所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

環境理工学部・環境デザイン工学科・社会基盤環境学専攻

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

地盤工学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

不飽和土構造物(斜面,堤防,盛土など)災害の軽減・防止

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Effect of suction stress on the critical state of compacted silty soils under low confining pressure(共著)

    掲載誌名:International Journal of Geomechanics, ASCED4016010巻 (頁 1 ~ 11)

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):Kim, B.S., Park, S.W., Takeshita, Y., and Kato, S

  • 論文題目名:Experimental approach to estimate strength for compacted geo-materials at low confining pressure

    掲載誌名:An International Journal of Geomechanics and Engineering18巻 5号 (頁 459 ~ 469)

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:DEM simulation on deformation mode and stress state for specimen shape in direct shear test (共著)

    掲載誌名:International Journal of Computational Methods11巻 2号 (頁 1342004-1 ~ 18)

    発行年月:2014年03月

    著者氏名(共著者含):Kim, B.S., Park, S.W., and Kato, S.

全件表示 >>

 

写真

氏名

金 秉洙 (キム ビョンス)

Kim Byeongsu

特記事項

なし

所属専攻講座

環境生命科学研究科

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3-1-1 環境生命科学研究科 自然科学系総合研究棟 211号室

(英)Graduate School of Environmental and Life Science, 3-1-1 Tsushima-naka, Kita-ku, Okayama 700-8530, Japan

研究室電話

(日)086-251-8992

(英)086-251-8992

研究室FAX

(日)086-251-8992

(英)086-251-8992

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)不飽和土構造物(斜面,堤防,盛土など)災害の軽減・防止

(英)Prevention and mitigation of soil-structure's disasters

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:檀国大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:土木環境工学科

    卒業年月:2005年02月

    卒業区分:卒業

    所在国:大韓民国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:檀国大学

    研究科名:土木環境工学科

    専攻名:地盤工学

    修了課程:修士課程

    修了年月:2007年02月

    修了区分:修了

    所在国:大韓民国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:工学博士 (Doctor of Engineering)

    学位の分野名:地盤工学 (Geotechnical Engineering)

    学位授与機関名:神戸大学 (Kobe University)

    取得方法:課程

    取得年月:2010年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2013年06月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:神戸大学大学院 (Kobe University)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2010年10月 ~ 2013年05月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学会 (The Japanese Geotechnical Society)  /  日本国 ( 2007年02月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:国際会員

    (International Member)

    活動期間:2007年02月 ~ 継続中

    活動内容:学会参加

  • 土木学会 (Japan Society of Civil Engineers)  /  日本国 ( 2012年11月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:会員

    (Member)

    活動期間:2012年11月 ~ 継続中

    活動内容:学会参加

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学 (Geotechnical Engineering)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 災害,防災

  • 砂防・河川工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 土木技師 (韓国) (Civil Engineer (Korea))

  • 建設材料試験技師 (韓国) (Engineer Construction Material Testing (Korea))

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 環境理工学部第80回教員研修会  ( 2016年01月 )

  • 環境理工学部第79回教員研修会  ( 2015年10月 )

  • 環境理工学部第78回教員研修会  ( 2015年07月 )

  • 環境理工学部第76回教員研修会  ( 2015年01月 )

  • 環境理工学部第75回教員研修会  ( 2014年10月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:環境解析学IB

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:現代の環境問題と科学・技術

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:環境解析学IA

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:土質試験法及び実験B

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:兼担

  • 年度:2019年度

    授業科目:応用地盤環境工学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    卒業論文指導学生: 4人

    修士論文指導学生: 2人 、(うち留学生数): 1人

    AA担当学生数: 10人

  • 年度:2018年度

    卒業論文指導学生: 4人

    修士論文指導学生: 3人

    AA担当学生数: 10人

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 4人

    修士論文指導学生: 2人

    AA担当学生数: 11人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 5人 、(うち留学生数):1人

    修士論文指導学生: 1人

    AA担当学生数: 12人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Experimental approach to estimate strength for compacted geo-materials at low confining pressure ( Experimental approach to estimate strength for compacted geo-materials at low confining pressure)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:An International Journal of Geomechanics and Engineering ( An International Journal of Geomechanics and Engineering) 18巻 5号 (頁 459 ~ 469)

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.12989/gae.2019.18.5.459

  • 論文題目名:Effect of suction stress on the critical state of compacted silty soils under low confining pressure(共著) ( Effect of suction stress on the critical state of compacted silty soils under low confining pressure "jointly worked")

