所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

教育学研究科・教育実践専攻,数学教育講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

教科教育学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

数学教育学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:算数・数学における優れた教師の指導知の解明と継承に関する研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:全体論・生命論の立場からの算数・数学の学習指導と単元構成

  • 研究課題名:算数から数学への移行過程に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:数学教育研究方法論としてのデザイン実験の位置と課題-科学性と実践性の調和の視点から-

    掲載誌名:全国数学教育学会誌「数学教育学研究」13巻 (頁 1 ~ 13)

    発行年月:2007年06月

    著者氏名(共著者含):岡崎正和

  • 論文題目名:Characteristics of 5th graders' logical development through learning division with decimals

    掲載誌名:Educational Studies in Mathematics60巻 2号 (頁 217 ~ 251)

    発行年月:2005年10月

    著者氏名(共著者含):Masakazu Okazaki, Masataka Koyama

  • 論文題目名:算数から数学への移行教材としての作図-経験的認識から論理的認識への転化を促す理論と実践-

    掲載誌名:日本数学教育学会誌「数学教育学論究」80巻 (頁 3 ~ 27)

    発行年月:2003年03月

    著者氏名(共著者含):岡崎正和, 岩崎秀樹

 

写真

氏名

岡崎 正和 (オカザキ マサカズ)

OKAZAKI Masakazu

所属専攻講座

教育学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)数学教育学

(英)Mathematics Education

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:広島大学

    学校の種類:大学

    学部名:教育学部

    学科名:教科教育学科

    卒業年月:1992年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:教育学研究科

    専攻名:教科教育学(数学科教育)

    修了課程:博士課程

    修了年月:1997年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(教育学) (Doctor of Philosophy in Education)

    学位の分野名:教科教育学 (Curriculum Studies)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:課程

    取得年月:1997年03月

  • 学位名:修士(教育学) (Master of Educaiton)

    学位の分野名:教科教育学 (Curriculum Studies)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:課程

    取得年月:1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2008年04月 ~ 2015年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:上越教育大学 大学院学校教育研究科

    経歴名:准教授

    経歴期間:2007年04月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先:上越教育大学 学校教育学部 (Faculty of School Education, Joetsu University of Education)

    経歴名:助教授 (Associate Professor)

    経歴期間:2006年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:ヴァンダビルト大学 (Vanderbilt University)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2005年01月 ~ 2005年07月

  • 所属(勤務)先:上越教育大学 学校教育学部 (Faculty of School Eucation, Joetsu University of Education)

    経歴名:助手 (Research Associate)

    経歴期間:1998年04月 ~ 2006年03月

  • 所属(勤務)先:黒瀬中学校 (Kurose Junior High School)

    経歴名:教諭

    経歴期間:1997年04月 ~ 1998年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本科学教育学会 (Japan Society for Science Education)  /  日本国 ( 2011年02月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:編集委員

    (editorial board)

    活動期間:2014年07月 ~ 2018年06月

    活動内容:研究誌の編集

  • 日本教科教育学会 (Japan Curriculum Research and Development Association)  /  日本国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

  • 日本数学教育学会 (Japan Society of Mathematical Education)  /  日本国 ( 1995年05月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:論究部幹事,渉外部幹事,秋期研究大会プログラム委員会委員

    活動期間:2007年11月 ~ 継続中

    活動内容:数学教育学論究の編集,秋期研究大会プログラム委員会委員,渉外部としての広報活動

  • 数学教育心理研究国際学会 (International Group for the Psychology of Mathematics Education)  /  その他 ( 1993年07月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:論文の査読

    (reviewer)

    活動期間:2012年07月 ~ 継続中

    活動内容:数学教育心理研究国際学会の論文の査読

  • 日本数学教育心理研究学会 /  日本国 ( 1993年07月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:事務局長

    活動期間:2012年11月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教科教育学 (Subject pedagogy)

  • 科学教育 (Science education)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 教科教育

  • 科学教育

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:算数・数学における優れた教師の指導知の解明と継承に関する研究 (Clarifying and inheriting the excellent teacher's mathematical knowledge for teaching)

