所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器病態学

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

泌尿器科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

神経泌尿器科学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:iPS細胞を用いた尿道括約筋再生のための基盤的研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:創薬におけるアカデミアの役割と課題

  • 研究課題名:医療機関における管理者行動論

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Nerve growth factor level in the prostatic fluid of patients with chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome is correlated with symptom severity and response to treatment.

    掲載誌名:BJU International108巻 2号 (頁 248 ~ 251)

    発行年月:2011年07月

    著者氏名(共著者含):Watanabe T,Inoue M,Sasaki K,Araki M,Uehara S,Monden K,Saika T,Nasu Y,Kumon H,Chancellor MB

  • 論文題目名:Laparoscopic-assisted tension-free vaginal mesh: An innovative approach to placing synthetic mesh transvaginally for surgical correction of pelvic organ prolapse

    掲載誌名:Acta Med Okayama

    発行年月:2012年02月

    著者氏名(共著者含):Watanabe T.,Inoue M.,Ishii A.,Yamato T.,Yamamoto M.,Sasaki K.,Kobayashi Y.,Araki M.,Uehara S.,Saika T.,Kumon H.

  • 論文題目名:Intravesical resiniferatoxin for patients with neurogenic detrusor overactivity.

    掲載誌名:International Journal of Urology

    発行年月:2004年04月

    著者氏名(共著者含):*Toyohiko Watanabe, Teruhiko Yokoyama, Katsumi Sasaki K, Kunihiro Nozaki, Hideo Ozawa, Hiromi Kumon

 

写真

氏名

渡邉 豊彦 (ワタナベ トヨヒコ)

WATANABE Toyohiko

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

性別

男性

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)神経泌尿器科学

(英)Neurourology

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:神戸大学

    研究科名:経営学研究科

    専攻名:現代経営学

    修了課程:修士課程

    修了年月:2013年09月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士

    学位の分野名:泌尿器科学 (Urology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1995年03月

  • 学位名:経営学修士

    学位の分野名:経営学 (Business administration)

    学位授与機関名:神戸大学 (Kobe University)

    取得方法:課程

    取得年月:2013年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会 /  日本国 ( 1991年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:保険委員会委員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

  • 日本泌尿器科学会 /  日本国 ( 2011年11月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:西日本支部評議員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

  • 米国泌尿器科学会 (American Urological Association)  /  日本国 ( 1995年05月 ~ 継続中 )

  • 日本排尿機能学会 /  日本国 ( 1997年09月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2012年09月 ~ 継続中

  • 日本泌尿器内視鏡学会 /  日本国 ( 1999年09月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2009年11月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学 (Urology)

  • 経営学 (Business administration)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 泌尿生殖器の医学

  • 泌尿生殖器の疾患の治療

  • 経営学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本泌尿器科学会認定 専門医

  • 日本泌尿器科学会認定 指導医

  • 日本内視鏡外科学会技術認定医

  • 日本性感染症学会認定医

全件表示 >>

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:iPS細胞を用いた尿道括約筋再生のための基盤的研究

    キーワード:尿路再生医療

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2011年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):泌尿器科学

    専門分野(researchmap分類):泌尿生殖器の医学

  • 研究課題名:創薬におけるアカデミアの役割と課題

    キーワード:トランスレーショナルリサーチ

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医療社会学

    専門分野(researchmap分類):社会医学一般

  • 研究課題名:医療機関における管理者行動論

    キーワード:管理者行動

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2014年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):経営学

    専門分野(researchmap分類):経営学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:泌尿器病態学II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:泌尿器病態学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:医療管理

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:泌尿器病態学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:泌尿器病態学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    科目名:医学セミナー(チュートリアル)

    担当期間:2011年04月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:医学科1年生に対し,主体的,能動的に問題解決に挑戦する学習習慣を身につけさせるためのチュートリアル形式学習を指導する。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Clinical impact of abdominal fat distribution measured by 3-D computed tomography volumetry on post-transplant renal function in recipients after living kidney transplantation:a retrospective study

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clin Exp Nephrol23巻 3号 (頁 415 ~ 424)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Mitsui Y., Sadahira T., Araki M., Maruyama Y., Wada K., Tanimoto R., Kobayashi Y., Watanabe M., Watanabe T., Nasu Y.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:The 3-D volumetric measurement including resected specimen for predicting renal function afterRobot-assisted partial nephrectomy

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Urology125巻 3号 (頁 104 ~ 110)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Mitsui Y., Sadahira T., Araki M., Maruyama Y., Nishimura S., Wada K., Kobayashi Y., Watanabe M., Watanabe T., Nasu Y.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Sarcopenia patients are clinically dissatisfied with postoperative urinary function compared with non-sarcopenia patients in robot-assisted radical prostatectomy

