所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

職名 【 表示 / 非表示

助教

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

細胞コミュニケーション, 細胞分化, 幹細胞, 細胞外小胞, 分子輸送, エクソソーム, オルガノイド, 細胞内MMP

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:MZF1 and SCAND1 reciprocally regulate CDC37 gene expression in prostate cancer

    掲載誌名:Cancers11巻 792号 (頁 1 ~ 15)

    発行年月:2019年06月

    著者氏名(共著者含):Takanori Eguchi*, Thomas L. Prince, Manh Tien Tran, Chiharu Sogawa, Benjamin J. Lang, and Stuart K. Calderwood

  • 論文題目名:Novel transcription-factor-like function of human matrix metalloproteinase 3 regulating the CTGF/CCN2 gene

    掲載誌名:Molecular and Cellular Biology

    発行年月:2008年04月

    著者氏名(共著者含):Eguchi T, Kubota S, Kawata K, Mukudai Y, Uehara J, Ohgawara T, Ibaragi S, Sasaki A, Kuboki T, Takigawa M.

  • 論文題目名:Organoids with cancer stem cell-like properties secrete exosomes and HSP90 in a 3D nanoenvironment.

    掲載誌名:PLoS One

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):Takanori Eguchi* et al

全件表示 >>

 

写真

氏名

江口 傑徳 (エグチ タカノリ)

EGUCHI Takanori

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区鹿田町2-5-1

(英)2-5-1, Shikata-cho, Kita-ku, Okayama city, 700-8525 Japan

研究室電話

(日)086-235-6662

(英)+81-86-235-6662

研究分野・キーワード

(日)細胞コミュニケーション, 細胞分化, 幹細胞, 細胞外小胞, 分子輸送, エクソソーム, オルガノイド, 細胞内MMP

(英)Cell Communication, Molecular traffic, Vesicle traffic, Exosome, Extracellular Vesicles, Organoids, Intracellular MMP

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(歯学) (Doctor of Dental Science)

    学位の分野名:生化学 (Biochemistry)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:日本学術振興会特別研究員 (Postdoctoral Fellowships of Japan Society for the Promotion of Science)

    職務期間:2003年04月 ~ 2007年03月

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:歯学部

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2016年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:ハーバード大学医学部 (Harvard Medical School)

    経歴名:講師 (Instructor)

    経歴期間:2011年07月 ~ 2015年12月

  • 所属(勤務)先:大阪大学蛋白質研究所

    経歴名:国際共同研究員

    経歴期間:2013年04月 ~ 2014年03月

  • 所属(勤務)先:国立長寿医療研究センター (National Center for Geriatrics and Gerontology)

    経歴名:室長 (Section Chief)

    経歴期間:2009年01月 ~ 2011年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際細胞外小胞学会 (International Society for Extracellular Vesicles) (International Society for Extracellular Vesicles (ISEV))  /  その他 ( 2019年06月 ~ 継続中 )

  • 日本臨床ストレス応答学会 (Biomedical Society for Stress Response, Japan (BSSR))  /  日本国 ( 2016年11月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    (Councilor)

    活動期間:2016年11月 ~ 継続中

  • 日本細胞外小胞学会 (Japanese Society for Extracellular Vesicles (JSEV))  /  日本国 ( 2019年07月 ~ 継続中 )

  • 日本薬理学会 (The Japanese Pharmacological Society)  /  日本国 ( 2018年11月 )

  • 日本RNAi研究会 /  日本国 ( 2018年07月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 基礎腫よう学

  • 生化学一般

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:歯科薬理学II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:歯科薬理学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:歯科薬理学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:歯科薬理学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:歯科薬理学I(講義・演習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:研究プロジェクト立案
    研究指導
    研究発表指導

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    科目名:ODAPUS Research Talk Sessions

    担当期間:2019年09月

    講義内容またはシラバス:ODAPUSプログラムで来訪したソウル国際大学歯学部6年生4名に対し,リサーチトークセッションを実施した.

