所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

医歯薬学総合研究科・細胞化学分野

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

免疫学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

免疫学 生化学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:腫瘍内圧とがん血管、リンパ管、細胞外マトリックスのメカノバイオロジー

    研究課題概要:

  • 研究課題名:ADAMTS1のリンパ管新生への影響について

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:ADAMTS1 inhibits lymphangiogenesis by attenuating phosphorylation of the lymphatic endothelial cell-specific VEGF receptor.

    掲載誌名:Exp Cell Res. 323巻 2号 (頁 263 ~ 275)

    発行年月:2014年05月

    著者氏名(共著者含):Inagaki J, Takahashi K, Ogawa H, Asano K, Faruk Hatipoglu O, Cilek MZ, Obika M, Ohtsuki T, Hofmann M, Kusachi S, Ninomiya Y, Hirohata S.

  • 論文題目名:Tumor growth inhibitory effect of ADAMTS1 is accompanied by the inhibition of tumor angiogenesis.

    掲載誌名:Cancer Sci. 103巻 10号 (頁 1889 ~ 1897)

    発行年月:2012年10月

    著者氏名(共著者含):Obika M, Ogawa H, Takahashi K, Li J, Hatipoglu OF, Cilek MZ, Miyoshi T, Inagaki J, Ohtsuki T, Kusachi S, Ninomiya Y, Hirohata S

  • 論文題目名:A possible mechanism of autoimmune-mediated infertility in women with endometriosis.

    掲載誌名:Am J Reprod Immunol66巻 2号 (頁 90 ~ 99)

    発行年月:2011年08月

    著者氏名(共著者含):Inagaki J, Hao L, Nakatsuka M, Yasuda T, Hiramatsu Y, Shoenfeld Y, Matsuura E

 

写真

氏名

稲垣 純子 (イナガキ ジュンコ)

INAGAKI Junko

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

女性

研究室住所

(日)岡山市北区鹿田町2-5-1

研究室電話

(日)086-235-7401

研究室FAX

(日)086-235-7404

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)免疫学 生化学

(英)Immunology Biochemistry

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:奈良女子大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    卒業年月:1984年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:自然科学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:1994年09月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:植物生理 (Plant physiology/molecule)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1994年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際血管生物学会 (International International Vascular Biology Meeting)  /  日本国 ( 2013年12月 ~ 継続中 )

  • がんとハイポキシア /  日本国 ( 2011年11月 ~ 継続中 )

  • マトリックス研究会 /  日本国 ( 2010年07月 ~ 継続中 )

  • 日本生化学会 /  日本国 ( 1988年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学 (Immunology)

  • 医化学一般 (General medical chemistry)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:腫瘍内圧とがん血管、リンパ管、細胞外マトリックスのメカノバイオロジー

    キーワード:ADAMTS1, リンパ管新生,腫瘍内圧、メカニカルストレス

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2011年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医化学一般

    専門分野(researchmap分類):基礎腫よう学

  • 研究課題名:ADAMTS1のリンパ管新生への影響について

    キーワード:ADAMTS1, リンパ管新生

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2007年10月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医化学一般

    専門分野(researchmap分類):基礎腫よう学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:細胞化学II(演習・実習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:細胞化学I(講義・演習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:細胞化学II(講義・演習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:細胞化学I(演習・実習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:High molecular weight hyaluronan protects cartilage from degradation by inhibiting aggrecanase expression. ( High molecular weight hyaluronan protects cartilage from degradation by inhibiting aggrecanase expression.)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J Orthop Res. ( J Orthop Res. )

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):Ohtsuki T, Asano K, Inagaki J, Shinaoka A, Kumagishi-Shinaoka K, Cilek MZ, Hatipoglu OF, Oohashi T, Nishida K, Komatsubara I, Hirohata S. ( Ohtsuki T, Asano K, Inagaki J, Shinaoka A, Kumagishi-Shinaoka K, Cilek MZ, Hatipoglu OF, Oohashi T, Nishida K, Komatsubara I, Hirohata S.)

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jor.24126.

  • 論文題目名:Host-produced ADAMTS4 Inhibits Early-Stage Tumor Growth. ( Host-produced ADAMTS4 Inhibits Early-Stage Tumor Growth.)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Med Okayama72巻 3号 (頁 257 ~ 266)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):Asano K, Edamatsu M, Hatipoglu OF, Inagaki J, Ono M, Ohtsuki T, Oohashi T, Hirohata S.

    共著区分:共著

    DOI:10.18926/AMO/56071.