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:European Urology Supplements18巻 1号 (頁 e1194 ~ e1195)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Mitsui Y., Araki M., Maruyama Y., Sadahira T., Wada K., Edamura K., Kobayashi Y., Watanabe M., Watanabe T., Nasu Y.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:The level of QOL improves slower in preemptive kidney transplantation than the one in non-preemptive kidney transplantation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:European Urology Supplements18巻 1号 (頁 e1651 ~ e1652)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Mitsui Y., Araki M., Maruyama Y., Sadahira T., Wada K., Edamura K., Kobayashi Y., Watanabe M., Watanabe T., Nasu Y.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Clitoral blood flow changes after surgery with tension-free vaginal mesh for pelvic organ prolapse

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Med. Okayama73巻 1号 (頁 21 ~ 27)

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Oiwa Y., Watanabe T., Sadahira T., Ishii A., Sako T., Inoue M., Wada K., Kobayashi Y., Araki M., Nasu Y.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:第88回連載 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング:人生最大の危機脱出ー日本泌尿器科学会総会直前に遭遇したフル二エ壊疽の1例ー

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:泌尿器外科31巻 2号 (頁 169 ~ 172)

    出版機関名:

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):渡辺豊彦

    共著区分:単著

  • 題目:抗菌薬の臨床評価方法に関するガイドライン:各論5 尿路性器感染症

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本化学療法学会雑誌66巻 1号 (頁 30 ~ 33)

    出版機関名:

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):石川清仁,清田 浩,重村克巳,高橋 聡,濱砂良一,速見浩士,村谷哲郎,安田 満,山本新吾,渡辺豊彦

    共著区分:共著

  • 題目:第301回日本泌尿器科学会岡山地方会演題抄録 尿道ステント(MemokathTM)を用いた尿道狭窄症の治療成績

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:西日本泌尿器科77巻 7号 (頁 264 ~ 265)

    出版機関名:

    発行年月:2015年07月

    著者氏名(共著者含):和田耕一郎,荒木元郎,小林泰之,佐々木克己,江原 伸,渡辺豊彦,佐古智子,井上 雅,上松克利,藤田竜二,上原慎也,門田晃一,小澤秀夫,三枝道尚,小野憲昭,那須良次,大橋洋三,津島知靖,光畑直喜,高本 均,那須保友,永井 敦,公文裕巳

    共著区分:共著

  • 題目:座談会 タダラフィルの登場で何が変わるか?

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:Medical Tribune (頁 1 ~ 3)

    出版機関名:

    発行年月:2015年03月

    著者氏名(共著者含):公文裕巳,渡辺豊彦,杉元幹史,本田正史,梶原 充,柳原 豊

    共著区分:共著

  • 題目:座談会 Male LUTSを有する患者の実態と薬物治療、前立腺癌鑑別のポイントを考える

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:メディカルレビュー社 (頁 1 ~ 7)

    出版機関名:

    発行年月:2015年03月

    著者氏名(共著者含):永井 敦,島袋智之,梶原 充,渡辺豊彦,常 義政

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:下部尿路機能障害 過活動膀胱

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:医学書院,東京

    発行日:2015年04月

    著者名:渡辺豊彦

    著書形態:単著

  • 著書名:下部尿路機能障害 混合性尿失禁

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:医学書院,東京

    発行日:2015年04月

    著者名:渡辺豊彦

    著書形態:単著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:International Journal of Urology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:日本排尿機能学会誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:西日本泌尿器科

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:International Journal of Urology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:西日本泌尿器科

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:西日本泌尿器科

  • 年度:2018年度

    件数:3件

    学術雑誌名:International Journal of Urology

  • 年度:2017年度

    件数:2件

    学術雑誌名:西日本泌尿器科

  • 年度:2016年度

    件数:2件

    学術雑誌名:西日本泌尿器科

  • 年度:2015年度

    件数:2件

    学術雑誌名:西日本泌尿器科

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:EAU 2019

    開催場所:Barcelona,Spain

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Tumor suppressor REIC/Dkk-3 and its co-chaperone SGTA:Their interaction and role to control castration-resistant prostate cancer by the release from androgen independence and malignancy

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:EAU 2019

    開催場所:Barcelona,Spain

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:The level of QOL improves slower in preemptive kidney transplantation than the one in non-preemptive kidney transplantation

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:EAU 2019

    開催場所:Barcelona,Spain

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Sarcopenia patients are clinically dissatisfled with postoperative urinary function compared with non-sarcopenia patients in robot-assisted radical prostatectomy

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:EAU 2019

    開催場所:Barcelona,Spain

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Impact of Lactobacillus probiotics on biofilm formed by Pseudomonas aeruginosa