    キーワード:数学的指導知 物語的一貫性のある数学授業 授業研究 (mathematical knowledge for teaching, narratively coherent mathematics lesson, lesson study)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2014年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):科学教育 、教科教育学

    専門分野(researchmap分類):教科教育 、科学教育

  • 研究課題名:全体論・生命論の立場からの算数・数学の学習指導と単元構成 (Design experiment from the Holistic Perspective)

    キーワード:全体論,生命論,授業設計,単元構成 (Holism,Designing of Teaching and Learning Processes)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):科学教育 、教科教育学

    専門分野(researchmap分類):教科教育 、科学教育

  • 研究課題名:算数から数学への移行過程に関する研究 (Transition process from Elementary to Secondary Mathematics)

    キーワード:算数,数学,移行 (arithmetic,mathematics,transition)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1997年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):科学教育

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:数学的概念の一般化における理解過程に関する研究 (Understanding Process in the Generalization of Mathematical Concepts)

    キーワード:理解,一般化,概念 (understanding,generalization,concept)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1992年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):科学教育

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:中等数学科指導法B(2)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:授業の指導計画と学習開発B

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:教育実践研究の方法ⅡB(数学教育)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:中等数学科内容構成Ⅰ

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:中等数学科指導法B(1)

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:日本数学教育会学会賞(大院生研究奨励部門)

    受賞年月:2016年10月

    授与機関:日本数学教育学会

    受賞者・受賞グループ名:菅田雄

    受賞内容:研究題目:小中接続期での図形の定義の構成過程における例の役割に関する研究
    中学校数学における証明学習への接続過程として,算数から数学への移行期における定義の構成を目指した一連の授業を分析し,定義と例の相補的関係の視点から,例の種類と例が果たす役割を明らかにした。

  • 賞名:日本数学教育会学会賞(大院生研究奨励部門)

    受賞年月:2013年11月

    授与機関:日本数学教育学会

    受賞者・受賞グループ名:久保拓也

    受賞内容:研究題目:算数における関数的概念の発達の様相-シンボル化とユニット化の視点から」
    数学教育におけるvan Hiele理論を用いて,附属小学校での授業観察とその丹念な質的分析研究を行い,小学校段階における関数的概念が中学校での数学学習へ接続される様相を明らかした。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:数学教育研究方法論としてのデザイン実験の位置と課題-科学性と実践性の調和の視点から- ( The place and the tasks of a design experiment methodology in mathematics education -From a viewpoint of a balance between scientific status and practical usefulness- )

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:全国数学教育学会誌「数学教育学研究」13巻 (頁 1 ~ 13)

    発行年月:2007年06月

    著者氏名(共著者含):岡崎正和

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Characteristics of 5th graders' logical development through learning division with decimals ( Characteristics of 5th graders' logical development through learning division with decimals)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Educational Studies in Mathematics ( Educational Studies in Mathematics) 60巻 2号 (頁 217 ~ 251)

    発行年月:2005年10月

    著者氏名(共著者含):Masakazu Okazaki, Masataka Koyama ( Masakazu Okazaki, Masataka Koyama)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:算数から数学への移行教材としての作図-経験的認識から論理的認識への転化を促す理論と実践- ( Geometric Construction as an Educational Material Mediating between Elementary and Secondary School Mathematics: Theory and Practice to Promote Transformation from Empirical to Logical Recognition)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本数学教育学会誌「数学教育学論究」 ( Journal of Japan Socitey of Mathematical Education: Research in Mathematical Education) 80巻 (頁 3 ~ 27)

    発行年月:2003年03月

    著者氏名(共著者含):岡崎正和, 岩崎秀樹 ( Masakazu Okazaki, Hideki Iwasaki)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:証明言語の生成と振り返りを通した仮定の意識化に関する研究 ( Revealing the assumptions through generating and reflecting on the language of proof)

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:日本数学教育学会, 第51回秋期研究大会発表集録 (頁 503 ~ 506)

