職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

微生物由来酸化鉄

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

無機材料化学,構造・機能材料,保存材料科学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:微生物由来酸化鉄の特徴解明と機能開拓

    研究課題概要:鉄酸化細菌が中世水中で作る特異な形状(鞘状、紐状)のユニークな酸化鉄の物理化学的特徴を材料科学と生物学の両面から明らかにし、これを新しい機能材料として展開することを目指した挑戦的な研究である。

  • 研究課題名:新規酸化鉄系高周波材料の研究開発

  • 研究課題名:粒子分散強化型高融点金属複合材料の開発

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Characteristics of hollow microtubes consisting of amorphous iron oxide nanoparticles produced by iron oxidizing bacteria, Leptothrix ochracea

    掲載誌名:Journal of Magnetism and Magnetic Materialsvol.310 no.2 pt.3 pp.2405-2407巻

    発行年月:2007年03月

    著者氏名(共著者含):Hideki Hashimoto, Seiichi Yokoyama, Hiroshi Asaoka, Yoshihiro Kusano, Yasunori Ikeda, Masaharu Seno, *Jun Takada, Tatsuo Fujii, Makoto Nakanishi, Ryu Murakami

  • 題目:Perspectives on the biogenesisi of iron oxide compleses produced by Leptothrix, an iron-osidizing bacterium and promising industrial applications for their functions (共著)

    掲載誌名:J. Microbial and Biochemical Technology7巻 6号 (頁 419 ~ 426)

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):T,Kunoh, H. Kunoh, and J.Takada

 

写真

氏名

髙田 潤 (タカダ ジュン)

TAKADA Jun

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)無機材料化学,構造・機能材料,保存材料科学

(英)Inorganic Materials Chemistry,Structural and Functional Materials,Conservation Materials Science

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:金属加工学

    卒業年月:1970年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:金属加工学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1975年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:工学博士

    学位の分野名:材料科学 (Materials Science)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:論文

    取得年月:1981年03月

  • 学位名:工学博士

    学位の分野名:

    学位授与機関名:

    取得方法:論文

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 2003-2004

  • 粉体粉末冶金協会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:理事

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 1998-

  • 日本材料学会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:中国四国支部幹事

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 1996-2004

  • 応用物理学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本セラミックス協会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 微生物由来酸化鉄 (Nano materials/nano bioscience)

  • 文化財科学 (Cultural asset science)

  • 構造・機能材料 (Structural/functional materials)

  • 無機材料・物性 (Inorganic material/physical properties)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:微生物由来酸化鉄の特徴解明と機能開拓

    キーワード:酸化鉄 微生物 ナノ粒子 アモルファス構造 電池負極材 顔料 化学触媒

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)

    研究期間:2012年10月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):ナノ構造科学 、ナノ材料・ナノバイオサイエンス 、マイクロ・ナノデバイス

    専門分野(researchmap分類):機能生物化学 、電気化学

    研究内容:岡山大学と三重大学が連携し、微生物由来酸化鉄の特徴を調査し、加えてLiイオン二次電池負極材としての優れた特性を開拓するなど新しい材料の機能開拓を展開している

  • 研究課題名:新規酸化鉄系高周波材料の研究開発 (Development of Novel Iron-Oxides for High Frequency Devices)

    キーワード:高周波デバイス材料,酸化鉄,電磁波吸収特性 (high-frequency device materials,iron oxide,electromagnetic absorb properties)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1993年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):無機材料・物性 、構造・機能材料 、無機化学

    専門分野(researchmap分類):電気材料

  • 研究課題名:粒子分散強化型高融点金属複合材料の開発 (Development of Dispersion-strengthened High-Temperature Metal Composites)

    キーワード:超耐熱材料,高靭性,窒化物粒子 (High-Temperature Composite,Dispersion-Strengthening,Nitrides)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1990年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):無機材料・物性 、無機化学 、複合材料・物性

