所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

大学院社会文化科学研究科

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

民事法学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

金融法務、企業法務、時効、担保・保証、倒産

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:金融機関の消滅時効管理

    研究課題概要:金融機関にとって、貸付債権という資産の保全管理として、当該債権が時効消滅することは回避すべき重要課題である。本研究はこれを扱うものである。

  • 研究課題名:抵当権・根抵当権の管理

  • 研究課題名:消滅時効

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:時効管理の実務

    出版機関名:社団法人金融財政事情研究会

    発行日:2007年08月

    著者名:*吉岡伸一、渡辺博巳、高橋悦夫、岡田康夫、片岡宏一郎、加藤禮麗、駒井慶太、坂根智和、佐々本正人、竹森茂夫、辻井一成、中島亮平、西島佳男、林佐智代、宮川不可止、迎純嗣、妻鹿直人、森田幸生

    著書形態:単著

    担当部分:時効類似の制度との相違ほか21項目

  • 論文題目名:明示的一部請求の訴えによる時効中断効

    掲載誌名:銀行法務2158巻 6号 (頁 4 ~ 7)

    発行年月:2014年05月

    著者氏名(共著者含):

  • 著書名:取引先の相続と金融法務

    出版機関名:金融財政事情研究会

    発行日:2010年08月

    著者名:

    著書形態:共著

全件表示 >>

 

写真

氏名

吉岡 伸一 (ヨシオカ シンイチ)

YOSHIOKA Shinichi

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)金融法務、企業法務、時効、担保・保証、倒産

(英)finacial law

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:法学部

    学科名:民法

    卒業年月:1977年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:法学

    学位の分野名:民事法学 (Civil jurisprudence)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:1977年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:

    組織名:大学院社会文化科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2006年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2003年04月 ~ 2006年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:株式会社三和総合研究所

    経歴名:主任研究員

    経歴期間:1998年04月 ~ 2003年03月

  • 所属(勤務)先:株式会社大阪銀行

    経歴名:職員(その他)

    経歴期間:1977年04月 ~ 1998年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 民事法学 (Civil jurisprudence)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:金融機関の消滅時効管理 (Statute of Limitations for Default of Financial Institutions)

    キーワード:時効 (Statute of Limitations )

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2006年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):民事法学

    専門分野(researchmap分類):民事法学

  • 研究課題名:抵当権・根抵当権の管理 (Managing of mortgage and revolving mortgage.)

    キーワード:抵当権 (Mortgage)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2011年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):民事法学

    専門分野(researchmap分類):民事法学

  • 研究課題名:消滅時効 (Statute of Limatations )

    キーワード:時効 (Limitations)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2003年01月 ~ 2005年12月

    専門分野(科研費分類):民事法学

    専門分野(researchmap分類):民事法学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    授業科目:金融取引法演習2

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    授業形式:

  • 年度:2015年度

    授業科目:不法行為法

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    授業形式:

  • 年度:2015年度

    授業科目:多文化共生社会における法と政治

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    授業形式:

  • 年度:2015年度

    授業科目:財産と法Ⅲ

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    授業形式:

  • 年度:2015年度

    授業科目:財産と法IV

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:保証人が主債務者を単独相続した場合の弁済と消滅時効の中断

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:法学会雑誌64巻 2号 (頁 45 ~ 54)

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:担保物件の滅失と保全・回収

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:銀行実務44巻 10号 (頁 71 ~ 75)

    発行年月:2014年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:明示的一部請求の訴えによる時効中断効

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:銀行法務2158巻 6号 (頁 4 ~ 7)

    発行年月:2014年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:事前求償権による差押は、事後求償権の時効を中断できるか?

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:銀行実務44巻 4号 (頁 7)

    発行年月:2014年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:銀行と顧客との間で金利スワップ取引契約をするに際しての銀行の説明義務違反の有無

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:私法判例リマークス48号 (頁 50 ~ 53)

    発行年月:2014年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:銀行窓口の法務対策4500講[Ⅲ巻]

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:一般社団法人金融財政事情研究会

    発行日:2013年06月

    著者名:

    著書形態:共著

    担当部分:第2章第3節損害担保契約、同第4節保証予約等、第3章第6節時効・時効中断

  • 著書名:民法学の現在と近未来(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:法律文化社

    発行日:2012年11月

    著者名:

    著書形態:共著

    担当部分:抵当権・根抵当権の近未来的課題

  • 著書名:新訂貸出管理回収手続双書 貸出管理

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:金融財政事情研究会

    発行日:2010年12月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:取引先の相続と金融法務

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:金融財政事情研究会

    発行日:2010年08月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:時効管理の実務

    記述言語:未設定

    著書種別:著書

    出版機関名:社団法人金融財政事情研究会

    発行日:2007年08月

    著者名:*吉岡伸一、渡辺博巳、高橋悦夫、岡田康夫、片岡宏一郎、加藤禮麗、駒井慶太、坂根智和、佐々本正人、竹森茂夫、辻井一成、中島亮平、西島佳男、林佐智代、宮川不可止、迎純嗣、妻鹿直人、森田幸生

    著書形態:単著

    担当部分:時効類似の制度との相違ほか21項目

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本私法学会

    役職・役割名:運営懇談会委員

    活動期間:2013年10月 ~ 2015年09月

産学官連携等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    岡山金融取引研究会の監事を務めることにより、金融機関担当者との情報交換を行っている。
    岡山企業法務研究会の理事として参加することにより、多分野の企業実務担当者との情報交換、意見交換を行っている。
    消費者ネットおかやまの理事として参加することにより、多方面の実務家との意見交換、情報交換を行っている。

  • 年度:2013年度

    岡山金融取引研究会の監事を務めることにより、金融機関担当者との情報交換を行っている。
    岡山企業法務研究会の理事として参加することにより、多分野の企業実務担当者との情報交換、意見交換を行っている。
    消費者ネットおかやまの理事として参加することにより、多方面の実務家との意見交換、情報交換を行っている。

  • 年度:2012年度

    岡山金融取引研究会の監事を務めることにより、金融機関担当者との情報交換を行っている。
    岡山企業法務研究会の理事として参加することにより、多分野の企業実務担当者との情報交換、意見交換を行っている。
    消費者ネットおかやまの理事として参加することにより、多方面の実務家との意見交換、情報交換を行っている。

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    岡山地方裁判所宛、ある事件の意見書提出を依頼され、転貸借における敷金返還請求権の発生時期につき、A3で18頁の意見書を提出した。