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):渡邊慶子, 岡崎正和 ( Keiko Watanabe and Masakazu Okazaki)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Perspectives needed to examine the quality of a structured problem-solving lesson for teachers’ professional development

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proceedings of the 8th East Asia Regional Conference on Mathematics Education1巻 (頁 123 ~ 135)

    発行年月:2018年05月

    著者氏名(共著者含):Masakazu Okazaki

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:算数の本質に迫る「アクティブ・ラーニング」

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:東洋館出版社

    発行日:2016年10月

    著者名:清水静海, 岡崎正和他

    著書形態:共著

  • 著書名:Selected Regular Lectures from the 12th International Congress on Mathematical Education

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2015年07月

    著者名:Masakazu Okazaki et al.

    著書形態:共著

  • 著書名:小学算数 (Elementary mathematics)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:日本文教出版 (Nihon Bunkyo)

    発行日:2015年04月

    著者名:小山正孝, 中原忠男他 (Koyama, M., Nakahara, T. et al.)

    著書形態:共著

  • 著書名:中等数学教育

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:協同出版

    発行日:2014年09月

    著者名:小山正孝, 岡崎正和他

    著書形態:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:日本数学教育学会誌数学教育学論究

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:日本科学教育学会, 科学教育研究

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:岡山大学算数・数学教育学会「パピルス」

    委員長/委員等の種類:副委員長

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:全国数学教育学会誌,数学教育学研究

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:日本数学教育学会, 第51回秋期研究大会発表収録

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Proceedings of the 43rd Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education

  • 年度:2017年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Proceedings of the 42nd Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本数学教育学会誌,数学教育学論究

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:International Journal of Science and Mathematics Education

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Proceedings of the 41th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:8th ICMI-East Asia Regional Conference on Mathematics Education

    開催場所:Taipei, Taiwan

    開催期間:2018年05月

    題目又はセッション名:Perspectives needed to examine the quality of a structured problem-solving lesson for teachers’ professional development

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:全国数学教育学会,第47回研究発表会

    開催場所:広島大学

    開催期間:2018年01月

    題目又はセッション名:小学校高学年における空間的思考の発達の様相-実物,見取り図,展開図,投影図の四者関係を視点とした質的分析研究-

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:41st Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education (41st Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education)

    開催場所:Singapore

    開催期間:2017年07月

    題目又はセッション名:Classroom culture and genre for developing narratively coherent mathematics lessons

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:全国数学教育学会,第46回研究発表会

    開催場所:滋賀大学

    開催期間:2017年06月

    題目又はセッション名:数学教育学研究と教材開発

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:全国数学教育学会,第45回研究発表会

    開催場所:広島大学

    開催期間:2017年01月

    題目又はセッション名:算数科教師に内在する授業構成原理に関する研究―昭和初期の算術授業を対象として―

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本数学教育心理研究学会

    役職・役割名:事務局長,国際委員

    活動期間:2018年01月 ~ 2018年12月

    活動内容:事務局長として,学会の運営・管理を行った。国際委員として,国際学会の報告や開催の情報について周知した。

  • 全国数学教育学会

    役職・役割名:副会長, 理事, Hiroshima Journal of Mathematics Education 編集長, 和文学会誌編集部委員, 英文学会誌編集部部長, 学会での座長

    活動期間:2018年01月 ~ 2018年12月

    活動内容:副会長, 理事,Hiroshima Journal of Mathematics Education 副編集長,和文学会誌編集部委員, 英文学会誌編集部部長, 研究発表会での座長をつとめた。

  • 岡山大学算数・数学教育学会

    役職・役割名:副会長, 編集委員

    活動期間:2018年01月 ~ 2018年12月

    活動内容:副会長の責務を務めるとともに,雑誌パピルスの編集を行った。

  • 日本数学教育学会

    役職・役割名:論究部幹事, 渉外部副部長, 代議員, 秋期研究大会編集委員, 学会賞選定委員会委員, 学会での座長, 創立百周年記念事業実行委員会委員, 第51回秋期研究大会事務局長

