所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

薬学部 炎症薬物学研究室

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物系薬学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

アレルギー、ヒスタミン

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規アレルギー性疾患治療薬の開発研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:抗アレルギー薬の作用機序に関する研究

  • 研究課題名:新規アレルギー性疾患緩和食品の開発

 

写真

氏名

杉本 幸雄 (スギモト ユキオ)

SUGIMOTO Yukio

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)アレルギー、ヒスタミン

(英)Allergy, Histamine

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:製薬化

    卒業年月:1986年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:薬学研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:1988年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:薬学修士 (Doctor (Pharmaceutical Sciences))

    学位の分野名:生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:博士(薬学)

    学位の分野名:生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会 /  日本国 ( 1985年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:学術評議員

    活動期間:1999年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本アレルギー学会 /  日本国 ( 1995年04月 ~ 継続中 )

  • 日本薬学会 /  日本国 ( 1996年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:ファルマシア 連絡委員

    活動期間:2015年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本薬学会 /  日本国 ( 1996年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:ファルマシア トピックス専門小委員

    活動期間:2009年04月 ~ 2012年03月

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本農芸化学会 /  日本国 ( 2012年04月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

  • 免疫学 (Immunology)

  • 薬理学一般 (General pharmacology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫性疾患,アレルギー性疾患

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規アレルギー性疾患治療薬の開発研究 (Development of new anti-allergic drugs)

    キーワード:ヒスタミン H3 受容体、ヒスタミン H4 受容体 (Histamine H3 receptors, Histamine H4 receptors)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1994年08月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物系薬学 、創薬化学 、免疫学

    専門分野(researchmap分類):免疫性疾患,アレルギー性疾患

  • 研究課題名:抗アレルギー薬の作用機序に関する研究 (Study on the Mechanism of anti-allergic drugs)

    キーワード:ヒスタミン、核内受容体

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1994年08月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):膠原病・アレルギー・感染症内科学

    専門分野(researchmap分類):免疫性疾患,アレルギー性疾患

  • 研究課題名:新規アレルギー性疾患緩和食品の開発

    キーワード:チシャトウ、コーヒー、大豆、腸内細菌

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物系薬学 、薬理学一般 、免疫学

    専門分野(researchmap分類):食品一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:薬理学6

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:薬理学6

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:大学生なら知っておきたい生物学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:薬理学5

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:薬理学5

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Pruritus-associated response mediated by cutaneous histamine H3 receptors

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clin. Exp. Allergy34巻 (頁 456 ~ 459)

    発行年月:2004年04月

    著者氏名(共著者含):Yukio Sugimoto, Yoshinori Iba, Yosuke Nakamura, Ryoji Kayasuga, Chiaki Kamei

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Effect of Paroxetine on Mable-Burying Behavior in Mice

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Methods Find. Exp. Clin. Pharmacol.27巻 10号 (頁 685 ~ 687)

    発行年月:2005年10月

    著者氏名(共著者含):K. Shinomiya, Y. Fujii, Y. Sugimoto, N. Azuma, S. Tokunaga, K. Kitazumi, C. Kamei

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Analgesic agents without gastric damage: design and synthesis of structurally simple benzenesulfonanilide-type cyclooxygenase-1-selective inhibitors(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioorg. Med. Chem.15巻 2号 (頁 1014 ~ 1021)

    発行年月:2007年04月

    著者氏名(共著者含):Zheng X, Oda H, Takamatsu K, Sugimoto Y, Tai A, Akaho E, Ali HI, Oshiki T, Kakuta H, Sasaki K

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Participation of histamine H3 receptors in experimental allergic rhinitis of mice(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J. Pharmcol. Sci.108巻 2号 (頁 206 ~ 211)

    発行年月:2008年02月

    著者氏名(共著者含):Emiko Yokota, Shoji Kuyama, Yukio Sugimoto, Masami Ogawa and Chiaki Kamei

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Cyclooxygenase-1-selective inhibitors are attractive candidates for analgesics that do not cause gastric damage. design and in vitro/in vivo evaluation of a benzamide-type cyclooxygenase-1 selective inhibitor(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J. Med. Chem.51巻 8号 (頁 2400 ~ 2411)

