所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

ゲノム・プロテオーム解析部門

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物系薬学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

分子生物学、生化学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:小胞型神経伝達物質トランスポーターの機能と生理的役割について

    研究課題概要:

  • 研究課題名:植物のストレス耐性物質トランスポーターの機能と生理的意義について

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Identification of a vesicular ATP release inhibitor for the treatment of neuropathic and inflammatory pain.

    掲載誌名:Proc. Natl Acad. Sci. USA

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):Kato Y., Hiasa M., Ichikawa R., Hasuzawa N., Kadowaki A., Iwatsuki K., Kazuhiro S., Endo Y., Kitahara Y., Inoue T., Nomura M., Omote H., Moriyama Y., Miyaji T.

  • 論文題目名:AtPHT4;4 is a chloroplast-localized ascorbate transporter in Arabidopsis.

    掲載誌名:Nat. Commun.6巻

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):Miyaji T., Kuromori T., Takeuchi Y., Yamaji N., Yokosho K., Shimazawa A., Sugimoto E., Omote H., Ma J.F., Shinozaki K., Moriyama Y.

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:アスコルビン酸トランスポーター

    発明(考案)者名:森山芳則、宮地孝明、表弘志、黒森崇、篠崎一雄

 

写真

氏名

宮地 孝明 (ミヤジ タカアキ)

MIYAJI Takaaki

所属専攻講座

自然生命科学研究支援センター

職名

准教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県岡山市北区津島中1−1−1

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)分子生物学、生化学

(英)Molecular Biology, Biochemistry

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:総合薬学科

    卒業年月:2004年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:薬学系研究科

    専攻名:創薬生命科学

    修了課程:博士課程

    修了年月:2009年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(薬学)

    学位の分野名:生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然生命科学研究支援センター

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2012年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:自然生命科学研究支援センター

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2009年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本プロテオーム学会 /  日本国 ( 2011年07月 ~ 継続中 )

  • 日本神経科学会 /  日本国 ( 2010年08月 ~ 継続中 )

  • トランスポーター研究会 /  日本国 ( 2010年07月 ~ 継続中 )

  • 日本生化学会 /  日本国 ( 2007年04月 ~ 継続中 )

  • 日本薬学会 /  日本国 ( 2007年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬学一般

  • 生化学一般

  • 生体膜

  • 植物生理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 第一種放射線取扱主任者

  • 第一種作業環境測定士(放射線)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:小胞型神経伝達物質トランスポーターの機能と生理的役割について (The function and physiological role of vesicular neurotransmitter transporters)

    キーワード:神経伝達 (Neurotransmission)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物系薬学

    専門分野(researchmap分類):生体膜

  • 研究課題名:植物のストレス耐性物質トランスポーターの機能と生理的意義について (The function and physiological role of plant transporters for stress tolerance)

    キーワード:ストレス耐性 (Stress tolerance)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):植物栄養学・土壌学

    専門分野(researchmap分類):植物生理学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:細胞生物学2

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:細胞生物学2

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:細胞生物学1

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:細胞生物学1

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:トランスポーター学

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Identification of a vesicular ATP release inhibitor for the treatment of neuropathic and inflammatory pain.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Proc. Natl Acad. Sci. USA

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):Kato Y., Hiasa M., Ichikawa R., Hasuzawa N., Kadowaki A., Iwatsuki K., Kazuhiro S., Endo Y., Kitahara Y., Inoue T., Nomura M., Omote H., Moriyama Y., Miyaji T.

    共著区分:共著

    DOI:10.1073/pnas.1704847114

  • 論文題目名:AtPHT4;4 is a chloroplast-localized ascorbate transporter in Arabidopsis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nat. Commun.6巻

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):Miyaji T., Kuromori T., Takeuchi Y., Yamaji N., Yokosho K., Shimazawa A., Sugimoto E., Omote H., Ma J.F., Shinozaki K., Moriyama Y.

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/ncomms6928

  • 論文題目名:Comparative proteome analysis of wild-type and klotho-knockout mouse kidneys using a combination of MALDI-IMS and LC-MS/MS.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Proteomics Clin. Appl.11巻 (頁 7 ~ 8)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Fujino Y., Minamizaki T., Hayashi I., Kawakami A., Miyaji T., Sakurai K., Yoshioka H., Kozai K., Okada M., Yoshiko Y.

