所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

バイオサイエンス専攻

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

遺伝・ゲノム動態

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

シロイヌナズナ、花茎伸長、遺伝子発現、表皮分化、ポリミアン、植物発生、形態形成

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:植物の器官形成におけるポリアミンの機能

    研究課題概要:サーモスペルミンは,ポリアミンと総称される低分子塩基性化合物の1つで,スペルミンの構造異性体である.シロイヌナズナのacl5変異株はサーモスペルミン合成酵素が欠損し,維管束木部の過剰な分化により,茎の伸長が抑えられていることから,サーモスペルミンは植物の木部分化の抑制に働くことを発見した.その具体的な作用機構の解明を目指して研究をすすめている.

  • 研究課題名:高等植物における表皮分化の分子機構

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Polyamines: Ubiquitous Polycations with Unique Roles in Growth and Stress Responses.(共著)

    掲載誌名:Ann. Bot.

    発行年月:2010年01月

    著者氏名(共著者含):*T. Takahashi, J.-I. Kakehi

  • 論文題目名:Thermospermine is not a minor polyamine in the plant kingdom.

    掲載誌名:Plant and Cell Physiology53巻 (頁 606 ~ 616)

    発行年月:2012年04月

    著者氏名(共著者含):Takano A, Kakehi JI, *Takahashi T

  • 論文題目名:Mutations in epidermis-specific HD-ZIP IV genes affect floral organ identity in Arabidopsis thaliana.(共著)

    掲載誌名:The Plant Journal75巻 (頁 430 ~ 440)

    発行年月:2013年09月

    著者氏名(共著者含):Kamata N, Okada H, Komeda Y, *Takahashi T

 

写真

氏名

髙橋 卓 (タカハシ タク)

TAKAHASHI Taku

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)シロイヌナズナ、花茎伸長、遺伝子発現、表皮分化、ポリミアン、植物発生、形態形成

(英)Plant development, Polyamine, Gene expression, Epidermis

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:生物学科、植物学専攻

    卒業年月:1987年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学

    研究科名:理学系研究科

    専攻名:植物学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1992年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:Doctor(Science) (Doctor(Science))

    学位の分野名:形態・構造 (Form/structure)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:理学修士

    学位の分野名:遺伝 (Plant Molecular Genetics)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:遺伝 (Plant Molecular Genetics)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • アメリカ植物生物学会(The American Society of Plant Biologists) /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本植物生理学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本分子生物学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 遺伝・ゲノム動態 (Heredity/genome dynamics)

  • 形態・構造 (Form/structure)

  • 植物生理・分子 (Plant physiology/molecule)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:植物の器官形成におけるポリアミンの機能 (Functions of polyamines in plant organ formation)

    キーワード:シロイヌナズナ,維管束,ポリアミン,翻訳 (Arabidopsis, xylem, polyamine, translation)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1999年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):形態・構造 、植物生理・分子 、遺伝・ゲノム動態

    専門分野(researchmap分類):植物生理学 、分子遺伝学

  • 研究課題名:高等植物における表皮分化の分子機構 (Molecular mechanisms of epidermal cell differentiation in higher plants)

    キーワード:シロイヌナズナ、表皮、ホメオタンパク質 (Arabidopsis, Epidermis, Homeoproteins)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1997年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):形態・構造 、植物生理・分子 、遺伝・ゲノム動態

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:植物生理学II

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:植物発生遺伝学

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:植物発生機構学

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:植物生理学I

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:基礎生物学2a

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

全件表示 >>

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:基礎生物科学(培風館)

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:An evolutionarily conserved NIMA-related kinase directs rhizoid tip growth in the basal land plant Marchantia polymorpha.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Development 145巻

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Otani K, Ishizaki K, Nishihama R, Takatani S, Kohchi T, Takahashi T, Motose H.

    共著区分:共著

    DOI:10.1242/dev.154617

  • 論文題目名:Thermospermine: An Evolutionarily Ancient but Functionally New Compound in Plants

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Methods in Molecular Biology1694巻 (頁 51 ~ 59)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):Takahashi T.

