専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

化工物性・移動操作・単位操作

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

コロイド・界面化学、微粒子工学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:液相中での固体表面間力の直接測定と評価

    研究課題概要:

 

写真

氏名

石田 尚之 (イシダ ナオユキ)

ISHIDA Naoyuki

所属専攻講座

自然科学研究科

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)コロイド・界面化学、微粒子工学

(英)Colloid and Interface Science, Particle Engineering

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (Doctor (Engineering))

    学位の分野名:化学工学 (Chemical Engineering)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:2000年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:独立行政法人 産業技術総合研究所 フレキシブルエレクトロニクス研究センター

    経歴名:研究員

    経歴期間:2011年04月 ~ 2012年03月

  • 所属(勤務)先:独立行政法人 産業技術総合研究所 光技術研究部門

    経歴名:研究員

    経歴期間:2009年04月 ~ 2011年03月

  • 所属(勤務)先:独立行政法人 産業技術総合研究所 イノベーション推進室

    経歴名:企画主幹

    経歴期間:2008年02月 ~ 2009年01月

  • 所属(勤務)先:英国リーズ大学 粉体理工学研究所

    経歴名:客員研究員

    経歴期間:2006年02月 ~ 2007年02月

  • 所属(勤務)先:独立行政法人 産業技術総合研究所 環境管理技術研究部門

    経歴名:研究員

    経歴期間:2004年05月 ~ 2009年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本油化学会 /  日本国 ( 2010年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:オレオサイエンス編集委員

    活動期間:2010年04月 ~ 継続中

  • 日本化学会 /  日本国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:コロイドおよび界面化学部会 事業企画委員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

  • 粉体工学会 /  日本国 ( 1998年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:和文誌編集委員、APT誌編集委員

    活動期間:2013年04月 ~ 継続中

  • 化学工学会 /  日本国 ( 1998年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化工物性・移動操作・単位操作 (Chemical engineering materials properties/transfer operation/unit operation)

  • 生物機能・バイオプロセス (Bio-function/bioprocesses)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 界面化学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:液相中での固体表面間力の直接測定と評価

    キーワード: 

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):化工物性・移動操作・単位操作

    専門分野(researchmap分類):コロイド化学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:材料プロセス実験1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生命工学実験1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:合成化学実験1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:材料プロセス実験1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生命工学実験1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Controlling the drying process in vacuum foam drying under low vacuum conditions by inducing foaming by needle stimulation of the solution

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Drying Technology37巻 12号 (頁 1 ~ 8)

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):Fumihiro Hidaka, Tomo Satoh,Akiho Fujioka, Koji Takeda, Hiroyuki Imanaka, Naoyuki Ishida, Koreyoshi Imamura

    共著区分:単著

    DOI:10.1080/07373937.2018.1517363

  • 論文題目名:Stratification of Colloidal Particles on a Surface: Study by a Colloidal Probe Atomic Force Microscopy Combined with a Transform Theory

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Journal of Physical Chemistry B122巻 16号 (頁 4592 ~ 4599)

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):Ken-ichi Amano, Taira Ishihara, Kota Hashimoto, Naoyuki Ishida, Kazuhiro Fukami, Naoya Nishi, Tetsuo Sakka

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.jpcb.8b01082

  • 論文題目名:Hydrophobic Attraction Measured between Asymmetric Hydrophobic Surfaces

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Langmuir34巻 12号 (頁 3588 ~ 3596)

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Naoyuki Ishida, Kohei Matsuo, Koreyoshi Imamura, Vincent S. J. Craig

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.langmuir.7b04246

  • 論文題目名:Influence of an external electric field on removal of protein fouling on a stainless steel surface by proteolytic enzymes

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Colloids and Surfaces B: Biointerfaces159巻 (頁 118 ~ 124)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):Ei Ei Htwe,Yuhi Nakama,Hiroyuki Imanaka*,Naoyuki Ishida*,Koreyoshi Imamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.colsurfb.2017.07.074

  • 論文題目名:Characteristics of proteinaceous additives in stabilizing enzymes during freeze-thawing and -drying

