所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

異分野基礎科学研究所

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

物性II

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

物性物理

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新奇超伝導体の発見

    研究課題概要:

 

写真

氏名

小林 夏野 (コバヤシ カヤ)

KOBAYASHI Kaya

所属専攻講座

異分野基礎科学研究所

職名

准教授

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)物性物理

(英)Condensed Matter Experiment

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:物理工学科

    卒業年月:1999年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学

    研究科名:工学系研究科

    専攻名:物理工学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2004年04月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (PhD)

    学位の分野名:物性II (Physical properties II)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:2004年04月

  • 学位名:修士(工学)

    学位の分野名:物性II (Physical properties II)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:理学部

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:青山学院大学

    経歴名:研究員

    経歴期間:2013年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先:青山学院大学

    経歴名:助教

    経歴期間:2008年04月 ~ 2013年03月

  • 所属(勤務)先:青山学院大学

    経歴名:助手

    経歴期間:2005年10月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先:プリンストン大学 (Princeton University)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2004年05月 ~ 2005年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Material Research Society (Material Research Society)  /  アメリカ合衆国 ( 2014年11月 ~ 継続中 )

  • American Physical Society /  アメリカ合衆国 ( 2009年11月 ~ 継続中 )

  • 日本物理学会 /  日本国 ( 1999年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性II (Physical properties II)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 超伝導

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新奇超伝導体の発見

    キーワード:超伝導

    研究態様:個人研究

    研究制度:基礎科学研究

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):物性II 、応用物理学一般

    専門分野(researchmap分類):超伝導

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:量子電子物理学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:界面電子物理学演習

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:放射光物性学

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:情報物理学実験1

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:放射光科学実習

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Fermi level tuning of Ag-doped Bi2Se3 topological insulator

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports9巻 (頁 5376 ~ )

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:https://doi.org/10.1038/s41598-019-41906-7

  • 論文題目名:Determination of the local structure of Sr2−xMxIrO4 (M = K, La) as a function of doping and temperature

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Phys. Chem. Chem. Phys.20巻 (頁 23783 ~ 23788)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):K. Terashima, E. Paris, E. Salas-Colera, L. Simonelli, B. Joseph, T. Wakita, K. Horigane, M. Fujii, Kaya Kobayashi, R. Horie, J. Akimitsu, Y. Muraoka, T. Yokoya and N. L. Saini

    共著区分:共著

    DOI:https//doi.org/10.1039/C8CP03756F

  • 論文題目名:Enhanced superconducting transition temperatures in the rocksalt-type superconductors In1−xSnxTe(x≤0.5)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review B97巻 (頁 104511 ~ )

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Kaya Kobayashi, Yukio Ai, Harald O. Jeschke, and Jun Akimits

    共著区分:共著

    DOI:https://doi.org/10.1103/PhysRevB.97.104511

  • 論文題目名:Pressure-induced superconductivity in AgxBi2−xSe3

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review B97巻 (頁 104503 ~ )

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Tong He, Xiaofan Yang, Takahiro Terao, Takaki Uchiyama, Teppei Ueno, Kaya Kobayashi, Jun Akimitsu, Takafumi Miyazaki, Takumi Nishioka, Koji Kimura, Kouichi Hayashi, Naohisa Happo, Hitoshi Yamaoka, Hirofumi Ishii, Yen-Fa Liao, Hiromi Ota, Hidenori Goto, and Yoshihiro Kubozono

    共著区分:共著

    DOI:https://doi.org/10.1103/PhysRevB.97.104503

  • 論文題目名:Magnetic phase diagram of Sr2−xLaxIrO4 synthesized by mechanical alloying

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review B97巻 (頁 064425 ~ )

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):K. Horigane, M. Fujii, H. Okabe, K. Kobayashi, R. Horie, H. Ishii, Y. F. Liao, Y. Kubozono, A. Koda, R. Kadono, and J. Akimitsu

    共著区分:共著

    DOI:https://doi.org/10.1103/PhysRevB.97.064425

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Physics and Chemistry of Carbon-Based Materials

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer Singapore

    発行日:2019年03月

    著者名:Kaya Kobayashi, Kazumasa Horigane, Rie Horie and Jun Akimitsu

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:APS March meeting

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Possible valence skipping superconductivity in doped Dirac metal

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:International workshop on j-fermion physics and materials

    開催場所:Otago, NZ

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:Chemical doping and superconductivity in bismuth compounds

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:E-MRS

    開催場所:Warsaw

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:Superconductivity in doped layered chalcogenides

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:J-Physics:2018 International workshop, Awaji Island

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:Superconductivity in trilayer (PbSe)n(TiSe2)m misfit compound

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:J-Physics:2018 Summer School, Awaji Island

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:Superconductivity in trilayer (PbSe)n(TiSe2)m misfit compound

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会

    役職・役割名:現地実行委員

    活動期間:2014年03月

  • 日本物理学会

    役職・役割名:領域7運営委員

    活動期間:2013年09月 ~ 2014年03月

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:化学工業日報

    番組名等及び内容:東京理科大学、岡山大学 テルル、電流で磁化 次世代情報処理技術に

    報道年月日:2017年10月24日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:新たな電気磁気交差現象 -電流誘起磁性- の学理の構築

    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:電気的入力で磁気的応答を発現させる電気磁気交差現象は、物性物理の中心課題として盛んに議論されている。しかしながら、長らく議論されてきたものは「電場誘起磁性」の議論に限られ、もう一つの双璧現象である「電流誘起磁性」の実験的議論は、バルク物質においてはほぼ皆無であった。
    本研究課題の第一の目標は、この電流誘起磁性検証を、i)複数の物質でii)異なる電流方向で調べ、その発現条件を明らかとすることである。また、この電流誘起磁性の背景には角運動量分裂バンドの概念が重要になるが、本研究の第二の目標は、その分裂構造と概念の整理を行うことである。
    これらをまとめることにより「電流誘起磁性」の学理構築を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ドープされたNaCl型ディラック電子系に現れるバレンススキップ超伝導機構の解明

    研究期間:2018年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:ドープされたNaCl型ディラック電子系に現れるバレンススキップ超伝導機構の解明

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:75人

    開催日:2018年08月

    講義題名:物質の中で電子はどのようにふるまうのか?

    主催者:理学部物理学科

    対象者:高校生