    活動期間:2018年01月 ~ 2018年12月

    活動内容:論究部幹事,渉外部副部長,秋期研究大会編集委員,学会賞選定委員会委員,代議員,創立百周年記念事業実行委員会委員として,学会の運営や学会誌の編集等の職務を実行した。また,第51回秋期研究大会の事務局長として,学会を開催した。

  • 日本科学教育学会

    役職・役割名:編集委員

    活動期間:2018年01月 ~ 2018年06月

    活動内容:日本科学教育学会誌「科学教育研究」の編集委員を務めた。

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:学会奨励賞(全国数学教育学会) (Japan Academic Society of Mathematics Education Research Awards)

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2018年01月27日

    受賞国:日本国

    授与機関:全国数学教育学会

    受賞者・受賞グループ名:山口武志, 影山和也, 中原忠男, 岡崎正和, 前田一誠

    題目名:「等分除とその拡張」に関わるわり算問題の調査結果の考察

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:算数と数学を一貫させる教師の指導知と単元構成の理論の実践的開発研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:研究の目的は,算数と中学数学を一貫性のあるものとして捉え,授業実践を可能にする為の教師の数学的指導知の問題と,個々の授業だけでなく単元を一貫させて展開できる指導・カリキュラム・マネジメントの問題を総合的に捉えて,小中学校の教師と協働で,算数と数学を接続する単元構成の理論を開発することである。特に,算数での「□や△を使った式」「文字と式」(高学年)から「文字式の証明」(中学2年)への接続と,算数での「図形の包摂関係・定義の認識」(高学年)から「図形の証明」(中学2年)への接続に焦点を当てて,理論と実践の開発にあたる。また,教師の学び合いの質的分析研究を通して,授業開発の過程における有能な教師の教材研究と指導技術を明らかにし,「継承可能な教師の数学的指導知」としてコンテンツ化することも目的としている。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:歴史的アプローチによる日本型算数授業知の研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究の目的は,日本型算数科授業の特徴を歴史的視座から抽出し,算数科教育がこれまでどのような授業を目指してきたのかを,歴史的アプローチによりとらえ直し,現代の授業研究における授業改善の議論の方向付けを明確化することである。実際の授業研究を歴史的な特徴で検証することで実践知を抽出し,時代を超えた日本の優れた算数授業の特徴を明らかにすることをめざしている。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:バーチャルリアリティ技術を応用した体感型教材の開発―空間図形の場合―

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:空間図形の性質を学習する場合,2次元のイメージ図,模型の利用に加えて,コンピュータ・グラフィックスによる3次元表示が有効である。一方,近年のバーチャルリアリティ研究において,仮想物体へのアクセス・ツールとして3次元力覚呈示装置(力覚デバイス)が開発されている。この装置は仮想物体への力覚的接触を可能とするものであり,幾つかの機種が市販されている。本研究では,この装置を利用することにより,ディスプレイ内に表示された空間図形に対して力覚を伴う接触を可能としたマルチメディア教材を開発する。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:算数と数学を一貫させる教師の指導知と単元構成の理論の実践的開発研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:研究の目的は,算数と中学数学を一貫性のあるものとして捉え,授業実践を可能にする為の教師の数学的指導知の問題と,個々の授業だけでなく単元を一貫させて展開できる指導・カリキュラム・マネジメントの問題を総合的に捉えて,小中学校の教師と協働で,算数と数学を接続する単元構成の理論を開発することである。特に,算数での「□や△を使った式」「文字と式」(高学年)から「文字式の証明」(中学2年)への接続と,算数での「図形の包摂関係・定義の認識」(高学年)から「図形の証明」(中学2年)への接続に焦点を当てて,理論と実践の開発にあたる。また,教師の学び合いの質的分析研究を通して,授業開発の過程における有能な教師の教材研究と指導技術を明らかにし,「継承可能な教師の数学的指導知」としてコンテンツ化することも目的としている。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:バーチャルリアリティ技術を応用した体感型教材の開発―空間図形の場合―

