所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

環境生命科学研究科 農生命科学専攻 植物ストレス科学講座

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

植物生理・分子

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

植物分子遺伝学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:植物におけるトランスポゾンサイレンシング制御機構

    研究課題概要:

  • 研究課題名:植物におけるゲノムインプリンティング制御機構

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Arabidopsis proteins with a transposon-related domain act in gene silencing.

    掲載誌名:nature communications

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):Ikeda Y, Pélissier T, Bourguet P, Becker C, Pouch-Pélissier MN, Pogorelcnik R, Weingartner M, Weigel D, Deragon JM, Mathieu O.

  • 論文題目名:HMG domain containing SSRP1 is required for DNA demethylation and genomic imprinting in Arabidopsis.

    掲載誌名:Developmental Cell21巻 3号 (頁 589 ~ 596)

    発行年月:2011年09月

    著者氏名(共著者含):Yoko Ikeda, Yuki Kinoshita, Daichi Susaki, Yuriko Ikeda, Megumi Iwano, Seiji Takayama, Tetsuya Higashiyama, Tetsuji Kakutani, Tetsu Kinoshita

 

写真

氏名

池田 陽子 (イケダ ヨウコ)

IKEDA Yoko

所属専攻講座

資源植物科学研究所

職名

助教

性別

女性

研究室住所

(日)岡山県倉敷市中央2-20-1

(英)Chuo 2-20-1, Kurashiki, 710-0046, Okayama

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)植物分子遺伝学

(英)Plant molecular genetics

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:農学部

    学科名:総合農業科学科

    卒業年月:2002年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:生物科学

    修了課程:博士課程

    修了年月:2007年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:植物生理・分子 (Plant physiology/molecule)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:資源植物科学研究所

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2013年12月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:CNRS UMR6293 - INSERM U1103 - GReD

    経歴名:日本学術振興会海外特別研究員

    経歴期間:2012年04月 ~ 2013年11月

  • 所属(勤務)先:CNRS UMR6293 - INSERM U1103 - GReD

    経歴名:研究員

    経歴期間:2011年11月 ~ 2012年03月

  • 所属(勤務)先:奈良先端科学技術大学院大学

    経歴名:特任助教

    経歴期間:2009年10月 ~ 2011年10月

  • 所属(勤務)先:奈良先端科学技術大学院大学

    経歴名:研究員

    経歴期間:2007年10月 ~ 2009年09月

  • 所属(勤務)先:国立遺伝学研究所

    経歴名:研究員

    経歴期間:2007年04月 ~ 2007年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物生理・分子 (Plant physiology/molecule)

  • 遺伝・ゲノム動態 (Heredity/genome dynamics)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:植物におけるトランスポゾンサイレンシング制御機構 (Mechanism for transposon silencing in plants )

    キーワード:エピジェネティクス (Epigenetics)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:基礎科学研究

    研究期間:2011年11月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):遺伝・ゲノム動態

    専門分野(researchmap分類):遺伝学一般

  • 研究課題名:植物におけるゲノムインプリンティング制御機構 (Mechanism of genomic imprinting in plants )

    キーワード:エピジェネティクス、DNA脱メチル化 (DNA demethylation)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成

    研究期間:2007年04月 ~ 2011年10月

    専門分野(科研費分類):植物生理・分子 、遺伝・ゲノム動態

    専門分野(researchmap分類):発生・成長の生理 、生殖の生理

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Arabidopsis proteins with a transposon-related domain act in gene silencing.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:nature communications

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):Ikeda Y, Pélissier T, Bourguet P, Becker C, Pouch-Pélissier MN, Pogorelcnik R, Weingartner M, Weigel D, Deragon JM, Mathieu O.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Ectopic accumulation of linalool confers resistance to Xanthomonas citri subsp. citri in transgenic sweet orange plants.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Tree physiology37巻 5号 (頁 654 ~ 664)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):Shimada, T., Endo, T., Rodríguez, A., Fujii, H., Goto, S., Matsuura, T., Hojo, Y., Ikeda, Y., Mori, I.C., Fujikawa, T., Peña L., and Omura, M.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Epigenome confrontation triggers immediate reprogramming of DNA methylation and transposon silencing in Arabidopsis thaliana F1 epihybrids

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America113巻 14号 (頁 E2083 ~ E2092)

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):Melanie Rigal,Claude Becker,Thierry Pelissier,Romain Pogorelcnik,Jane Devos,Yoko Ikeda*,Detlef Weigel,Olivier Mathieu

    共著区分:共著

    DOI:10.1073/pnas.1600672113

  • 論文題目名:NADPH-dependent thioredoxin reductase C plays a role in nonhost disease resistance against Pseudomonas syringae pathogens by regulating chloroplast-generated reactive oxygen species

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PeerJ2016巻 4号

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Yasuhiro Ishiga ,Takako Ishiga,Yoko Ikeda*,Takakazu Matsuura,Kirankumar S. Mysore

    共著区分:共著

    DOI:10.7717/peerj.1938

  • 論文題目名:Light inhibition of shoot regeneration is regulated by endogenous abscisic acid level in calli derived from immature barley embryos. (共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PLoS One

    発行年月:2015年12月

    著者氏名(共著者含):Rikiishi, K., Matsuura, T., Ikeda, Y., Maekawa, M.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Phytohormones in red seaweeds: a technical review of methods for analysis and a consideration of genomic data

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Botanica Marina60巻 2号 (頁 153 ~ 170)

    出版機関名:

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):Izumi C. Mori, Yoko Ikeda, Takakazu Matsuura, Takashi Hirayama, Koji Mikami

    共著区分:共著

    DOI:https://doi.org/10.1515/bot-2016-0056

  • 題目:Plant imprinted genes identified by genome-wide approaches and their regulatory mechanisms.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Plant and Cell Physiology53巻 5号 (頁 809 ~ 816)

    出版機関名:Oxford Journals

    発行年月:2012年04月

    著者氏名(共著者含):Yoko Ikeda

    共著区分:単著

    担当部分:構想、執筆

    DOI:10.1093/pcp/pcs049

  • 題目:HMGドメイン遺伝子SSRP1がシロイヌナズナにおけるゲノムインプリンティングとDNA脱メチル化の制御に必要である

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:FIRST AUTHOR’S; ライフサイエンス新着論文レビュー

    出版機関名:ライフサイエンス統合データベース

    発行年月:2011年10月

    著者氏名(共著者含):池田陽子, 木下哲

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Nuclear Functions in Plant Transcription, Signaling and Development. Chapter2 The Role of DNA Methylation in Transposable Element Silencing and Genomic Imprinting(共著)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2015年06月

    著者名:Yoko Ikeda, Taisuke Nishimura

    著書形態:共著

  • 著書名:細胞工学 vol.30 HOT PRESS; HMGドメイン遺伝子SSRP1はシロイヌナズナにおけるDNA脱メチル化およびゲノムインプリンティングに必要である

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:秀潤社

    発行日:2011年11月

    著者名:池田陽子, 木下哲

    著書形態:共著