職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

消化器外科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

腫瘍学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:腫瘍融解アデノウイルス製剤と抗PD-1抗体との併用療法

    研究課題概要:

  • 研究課題名:トラスツズマブ抵抗性胃癌に対するHER2標的金ナノ粒子製剤の開発

  • 研究課題名:腫瘍融解アデノウイルスプラスミドDNAのリポソームを用いたデリバリー

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Double Flap Technique as an Anti-Reflux Procedure in Esophagogastrostomy after Proximal Gastrectomy

    掲載誌名:J Am Coll Surg

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Telomerase-Dependent Oncolytic Adenovirus Sensitizes Human Cancer Cells to Ionizing Radiation via Inhibition of DNA Repair Machinery

    掲載誌名:Cancer Res

    発行年月:2010年11月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Training system for laparoscopy-assisted distal gastrectomy

    掲載誌名:Surg Today

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

黒田 新士 (クロダ シンジ)

KURODA Shinji

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)腫瘍学

(英)Oncology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    卒業年月:2002年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2011年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:病態医化学 (Pathological medical chemistry)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2016年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオセラピィ学会 /  日本国 ( 2016年11月 ~ 継続中 )

  • 日本食道学会 /  日本国 ( 2016年03月 ~ 継続中 )

  • 日本癌学会 /  日本国 ( 2015年07月 ~ 継続中 )

  • American Association for Cancer Research /  アメリカ合衆国 ( 2014年08月 ~ 継続中 )

  • American Society of Clinical Oncology (ASCO) /  アメリカ合衆国 ( 2014年04月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学 (Digestive organ surgery)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:腫瘍融解アデノウイルス製剤と抗PD-1抗体との併用療法

    キーワード:がん免疫療法

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):外科学一般

    専門分野(researchmap分類):腫よう学一般

  • 研究課題名:トラスツズマブ抵抗性胃癌に対するHER2標的金ナノ粒子製剤の開発

    キーワード:金ナノ粒子

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2014年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):外科学一般

    専門分野(researchmap分類):腫よう学一般

  • 研究課題名:腫瘍融解アデノウイルスプラスミドDNAのリポソームを用いたデリバリー

    キーワード:腫瘍融解アデノウイルス

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2012年10月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):外科学一般

    専門分野(researchmap分類):腫よう学一般

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Double Flap Technique as an Anti-Reflux Procedure in Esophagogastrostomy after Proximal Gastrectomy

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J Am Coll Surg

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Telomerase-Dependent Oncolytic Adenovirus Sensitizes Human Cancer Cells to Ionizing Radiation via Inhibition of DNA Repair Machinery

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer Res

    発行年月:2010年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Training system for laparoscopy-assisted distal gastrectomy

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Surg Today

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A multi-institution phase II study of docetaxel and S-1 in combination with trastuzumab for HER2-positive advanced gastric cancer (DASH study)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer Chemotherapy and Pharmacology (頁 1 ~ 6)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Shunsuke Kagawa*,Atsushi Muraoka,Takeshi Kambara,Hiroshi Nakayama,Ryosuke Hamano,Norimitsu Tanaka,Kazuhiro Noma*,Kohji Tanakaya,Hiroyuki Kishimoto*,Kunitoshi Shigeyasu,Shinji Kuroda*,Satoru Kikuchi*,Kazuya Kuwada,Masahiko Nishizaki*,Yasuhiro Shirakawa*,Toshiyoshi Fujiwara*

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s00280-017-3505-4

  • 論文題目名:Liposome-encapsulated plasmid DNA of telomerase-specific oncolytic adenovirus with stealth effect on the immune system

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports7巻 1号 (頁 1 ~ 8)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Katsuyuki Aoyama,Shinji Kuroda*,Toshiaki Morihiro,Nobuhiko Kanaya,Tetsushi Kubota,Yoshihiko Kakiuchi,Satoru Kikuchi*,Masahiko Nishizaki*,Shunsuke Kagawa*,Hiroshi Tazawa*,Toshiyoshi Fujiwara*

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/s41598-017-14717-x

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Impact of Autophagy in Oncolytic Adenoviral Therapy for Cancer

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Int J Mol Sci

    出版機関名:

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 題目:胃癌におけるサルコペニアの意義

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:消化器外科40巻 7号 (頁 1042 ~ 1048)

    出版機関名:

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):桒田和也, 黒田新士, 藤原俊義

    共著区分:共著

  • 題目:噴門側胃切除術後再建:手縫い 腹腔鏡下体腔内手縫い「観音開き法」食道残胃吻合

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:臨床外科72巻 4号 (頁 412 ~ 415)

    出版機関名:

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):西﨑正彦, 黒田新士, 菊地覚次, 垣内慶彦, 松村年久, 渡邉めぐみ, 香川俊輔, 藤原俊義

    共著区分:共著

  • 題目:食道胃接合部癌に対する下部食道噴門側胃切除術 腹臥位胸腔鏡・腹腔鏡アプローチによる完全鏡視下手術

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:手術

    出版機関名:

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 題目:観音開き法を用いた噴門機能温存

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:手術71巻 1号 (頁 21 ~ 25)

    出版機関名:

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):西﨑正彦, 黒田新士, 菊地覚次, 垣内慶彦, 香川俊輔, 藤原俊義

    共著区分:共著

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第30回日本内視鏡外科学会総会

    開催場所:京都市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:完全鏡視下幽門側胃切除におけるBook-binding technique によるBillroth-I 法再建の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第30回日本内視鏡外科学会総会

    開催場所:京都市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:完全鏡視下手縫いによる逆流防止弁形成食道残胃吻合(観音開き法)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:第30回日本バイオセラピィ学会学術集会総会

    開催場所:岐阜市

    開催期間:2017年11月 ~ 2017年12月

    題目又はセッション名:テロメラーゼ依存的腫瘍選択的融解アデノウイルス製剤の免疫原性薬剤としての可能性と抗PD-1抗体との併用療法の有用性

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第79回日本臨床外科学会総会

    開催場所:東京

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:Closed LECSの開発と早期胃癌への応用

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第16回EGI外科治療研究会

    開催場所:岡山市

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:上部消化管腫瘍に対するClosed-LECS

全件表示 >>