  • 論文題目名:Stromal Versican Regulates Tumor Growth by Promoting Angiogenesis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports7巻 1号 (頁 2101 ~ 2105)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Keiichi Asano,Courtney M. Nelson,Sumeda Nandadasa,Noriko Aramaki-Hattori,Daniel J. Lindner,Tyler Alban,Junko Inagaki*,Takashi Ohtsuki*,Toshitaka Oohashi*,Suneel S. Apte,Satoshi Hirohata*

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/s41598-017-17613-6

  • 論文題目名: 細胞外マトリックス分解酵素ADAMTS1の多様性  ( Diverse functions of a disintegrin and metalloproteinase with thrombospondin motif-1)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:薬学雑誌 誌上シンポジウム総説137137巻 7号 (頁 811 ~ 814)

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含): 廣畑 聡、稲垣 純子、大月 孝志 ( Satoshi Hirohata*,Junko Inagaki*,Takashi Ohtsuki*)

    共著区分:共著

    DOI:10.1248/yakushi.16-00236-4

  • 論文題目名:Gene cloning, recombinant expression, purification and characterization of l-methionine decarboxylase from Streptomyces sp. 590

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Biochemistry, Journal of biochemistry161巻 4号 (頁 389 ~ 398)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Masaya Hayashi,Akane Okada,Kumiko Yamamoto,Tomomi Okugochi ,Chika Kusaka,Daizou Kudou,Michiko Nemoto*,Junko Inagaki*,Yuu Hirose,Toshihide Okajima,Takashi Tamura*,Kenji Soda,Kenji Inagaki*

    共著区分:共著

    DOI:10.1093/jb/mvw083

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Pregnancy loss and endometriosis: pathogenic role of anti-laminin-1 autoantibodies.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Ann NY Acad Sci1051,174-184巻

    出版機関名:

    発行年月:2005年06月

    著者氏名(共著者含):Inagaki J, Kondo A, Lopez LR, Shoenfeld Y, and Matsuura E

    共著区分:共著

  • 題目:Anti-laminin-1 autoantibodies, pregnancy loss and endometriosis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clin Dev Immunol11,261-266巻

    出版機関名:

    発行年月:2004年04月

    著者氏名(共著者含):*Inagaki J,Kondo A, Lopez LR, Shoenfeld Y, Matsuura E

    共著区分:共著

  • 題目:子宮内膜症と抗ラミニン-1抗体.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:臨床免疫39,575-581巻

    出版機関名:

    発行年月:2003年03月

    著者氏名(共著者含):*稲垣純子、青木耕治、松浦栄次

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Autoantigens, Autoantibodies, Antoimmunity (Vol 4)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Pabst Science Publisher,Lengerich

    発行日:2004年04月

    著者名:*Inagaki J, Kondo A, Lopez LR, Shoenfeld Y, Matsuura E

    著書形態:共著

    担当部分:Anti-laminin-1 autoantibodies in reproductive failure: animal and human studies

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第40回日本分子生物学会 第90回日本生化学会大会

    開催場所:神戸市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:炎症性サイトカイン誘導性マトリックス分解酵素発現のイオンチャネルを介した抑制とその機構解析 (Inflammatory cytokine-induced matrix degrading enzymes expression were attenuated by mechanical stress through transient receptor potential cation channel)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第49回日本結合組織学会学術大会

    開催場所:三重県津市

    開催期間:2017年06月

    題目又はセッション名:がん微小環境におけるバーシカン分解酵素ADAMTSの局在と血管新生におけるバーシカンの意義

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:11th International conference HYALURONAN 2017 (11th International conference HYALURONAN 2017)

    開催場所:米国オハイオ州クリーブランド

    開催期間:2017年06月

    題目又はセッション名:Inflammatory cytokine induced HYBID (HYALURONAN-BINDING PROTEIN INVOLVED IN HYALURONAN DEPOLYMERAZATION) -Expression mechanism-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第30回日本軟骨代謝学会

    開催場所:京都市

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:Molecular and biochemical analysis of HYBID (HYaluronan-Binding protein Involved in hyaluronan Depolymerization) gene expression

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第48回日本結合組織学会学術大会

    開催場所:長崎市

    開催期間:2016年06月

    題目又はセッション名:変形性関節症へのヒアルロン酸投与、いつ投与すべきか?~動物モデルからの知見~

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:抗ラミニン-1抗体の測定法およびその応用(日本)

    発明(考案)者名:松浦栄次、稲垣純子、青木耕治

    登録番号:3989837

    登録日:2007年07月27日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:抗ラミニン-1抗体の測定法およびその応用(米国)

    発明(考案)者名:松浦栄次、稲垣純子、青木耕治

    登録番号:7029867

    登録日:2006年04月18日

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:JB論文賞

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2016年07月11日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本生化学会

    受賞者・受賞グループ名:M. Amano, H. Mizuguchi, T. Sano, H. Kondo, K. Shinyashiki, J. Inagaki, T. Tamura, T. Kawaguchi, H. Kusakabe, K. Imada, and K. Inagaki

    題目名:Recombinant expression, molecular characterization and crystal structure of antitumor enzyme, l-lysine α-oxidase from Trichoderma viride

  • 受賞学術賞名:Young Investigator Award

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2004年10月15日

    受賞国:日本国

    授与機関:IX International Congress of Reproductive Immunology

    受賞者・受賞グループ名:Junko Inagaki

    題目名:IgG anti-laminin-1 autoantibodies in endometriosis