職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

形態・構造

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

適応生理学,比較内分泌学,海洋生物学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:魚類の環境適応機構に関する研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:脳と神経の機能に関する研究

  • 研究課題名:魚類の成長と内分泌系に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Expression of insulin-like growth factor I gene in osmoregulatory organs during seawater adaptation of the salmonid fish : Possible mode of osmoregulatory action of growth hormone(共著)

    掲載誌名:Proc. Natl. Acad. Sci. USA90巻 (頁 1912-1916 ~ )

    発行年月:1993年03月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:In vivo imaging of mitochondrial axonal transport in the diseased and aged mammalian CNS

    掲載誌名:Proc Natl Acad Sci U S A 112 (2015) 10515-10520.

    発行年月:2015年12月

    著者氏名(共著者含):Takihara, Y., Inatani, M., Eto, K., Inoue, T., Kreymerman, A., Miyake, S., Ueno, S., Nagaya, M., Nakanishi, A., Iwao, K., Takamura, Y., Sakamoto, H., Satoh, K., Kondo, M., Sakamoto, T., Goldberg, J.L., Nabekura, J., Tanihara, H.

  • 論文題目名:Somatotropic actions of the homologous growth hormone(tGH)and prolactin(tPRL177)in the euryhaline teleost, the tilapia, Oreochromis mossambicus(共著)

    掲載誌名:Proc. Natl. Acad. Sci. USA94巻 (頁 2068-2072 ~ )

    発行年月:1997年03月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

坂本 竜哉 (サカモト タツヤ)

SAKAMOTO Tatsuya

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)適応生理学,比較内分泌学,海洋生物学

(英)Molecular Physiology of Adaptation,Comparative Endocrinology,Marine Biology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:生物学

    卒業年月:1987年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学

    研究科名:理学系研究科

    専攻名:動物学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1992年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学) (Ph.D.)

    学位の分野名:形態・構造 (Form/structure)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:中国四国支部庶務幹事

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 1997-

  • 国際比較内分泌学会連合(International Federation of Comparative Endocrinological Societies) /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本生理学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本比較内分泌学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形態・構造 (Form/structure)

  • 水産学一般 (General fishery studies)

  • 動物生理・行動 (Animal physiology/behavior)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:魚類の環境適応機構に関する研究 (Study on Mechanisms of Adaptations in Fishes)

    キーワード:浸透圧調節,環境適応,遺伝子 (Osmoregulation,Adaptation,Gene)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動 、形態・構造 、水産学一般

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:脳と神経の機能に関する研究 (Study on Functions of Brain and Neuron)

    キーワード:脳,ホルモン,遺伝子 (Brain,Hormone,Gene)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):形態・構造 、神経科学一般 、動物生理・行動

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:魚類の成長と内分泌系に関する研究 (Study on Endocrine Regulation of Fish Growth)

    キーワード:成長,内分泌,遺伝子 (Growth,Hormone,Gene)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):形態・構造 、動物生理・行動 、水産学一般

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:海洋生物学特論

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:適応生物学特論

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:動物生理学II

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨海実習III

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生体統御学演習

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:'Central' Actions of Corticosteroid Signaling Suggested by Constitutive Knockout of Corticosteroid Receptors in Small Fish

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nutrients. 2019 Mar 13;11(3). pii: E611. doi: 10.3390/nu11030611

    発行年月:2019年12月

    著者氏名(共著者含):Sakamoto T, Sakamoto H

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Discussion about Reproductive Mechanism of Eel-Grass(Zostera marina)

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:J Kibi Int Univ Res Inst Health Welfare. (29),1-20 (2019-03-22)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Tomio FUKUDA, Yasutoshi KOHDA*1, Masatoshi MIZUTANI*2, Tatsuya SAKAMOTO

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Nemertean and phoronid genomes reveal lophotrochozoan evolution and the origin of bilaterian heads.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nat Ecol Evol. 2018 Jan;2(1):141-151.

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Luo YJ, Kanda M, Koyanagi R, Hisata K, Akiyama T, Sakamoto H, Sakamoto T, Satoh N.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Robust Visual Servoing against Air Bubble Noise with

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Khin Lwin, Naoki Mukada, Myo Myint, Daiki Yamada, Akira Yanou, Takayuki Matsno, Kazuhiro Saitou, Waichiro Godou, Tatsuya Sakamoto, and Mamoru Minami

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Visual Docking against Bubble Noise with Three-dimensional Perception Using Dual-eye Cameras

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:IEEE Journal of Oceanic Engineering

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Khin Lwin, Naoki Mukada, Myo Myint, Daiki Yamada, Akira Yanou, Takayuki Matsno, Kazuhiro Saitou, Waichiro Godou, Tatsuya Sakamoto, and Mamoru Minami

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:"Prolactin-Releasing Peptide." Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research: 18

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:

    発行日:2016年04月

    著者名:T. Sakamoto

    著書形態:共著

  • 著書名:"Prolactin." Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research.

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:

    発行日:2016年04月

    著者名:T. Sakamoto

    著書形態:共著

  • 著書名:"Growth Hormone/Prolactin Family." Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research 114: 108.

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:

    発行日:2016年04月

    著者名:T. Sakamoto

    著書形態:共著

  • 著書名:Evolution of calcium homeostasis and its hormonal regulation in vertebrates.

    記述言語:未設定

    著書種別:未設定

    出版機関名:Zool Sci. Virtual Issue Theme 2. (2012)

    発行日:2012年04月

    著者名:坂本竜哉

    著書形態:共編著

  • 著書名:Prolactin. B.E. Toth (ed.)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:InTech

    発行日:2012年04月

    著者名:H. Takahashi, H. Kudose, C. Takagi, S. Moriyama, T. Sakamoto

    著書形態:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Journal of Marine Biology

    委員長/委員等の種類:委員長

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Sci Rep

    委員長/委員等の種類:委員長

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Sci Rep

    委員長/委員等の種類:委員長

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Journal of Marine Biology

    委員長/委員等の種類:委員長

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Journal of Marine Biology

    委員長/委員等の種類:委員長

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:血中Ca濃度調節機能の進化的変遷:円口類と軟骨魚類に注目したカルシトニンの研究

    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:血中Ca濃度調節機能の進化的変遷:円口類と軟骨魚類に注目したカルシトニンの研究

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:原点「ミネラルコルチコイドの普遍的機能」から俯瞰するステロイドホルモンの機能分化

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:原点「ミネラルコルチコイドの普遍的機能」から俯瞰するステロイドホルモンの機能分化

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:原点「ミネラルコルチコイドの普遍的機能」から俯瞰するステロイドホルモンの機能分化

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:原点「ミネラルコルチコイドの普遍的機能」から俯瞰するステロイドホルモンの機能分化

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:原点「ミネラルコルチコイドの普遍的機能」から俯瞰するステロイドホルモンの機能分化

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:原点「ミネラルコルチコイドの普遍的機能」から俯瞰するステロイドホルモンの機能分化

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    役職:その他

    職名:理学部 附属臨海実験所長

    任期:2013年04月 ~ 2015年03月