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:20人

    開催日:2014年10月

    講座等名:岡山県行政書士法学研修

    講義題名:非嫡出子の相続分を定める民法の規定と憲法14条1項など12課題

    主催者:岡山県行政書士会

    対象者:岡山県及び全国の行政書士など

    開催地,会場:岡山商科大学講義室

  • 年度:2014年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:50人

    開催日:2014年12月

    講座等名:金融判例研究会12月定例会

    講義題名:金融判例この一年

    主催者:一般社団法人金融財政事情研究会

    対象者:金融機関担当者、弁護士ほか

    開催地,会場:大阪銀行協会 会議室

  • 年度:2013年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:50人

    開催日:2012年12月

    講座等名:金融判例研究会12月定例会

    講義題名:金融判例この一年

    主催者:一般社団法人金融財政事情研究会

    対象者:金融機関担当者、弁護士ほか

    開催地,会場:大阪銀行協会 会議室

  • 年度:2013年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:80人

    開催日:2013年11月

    講座等名:岡山県司法書士研修

    講義題名:相続預金の取扱い

    主催者:岡山県司法書士会

    対象者:岡山県下の司法書士

    開催地,会場:岡山市、岡山国際センター 地下一階会議室

  • 年度:2013年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:20人

    開催日:2013年10月

    講座等名:岡山県行政書士法学研修

    講義題名:金融機関が犯罪利用預金口座等に係る情報を受けた際の対応、反社会的勢力と関係を有すると疑われる代表取締役に対して辞任要求をした事例など12課題

    主催者:岡山県行政書士会

    対象者:岡山県及び全国の行政書士など

    開催地,会場:岡山商科大学講義室

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:高知県高知追手前高等学校

    実施日時,時間数:6月20日(金)13:20-14:50、1時間30分

  • 年度:2014年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:倉敷天城高校

    実施日時,時間数:平成26年10月21日、1時間30分

    活動内容:相続について

  • 年度:2013年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:倉敷南高校

    実施日時,時間数:平成25年9月17日、1時間50分

    活動内容:相続について

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:NPO法人消費者ネットおかやま

    役職:その他

    活動内容:消費者契約法の規定される適格消費者団体になること、あるいは他の適格消費者団体に所属することにより、岡山県下の消費者保護を図ること

  • 年度:2014年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:岡山県市町村職員共済組合

    役職:その他

    活動内容:決算及び中間決算の監査

  • 年度:2013年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:岡山県市町村職員共済組合

    役職:その他

    活動内容:決算及び中間決算の監査

  • 年度:2013年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:NPO法人消費者ネットおかやま

    役職:その他

    活動内容:消費者契約法の規定される適格消費者団体になること、あるいは他の適格消費者団体に所属することにより、岡山県下の消費者保護を図ること

  • 年度:2012年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:NPO法人消費者ネットおかやま

    役職:その他

    活動内容:消費者契約法の規定される適格消費者団体になること、あるいは他の適格消費者団体に所属することにより、岡山県下の消費者保護を図ること

全件表示 >>

調査・研究会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    名称:日本土地法学会中国支部研究会

    役職:会員・委員

    活動内容:土地に関する法律などを研究対象とした、中国地方における研究会

  • 年度:2014年度

    名称:大阪司法書士実務研究会

    役職:会員・委員

    活動内容:大阪の司法書士を中心とした、不動産法、登記法に関する研究会

  • 年度:2014年度

    名称:オリオンの会

    役職:会長・委員長

    活動内容:金融法務の実務家および金融機関顧問の弁護士との研究会

  • 年度:2014年度

    名称:岡山民事法研究会

    役職:会員・委員

    活動内容:岡山地方裁判所民事部の裁判官および岡山大学法学部・法務研究科の民事法教員を中心の研究会

  • 年度:2014年度

    名称:取引法研究会

    役職:会員・委員

    活動内容:企業の「取引」に関する法律問題を題材に、企業法務担当者、弁護士、大学教員などをメンバーとした研究会

全件表示 >>

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    他機関名:川崎医療福祉大学

    活動内容:福祉学部において民法を講義

  • 年度:2012年度

    他機関名:岡山商科大学

    活動内容:民法特殊講義Ⅰ

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    研究会のうち、岡山金融取引研究会は、地元金融機関の顧問弁護士と共同で2003年5月に立ち上げたもので、中国銀行、トマト銀行、おかやま信用金庫の3機関から30名余りが参加している。この研究会での発表は、メンバー持ち回りということで、当初は、大学教員や弁護士が行うものの、金融機関担当者にも発表してもらう予定である。また、発表後においても、メンバーからそれぞれの立場、視点で質問が活発に行われている。さらに、発表後は、研究会での質疑応答も含め、「銀行法務21」誌上に掲載することとしている。この掲載に当たっては、私の方から、研究会メンバーおよび出版社に持ちかけ実現に至ったものである。

  • 年度:2013年度

    研究会のうち、岡山金融取引研究会は、地元金融機関の顧問弁護士と共同で2003年5月に立ち上げたもので、中国銀行、トマト銀行、おかやま信用金庫の3機関から30名余りが参加している。この研究会での発表は、メンバー持ち回りということで、当初は、大学教員や弁護士が行うものの、金融機関担当者にも発表してもらう予定である。また、発表後においても、メンバーからそれぞれの立場、視点で質問が活発に行われている。さらに、発表後は、研究会での質疑応答も含め、「銀行法務21」誌上に掲載することとしている。この掲載に当たっては、私の方から、研究会メンバーおよび出版社に持ちかけ実現に至ったものである。

  • 年度:2012年度

    研究会のうち、岡山金融取引研究会は、地元金融機関の顧問弁護士と共同で2003年5月に立ち上げたもので、中国銀行、トマト銀行、おかやま信用金庫の3機関から30名余りが参加している。この研究会での発表は、メンバー持ち回りということで、当初は、大学教員や弁護士が行うものの、金融機関担当者にも発表してもらう予定である。また、発表後においても、メンバーからそれぞれの立場、視点で質問が活発に行われている。さらに、発表後は、研究会での質疑応答も含め、「銀行法務21」誌上に掲載することとしている。この掲載に当たっては、私の方から、研究会メンバーおよび出版社に持ちかけ実現に至ったものである。

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    役職:副学部長

    職名:法学部 副学部長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2013年度

    役職:副学部長

    職名:法学部 副学部長

    任期:2012年04月 ~ 2014年03月

  • 年度:2012年度

    役職:副学部長

    職名:法学部 副学部長

    任期:2012年04月 ~ 2014年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:教師教育開発センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:アドミッションセンター運営委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2014年03月

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:Jプロジェクト委員会

    役職:委員

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:建設工事総合評価審査委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:アドミッションセンター運営委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2014年03月

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:総務委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2014年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:自己評価委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2014年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:人事委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2014年03月

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:総務委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2014年03月

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    貢献の項目と割合等:法学検定試験における岡山大学試験場実施委員会の申込責任者

  • 年度:2013年度

    貢献の項目と割合等:法学検定試験における岡山大学試験場実施委員会の申込責任者

  • 年度:2012年度

    貢献の項目と割合等:法学検定試験における岡山大学試験場実施委員会の申込責任者

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    貢献の項目と割合等:民法講座の取りまとめ

  • 年度:2012年度

    貢献の項目と割合等:民法講座の取りまとめ