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioscience Biotechnology and Biochemistry81巻 4号 (頁 687 ~ 697)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Takanori Shimizu, Tamayo Korehisa, Daichi Hirota, Hiroyuki Imanaka, Naoyuki Ishida, Koreyoshi Imamura

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/09168451.2016.1274637

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:1.9.5 粒子間相互作用とシミュレーション

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:粉体工学会誌55巻 12号 (頁 645 ~ 647)

    出版機関名:

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):石田 尚之

    共著区分:単著

  • 題目:1.9.4 相互作用力の測定法

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:粉体工学会誌55巻 10号 (頁 542 ~ 546)

    出版機関名:

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):石田 尚之

    共著区分:単著

  • 題目:1.9.3 変形・形状・表面粗さと相互作用力

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:粉体工学会誌55巻 4号 (頁 208 ~ 211)

    出版機関名:

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):石田 尚之, 松坂 修二

    共著区分:共著

  • 題目:1.9.2 液相中の相互作用

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:粉体工学会誌55巻 2号 (頁 104 ~ 112)

    出版機関名:

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):石田 尚之, 松坂 修二

    共著区分:共著

  • 題目:表面間力の直接測定:表面・界面のナノ構造および物性が表面間力に与える影響

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:色材協会誌90巻 9号 (頁 1 ~ 6)

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:現代界面コロイド化学の基礎 第4版(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:丸善出版

    発行日:2018年04月

    著者名:

    著書形態:共著

    担当部分:8.1.5 原子間力顕微鏡

  • 著書名:Stimulus-Responsive Soft Surface/Interface Toward Applications in Adhesion, Sensor and Biomaterial

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2018年01月

    著者名:Syuji Fujii, Erica J. Wanless, Shin-ichi Yusa, Grant Webber, Naoyuki Ishida

    著書形態:共著

  • 著書名:Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Wiley

    発行日:2016年09月

    著者名:Naoyuki Ishida, Yasuyuki Kusaka, Tomonori Fukasawa, Hiroyuki Shinto

    著書形態:共著

  • 著書名:薄膜の評価技術ハンドブック

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:テクノシステム

    発行日:2013年01月

    著者名:

    著書形態:共著

    担当部分:I.4.6.4(1)および(2)

  • 著書名:油脂・脂質・界面活性剤データブック

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:丸善

    発行日:2012年12月

    著者名:

    著書形態:共著

    担当部分:II.9.4および9.6

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:粉体工学会誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Advanced Powder Technology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:粉体工学会誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Advanced Powder Technology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:オレオサイエンス

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第69回コロイドおよび界面化学討論会

    開催場所:筑波大学

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:有機溶媒中での固体間相互作用の直接測定:相互作用への 表面-溶媒分子の親和性の影響

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第69回コロイドおよび界面化学討論会

    開催場所:筑波大学

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:疎水性引力に与える混合溶媒および表面サイズの影響

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本油化学会第57回年会

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:トリブロックコポリマー水溶液中でのシリカ表面間相互作用のAFM 直接測定:温度と塩の影響

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本油化学会第57回年会

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:水溶液中の疎水性表面間の相互作用に与える 各種分散剤の影響

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:環境資源工学会 第137回学術講演会

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:原子間力顕微鏡による気液および固液界面間相互作用力の直接測定

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会

    役職・役割名:事業企画委員会副委員長

    活動期間:2019年04月 ~ 継続中

  • 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会

    役職・役割名:国際交流委員会副委員長

    活動期間:2017年04月 ~ 2019年03月

  • 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会

    役職・役割名:第67回コロイドおよび界面化学討論会 国際セッションオーガナイザー

    活動期間:2016年04月 ~ 2016年09月

  • 化学工学会中国四国支部

    役職・役割名:役員・事務局

    活動期間:2015年07月 ~ 2019年07月

  • 日本化学会コロイドおよび界面化学部会

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2015年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:APPIE産学連携フェア2015ベストシーズ賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年10月15日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本粉体工業技術協会

    受賞者・受賞グループ名:石田尚之

    題目名:分散の決め手!粒子間力を直接測りませんか?