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Geomechanics, ASCE ( International Journal of Geomechanics, ASCE) D4016010巻 (頁 1 ~ 11)

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):Kim, B.S., Park, S.W., Takeshita, Y., and Kato, S ( Kim, B.S., Park, S.W., Takeshita, Y., and Kato, S)

    共著区分:共著

    DOI:10.1061/(ASCE)GM.1943-5622.0000665

  • 論文題目名:DEM simulation on deformation mode and stress state for specimen shape in direct shear test (共著) ( DEM simulation on deformation mode and stress state for specimen shape in direct shear test "jointly worked")

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Computational Methods ( International Journal of Computational Methods) 11巻 2号 (頁 1342004-1 ~ 18)

    発行年月:2014年03月

    著者氏名(共著者含):Kim, B.S., Park, S.W., and Kato, S. ( Kim, B.S., Park, S.W., and Kato, S.)

    共著区分:共著

    DOI:10.1142/S0219876213420048

  • 論文題目名:Suction stress and its application on unsaturated direct shear test under constant volume condition ( Suction stress and its application on unsaturated direct shear test under constant volume condition)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Engineering Geology ( Engineering Geology) 155巻 (頁 10 ~ 18)

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):Kim, B.S., Shibuya, S., Park, S.W., and Kato, S. ( Kim, B.S., Shibuya, S., Park, S.W., and Kato, S. )

    共著区分:共著

  • 論文題目名:一面せん断試験の隙間幅の設定基準に関する解析的研究 ( Analytical study on setting criterion of opening size in direct shear test)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:土木学会論文集A2 ( Journal of Japan Society of Civil Engineers, A2: Applied Mechanics) 76巻 1号 (頁 1 ~ 6)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):金 秉洙,加藤 正司, Seong-Wan Park,竹下 祐二 ( Kim, B.S., Kato, S., Park, S.W., and Takeshita, Y. )

    共著区分:共著

    DOI:10.2208/jscejam.76.1_1

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Geomechanics and Engineering (SCI-E Journal)

  • 年度:2020年度

    件数:1件

    学術雑誌名:KSCE Journal of Civil Engineering (SCI-E Journal)

  • 年度:2019年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Acta Geotechnica (SCI Journal)

  • 年度:2019年度

    件数:2件

    学術雑誌名:KSCE Journal of Civil Engineering (SCI-E Journal)

  • 年度:2019年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Soils and Foundations (SCI-E Journal)

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:16th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering (16th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering)

    開催場所:Taipei, Taiwan

    開催期間:2019年10月

    題目又はセッション名:Empirical approach for estimating wetting path of soil water characteristic curve (Empirical approach for estimating wetting path of soil water characteristic curve)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:16th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical En-gineering (16th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical En-gineering)

    開催場所:Taipei, Taiwan

    開催期間:2019年10月

    題目又はセッション名:Applicability of unsaturated soil mechanics for resilient modulus: Case study of a Korean experience (Applicability of unsaturated soil mechanics for resilient modulus: Case study of a Korean experience)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils (7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils)

    開催場所:Nagoya, Japan

    開催期間:2019年08月

    題目又はセッション名:Effect of suction stress on strength characteristics of a compacted silty soil under low confining pressure (Effect of suction stress on strength characteristics of a compacted silty soil under low confining pressure)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils (7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils)

    開催場所:Nagoya, Japan

    開催期間:2019年08月

    題目又はセッション名:Evaluation of capillary barrier system under lateral non-flow condition of sand layer (Evaluation of capillary barrier system under lateral non-flow condition of sand layer)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils (7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils)

    開催場所:Nagoya, Japan

    開催期間:2019年08月

    題目又はセッション名: Experimental verification of the continuous pressurization method on SWCC ( Experimental verification of the continuous pressurization method on SWCC)

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学会

    役職・役割名:中国支部 防災教育WG メンバー

    活動期間:2019年10月 ~ 2021年03月

  • 地盤工学会

    役職・役割名:地盤工学会 中国支部 国際委員会 委員

    活動期間:2019年04月 ~ 2021年03月

  • 土木学会

    役職・役割名:中国支部 2018年7月西日本豪雨災害(岡山河川)調査団 調査団員

    活動期間:2018年07月 ~ 2019年06月

    活動内容:中国支部 2018年7月西日本豪雨災害(岡山河川)調査団 調査団員

  • 地盤工学会

    役職・役割名:中国支部 表彰委員会 委員

    活動期間:2018年04月 ~ 2020年03月

  • 地盤工学会 (Japanese Geotechincal Society)