    発行年月:2008年08月

    著者氏名(共著者含):Kakuta H, Zheng X, Oda H, Harada S, Sugimoto Y, Sasaki K, Tai A

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:小児科 特集 アレルギー疾患におけるステロイド薬の局所療法-作用メカニズムと使い方 (Pediatrics of Japan)

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:金原出版株式会社

    発行日:2016年04月

    著者名:

    著書形態:共著

    担当部分:ステロイド点鼻薬の作用メカニズム

  • 著書名:肥満細胞の臨床

    記述言語:未設定

    著書種別:著書

    出版機関名:先端医学社

    発行日:2001年12月

    著者名:

    著書形態:単著

    担当部分:・/動物疾患モデル 3.ラット潰瘍性大腸炎モデルにおける肥満細胞

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Pharmacological Sciences

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第73回日本栄養・食糧学会大会

    開催場所:静岡県立大学

    開催期間:2019年05月

    題目又はセッション名:チシャトウおよびその含有成分混合物の抗アレルギー作用に関する基礎的研究

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本薬学会第139年会

    開催場所:幕張メッセ

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:チシャトウおよびその含有成分混合物の抗アレルギー作用に関する研究

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第72回日本栄養・食糧学会大会

    開催場所:岡山県立大学

    開催期間:2018年05月

    題目又はセッション名:チシャトウおよびその含有成分の抗アレルギー作用に関する基礎的研究

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本薬学会第138年会

    開催場所:石川県立音楽堂

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:アレルギー性皮膚疾患モデルにおけるチシャトウ及びその含有成分の抑制効果

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本農芸化学会2018年度大会

    開催場所:名城大学

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:アレルギー性疾患モデルにおけるチシャトウおよびその含有成分の効果

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 第55回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2016年11月

    活動内容:9:00―9:40 一般演題 座長

  • 日本薬学会

    役職・役割名:平成21年4月より,ファルマシア トピックス専門小委員

    活動期間:1996年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本薬理学会

    役職・役割名:1999- 学術評議員

    活動期間:1985年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:RXR作動性物質を有効成分とする抗アレルギー剤

    発明(考案)者名:杉本幸雄,加来田博貴

    登録番号:特許第5542059号

    登録日:2014年05月16日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:RXR作動性物質を有効成分とする鎮痛剤

    発明(考案)者名:杉本幸雄,加来田博貴,山本篤毅

    登録番号:特許第5542059号

    登録日:2014年05月16日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:ちしゃとうを有効成分とする抗アレルギー剤(中華人民共和国)

    発明(考案)者名:趙 秋娥,杉本幸雄

    登録番号:専利号ZL2012 1 0175084.3

    登録日:2016年01月13日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:ちしゃとうを有効成分とする抗アレルギー剤

    発明(考案)者名:趙 秋娥、杉本幸雄

    登録番号:特許第5906872号

    登録日:2016年04月01日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:ちしゃとうを有効成分とする抗アレルギー剤(食品関係)

    発明(考案)者名:趙 秋娥、杉本幸雄

    登録番号:特許第6126715号

    登録日:2017年04月14日

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:一般財団法人 ホーユー科学財団 研究助成

    研究題目:ヒスタミン H3 受容体による痒み調節メカニズムの解明

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:一般社団法人 全日本コーヒー協会 研究助成

    研究題目:コーヒー成分の抗アレルギー作用に関する基礎的研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:民間財団等

 

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:防府高校

    実施日時,時間数:平成30年7月27日(金)13:30~14:30、1時間

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:鳥取県薬剤師会主催「高校生のための薬学部進学セミナー」

    実施日時,時間数:平成30年9月26日(日)13:00~16:00、3時間

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:防府高校

    実施日時,時間数:平成29年7月26日(水)13:30~14:30、1時間

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:京都府立桃山高等学校

    実施日時,時間数:平成29年10月13日(水)13:30~14:30、1時間

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:関西大倉高校

    実施日時,時間数:平成27年10月28日(水)16:00~18:00、2時間

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:学生・教職員教育改善部会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:学生・教職員教育改善部会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:学生・教職員教育改善専門委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:学生・教職員教育改善専門委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:学生・教職員教育改善専門委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2005年度

    委員会等の名称:機器委員会

    役職:委員

    任期:2004年04月 ~ 3006年03月

    貢献の実績:既存の共同機器の管理・運営および新規機器の予算要求を行った。