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:空間図形の性質を学習する場合,2次元のイメージ図,模型の利用に加えて,コンピュータ・グラフィックスによる3次元表示が有効である。一方,近年のバーチャルリアリティ研究において,仮想物体へのアクセス・ツールとして3次元力覚呈示装置(力覚デバイス)が開発されている。この装置は仮想物体への力覚的接触を可能とするものであり,幾つかの機種が市販されている。本研究では,この装置を利用することにより,ディスプレイ内に表示された空間図形に対して力覚を伴う接触を可能としたマルチメディア教材を開発する。

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:40人

    開催日:2018年10月

    講座等名:尾道市立浦崎認定こども園・小・中学校合同公開研究会

    講義題名:浦崎15年連携教育に期待すること~主体的に考え,表現する子どもの育成に向けて~

    主催者:尾道市立浦崎認定こども園・小・中学校,尾道市教育委員会

    対象者:主として広島県内の小中学校の先生

    開催地,会場:尾道市立浦崎小学校

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:30人

    開催日:2018年08月

    講座等名:岡山市教職員研修講座
    平成30年度若手教師フォローアップ講座〔小学校算数4・5・6年〕

    講義題名:算数科の授業のデザインの方法-新しい学習指導要領との関連-

    主催者:岡山市教育委員会

    対象者:岡山市内の小学校教員

    開催地,会場:ウェルポートなださき

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:80人

    開催日:2018年12月

    講座等名:岡山県高等学校教育研究会数学部会

    講義題名:主体的・対話的で深い学びと数学的活動

    主催者:岡山県高等学校教育研究会数学部

    対象者:岡山県内の高等学校教員

    開催地,会場:岡山県立古城池高等学校

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:50人

    開催日:2018年12月

    講座等名:倉敷市小学校教育研究会算数部冬季研修会

    講義題名:算数科の授業デザインの方法~新しい学習指導要領との関連~

    主催者:倉敷市小学校教育研究会算数部

    対象者:倉敷市内の小学校教員

    開催地,会場:倉敷市立乙島小学校

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:120人

    開催日:2019年02月

    講座等名:特色ある教育活動

    講義題名:数学のつながりと広がり-図形の共点・共線-

    主催者:岡山県立操山中学校

    対象者:操山中学校2年生全員

    開催地,会場:岡山県立操山中学校

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:研究助言・指導等

    高校名等:岡山県立操山高等学校

    実施日時,時間数:2017年10月25日,2時間
    2018年11月22日,3時間

    活動内容:公開授業研究の指導案検討,指導助言

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:研究助言・指導等

    高校名等:岡山県立操山高等学校

    実施日時,時間数:2017年10月31日,2時間
    2017年11月14日,2時間
    2017年11月27日,3時間

    活動内容:公開授業研究の指導案検討,指導助言

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:研究助言・指導等

    高校名等:岡山県立操山高等学校

    実施日時,時間数:2016年11月16日,2時間
    2016年11月8日,2時間
    2016年11月24日,3時間

    活動内容:公開授業研究の指導案検討,指導助言

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:研究助言・指導等

    高校名等:岡山県立芳泉高等学校

    実施日時,時間数:2016年2月12日,4時間
    2015年11月4日,4時間
    2015年10月14日,4時間

    活動内容:授業研究の指導助言,高等学校の研究テーマの設定,実施方法,評価方法の助言

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:研究助言・指導等

    高校名等:岡山県立操山高等学校

    実施日時,時間数:2015年11月2日,3時間
    2015年9月14日,3時間
    2015年11月26日,3時間

    活動内容:公開授業研究の指導案検討,指導助言

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:高校生の基礎学力の定着に向けた学習改善のための調査研究事業

    役職:委員

    活動内容:2018, 6, 28 3時間
    2018, 7, 19 2時間
    2018, 11, 27 4時間
    2018, 12, 20 5時間
    2018, 2, 6 4時間
    2019, 3, 5 1時間

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:高校生の基礎学力の定着に向けた学習改善のための調査研究事業

    役職:委員

    活動内容:2017, 6, 5 3時間
    2017, 11, 6 2時間
    2017, 11, 21 4時間
    2018, 2, 7 5時間
    2018, 3, 2 3時間

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:高校生の基礎学力の定着に向けた学習改善のための調査研究事業