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/prca.201600095

  • 論文題目名:Vesicular polyamine transporter mediates vesicular storage and release of polyamine from mast cells.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J. Biol. Chem.292巻 9号 (頁 3909 ~ 3918)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):Takeuchi T., Harada Y., Moriyama S., Furuta K., Tanaka S., Miyaji T., Omote H., Moriyama Y., Hiasa M.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Reducing phosphorus accumulation in rice grains with an impaired transporter in the node.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nature541巻 7635号 (頁 92 ~ 95)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Yamaji N., Takemoto Y., Miyaji T., Mitani-Ueno N., Yoshida KT., Ma JF.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:光障害を防ぐ植物ビタミンCトランスポーターの発見

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:バイオインダストリー32巻 12号 (頁 40 ~ 45)

    出版機関名:シーエムシー出版

    発行年月:2015年12月

    著者氏名(共著者含):宮地孝明、森山芳則

    共著区分:共著

  • 題目:Structure, function, and drug interaction of neurotransmitter transporters in the postgenomic era.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Annu. Rev. Pharmacol. Toxicol.56巻 (頁 385 ~ 402)

    出版機関名:

    発行年月:2015年10月

    著者氏名(共著者含):Omote H., Miyaji T., Hiasa M., Juge N., Moriyama Y.

    共著区分:共著

    DOI:10.1146/annurev-pharmtox-010814-124816

  • 題目:Type 1 Sodium-Dependent Phosphate Transporter acts as a Membrane Potential-Driven Urate Exporter

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Curr Mol Pharmacol6巻 2号 (頁 88 ~ 94)

    出版機関名:

    発行年月:2013年07月

    著者氏名(共著者含):Miyaji T, Kawasaki T, Togawa N, Omote H, Moriyama Y.

    共著区分:共著

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:アスコルビン酸トランスポーター (Ascorbate transporter)

    発明(考案)者名:森山芳則、宮地孝明、表弘志、黒森崇、篠崎一雄

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:ポリアミンの化学伝達を司るトランスポーターの同定とその利用 (Identification of transporter responsible for chemical transmission of polyamine and use thereof )

    発明(考案)者名:森山芳則、表弘志、宮地孝明、日浅未来

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:小胞型アスパラギン酸トランスポーターの同定とその利用 (Identification of a vesicular aspartate transporter and the application.)

    発明(考案)者名:森山芳則、表弘志、宮地孝明、日浅未来 (Moriyama Y, Omote H, Miyaji T, Hiasa M)

    登録番号:PCT/JP2008/059079

    登録日:2008年11月27日

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:平成28年度日本薬学会奨励賞

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2016年03月

    受賞国:日本国

    授与機関:日本薬学会

    受賞者・受賞グループ名:宮地 孝明

    題目名:創薬を指向した真核生物トランスポーターの構造と機能に関する研究

  • 受賞学術賞名:第85回日本生化学会大会鈴木紘一メモリアル賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2012年12月

    受賞国:日本国

    授与機関:日本生化学会

    受賞者・受賞グループ名:宮地孝明

  • 受賞学術賞名:特定研究領域研究G蛋白質シグナル&膜輸送複合体合同若手ワークショップ2009・優秀賞

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2009年01月31日

    受賞国:日本国

    授与機関:特定研究領域研究 G蛋白質シグナル&膜輸送複合体

    受賞者・受賞グループ名:宮地孝明

    題目名:小胞型アスパラギン酸トランスポーターの発見

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:アスパラギン酸とプリン性化学伝達の生理的意義について

    研究期間:2010年04月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:文部科学省

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:両備檉園記念財団 研究助成

    研究題目:痛風発症因子であるSLC型尿酸排出トランスポーターファミリーの全貌解明

    研究期間:2012年10月 ~ 継続中

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:喫煙科学研究財団 研究助成

    研究題目:ニコチン刺激によるプリン性化学伝達の生理作用の全貌解明

    研究期間:2012年07月 ~ 継続中

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:上原記念生命科学財団 研究奨励金

    研究題目:サラ病の病態解明と治療法開発に関する研究

    研究期間:2012年03月 ~ 継続中

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:武田振興財団 薬学系奨励研究

    研究題目:アスパラギン酸化学伝達の生理的意義の解明と創薬ターゲットの探索

    研究期間:2011年11月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:日本-イスラエル研究交流(JST-MOST)

    研究題目:神経伝達を司るトランスポーターの構造生物学的展開

    研究期間:2009年12月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:JST

 
 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:組換えDNA実験安全管理委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:組換えDNA実験に関する講習会の開催、及び審査を行っている。

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:組換えDNA実験安全管理委員会

    役職:委員

    任期:2011年07月 ~ 継続中

    貢献の実績:組換えDNA実験に関する講習会の開催、及び審査を行っている。