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:出土鉄製遺物の保存に関する材料科学的研究 (Material Science Study on Conseruation of Archaelogical Iron Objects)

    キーワード:出土鉄製遺物,腐食状態,材料科学 (Archaelogical Iron Objects,Corrosion Behavior,Material Science)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1989年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):無機材料・物性 、文化財科学 、無機化学

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    授業科目:材料機能化学特論4

    担当期間:2013年04月 ~ 2014年03月

    授業形式:

  • 年度:2013年度

    授業科目:材料機能化学特論7

    担当期間:2013年04月 ~ 2014年03月

    授業形式:

  • 年度:2012年度

    授業科目:先端応用化学基礎

    担当期間:2012年10月 ~ 2013年03月

    授業形式:

  • 年度:2012年度

    授業科目:先端応用化学基礎

    担当期間:2012年10月 ~ 2013年03月

    授業形式:

  • 年度:2012年度

    授業科目:先進基礎化学概論

    担当期間:2012年10月 ~ 2013年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Characteristics of hollow microtubes consisting of amorphous iron oxide nanoparticles produced by iron oxidizing bacteria, Leptothrix ochracea

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Journal of Magnetism and Magnetic Materialsvol.310 no.2 pt.3 pp.2405-2407巻

    発行年月:2007年03月

    著者氏名(共著者含):Hideki Hashimoto, Seiichi Yokoyama, Hiroshi Asaoka, Yoshihiro Kusano, Yasunori Ikeda, Masaharu Seno, *Jun Takada, Tatsuo Fujii, Makoto Nakanishi, Ryu Murakami

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Bio-inspired 2-line ferrihydrite as a high-capacity and high-rate-capability anode material for lithium-ion batteries

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Power Sources328巻 (頁 503 ~ 509)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Hideki Hashimoto,Masahiro Ukita,Ryo Sakuma,Makoto Nakanishi*,Tatsuo Fujii*,Nobuyuki Imanishi,Jun Takada*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jpowsour.2016.08.037

  • 論文題目名:Biological and physicochemical characters and functions of amorphous iron oxides produced by iron-oxidizing bacteria at ambient temperature in hydrosphere

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy, journal of the japan society of powder and powder metallurgy, Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy63巻 10号 (頁 869 ~ 875)

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Jun Takada*,Hideki Hashimoto,Tomoko Suzuki,Hitoshi Kunoh

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Dissociation and re-aggregation of multicell-ensheathed fragments responsible for rapid production of massive clumps of Leptothrix sheaths

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biology5巻 3号

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Tatsuki Kunoh*,Noriyuki Nagaoka*,Ian R. McFarlane,Katsunori Tamura*,Mohamed Y. El-Naggar,Hitoshi Kunoh,Jun Takada*

    共著区分:共著

    DOI:10.3390/biology5030032

  • 論文題目名:Abiotic deposition of Fe complexes onto Leptothrix sheaths

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biology5巻 2号

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):Tatsuki Kunoh*,Hideki Hashimoto,Ian R. McFarlane,Naoaki Hayashi,Tomoko Suzuki,Eisuke Taketa,Katsunori Tamura*,Mikio Takano,Mohamed Y. El-Naggar,Hitoshi Kunoh,Jun Takada*

    共著区分:共著

    DOI:10.3390/biology5020026

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Perspectives on the biogenesisi of iron oxide compleses produced by Leptothrix, an iron-osidizing bacterium and promising industrial applications for their functions (共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J. Microbial and Biochemical Technology7巻 6号 (頁 419 ~ 426)

    出版機関名:

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):T,Kunoh, H. Kunoh, and J.Takada

    共著区分:共著

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:マイクロ/ナノバブルを応用した技術開発研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2010年03月 ~ 2013年03月

    相手先機関名:サンスター株式会社、株式会社協和機設

  • 研究題目:マイクロ/ナノバブルを応用した技術開発研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2010年03月 ~ 2013年03月

    相手先機関名:サンスター株式会社、株式会社協和機設