    役職:委員

    活動内容:2016, 6, 24 3時間
    2016, 11, 9 3時間
    2017, 2, 20 3時間

教育臨床 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:岡山大学教育学部附属小学校個人研究発表会で指導助言

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:神石高原町来見小学校校内研修での指導助言(2回)
    福山100NEN教育推進協議会中学校数学部会での指導助言(5回)
    尾道市立浦崎小学校校内研修での指導助言(4回)
    尾道市立浦崎中学校校内研修での指導助言(4回)
    庄原市立総領小学校校内研修での指導助言(4回)
    授業力パワーアップセミナーでの指導助言(1回)
    中国四国算数・数学教育研究会(中学校部会)での指導助言
    日本数学教育学会第100回全国算数・数学教育(東京)大会での指導助言
    岡山県立操山高等学校アドバイザリースタッフ
    岡山県立林野高等学校での指導助言
    岡山県立和気閑谷高等学校数学教諭に対する指導助言

  • 年度:2017年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:平成29年度岡山大学教育学部附属中学校教育研究発表会で指導助言

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:神石高原町来見小学校校内研修での指導助言(5回)
    福山100NEN教育推進協議会中学校数学部会での指導助言(4回)
    尾道市立浦崎小学校校内研修での指導助言(3回)
    尾道市立浦崎中学校校内研修での指導助言(3回)
    庄原市立総領小学校校内研修での指導助言(3回)
    庄原市立板橋小学校校内研修での指導助言(3回)
    授業力パワーアップセミナーでの指導助言(1回)
    中国四国算数・数学教育研究会(高等学校部会)での指導助言
    日本数学教育学会第99回全国算数・数学教育(和歌山)大会での指導助言
    岡山県立操山高等学校アドバイザリースタッフ

  • 年度:2016年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:平成26年度岡山大学教育学部附属中学校教育研究発表会で指導助言

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:神石高原町来見小学校校内研修での指導助言(5回)
    尾道市立浦崎小学校校内研修での指導助言(3回)
    尾道市立浦崎中学校校内研修での指導助言(4回)
    庄原市立山内小学校校内研修での指導助言(3回)
    府中市小中一貫教育研究大会で指導助言
    岩美町立岩美北小学校校内研修での指導助言(4回)
    庄原市立板橋小学校校内研修での指導助言(1回)
    授業力パワーアップセミナーでの指導助言(1回)
    中国四国算数・数学教育研究会での指導助言
    岡山県立操山高等学校アドバイザリースタッフ

  • 年度:2015年度

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:平成26年度岡山大学教育学部附属幼・小・中教育研究発表会(数学部会)で指導助言
    小中カンファレンス(算数・数学部会)を定期的にもって,指導助言を行った。

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:神石高原町来見小学校校内研修での指導助言(3回)
    尾道市立浦崎小学校校内研修での指導助言(4回)
    尾道市立浦崎中学校校内研修での指導助言(3回)
    庄原市立山内小学校校内研修での指導助言(3回)
    平成26年度府中市小中一貫教育研究大会で指導助言
    岩美町立岩美北小学校校内研修での指導助言(2回)
    庄原市立美古登小学校校内研修での指導助言(1回)
    授業力パワーアップセミナーでの指導助言(2回)

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:O-NECUS運営に関するWG

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:O-NECUSの運営に関する審議を行った。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:電子ジャーナル等選定ワーキンググループ

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:全学の電子ジャーナルの選定に関する審議を行った。

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:研究倫理委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:研究倫理委員会の委員として,審査を行った。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:研究倫理委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:研究倫理委員会の委員として,審査を行った。

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:学術研究委員会

    役職:委員長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:学術研究委員会の委員長として,学術研究委員会の運営・管理・業務を遂行した。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:学術研究委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:学術研究委員会の副委員長として,電子ジャーナルの選定,O-NECUSの運営,岡山大学出版会の運営,紀要の査読等を行った。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:教科構成学開発事業部会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:教科構成内容学の開発に関して,委員としての役目を担った。

全件表示 >>