所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

ネットワークシステム学研究室

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

計算機システム・ネットワーク

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

コンピュータネットワーク

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:仮想網マッピングに関する研究

    研究課題概要:仮想化技術の発展により,物理的なネットワークを構成する資源(物理ノード上のCPU資源や物理リンク上の帯域幅資源)を共有可能な資源として仮想化し,その一部を利用して仮想的なネットワーク(仮想網)を構築・運用することが注目されています.本研究では,構築できる仮想網の数の最大化や消費電力の最小化を図る仮想網構築方式について研究しています.

  • 研究課題名:サーバ移動サービスに関する研究

  • 研究課題名:全光網の設計・制御

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Multi-Stage Change-Point Detection Scheme for Large-Scale Simultaneous Events

    掲載誌名:Elsevier Computer Communications34巻 15号 (頁 1810 ~ 1821)

    発行年月:2011年09月

    著者氏名(共著者含):*Yukinobu Fukushima, Tutomu Murase, Masayoshi Kobayashi, Hiroki Fujiwara, Ryohei Fujimaki and Tokumi Yokohira

  • 会議名称:CCNC

    開催期間:2015年01月

    題目又はセッション名:An On-line Algorithm to Determine the Location of the Server in a Server Migration Service

    発表形態:口頭(一般)

    発表者名(共同発表者含):Yuta Hoshino, Yukinobu Fukushima, Tutomu Murase, Tokumi Yokohira and Tatsuya Suda

 

写真

氏名

福島 行信 (フクシマ ユキノブ)

FUKUSHIMA Yukinobu

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

准教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県岡山市北区津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushimanaka, Kitaku, Okayama city, Okayama

研究分野・キーワード

(日)コンピュータネットワーク

(英)computer network

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学

    学校の種類:大学

    学部名:基礎工学部

    学科名:情報科学科

    卒業年月:2001年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(情報科学) (Ph. D (Information Science))

    学位の分野名:計算機システム・ネットワーク (Computer system network)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:2006年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2018年02月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2006年04月 ~ 2018年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • IEEE (IEEE)  /  アメリカ合衆国 ( 2006年04月 ~ 継続中 )

  • ACM (ACM)  /  アメリカ合衆国 ( 2006年04月 ~ 継続中 )

  • 電子情報通信学会 (The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE))  /  日本国 ( 2001年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算機システム・ネットワーク (Computer system network)

  • 通信・ネットワーク工学 (Communication/network engineering)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:仮想網マッピングに関する研究

    キーワード:ネットワーク仮想化,SDN,NFV

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2013年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):計算機システム・ネットワーク 、通信・ネットワーク工学

    専門分野(researchmap分類):計算機網

  • 研究課題名:サーバ移動サービスに関する研究

    キーワード:クラウドコンピューティング,IaaS,サーバ移動,通信QoSの改善

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:国際共同研究

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):計算機システム・ネットワーク 、通信・ネットワーク工学

    専門分野(researchmap分類):計算機網

  • 研究課題名:全光網の設計・制御 (Design and control of all-optical networks)

    キーワード:経路・波長割当,メディアアクセス制御 (routing and wavelength assignment, medium access control)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):計算機システム・ネットワーク

    専門分野(researchmap分類):通信方式・機器一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:プログラミング2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:暗号ハードウェアセキュリティ演習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:ネットワーク設計特論

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:ネットワークシステム論

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:プログラミング1

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:工学基礎実験実習

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    講義内容またはシラバス:高校で履修した程度の物理現象および電気電子工学の基礎となる電磁気学の現象をとりあげて6テーマの実験を数人ずつの班で実施する.