  • 年度:2019年度

    科目名:早期見学実習(歯科薬理学)

    担当期間:2019年07月

  • 年度:2018年度

    科目名:OSCE

    担当期間:2019年07月

  • 年度:2019年度

    科目名:ODAPUS学生の受け入れ

    担当期間:2019年07月 ~ 2019年08月

  • 年度:2019年度

    科目名:薬理学実習

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 3人

    研究生等指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2018年度

    博士論文指導学生: 3人

  • 年度:2017年度

    博士論文指導学生: 3人

  • 年度:2016年度

    博士論文指導学生: 4人

    研究生等指導学生: 3人

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:Poster Competition Award on the 4th International Symposium of Medical and Dental Education in Okayama, Eman Taha (第4回岡山医療教育国際シンポジウム 優秀ポスター賞 エマン タハ)

    受賞年月:2019年12月

    授与機関:岡山大学歯学部

  • 賞名:Young Investigator Award on the 1st International Symposium for Intercellular Communication and Extracellular Vesicles, Eman Taha (細胞間情報伝達・細胞外小胞研究会 若手研究奨励賞 エマン タハ)

    受賞年月:2019年11月

    授与機関:ICEV

    受賞者・受賞グループ名:Eman A Taha

  • 賞名:日本口腔外科学会優秀ポスター賞

    受賞年月:2018年11月

    授与機関:日本口腔外科学会

    受賞者・受賞グループ名:小野喜章

    受賞内容:口腔扁平上皮癌細胞由来EVの網羅的プロテオーム解析による腫瘍進展・転移因子の 探索

  • 賞名:日本歯科基礎医学会 モリタ優秀発表賞

    受賞年月:2018年09月

    授与機関:日本歯科基礎医学会

    受賞者・受賞グループ名:小野喜章(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

    受賞内容:口腔扁平上皮癌診断・治療における分子シャペロンHSP90含有細胞外小胞の可能性

  • 賞名:日本口腔科学会優秀ポスター賞

    受賞年月:2018年05月

    授与機関:日本口腔科学会

    受賞者・受賞グループ名:藤原敏史(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

    受賞内容:EGFR標的抗体薬セツキシマブによる口腔癌由来のEGFR陽性エクソソームの制御

全件表示 >>

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:留学生の入学・活動支援(TTM)

  • 年度:2019年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:推薦状作製(Rさん,米山ロータリー奨学会)
    奨学金応募書類作製支援

  • 年度:2019年度

    学生活動支援の種類:就職支援

    学生活動支援:就職支援(推薦・推薦状作成)(AA)

  • 年度:2019年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:留学生の学生相談(EAT)

  • 年度:2018年度

    学生活動支援の種類:その他

    学生活動支援:奨学金応募のための推薦状作成

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Tumor Angiogenic Inhibition Triggered Necrosis (TAITN) in Oral Cancer

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cells8巻 7号 (頁 1 ~ 15)

    発行年月:2019年07月

    著者氏名(共著者含):Saori Yoshida, Hotaka Kawai *, Takanori Eguchi *, Shintaro Sukegawa, May Wathone Oo, Chang Anqi, Kiyofumi Takabatake, Keisuke Nakano, Kuniaki Okamoto, Hitoshi Nagatsuka

    共著区分:共著

    DOI:https://doi.org/10.3390/cells8070761

  • 論文題目名:Tumor Angiogenic Inhibition Triggered Necrosis (TAITN) in Oral Cancer

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Preprints

    発行年月:2019年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.3390/cells8070761

  • 論文題目名:MZF1 and SCAND1 reciprocally regulate CDC37 gene expression in prostate cancer

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancers11巻 792号 (頁 1 ~ 15)

    発行年月:2019年06月

    著者氏名(共著者含):Takanori Eguchi*, Thomas L. Prince, Manh Tien Tran, Chiharu Sogawa, Benjamin J. Lang, and Stuart K. Calderwood

    共著区分:共著

  • 論文題目名:SCAND1 Suppresses CDC37 Gene Transcription by Repressing MZF1

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Preprints

    発行年月:2019年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.3390/cancers11060792

  • 論文題目名:A reporter system evaluates tumorigenesis, metastasis, β-catenin/MMP regulation, and druggability. ( A reporter system evaluates tumorigenesis, metastasis, β-catenin/MMP regulation, and druggability. )

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Tissue Engineering Part A

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Sogawa C, Eguchi T*, Okusha Y, Ono K, Ohyama K, Iizuka M, Kawasaki R, Hamada Y, Takigawa M, Sogawa N, Okamoto K, and Kozaki K.

    共著区分:共著

    DOI:10.1089/ten.TEA.2018.0348.

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Exosome Release of Drugs: Coupling with Epithelial-Mesenchymal Transition

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Preprints

    出版機関名:

    発行年月:2019年12月

    著者氏名(共著者含):Eguchi, T.; Ono, K.; Calderwood, S.; Okamoto, K.

