所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部・地球科学科

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

地質学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

地質学、地盤工学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:砕屑性堆積層の堆積環境と堆積相

    研究課題概要:

  • 研究課題名:地盤震動の要因

  • 研究課題名:Sedimentary environments and facies of clastic deposits

 

写真

氏名

鈴木 茂之 (スズキ シゲユキ)

SUZUKI Shigeyuki

所属専攻講座

自然科学研究科

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)地質学、地盤工学

(英)Geology, Ground Engineering

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:地学

    卒業年月:1977年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:地質学鉱物学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1983年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:理学博士

    学位の分野名:地質学 (Geology)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:論文

    取得年月:

  • 学位名:理学修士

    学位の分野名:地学 (Earth Sciences)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本地質学会 /  日本国 ( 1979年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本応用地質学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学 (Geology)

  • 地盤工学 (Geotechnical Engineering)

  • 層位・古生物学 (Layers/paleontology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:砕屑性堆積層の堆積環境と堆積相

    キーワード:堆積環境,堆積相,層相解析

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1995年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):地質学 、層位・古生物学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:地盤震動の要因 (Relationships betueen eatrhguake and soft ground geelogy)

    キーワード:活断層,軟弱地盤,地盤震動 (Active fault,Soft ground,grond vibration)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:地震防災フロンティア研究

    研究期間:1995年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):地質学 、地盤工学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:Sedimentary environments and facies of clastic deposits (Sedimentary environments and facies of clastic deposits)

    キーワード:sedimentary environment,sedimentary facies,facies analysis (sedimentary environment,sedimentary facies,facies analysis)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1990年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):地質学 、層位・古生物学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:褶曲作用のメカニズムと劈開の発達 (Mechanisms of folding and cleavage development)

    キーワード:褶曲作用,劈開,変形時再結晶作用 (folding,cleavage,syntectonic recrystallization)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1980年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):地質学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:沖積層の形成と完新世の環境変遷 (Deposition of Alluvial deposits and environmental change of Holocene)

    キーワード:

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:地層学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:地層学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:先端地質学

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:地史学

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:地史学

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Stratigraphic units overlying the Zambales Ophiolite Complex (ZOC) in Luzon, (Philippines)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Asian Earth Sciences, Journal of Southeastern Asian Earth Sciences, Journal of Southeast Asian Earth Sciences

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Karlo L. Queano,Carla B. Dimalanta,Graciano P. Yumul,Edanjarlo J. Marquez,Decibel V. Faustino-Eslava,Shigeyuki Suzuki*,Keisuke Ishida

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jseaes.2016.06.011

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    役職:学科長

    職名:理学部 地球科学科長

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:学務委員会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:学務委員会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:安全衛生担当者会議

    役職:その他

    任期:2010年04月 ~ 継続中

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:安全担当者会議

    役職:その他

    任期:2010年04月 ~ 継続中

  • 年度:2007年度

    委員会等の名称:安全衛生担当者会議

    役職:その他

    任期:2005年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:地球科学科内の安全衛生関連の諸作業を行う