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:岡山大学工学部教育貢献賞

    受賞年月:2018年03月

    授与機関:岡山大学工学部

    受賞者・受賞グループ名:岡山大学工学部enPiT2-Security実施チーム

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Determining Server Locations in Server Migration Service to Minimize Monetary Penalty of Dynamic Server Migration

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Network and Systems Management (頁 1 ~ 41)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):Yukinobu Fukushima*,Tutomu Murase,Gen Motoyoshi,Tokumi Yokohira*,Tatsuya Suda

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s10922-018-9451-6

  • 論文題目名:Improvement of a TCP Incast Avoidance Method Using a Fine-Grained Kernel Timer

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:in Proceedings of International Conference on ICT Convergence 2017 (ICTC 2017) (頁 147 ~ 152)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A Prototype Virtual Network Embedding System Using OpenStack

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:IEIE Transactions on Smart Processing & Computing6巻 1号 (頁 60 ~ 65)

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Candidate Path Selection Method for TCP Performance Improvement in Fixed Robust Routing

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:IEIE Transactions on Smart Processing & Computing5巻 6号 (頁 445 ~ 453)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):Yukinobu Fukushima, Takashi Matsumura, Kazutaka Urushibara and Tokumi Yokohira

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Power-Aware Server Location Decision in Server Migration Service

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:in Proceedings of International Conference on ICT Convergence 2016 (ICTC 2016

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Yukinobu Fukushima, Totomu Murase, Tokumi Yokohira and Tatsuya Suda

    共著区分:共著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    件数:2件

    学術雑誌名:CANDAR

  • 年度:2017年度

    件数:2件

    学術雑誌名:IANA

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:IEICE Transactions on Communications

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:IEICE Transactions on Communications

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:HISS

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:International Conference on ICT Convergence 2017 (ICTC 2017)

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:Improvement of a TCP Incast Avoidance Method Using a Fine-Grained Kernel Timer

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:電子情報通信学会2017年総合大会

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:データセンターネットワークにおけるTCPインキャスト回避法の性能改善

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:ネットワークシステム研究会

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:サーバ移動サービスにおける最小支配集合を用いたワークプレース容量設計手法

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:ネットワークシステム研究会

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:サーバ移動サービスにおける消費電力をも考慮したサーバ配置決定アルゴリズム

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:電子情報通信学会2017年総合大会

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:多重ルーティング形態法における予備テーブルのエントリ数の低減

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度電気・情報関連学会中国支部第68回連合大会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2017年10月

    活動内容:セッション「コンピュータネットワーク-(20-3)」の司会進行を担当した。

  • 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会

    役職・役割名:専門委員

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    活動内容:研究会の運営

  • 電子情報通信学会総合大会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2017年03月

    活動内容:セッション「B-6. ネットワークシステム」の座長を担当した.

  • ネットワークシステム研究会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2017年03月

    活動内容:セッションNS3の座長を担当した.

  • ネットワークシステム研究会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2016年09月

    活動内容:座長を担当した.

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:電子情報通信学会中国支部奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2016年02月

    受賞国:日本国

    授与機関:電子情報通信学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:合田一歩, 福島行信, 横平徳美

    題目名:サーバ移動トラヒックの背景トラヒックへの影響に関する実験的評価

  • 受賞学術賞名:情報処理学会中国支部優秀論文発表賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年02月01日

    受賞国:日本国

    授与機関:情報処理学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:高塚泰明, 福島行信, 横平徳美

    題目名:メッシュプル型P2Pライブストリーミングにおけるオーバレイネットワーク構築方式の性能評価

  • 受賞学術賞名:電子情報通信学会中国支部奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年02月01日

    受賞国:日本国

    授与機関:電子情報通信学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:高塚泰明, 福島行信, 横平徳美

    題目名:メッシュプル型P2Pライブストリーミングにおけるオーバレイネットワーク構築方式の性能評価

  • 受賞学術賞名:電気学会優秀論文発表賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年02月01日

    受賞国:日本国

    授与機関:電気学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:高塚泰明, 福島行信, 横平徳美

    題目名:メッシュプル型P2Pライブストリーミングにおけるオーバレイネットワーク構築方式の性能評価

  • 受賞学術賞名:IEEE TENSYMP Best Paper Award

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2014年04月14日

    受賞国:日本国

    授与機関:IEEE TENSYMP

    受賞者・受賞グループ名:Wang Hui, Yukinobu Fukushima, Tokumi Yokohira

    題目名:Throughput Improvement of TCP Proxies in Network Environment with Wireless LANs

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:省電力を指向した仮想網マッピング技術の確立

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: インターネットの消費電力は年々増加しており,その低減は急務の課題である.本研究の目的は,消費電力の低減を目的関数として仮想網を物理網に収容する問題(仮想網マッピング問題)を対象として,1) 数理計画法により消費電力の下限値を導出すること,および,2) グラフ抽象化モデルであるブロッキングアイランドを利用して多項式時間で極力下限値に近い解を得られる仮想網マッピング技術を確立することである.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:省電力を指向した仮想網マッピング技術の確立

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: インターネットの消費電力は年々増加しており,その低減は急務の課題である.本研究の目的は,消費電力の低減を目的関数として仮想網を物理網に収容する問題(仮想網マッピング問題)を対象として,1) 数理計画法により消費電力の下限値を導出すること,および,2) グラフ抽象化モデルであるブロッキングアイランドを利用して多項式時間で極力下限値に近い解を得られる仮想網マッピング技術を確立することである.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:省電力を指向した仮想網マッピング技術の確立

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: インターネットの消費電力は年々増加しており,その低減は急務の課題である.本研究の目的は,消費電力の低減を目的関数として仮想網を物理網に収容する問題(仮想網マッピング問題)を対象として,1) 数理計画法により消費電力の下限値を導出すること,および,2) グラフ抽象化モデルであるブロッキングアイランドを利用して多項式時間で極力下限値に近い解を得られる仮想網マッピング技術を確立することである.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:全光網における省電力化トラヒックエンジニアリング技術の確立

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:インターネットの基幹網である全光網を対象とした本研究の目的は,空間的トラヒック集約(一部のネットワーク機器へトラヒックを集約することによる休止状態ネットワーク機器数の最大化)および時間的トラヒック集約(トラヒック送信時間を集約し送信間隔を増大させることによるネットワーク機器休止時間の最大化)によりネットワーク機器の消費電力を低減するような省電力化トラヒックエンジニアリング技術を確立することである.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:全光網における省電力化トラヒックエンジニアリング技術の確立

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:インターネットの基幹網である全光網を対象とした本研究の目的は,空間的トラヒック集約(一部のネットワーク機器へトラヒックを集約することによる休止状態ネットワーク機器数の最大化)および時間的トラヒック集約(トラヒック送信時間を集約し送信間隔を増大させることによるネットワーク機器休止時間の最大化)によりネットワーク機器の消費電力を低減するような省電力化トラヒックエンジニアリング技術を確立することである.

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 若手ICT研究者等育成型研究開発

    研究題目:Around me computingアーキテクチャに関する研究開発

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:総務省

    研究内容:別途資料を参照

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    研究期間:2016年02月 ~ 2016年03月

    研究費名:教員海外派遣

    課題名:第5世代移動通信システムに関する研究開発

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:5人

    開催日:2016年03月

    講座等名:忠北大学特別講演会

    講義題名:Server Location Decision Algorithms in Server Migration Service

    主催者:Prof. Heung-Gyoon Ryu

    対象者:Prof. Heung-Gyoon Ryuの研究室の学生

    開催地,会場:忠北大学

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:5人

    開催日:2016年03月

    講座等名:忠北大学特別講演会

    講義題名:Power-Efficient Approaches in Optical Light-Trail Networks

    主催者:Prof. Heung-Gyoon Ryu

    対象者:Prof. Heung-Gyoon Ryuの研究室の学生

    開催地,会場:忠北大学

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:大学紹介

    高校名等:北条高校,姫路南高校

    実施日時,時間数:2017年6月19日

    活動内容:学科紹介および研究室の研究内容の説明を行った.

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:大学紹介

    高校名等:一宮高校

    実施日時,時間数:2015年10月15日

    活動内容:学科紹介および研究室の研究内容の説明を行った.

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:一宮高校

    実施日時,時間数:2015年12月22日

    活動内容:理数系課題研究分野別発表会を聴講した.また,高校教員のアクティブラーニング検討会に参加した.