    役職・役割名:第7回不飽和土アジア太平洋会議 (7th Asia-Pacific Conference On Unsaturated Soils) 大会実行委員

    活動期間:2017年08月 ~ 2020年03月

    活動内容:第7回不飽和土アジア太平洋会議 (7th Asia-Pacific Conference On Unsaturated Soils)を準備する。

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:The 2014 International Awards for Best Journal Papers by an Early Career Researchers in Unsaturated Soil Mechanics in the category of “Experimentation” (The 2014 International Awards for Best Journal Papers by an Early Career Researchers in Unsaturated Soil Mechanics in the category of Experimentation)

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2014年07月03日

    受賞国:オーストラリア

    授与機関:The Technical Committee on Unsaturated Soils (TC106) of the International Society of Soil Mechanics and Geotechnical Engineering (ISSMGE)

    受賞者・受賞グループ名:Byeongsu KIM (Byeongsu KIM)

    題目名:2014年若手研究者に対する国際最優秀論文賞

  • 受賞学術賞名:第43回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2008年10月31日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本地盤工学会

    受賞者・受賞グループ名:金 秉洙 (KIM Byeong-Su)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:キャピラリー・バリア盛土の表面被覆層としての疎水材層の適用性評価 (Applicability of hydrophobic soil to a surface coating layer of the capillary barrier embankment)

    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では,疎水性をもつ土(疎水材,hydrophobic soil)を用いて,不飽和土構造物である河川堤防や斜面などの浸透に対して,長期的に高度な雨水遮断機能と排水機能をもつキャピラリー・バリア(CB)地盤材料としての適用可能性を検証する。不飽和土構造物の安全性を向上させるために,新たな地盤材料である疎水材を用いて新しいCBを提案する。疎水材の力学的及び水理学的特性の把握のため,一定含水比圧縮試験および保水性試験を行い,疎水材の有効性を明らかにする。

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:キャピラリー・バリア盛土の表面被覆層としての疎水材層の適用性評価 (Applicability of hydrophobic soil to a surface coating layer of the capillary barrier embankment)

    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では,疎水性をもつ土(疎水材,hydrophobic soil)を用いて,不飽和土構造物である河川堤防や斜面などの浸透に対して,長期的に高度な雨水遮断機能と排水機能をもつキャピラリー・バリア(CB)地盤材料としての適用可能性を検証する。不飽和土構造物の安全性を向上させるために,新たな地盤材料である疎水材を用いて新しいCBを提案する。疎水材の力学的及び水理学的特性の把握のため,一定含水比圧縮試験および保水性試験を行い,疎水材の有効性を明らかにする。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:(公財)八雲環境科学振興財団 2019年度 環境研究助成金 (特定研究)

    研究題目:疎水性地盤材料の遮水性を用いた盛土斜面部の安定化工法の提案

    研究期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:(公財)ウエスコ学術振興財団 平成30年度学術研究費助成金

    研究題目:疎水性キャピラリーバリアを持った河川堤防の安全性に関する研究

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:(公財)岡山工学振興会 平成30年度 国際研究集会等派遣助成金

    研究題目:不透水層における疎水性地盤材料の適用性の検討

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:(公財)ウエスコ学術振興財団 平成29年度学術研究費助成金

    研究題目:疎水性キャピラリー・バリアを持った河川堤防の安全性に関する研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:民間財団等

    研究内容:【第1年度】親水材をシラン処理することにより,研究期間全体で必要な量の疎水材を準備する。その後,土質物性実験により疎水材の物理特性を把握する。また,河川堤防や斜面は不飽和状態で存在するので,親水材と疎水材の不飽和土強度試験を実施する。連続加圧式の加圧版法の保水性試験を行う。

    【第2年度】親水材と疎水材において追加条件についての不飽和土強度試験を行う。疎水材のCB地盤材料として疎水材層を 設置した場合の河川堤防における飽和・不飽和浸透流解析を行う。また,初期条件を変化させて追加保水性試験を行う。これにより,力学的・水理学的安全性・機能性を評価し,疎水材のCB地盤材料として適用可能性を検証する。

