウイルス(HBV)の感染により引き起こされる慢性肝炎の治療は未だ多くの問題が存在 し、新しいタイプの抗HBV剤が求められている。しかし、HBVの感染増殖機構については未解 明な部分が多く、問題解決には至っていない。近年、HBVの基礎研究はヒト肝がん由来の HepG2細胞株が世界的に汎用されている。我々は、昨年HepG2細胞株とは異なるヒト肝がん由 来のLi23細胞株にHBV感受性を見出し報告した。また、Li23細胞株以外の細胞株でも新たに HBV感受性を有することを示唆する予備的データも得られている。本研究では、HBV感受性を 見出したLi23などの細胞株を親細胞として細胞のサブクローニングを行うことにより、HepG2 細胞以上のHBV感受性を示すサブクローン化細胞株を樹立する。得られたサブクローン化細胞 を用いて承認薬ライブラリーなどを用いたスクリーニングを行い、新たな抗HBV剤候補となる 化合物を見出すことを目的とする。並行して、遺伝子発現プロファイルなどの比較解析を行う ことによりHBVの感染増殖に必要な新規宿主因子を同定することも目的とする。

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:HBV高感受性ヒト肝細胞株の樹立とHBV増殖制御因子の解析

    研究期間:2018年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:B型肝炎ウイルス(HBV)の感染により引き起こされる慢性肝炎の治療は未だ多くの問題が存在 し、新しいタイプの抗HBV剤が求められている。しかし、HBVの感染増殖機構については未解 明な部分が多く、問題解決には至っていない。近年、HBVの基礎研究はヒト肝がん由来の HepG2細胞株が世界的に汎用されている。我々は、昨年HepG2細胞株とは異なるヒト肝がん由 来のLi23細胞株にHBV感受性を見出し報告した。また、Li23細胞株以外の細胞株でも新たに HBV感受性を有することを示唆する予備的データも得られている。本研究では、HBV感受性を 見出したLi23などの細胞株を親細胞として細胞のサブクローニングを行うことにより、HepG2 細胞以上のHBV感受性を示すサブクローン化細胞株を樹立する。得られたサブクローン化細胞 を用いて承認薬ライブラリーなどを用いたスクリーニングを行い、新たな抗HBV剤候補となる 化合物を見出すことを目的とする。並行して、遺伝子発現プロファイルなどの比較解析を行う ことによりHBVの感染増殖に必要な新規宿主因子を同定することも目的とする。

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:肝炎ウイルスの長期複製による肝がん誘発機構に関する研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:肝炎ウイルスの長期複製による肝がん誘発機構に関する研究

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:肝炎ウイルスの長期複製による肝がん誘発機構に関する研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:肝炎ウイルスの長期複製による肝がん誘発機構に関する研究

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:肝炎ウイルスの長期複製による肝がん誘発機構に関する研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:肝炎ウイルスの長期複製による肝がん誘発機構に関する研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:AMED肝炎等克服実用化研究事業

    研究題目:肝炎ウイルスの感染複製増殖と病原性発現を阻止するための基盤的研究とその応用のための基盤的開発

    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

  • 資金名称:AMED肝炎等克服実用化研究事業

    研究題目:レポーターHBVを駆使したHBV複製解析および創薬研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

  • 資金名称:GILEAD研究助成プログラム

    研究題目:多数のヒト肝細胞株を用いたHBVの感染増殖に必須な新規宿主因子の同定

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:GILEAD

  • 資金名称:AMED肝炎等克服実用化研究事業

    研究題目:レポーターHBVを駆使したHBV複製解析および創薬研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

  • 資金名称:AMED肝炎等克服実用化研究事業

    研究題目:肝炎ウイルスの感染複製増殖と病原性発現を阻止するための基盤的研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

全件表示 >>

 
 

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:岡山医学会雑誌編集委員会には属していないが、編集委員長である加藤宣之教授の補佐として査読および校正作業の一部を担っている。

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:岡山医学会雑誌編集委員会には属していないが、編集委員長である加藤宣之教授の補佐として査読および校正作業の一部を担っている。

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:岡山医学会雑誌編集委員会には属していないが、編集委員長である加藤宣之教授の補佐として査読および校正作業の一部を担っている。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:岡山医学会雑誌編集委員会には属していないが、編集委員長である加藤宣之教授の補佐として査読および校正作業の一部を担っている。

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:1.ジャーナルクラブ、プログレスレポートなどでの司会
    2.出張の際に参加者全員分の宿泊先の選定・予約、交通手段の検索
    3.当研究室のホームページ保守・管理
    4.教室員で共有する実験機器の保守・管理
    5. 電子機器全般及びネットワークの保守・管理

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:1.ジャーナルクラブ、プログレスレポートなどでの司会
    2.出張の際に参加者全員分の宿泊先の選定・予約、交通手段の検索
    3.当研究室のホームページ保守・管理
    4.教室員で共有する実験機器の保守・管理
    5. 電子機器全般及びネットワークの保守・管理

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:1.ジャーナルクラブ、プログレスレポートなどでの司会
    2.出張の際に参加者全員分の宿泊先の選定・予約、交通手段の検索
    3.当研究室のホームページ保守・管理
    4.教室員で共有する実験機器の保守・管理
    5. 電子機器全般及びネットワークの保守・管理

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:1.ジャーナルクラブ、プログレスレポートなどでの司会
    2.出張の際に参加者全員分の宿泊先の選定・予約、交通手段の検索
    3.当研究室のホームページ保守・管理
    4.教室員で共有する実験機器の保守・管理
    5. 電子機器全般及びネットワークの保守・管理

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:1.ジャーナルクラブ、プログレスレポートなどでの司会
    2.出張の際に参加者全員分の宿泊先の選定・予約、交通手段の検索
    3.当研究室のホームページ保守・管理
    4.教室員で共有する実験機器の保守・管理
    5. 電子機器全般及びネットワークの保守・管理

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示

全件表示 >>