所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

自然科学研究科・地球生命物質科学専攻・生物科学講座・神経制御学分野・理学部附属臨海実験所

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

神経科学一般

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

神経、解剖、内分泌

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:本能行動を制御する神経制御メカニズムの研究

    研究課題概要:

 

写真

氏名

坂本 浩隆 (サカモト ヒロタカ)

SAKAMOTO Hirotaka

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)神経、解剖、内分泌

(英)neuroendocrinology, stress

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:広島大学

    学校の種類:大学

    学部名:生物生産学部

    卒業年月:1997年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:生物圏科学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2002年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:生物圏科学研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:1999年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(学術) (Ph.D.)

    学位の分野名:形態・構造 (Form/structure)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:神経解剖学・神経病理学 (Neuroanatomy and neuropathology)

    学位授与機関名:京都府立医科大学 (Kyoto Prefectural University of Medicine)

    取得方法:論文

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2009年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:京都府立医科大学大学院 医学研究科 客員講師(併任)

    経歴名:客員講師

    経歴期間:2009年06月 ~ 継続中

  • 所属(勤務)先:京都府立医科大学大学院医学研究科 助教

    経歴名:未設定

    経歴期間:2007年04月 ~ 2009年03月

  • 所属(勤務)先:京都府立医科大学大学院医学研究科 助手

    経歴名:助手

    経歴期間:2003年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:日本学術振興会特別研究員

    経歴名:日本学術振興会特別研究員

    経歴期間:2001年04月 ~ 2003年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)  /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

  • 日本組織細胞化学会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 北米神経科学会 /  その他 ( 2007年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本神経内分泌学会 /  日本国 ( 2005年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議委員

    活動期間:2010年11月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本解剖学会 /  日本国 ( 2005年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学一般 (General neuroscience)

  • 神経内分泌学 (Neuroendocrinology)

  • 神経解剖学・神経病理学 (Neuroanatomy and neuropathology)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:本能行動を制御する神経制御メカニズムの研究 (Stress effects on the central nervous system)

    キーワード:

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:神経行動学

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:神経生物学IA

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:臨海実習III

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:神経生物学IIB

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:神経制御学演習

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:The mineralocorticoid receptor knockout in medaka is further validated by glucocorticoid receptor compensation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific data, Scientific Data4巻 (頁 924 ~ 928)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Tatsuya Sakamoto*,Madoka Yoshiki,Hirotaka Sakamoto*

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/sdata.2017.189

  • 論文題目名:Identification of the sexually dimorphic gastrin-releasing peptide system in the lumbosacral spinal cord that controls male reproductive function in the mouse and Asian house musk shrew (Suncus murinus)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Comparative Neurology525巻 7号 (頁 1586 ~ 1598)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):K. Tamura et al.

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/cne.24138

  • 論文題目名:Identification of the sexually dimorphic gastrin-releasing peptide system in the lumbosacral spinal cord that controls male reproductive function in the mouse and Asian house musk shrew (Suncus murinus)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Comparative Neurology525巻 7号 (頁 1586 ~ 1598)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):Kei Tamura,Yasuhisa Kobayashi,Asuka Hirooka,Keiko Takanami,Takumi Oti,Takamichi Jogahara,Sen Ichi Oda,Tatsuya Sakamoto*,Hirotaka Sakamoto*

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/cne.24138

  • 論文題目名:Early-life exposure to Tris(1,3-dichloroisopropyl) phosphate induces dose-dependent suppression of sexual behavior in male rats

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Applied Toxicology (頁 2344 ~ 2351)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Manami Kamishima,Tatsuya Hattori,Go Suzuki,Hidenori Matsukami,Chiaki Komine,Yasuyuki Horii,Gen Watanabe,Takumi Oti,Hirotaka Sakamoto*,Tomoko Soga,Ishwar S. Parhar,Yasuhiko Kondo,Hidetaka Takigami,Maiko Kawaguchi

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jat.3569

  • 論文題目名:Principal function of mineralocorticoid signaling suggested by constitutive knockout of the mineralocorticoid receptor in medaka fish

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports6巻

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Tatsuya Sakamoto*,Madoka Yoshiki,Hideya Takahashi,Masayuki Yoshida,Yukiko Ogino,Toshitaka Ikeuchi,Tomoya Nakamachi,Norifumi Konno,Kouhei Matsuda,Hirotaka Sakamoto*

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/srep37991

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Oxytocin and the GRP system in the spinal cord: Implications for male sexual problems

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Interdisciplinary Information Sciences21巻 (頁 235 ~ 242)

    出版機関名:

    発行年月:2015年09月

    著者氏名(共著者含):H. Sakamoto & T. Oti

    共著区分:共著

  • 題目:The gastrin-releasing peptide receptor in the spinal cord as a novel pharmacological target

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Current Neuropharmacology

    出版機関名:

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):K. Takanami & H. Sakamoto

    共著区分:共著

  • 題目:Sexually dimorphic nuclei in the spinal cord control male sexual functions

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Frontiers in Neuroscience8巻 (頁 184 ~ )

    出版機関名:

    発行年月:2014年07月

    著者氏名(共著者含):H. Sakamoto

    共著区分:単著

    DOI:10.3389/fnins.2014.00184.

  • 題目:Achieve orgasm? Oxytocin triggers ejaculation in men

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reproductive System & Sexual Disorders1巻 (頁 e101)

    出版機関名:

    発行年月:2012年06月

    著者氏名(共著者含):H. Sakamoto et al.

    共著区分:共著

  • 題目:Brain-spinal cord neural circuits controlling male sexual function and behavior

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Neuroscience Research72巻 2号 (頁 103 ~ 116)

    出版機関名:

    発行年月:2012年02月

    著者氏名(共著者含):H. Sakamoto

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:基礎生物科学

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:培風館

    発行日:2016年07月

    著者名:坂本浩隆(11章、13章)

    著書形態:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Reproductive System & Sexual Disorders

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:BioMed Research International

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Itch & Pain

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:Reproductive System & Sexual Disorders

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:Itch & Pain

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第22回国際動物学会 第87回日本動物学会 合同大会

    開催場所:恩納村

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:GnRH-like peptide in the platyhelminth (flatworm, Stylochoplana pusilla): A possible evolutional origin

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本解剖学会第71回中国・四国学術集会

    開催場所:岡山市

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:免疫電子顕微鏡法による痒みの神経回路網解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第43回日本神経内分泌学会

    開催場所:浜松市

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:オキシトシンによるシナプスを介さない雄の性機能制御機構

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:特別講演

    会議名称:第43回日本神経内分泌学会

    開催場所:浜松市

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:川上賞受賞講演  雄の性機能を司る神経内分泌系の解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:第43回日本神経内分泌学会

    開催場所:浜松市

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:行動を司る時間・空間的神経内分泌制御メカニズム

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本神経内分泌学会

    役職・役割名:評議委員

    活動期間:2010年10月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本動物学会

    役職・役割名:中国四国支部企画委員

    活動期間:2009年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本神経内分泌学会 川上正澄賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2016年10月14日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本神経内分泌学会

    受賞者・受賞グループ名:坂本浩隆 (Hirotaka Sakamoto)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(S)

    研究題目:社会性の形成・維持を司る神経内分泌機構の解明

    研究期間:2015年06月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:遺伝子改変マウスの作出とキャラクタリゼーション

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:原点「ミネラルコルチコイドの普遍的機能」から俯瞰するステロイドホルモンの機能分化

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:遺伝子改変メダカの作出とそれらを利用した蛍光イメージング解析

  • 研究種目名:挑戦的萌芽研究

    研究題目:難治性掻痒症の神経機構解明に向けての新規アプローチ

    研究期間:2015年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:げっ歯類の掻痒症モデルを用いてGRP系に着目し、難治性掻痒症の神経機構とその病態生理の解明に迫る。さらに、『痒み』の鍵因子としてのGRP系を、ニホンザルの解析を通じて霊長類において普遍化し、臨床応用(痒み制圧)への『橋渡し』を目指す。
     本研究の発展により、難治性掻痒症の原因究明・治療法開発へ新規のアプローチを提案できる。

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:性ステロイドホルモンによる社会行動神経ネットワーク機能の制御メカニズム

    研究期間:2015年04月 ~ 2015年05月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:性ステロイドホルモンによる社会行動神経ネットワーク機能の制御メカニズムを解析している。特に、遺伝子改変マウスの作出とキャラクタライゼーションを担当している。

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:エストロゲンによる社会行動制御の神経機構

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:エストロゲン受容体遺伝子改変マウスの作製と提供

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:両備檉園記念財団 研究助成金

    研究題目:『かゆみ神経機構』から俯瞰する感覚獲得の起源

    研究期間:2015年10月 ~ 2016年09月

    資金支給機関:民間財団等

    研究内容:脊椎動物における系統進化学的アプローチを行い、魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類のゲノムデータベースからGRP遺伝子とGRPペプチド配列を検索・同定・比較し、その多様性を解析する。さらに、実際にGRPが各動物において痒み受容に作用するか?進化のどの段階で痒み感覚受容を獲得したのか?その起源にまで迫る。

  • 資金名称:内藤記念科学財団 第 45 回( 2013年度 )奨励金

    研究題目:痒みを特異的に伝える神経ネットワークと女性ホルモンとの機能連関

    研究期間:2013年05月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:民間財団等

    研究内容:痒みを特異的に伝える神経ネットワークと女性ホルモンとの機能連関について解析している

  • 資金名称:ライフサイエンス振興財団 研究助成金

    研究題目:逆・系統進化学的アプローチによる「痒(かゆ)み」感覚・獲得過程の解明  〜 脊椎動物における感覚受容メカニズムの起源を探る 〜

    研究期間:2013年05月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:民間財団等

    研究内容:逆・系統進化学的アプローチによる「痒(かゆ)み」感覚・獲得過程について解析している

  • 資金名称:加藤記念バイオサイエンス振興財団 第 25 回( 平成25年度 )研究助成

    研究題目:女性ライフサイクルにおける「痒み」閾値変動のホルモン制御機構の解明

    研究期間:2013年05月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:民間財団等

    研究内容:女性ライフサイクルにおける「痒み」閾値変動のホルモン制御機構について解析している

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:小型魚類メダカの脳におけるアンドロゲン受容体の機能と局在の解明

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    相手先機関名:自然科学研究機構基礎生物学研究所分子環境生物学

    研究内容:メダカ脳におけるアンドロゲンシグナルの機序解明

  • 研究題目:コンピュータトモグラフィー法によるラット脊髄神経化学解剖の3D解析

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2013年04月 ~ 2017年03月

    相手先機関名:自然科学研究機構生理学研究所電子顕微鏡室

  • 研究題目:原始左右相称動物:扁形動物ヒラムシにおける神経内分泌系の探索

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    相手先機関名:東京大学海洋基礎生物学研究推進センター

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:英国オックスフォード大学医学部解剖学

    研究課題等:下垂体後葉ホルモンと行動発現に関する共同研究

    研究テーマにおける役割:行動科学的解析

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:筑波大学人間系

    研究課題等:エストロゲンの行動制御機構

    研究テーマにおける役割:モデルマウスの作出

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:名古屋大学医学部附属病院

    研究課題等:家族性中枢性尿崩症(FNDI)モデルマウスの電顕的解析

    研究テーマにおける役割:電顕的解析

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:富山大学薬学部

    研究課題等:痒みを伝える神経基盤の電気生理学的解析

    研究テーマにおける役割:電気生理学

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:九州大学薬学部

    研究課題等:痛みと痒みの感じ方の違いに関する研究

    研究テーマにおける役割:電顕的解析

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    講座等名:生体制御学サマープログラム(京都府立医科大学、帝京科学大学 他)

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    講座等名:生体制御学スプリングプログラム(筑波大学、奈良県立医科大学 他)

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:「科学Tryアングル岡山」岡山大学委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:「科学Tryアングル岡山」岡山大学委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:「科学Tryアングル岡山」岡山大学委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:「科学Tryアングル岡山」岡山大学委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月