  • 資金名称:(公財)八雲環境科学振興財団 国際研究交流助成

    研究題目:一面せん断試験において上下せん断箱の隙間幅の設定基準に関する研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:民間財団等

    研究内容:① 細粒分含有率が河川堤防の安全性に及ぼす影響に関する研究
    : 不飽和土構造物である河川堤防において細粒分合有率が地盤の力学的特性に及ぼす影響について不飽和土力学理論に基づいて検討し,河川堤防での適切な細粒分合有率の基準を提案することを目指す。そのため,一定含水比圧縮試験および保水性試験を行い,細粒分合有率による土のせん断強度の増減について調べ,土のせん断強度と関連するサクションと細粒分合有率の関係を明らかにすることを目標とする。また,細粒分合有率による豪雨時の浸透特性について調べ,地盤の安定性と細粒分合有率の関係を明らかにする。

    ②一面せん断試験において上下せん断箱の隙間幅の設定基準に関する研究
     :一面せん断試験において上下せん断箱間に隙間を設けた場合,その隙間幅の大きさが強度特性に影響を与える。よって,2012年から,室内一面せん断試験を行い,その結果によりせん断箱の隙間幅の設定基準であるスレスホルドライン(Threshold-Line:TL)を提案した。その後,TLの有効性を検討するため,様々な粒度分布条件についてDEMシミュレーションを行われている。

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 共同研究希望テーマ:不飽和盛土の安定性評価に関する実験的研究

    共同研究実施形態:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態:技術相談

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:15人

    開催日:2016年03月

    講座等名:土木学会応用力学フォーラム

    講義題名:DEMシミュレーションを用いた地盤力学挙動に関する研究

    主催者:土木学会応用力学フォーラム委員長
    岡山大学大学院 環境生命科学研究科
    柴田俊文

    対象者:地盤工学に関心がある方

    開催地,会場:岡山大学環境理工学部

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:50人

    開催日:2016年09月

    講座等名:H28地盤工学研究発表会:ダイバーシティ特別セッション

    講義題名:日本留学生活、当時の恐れと希望

    主催者:公益社団法人地盤工学会

    対象者:学生及び一般市民

    開催地,会場:岡山大学、岡山市

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立笠岡高等学校 2年生 80名、教師

    実施日時,時間数:平成31年7月24日 1時間

    活動内容:岡山県立笠岡高等学校2年生80名を対象とした「平成31 年度2 年生ACT テーマ探究」におけるテーマ探究講演会の教師を務めた。

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立津山東高等学校 1年生 5名、教師

    実施日時,時間数:平成30年10月05日 1時間

    活動内容:「平成30年度高大連携事業(大学訪問)」として岡山県立津山東高等学校1年生5名を対象とした学科・研究内容紹介及び講義の教師を務めた。

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:兵庫県立星陵高等学校 2年生 60名、派遣教師

    実施日時,時間数:平成30年11月06日 1時間

    活動内容:兵庫県立星陵高等学校2年生60名を対象とした大学研究関連(地盤工学)の講義の高校派遣教師を務めた。

調査・研究会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    名称:4th Jap-Kor Joint Workshop on Unsaturated Soils
    (第4回日韓不飽和土ワークショップ)

    役職:幹事

    活動内容:日韓不飽和土研究交流集会として日本研究者や韓国地盤工学会地盤工学・不飽和地盤技術委員会の共同開催により、研究論文発表と討議を行った。今回、岡山大学で開催し、幹事として勤めました。

国際貢献(協力事業) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    相手方国名:韓国

    プロジェクト名:国際交流協定(部局間)

    期間:2016年02月 ~ 継続中

    活動国名:日本&韓国

    役割:岡山大学側の実施責任者2名中1人

    相手方機関名:韓国 檀国大学(Dankook University) 工科大学

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:津島地区安全衛生委員会委

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:津島地区安全衛生委員会委

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2018年03月

全学的な実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:・概要:2019年度日本留学フェア・アカデミックセミナー
    ・期間:2019年8月29日~9月4日
    ・会場:ミャンマー ヤンゴン市 /マンダレー市
    ・対象:ミャンマー高校生

    ・内容:①ミャンマーヤンゴン市で開催された2019年度日本留学フェア
         に参加し、岡山大学への留学についてミャンマーの高校生に
         説明した。
        ②アカデミックセミナーの活動として、ヤンゴン工科大学と
         MANDALAY工科大学の訪問し、学科及び研究内容、留学
         方法などについて説明した。