    共著区分:単著

    DOI:10.1007/978-1-4939-7398-9_4

  • 論文題目名:Detection of Thermospermine and Spermine by HPLC in Plants

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Methods in Molecular Biology1694巻 (頁 69 ~ 73)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):Takahashi T, Takano A, Kakehi JI.

    共著区分:共著

    DOI:1007/978-1-4939-7398-9_6

  • 論文題目名:Directional cell expansion requires NIMA-related kinase 6 (NEK6)-mediated cortical microtubule destabilization.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports7巻 (頁 7826 ~ )

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/s41598-017-08453-5

  • 論文題目名:Thermospermine enhances translation of SAC51 and SACL1 in Arabidopsis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Plant Signaling and Behavior, Plant signaling & behavior12巻 1号 (頁 414 ~ 421)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Mai Yamamoto,Taku Takahashi*

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/15592324.2016.1276685

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:TLCを用いた簡便なポリアミン検出

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:ポリアミン4巻 1号 (頁 14 ~ 16)

    出版機関名:日本ポリアミン学会

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):高橋卓・懸樋潤一・今井章裕

    共著区分:共著

  • 題目:サーモスペルミン/木部分化の鍵を握る低分子

    記述言語:未設定

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:生物の科学 遺伝9号 (頁 356 ~ 360)

    出版機関名:エヌ・ティー・エス

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):高橋卓・本瀬宏康

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:新しい植物ホルモンの科学 第3版

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:講談社

    発行日:2016年11月

    著者名:高橋卓

    著書形態:共著

    担当部分:コラム/サーモスペルミン

  • 著書名:Regulation and diversity of polyamine biosynthesis in plants/ T. Kusano and H. Suzuki (eds), Polyamines(共著)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer Japan

    発行日:2015年01月

    著者名:

    著書形態:共著

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Genes

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Plant Growth Regulation

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Acta Physiologiae Plantarum

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Plant Cell Report

  • 年度:2016年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Plant Production Science

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Plant Signaling & Behavior 2017

    開催場所:Matsue

    開催期間:2017年06月

    題目又はセッション名:A thermospermine-deficient mutant of Arabidopsis is sensitive to salt stress.

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Plant Signaling & Behavior 2017

    開催場所:Matsue

    開催期間:2017年06月

    題目又はセッション名:Repression of xylem differentiation by thermospermine in Arabidopsis thaliana

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:植物表皮細胞の起源を探る

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:植物の表皮細胞分化の分子機構とその進化的起源の解明を目指す.

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:植物発生におけるサーモスペルミンの機能の解明

    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:サーモスペルミンの作用の詳細な分子機構と生理機能の解明を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:植物表皮細胞の起源を探る

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:植物の表皮細胞分化の分子機構とその進化的起源の解明を目指す.

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:植物発生におけるサーモスペルミンの機能の解明

    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:サーモスペルミンの作用の詳細な分子機構と生理機能の解明を目指す。

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:植物発生におけるサーモスペルミンの機能の解明

    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:サーモスペルミンの作用の詳細な分子機構と生理機能の解明を目指す。

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:70人

    開催日:2017年09月

    講座等名:平成29年度岡山大学理学部公開講座

    講義題名:植物は凄いぜ!?
    脳はないけど能がある

    主催者:岡山大学

    対象者:市民

    開催地,会場:岡山大学理学部大会議室

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究支援センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:日韓共同理工系学部留学生事業予備教育WG

    役職:委員

    任期:2008年04月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究支援センター
    光・放射線情報解析部門津島施設運営会議

    役職:委員長

    任期:2008年04月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究支援センター
    光・放射線情報解析部門津島施設放射線障害防止委員会

    役職:委員長

    任期:2008年04月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:放射性同位元素等安全管理委員会

    役職:委員

    任期:2006年04月 ~ 継続中

全件表示 >>