職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

素粒子物理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:素粒子物理学

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Observation of Electron Neutrino Appearance in a Muon Neutrino Beam

    掲載誌名:Physical Review Letter112巻 (頁 061802 ~ )

    発行年月:2014年02月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Evidence for the Appearance of Atmospheric Tau Neutrinosnew in Super-Kamiokande(共著)

    掲載誌名:Physical Review letters

    発行年月:2013年05月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Supernova relic neutrino search at super-Kamiokande.(共著)

    掲載誌名:Physical Review D

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

小汐 由介 (コシオ ユウスケ)

KOSHIO Yuusuke

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)素粒子物理学

(英)Particle physics

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 (Elementary particle/atomic nucleus/cosmic ray/space physics)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:1997年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 継続中

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:素粒子物理学

    キーワード:ニュートリノ宇宙素粒子物理学

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1992年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

    専門分野(researchmap分類):素粒子・核物理実験技術一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:教養現代物理学(相対性理論)2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:高エネルギー物理学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:教養現代物理学(相対性理論)1

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:相対性理論1B

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:宇宙天体物理学2

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:理学部教育貢献賞

    受賞年月:2017年03月

    授与機関:岡山大学理学部

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Search for Boosted Dark Matter Interacting With Electrons in Super-Kamiokande

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review Letters120巻 221301号 (頁 1 ~ 8)

    発行年月:2018年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1103/PhysRevLett.120.221301

  • 論文題目名:Search for Neutrinos in Super-Kamiokande associated with the GW170817 neutron-star merger

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Astrophysical Journal Letters857巻 L4号 (頁 1 ~ 6)

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.3847/2041-8213/aabaca

  • 論文題目名:Atmospheric neutrino oscillation analysis with external constraints in Super-Kamiokande I-IV

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review D97巻 072001号 (頁 1 ~ 23)

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1103/PhysRevD.97.072001

  • 論文題目名:Measurement of the single pi 0 production rate in neutral current neutrino interactions on water

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review D97巻 032002号 (頁 1 ~ 13)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1103/PhysRevD.97.032002

  • 論文題目名:First measurement of the nu-mu charged-current cross section on a water target without pions in the final state

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review D97巻 012001号 (頁 1 ~ 16)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1103/PhysRevD.97.012001

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:Workshop on core-collapse supernova neutrino detection

    開催場所:Paris, France

    開催期間:2018年07月

    題目又はセッション名:CCSN neutrino detection with Super-Kamiokande and Hyper-Kamiokande

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:19th international workshop on neutrinos from accelerators (NuFact2017)

    開催場所:Uppsala, Sweden

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:Results and Prospects from Atmospheric and Solar Neutrinos

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:日本物理学会

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:天体ニュートリノ研究の現状と展望

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:ニュートリノ中性カレント反応精密測定のための核子・酸素原子核反応に関する研究(概要)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:Recent developments in neutrino physics and astrophysics

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:Recent experimental measurements of the Solar neutrinos with Cherenkov detectors

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:Studying supernova explosions via their neutrino emissions

    研究期間:2017年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:Due to the power of gadolinium-loading Super-Kamiokande, we expect to make the world's first observation of the Diffuse Supernova Neutrino Flux during the course of this Innovative Area. For the first time since SN1987A, this will provide fresh experimental neutrino inputs for theorists, who can then fine-tune their simulations of supernova explosions. The output of these data-based theoretical simulations will in turn allow better preparation of experimental apparatuses in Japan and worldwide for the next explosion in our galaxy. We will use the world's best models and equipment to detect a continuous stream of supernova neutrinos from distant explosions, while continuing to improve the models and the equipment based upon what has been learned.

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:Studying supernova explosions via their neutrino emissions

    研究期間:2017年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:Due to the power of gadolinium-loading Super-Kamiokande, we expect to make the world's first observation of the Diffuse Supernova Neutrino Flux during the course of this Innovative Area. For the first time since SN1987A, this will provide fresh experimental neutrino inputs for theorists, who can then fine-tune their simulations of supernova explosions. The output of these data-based theoretical simulations will in turn allow better preparation of experimental apparatuses in Japan and worldwide for the next explosion in our galaxy. We will use the world's best models and equipment to detect a continuous stream of supernova neutrinos from distant explosions, while continuing to improve the models and the equipment based upon what has been learned.

  • 研究種目名:特別推進研究

    研究題目:中性子同時計測を用いた超新星ニュートリノ観測

    研究期間:2014年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容:スーパーカミオカンデにガドリニウムを導入することで、過去の超新星爆発からのニュートリノ信号を世界で初めて観測する実験を推進する。

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:Studying supernova explosions via their neutrino emissions

    研究期間:2017年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:Due to the power of gadolinium-loading Super-Kamiokande, we expect to make the world's first observation of the Diffuse Supernova Neutrino Flux during the course of this Innovative Area. For the first time since SN1987A, this will provide fresh experimental neutrino inputs for theorists, who can then fine-tune their simulations of supernova explosions. The output of these data-based theoretical simulations will in turn allow better preparation of experimental apparatuses in Japan and worldwide for the next explosion in our galaxy. We will use the world's best models and equipment to detect a continuous stream of supernova neutrinos from distant explosions, while continuing to improve the models and the equipment based upon what has been learned.

  • 研究種目名:特別推進研究

    研究題目:中性子同時計測を用いた超新星ニュートリノ観測

    研究期間:2014年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容:スーパーカミオカンデにガドリニウムを導入することで、過去の超新星爆発からのニュートリノ信号を世界で初めて観測する実験を推進する。

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    平成28年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰者