所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

自然科学研究科・応用化学専攻

職名 【 表示 / 非表示

講師

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

有機構造化学・有機合成化学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:光学活性有機化合物の合成と機能化

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Conformational and Optical Characteristics of Unidirectionally Twisted Binaphthyl-Bipyridyl Cyclic Dyads

    掲載誌名:Organic Letters17巻 (頁 4098 ~ 4101)

    発行年月:2015年08月

    著者氏名(共著者含):Kazuto Takaishi, Jun Suzuki, Tatsuya Yabe, Hikaru Asano, Michihiro Nishikawa, Daisuke Hashizume, Atsuya Muranaka, Masanobu Uchiyama, Akihiro Yokoyama

 

写真

氏名

髙石 和人 (タカイシ カズト)

TAKAISHI Kazuto

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

講師

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)有機構造化学・有機合成化学

(英)Organic Structural Chemistry , Synthetic Organic Chemistry

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士 (薬学)

    学位の分野名:有機化学 (Organic chemistry)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:光学活性有機化合物の合成と機能化

    キーワード:光学活性

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):有機化学

    専門分野(researchmap分類):有機化学一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:物理有機化学

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:物理有機化学

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:応用化学ゼミナール2

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:有機反応機構論

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:合成有機化学演習

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    科目名:工学基礎実験実習

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年07月

    講義内容またはシラバス: 化学生命系実験を行ううえで最低限必要なガラス器具の使い方や実験ノートの書き方などの基本作業を実習形式で教示すると共に、中和滴定実験を通じて実験スキルおよびレポート作成方法を身に付けて頂きます。また、化学生命系で重要な物理化学、有機化学、無機化学、生化学の基礎の部分を講義形式で教示すると共に、各研究分野の研究室見学を実施します。

  • 年度:2016年度

    科目名:工学基礎実験実習

    担当期間:2016年05月 ~ 2016年07月

    講義内容またはシラバス: 化学生命系実験を行ううえで最低限必要なガラス器具の使い方や実験ノートの書き方などの基本作業を実習形式で教示すると共に、中和滴定実験を通じて実験スキルおよびレポート作成方法を身に付けて頂きます。また、化学生命系で重要な物理化学、有機化学、無機化学、生化学の基礎の部分を講義形式で教示すると共に、各研究分野の研究室見学を実施します。

  • 年度:2015年度

    科目名:技術表現法

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年01月

    講義内容またはシラバス:実験ノート、実験レポート、卒業論文、学術論文など、将来社会人になったときに必要となる技術文章、技術資料の作成に必要な基本技術を習得する。さらに口頭発表、ディスカッションなどのプレゼンテーションの訓練を通して、自己をアピールできる能力を養う。一般の講義だけではなく、受講者自ら能動的に演習、発表等を実践することでスキルアップする。

  • 年度:2015年度

    科目名:工学基礎実験実習

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年05月

    講義内容またはシラバス: 化学生命系実験を行ううえで最低限必要なガラス器具の使い方や実験ノートの書き方などの基本作業を実習形式で教示すると共に、中和滴定実験を通じて実験スキルおよびレポート作成方法を身に付けて頂きます。また、化学生命系で重要な物理化学、有機化学、無機化学、生化学の基礎の部分を講義形式で教示すると共に、各研究分野の研究室見学を実施します。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Induction of oxidative stress by anticancer drugs in the presence and absence of cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oncology Letters14巻 5号 (頁 6066 ~ 6070)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):Chikako Yokoyama,Yuto Sueyoshi,Mika Ema,Yumi Mori,Kazuto Takaishi*,Hisashi Hisatomi

    共著区分:共著

    DOI:10.3892/ol.2017.6931

  • 論文題目名:Quasi-Phase Diagrams at Air/Oil Interfaces and Bulk Oil Phases for Crystallization of Small-Molecular Semiconductors by Adjusting Gibbs Adsorption

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Langmuir33巻 36号 (頁 8906 ~ 8913)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):Satoshi Watanabe,Takahisa Ohta,Ryota Urata,Tetsuya Sato,Kazuto Takaishi*,Masanobu Uchiyama,Tetsuya Aoyama,Masashi Kunitake

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.langmuir.7b01603

  • 論文題目名:Chiral Macrocyclic Organocatalysts for Kinetic Resolution of Disubstituted Epoxides with Carbon Dioxide

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Organic Letters19巻 15号 (頁 4070 ~ 4073)

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):Tadashi Ema*,Maki Yokoyama,Sagiri Watanabe,Sota Sasaki,Hiromi Ota*,Kazuto Takaishi*

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.orglett.7b01838

  • 論文題目名:Helical Oligonaphthodioxepins Showing Intense Circularly Polarized Luminescence (CPL) in Solution and in the Solid State

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chemistry - A European Journal23巻 39号 (頁 9249 ~ 9252)

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):Kazuto Takaishi*,Takahiro Yamamoto,Sakiko Hinoide,Tadashi Ema*

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/chem.201702143

  • 論文題目名:Palladium Complexes of Carbazole-Based Chalcogenaisophlorins

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ChemPlusChem, Collection of Czechoslovak Chemical Communications (頁 243 ~ 249)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Chihiro Maeda*,Kazuto Takaishi*,Tadashi Ema*

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/cplu.201700470

全件表示 >>