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:その他

    会議名称:女性の健康週間 県民公開講座「スッキリ暮らそう おしもから」

    開催場所:岡山市,岡山県医師会館 三木記念ホール

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:快尿!おしっこ問題、男と女

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2018年10月 ~ 継続中

  • 日本泌尿器科学会

    役職・役割名:西日本支部評議員

    活動期間:2016年10月 ~ 継続中

  • 日本泌尿器科学会

    役職・役割名:保険委員会 委員

    活動期間:2014年04月 ~ 継続中

  • 日本泌尿器科学会

    役職・役割名:保険委員会 委員

    活動期間:2014年04月 ~ 継続中

  • 日本泌尿器科学会

    役職・役割名:保険委員会 委員

    活動期間:2014年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

出展・出場・入賞等 【 表示 / 非表示

  • 名称:EAU2012 Best Poster

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2011年03月24日

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:AKUA第11回泌尿器科研究助成優秀賞

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2013年03月01日

    受賞国:日本国

    授与機関:旭化成ファーマ

    受賞者・受賞グループ名:渡邉豊彦

  • 受賞学術賞名:EAU 2011 Best Poster

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2011年03月24日

    受賞国:日本国

    授与機関:欧州泌尿器科学会

    受賞者・受賞グループ名:渡辺豊彦

  • 受賞学術賞名:日本泌尿器科学会西日本総会学術奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2006年11月04日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本泌尿器科学会

    受賞者・受賞グループ名:渡邉豊彦

  • 受賞学術賞名: Phizer Scholars in Urology Awards

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:1996年06月01日

    受賞国:アメリカ合衆国

    授与機関:Phizer

    受賞者・受賞グループ名:Toyohiko Watanabe

  • 受賞学術賞名:日本泌尿器科学会会長賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:1996年04月06日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本泌尿器科学会

    受賞者・受賞グループ名:渡邉豊彦

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:尿路平滑筋幹細胞の創出と尿道括約筋再生のための基盤的研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:未設定

    研究内容:尿路平滑筋幹細胞の創出と尿道括約筋再生のための基盤的研究

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:尿路平滑筋幹細胞の創出と尿道括約筋再生のための基盤的研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:未設定

    研究内容:尿路平滑筋幹細胞の創出と尿道括約筋再生のための基盤的研究

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:尿路平滑筋幹細胞の創出と尿道括約筋再生のための基盤的研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:未設定

    研究内容:尿路平滑筋幹細胞の創出と尿道括約筋再生のための基盤的研究

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2018年04月

    講座等名:岡山泌尿器科病診連携の会

    講義題名:泌尿器科学と経営学

    開催地,会場:岡山市,アークホテル

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2019年03月

    講座等名:女性の健康週間 県民公開講座「スッキリ暮らそう おしもから」

    講義題名:快尿!おしっこ問題、男と女

    開催地,会場:岡山市,岡山県医師会館 三木記念ホール

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2019年01月

    講座等名:アンチトロンビン製剤 Web講演会

    講義題名:尿性敗血症(urosepsis)に伴うDICの診断と治療ーアンチトロンビン製剤の位置づけー

    開催地,会場:岡山市,岡山大学

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2018年10月

    講座等名:岡山県病院薬剤師会学術講演会

    講義題名:尿失禁・排尿障害~診断の基本と新たな治療戦略

    開催地,会場:岡山市,岡山コンベンションセンター

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2018年08月

    講座等名:中国エリアWeb講演会

    講義題名:もしも泌尿器科医が経営学を学んでMBAをとったなら

    開催地,会場:岡山市,岡山商工会議所

全件表示 >>

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山県国民健康保険診療報酬審査委員会

    役職:委員

    活動内容:保険審査

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山県国民健康保険診療報酬審査委員会

    役職:委員

    活動内容:保険審査

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山県国民健康保険診療報酬審査委員会

    役職:委員

    活動内容:保険審査

  • 年度:2015年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山県国民健康保険診療報酬審査委員会

    役職:委員

    活動内容:保険審査

  • 年度:2014年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山県国民健康保険診療報酬審査委員会

    役職:委員

    活動内容:保険審査

全件表示 >>

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    医療活動の実績:外来診療,手術

    治験,臨床研究の実績:委託治験,医師主導型臨床自主研究

    医療教育の実績:学生実習,研修医指導,メンター

    医療支援:地域拠点病院への手術指導

  • 年度:2017年度

    医療活動の実績:外来診療,手術

    治験,臨床研究の実績:委託治験,医師主導型臨床自主研究

    医療教育の実績:学生実習,研修医指導,メンター

    医療支援:地域拠点病院への手術指導

  • 年度:2016年度

    医療活動の実績:外来診療,手術

    治験,臨床研究の実績:委託治験,医師主導型臨床自主研究

    医療教育の実績:学生実習,研修医指導,メンター

    医療支援:地域拠点病院への手術指導

  • 年度:2015年度

    医療活動の実績:外来診療,手術

    治験,臨床研究の実績:委託治験,医師主導型臨床自主研究

    医療教育の実績:学生実習,研修医指導,メンター

    医療支援:地域拠点病院への手術指導

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    職名:泌尿器病態学 准教授

    任期:2011年04月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    職名:泌尿器病態学 准教授

    任期:2011年04月 ~ 継続中

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    職名:泌尿器病態学 准教授

    任期:2011年04月 ~ 継続中

  • 年度:2015年度

    役職:その他

    職名:泌尿器病態学 准教授

    任期:2011年04月 ~ 継続中

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:共同実験室運営委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:中央検査部連絡委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中