所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

文学部

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

外国語教育

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

フランス語教育、言語学、エナクション, マルチモダリディ

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:応用言語学、言語学

    研究課題概要:

 

写真

氏名

RENOUD LOIC (ルヌウ ロイック)

RENOUD Loic

特記事項

特になし。

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

准教授

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushima-naka, Kita-ku, Okayama 700-8530 Japan

研究室電話

(日)086-251-7452

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)フランス語教育、言語学、エナクション, マルチモダリディ

(英)French language instruction, linguistics, enaction, multimodality

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:リュミエール・リヨン第2大学 (Université Lumière Lyon 2)

    研究科名:リュミエール リョン第2大学大学院言語文化教育研究科 ICAR

    修了課程:博士課程

    修了年月:2016年03月

    修了区分:修了

    所在国:フランス共和国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士号 (PhD in Language Sciences)

    学位の分野名:外国語教育 (Foreign language education)

    学位授与機関名:リュミエール・リヨン第2大学 (Université Lumière Lyon 2)

    取得方法:論文

    取得年月:2016年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2020年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本フランス語教育学会 /  日本国 ( 2020年12月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:学会誌編集長

    活動期間:2020年12月 ~ 2023年11月

  • 山口大学独仏文学 /  日本国 ( 2019年10月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:学術顧問

    活動期間:2019年10月 ~ 継続中

  • 日本フランス語教育学会 /  日本国 ( 2018年05月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2018年05月 ~ 継続中

  • 日本フランス語学会 /  日本国 ( 2017年06月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:会員

    活動期間:2017年06月 ~ 継続中

  • Cahiers d'Études Interculturelles /  日本国 ( 2016年07月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:編集委員

    活動期間:2016年07月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育 (Foreign language education)

  • 言語学 (Linguistics)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 仏語・仏文学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:応用言語学、言語学 (Applied linguistics, linguistics)

    キーワード:フランス語教育、言語学、エナクション (French language instruction, linguistics, enaction)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2018年01月 ~ 2022年03月

    専門分野(科研費分類):外国語教育

    専門分野(researchmap分類):仏語・仏文学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    授業科目:フランス語コミュニケーション4b

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:課題演習(フランス言語文化学)

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:課題演習(フランス言語文化学)

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:フランス語中級

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:フランス語初級II-2(会話)

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:La distinction accompli/inaccompli dans le récit en FLE : enjeux pour la conception de matériel pédagogique.

    記述言語:フランス語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:CoReLa

    発行年月:2019年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    DOI:10.4000/corela.9828

  • 論文題目名:Conception d’un matériel pédagogique pour l’apprentissage des temps dans une perspective énactive.

    記述言語:フランス語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Association des Professeurs de Français de Taiwan, Actes du Congrès « Les nouvelles stratégies de l’enseignement du français : enjeux et innovations ». (頁 141 ~ 162)

    発行年月:2019年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Facteurs analogiques dans l’aspect des temps de la narration.

    記述言語:フランス語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:フランス語学研究53号 (頁 45 ~ 58)

    発行年月:2019年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:La linguistique dans la perspective de l’énaction (Didier Bottineau).

    記述言語:フランス語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:フランス語学研究52号 (頁 45 ~ 52)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):RENOUD Loïc

    共著区分:単著

    論文本文URL: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/56208

  • 論文題目名:An enactive perspective on analyzing finite verbs in French conversational interaction.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:岡山大学文学部紀要68号 (頁 85 ~ 100)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):RENOUD Loïc

    共著区分:単著

    論文本文URL: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/55578/20171219160636836938/jfl_068_085_100.pdf

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    学術雑誌名:日本フランス語教育学会

    委員長/委員等の種類:委員長

  • 年度:2020年度

    学術雑誌名:日本フランス語教育学会

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2020年度

    学術雑誌名:関西フランス語教育研究会

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2020年度

    学術雑誌名:山口大学独仏文学

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2020年度

    学術雑誌名:Cahiers d'Études Interculturelles

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第34回関西フランス語教育研究会

    開催期間:2020年03月

    題目又はセッション名:Quels savoirs et savoir-faire pour l’enseignement de la temporalité verbale ?

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:特別講演

    会議名称:Université Bordeaux Montaigne - Séminaire spécial

    開催期間:2020年03月

    題目又はセッション名:Quelle adaptation à la culture éducative dans l’enseignement du français à l'université au Japon ?

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本フランス語学会 第329回例会

    開催期間:2019年12月

    題目又はセッション名:La dimension actionnelle de l’accompli : le cas du passé composé.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:関西フランス語研究会

    開催場所:大阪、関西大学千里山キャンパス

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Perspective énactive sur les temps verbaux : questions théoriques et applications en Français Langue Étrangère.

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:特別講演

    会議名称:Université Bordeaux Montaigne - Séminaire spécial

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Enseignement et recherche en didactique du FLE dans le contexte universitaire au Japon: regard d'un professeur "natif".

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本フランス語教育学会 SJDF奨励賞(論文部門)

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2020年06月06日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本フランス語教育学会

    受賞者・受賞グループ名:RENOUD Loïc

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(A)

    研究題目:Designing and experimenting environment-adaptive pedagogical material for tenses in French as a Foreign Language.

    研究期間:2018年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:The purpose of this research is to conceive and test new pedagogical material for the learning of verb temporality in French as a foreign language. Drawing on enactive linguistics, this material visually displays the changes that have occurred in the environment after the words have been uttered. It includes visuals for the tenses with sets of their conventionalized combinations. This 4-year project targets Japanese students in Japan and international students in France. Several 3-day experimental “classroom” tasks will be video-recorded during the first two years. Then, multimodal analysis of learner / environment interactions will be employed to investigate how this material is used, to what extent it helps learners, and, eventually, whether it is conducive to learning.