  • 受賞学術賞名:2014度(第33回)粉体工学会論文賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年04月04日

    受賞国:日本国

    授与機関:粉体工学会

    受賞者・受賞グループ名:曽我友平, 今中洋行, 今村維克, 石田尚之

    題目名:水中の疎水化シリカ表面間に働く短距離性疎水性引力に及ぼす表面の疎水性の影響

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:国際共同研究強化

    研究題目:水中の疎水性表面間に働く長距離性引力の本質と起源の探究

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:疎水性引力は、水溶液中にある疎水性の表面間にvan der Waals引力を上回る長距離から強い引力が働く現象で、液相分散系の挙動に重要な影響を及ぼすが、今までその起源が不明であった。本研究では、ナノバブルの架橋のような介在物によらず、表面の疎水性によって誘起される「真の」疎水性引力について、原子間力顕微鏡(AFM)測定を中心とした検討により、その起源を解明することを目的としている。これにより、従来の液相の分散凝集を記述する基礎理論を拡張した、新たな理論確立につながることが期待されるとともに、疎水性固体やエマルション、ナノバブルなど、疎水性物質の液相分散安定化の操作の発展にも大きく寄与することが期待できる。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:水中の疎水性表面間に働く長距離性引力の本質と起源の探究

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:疎水性引力は、水溶液中にある疎水性の表面間にvan der Waals引力を上回る長距離から強い引力が働く現象で、液相分散系の挙動に重要な影響を及ぼすが、今までその起源が不明であった。本研究では、ナノバブルの架橋のような介在物によらず、表面の疎水性によって誘起される「真の」疎水性引力について、原子間力顕微鏡(AFM)測定を中心とした検討により、その起源を解明することを目的としている。これにより、従来の液相の分散凝集を記述する基礎理論を拡張した、新たな理論確立につながることが期待されるとともに、疎水性固体やエマルション、ナノバブルなど、疎水性物質の液相分散安定化の操作の発展にも大きく寄与することが期待できる。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)・産業ニーズ対応タイプ

    研究題目:セラミックススラリーの新規分散評価技術を中心としたスラリー特性の完全定量化による湿式成形プロセスの高度化

    研究期間:2016年12月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:科学技術振興機構

  • 資金名称:粉体工学情報センター研究助成

    研究題目:有機溶媒中における粒子表面間の溶媒和力の直接測定と現象究明

    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:粉体工学情報センター

    研究内容:本研究では,低分子の表面改質剤で被覆した微粒子の有機溶媒との分散性を評価するとともに,その表面間に働く相互作用を,原子間力顕微鏡(AFM)を用いた直接測定により検討した.
    表面と溶媒の組み合わせによって微粒子分散性は変化するが,粒子–基板間の相互作用測定から,微粒子が凝集する際にはその表面間にファンデルワールス力が働き,微粒子が分散する際には非常に短距離の斥力が働いていることが明らかとなった.またAFM探針-基板間の相互作用測定により,フォースカーブが表面近傍でステップ状の形状をしていることから,この短距離斥力は溶媒和に基づくものであることが示唆された.つまり,表面と親和性のある溶媒分子が表面に配列され,表面間から排除されることで生じる溶媒和力が粒子の分散安定性をもたらしていることが考えられた.

  • 資金名称:ホソカワ粉体工学振興財団助成事業

    研究題目:液体中の粉体間に働く疎液性引力の直接測定と起源究

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:民間財団等

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:50人

    講座等名:2018年岡山大学オープンキャンパス体験講義

    講義題名:小さな表面・界面の科学がものづくりを変える

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:100人

    開催日:2015年10月

    講座等名:第3回コロイド実用技術講座 「分散・凝集のすべて」 ~希薄系から濃厚系までのあらゆる分散・凝集現象に関わる研究者・技術者のための最新理論とテクニック~

    講義題名:微粒子分散系における相互作用力 -疎水性引力の長距離性とその起源から、タンパク質と固体の相互作用まで-

    主催者:日本化学会コロイドおよび界面化学部会

    対象者:社会人・学生

    開催地,会場:化学会館