所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

薬効解析学研究室

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物系薬学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

神経細胞死

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:一酸化窒素の生理/病態生理的役割

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Regulation of the unfolded protein response via S-nitrosylation of sensors of endoplasmic reticulum stress.

    掲載誌名:Sci Rep.5巻 (頁 14812 ~ )

    発行年月:2015年10月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Regulation of histone deacetylase 6 activity via S-nitrosylation.

    掲載誌名:Biol. Pharm. Bull.38巻 (頁 1434 ~ 1437)

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Correlation between attenuation of protein disulfide isomerase activity through S-mercuration and neurotoxicity induced by methylmercury.

    掲載誌名:Neurotox Res.27巻 2号 (頁 99 ~ 105)

    発行年月:2015年02月

    著者氏名(共著者含):

全件表示 >>

 

写真

氏名

上原 孝 (ウエハラ タカシ)

UEHARA Takashi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)神経細胞死

(英)neurodegenerative disease

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:北海道大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:製薬化学科

    卒業年月:1989年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:北海道大学

    研究科名:薬学研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:1991年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(薬学) (PhD)

    学位の分野名:薬理学 (Pharmacology)

    学位授与機関名:北海道大学 (Hokkaido University)

    取得方法:論文

    取得年月:1995年06月

  • 学位名:薬学修士

    学位の分野名:生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

    学位授与機関名:北海道大学 (Hokkaido University)

    取得方法:課程

    取得年月:1991年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:Burnham Institute (Burnham Institute)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2002年10月 ~ 2004年09月

  • 所属(勤務)先:北海道大学薬学部 (Hokkaido University, Faculty of Pharmaceutical Sciences)

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    経歴期間:2000年06月 ~ 2010年03月

  • 所属(勤務)先:北海道大学薬学部 (Hokkaido University, Faculty of Pharmaceutical Sciences)

    経歴名:助手 (Research Associate)

    経歴期間:1994年04月 ~ 2000年05月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

  • 放射線・化学物質影響科学 (Radiation/chemical substance influence science)

  • 神経化学・神経薬理学 (Neurochemistry/neuropharmacology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬理学一般

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:一酸化窒素の生理/病態生理的役割 (Role of nitric oxide on physiological/pathophysiological events)

    キーワード:一酸化窒素 (nitric oxide)

    研究態様:個人研究

    研究制度:ライフサイエンス基礎科学研究

    研究期間:1998年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物系薬学

    専門分野(researchmap分類):細胞生理

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 薬学部新任教員FD  ( 2010年07月 )

  • 新任教員研修(FD)  ( 2010年05月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:薬理学2

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:くすりはなぜ効くのか?

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:薬理学2

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:薬理学1

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:薬理学1

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Regulation of the unfolded protein response via S-nitrosylation of sensors of endoplasmic reticulum stress.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Sci Rep.5巻 (頁 14812 ~ )

    発行年月:2015年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/srep14812

  • 論文題目名:Regulation of histone deacetylase 6 activity via S-nitrosylation.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biol. Pharm. Bull.38巻 (頁 1434 ~ 1437)

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1248/bpb.b15-00364

  • 論文題目名:Correlation between attenuation of protein disulfide isomerase activity through S-mercuration and neurotoxicity induced by methylmercury.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Neurotox Res.27巻 2号 (頁 99 ~ 105)

    発行年月:2015年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s12640-014-9494-8

  • 論文題目名:ndogenous S-sulfhydration of PTEN helps protect against modification by nitric oxide.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochem Biophys Res Commun. 456巻 1号 (頁 245 ~ 249)

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bbrc.2014.11.066.

  • 論文題目名:Methylmercury, an environmental electrophile capable of activation and disruption of the Akt/CREB/Bcl-2 signal transduction pathway in SH-SY5Y cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports6巻

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):Takamitsu Unoki,Yumi Abiko,Takashi Toyama,Takashi Uehara*,Koji Tsuboi,Motohiro Nishida,Toshiyuki Kaji,Yoshito Kumagai

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/srep28944

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:孤発性神経変性疾患発症に関わるニトロソ化シグナルの分子作用メカニズム

    研究期間:2011年04月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:文部科学省

  • 研究種目名:挑戦的萌芽研究

    研究題目:特殊抗体による生体試料中の酸化蛋白質測定系ならびに還元活性作用薬評価系の構築

    研究期間:2011年04月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:文部科学省

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:蛋白質品質管理系破綻による神経細胞死惹起における重金属の分子作用メカニズム

    研究期間:2010年04月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:文部科学省

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    役職:学科長

    職名:薬学部 薬学科長

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月