    共著区分:共著

  • 題目:Roles of Extracellular HSPs as Biomarkers in Immune Surveillance and Immune Evasion

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Molecular Sciences

    出版機関名:

    発行年月:2019年09月

    著者氏名(共著者含):Eman Amed Taha, Kisyo Ono, Taka Eguchi*

    共著区分:共著

  • 題目:Roles of Extracellular Vesicles (EVs) Carrying HSPs in Cancer Biomarkers, Immune Surveillance, and Immune Evasion

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Preprints

    出版機関名:

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Taha EA, Ono K, Eguchi T*

    共著区分:共著

    DOI:10.20944/preprints201908.0186.v1

  • 題目:Cellular Reprogramming Using Defined Factors and MicroRNAs

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Stem Cells International

    出版機関名:Hindawi Publishing Corporation

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):Eguchi T* and Kuboki T

    共著区分:共著

  • 題目:Role and Regulation of Myeloid Zinc Finger Protein 1 in Cancer.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Journal of Cellular Biochemistry

    出版機関名:Wiley

    発行年月:2015年10月

    著者氏名(共著者含):Eguchi T, Prince T, Wegiel B, Calderwood SK

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:EXOSOMES “THE LITTLE THING THAT MATTER THE MOST” IN TUMOR IMMUNOLOGY AND MICROENVIRONMENT in "Exosomes and Microvesicles: Role in Disease and Clinical Applications"

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Nova Science Publisher

    発行日:2020年04月

    著者名:Eman Ahmed Taha, Yanyin Lu, Takanori Eguchi

    著書形態:共著

  • 著書名:"Regulatory Roles of HSP90-rich Extracellular Vesicles" in Heat Shock Proteins Book Series volume 19 "Heat Shock Protein 90 in Human Diseases and Disorders"

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer Nature

    発行日:2019年10月

    著者名:Eguchi T*, Ono K, Kawata K, Okamoto K, Calderwood SK

    著書形態:共著

  • 著書名:Regulatory Roles for Hsp70 in Cancer Incidence and Tumor Progression. In: Mario D. Galigniana (ed) Frontiers in Structural Biology, vol 1. Role of Molecular Chaperones in Structural Folding, Biological Functions, and Drug Interactions of Client Proteins

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Bentham Science Publishers

    発行日:2018年01月

    著者名:Taka Eguchi, Benjamin J Lang, Ayesha Murshid, Thomas Prince, Jianlin Gong, Stuart K Calderwood

    著書形態:共著

    担当部分:Regulatory Roles for Hsp70 in Cancer Incidence and Tumor Progression

  • 著書名:Chaperones. Methods in Molecular Biology, vol 1709.

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Humana Press, New York, NY

    発行日:2018年01月

    著者名:Kijima T., Eguchi T., Neckers L., Prince T.L.

    著書形態:共著

  • 著書名:Promoter analyses of CCN genes. in Methods in Molecular Biology. CCN Proteins: Methods and Protocols

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2017年01月

    著者名:Eguchi T, Kubota S, Takigawa M

    著書形態:共著

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    学術雑誌名:Heat Shock Proteins Book Series

    Editorial Board Member and Associate Editor

    委員長/委員等の種類:副委員長

  • 年度:2020年度

    学術雑誌名:Cancers (MDPI)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Experimental and Therapeutic Medicine

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Journal of Clinical Medicine

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Cells

    委員長/委員等の種類:委員

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    件数:15件

    学術雑誌名:GTMB2/4 MolCarcinog2/4 IJO2/8 MCT2/18 MolCarcino5/20 JCM5/21 JECC5/30 IJO6/6 JCM6/8 ExpAnimals7/10 Cancers11/18 JCM11/26 JCCS11/30 JCM12/10,12/19,12/24

  • 年度:2018年度

    件数:10件

    学術雑誌名:Sci Rep, JCCS, ACS Applied Materials & Interfaces, Int J Med Sci, Exp Ther Med, Mol Cancer Ther, GTMB, Int J Cancer, Targeted Oncol

  • 年度:2017年度

    件数:6件

    学術雑誌名:Cellular Physiology and Biochemistry, Tissue Enginnering, Cell Physiol Biochem, respiratory res, Oncotarget, Cell Physiol Biochem

  • 年度:2016年度

    件数:11件

    学術雑誌名:FEBS lett, FEBS Open Bio, Cancer lett, Journal of Cellular and Molecular Medicine, Cell Biology and Toxicology 2編, Cellular Physiology and Biochemistry, Japanese Dental Science Review, PLOS ONE, Grant peer review, American University of Beirut, Respiratory research

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第45回 岡山脳研究セミナー

    開催期間:2020年01月

    題目又はセッション名:パーキンソン病治療薬の抗癌作用(ドラッグリポジショニングの提案)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第50回 ARCOCSセミナー

    開催期間:2020年02月

    題目又はセッション名:次世代研究育成グループ研究成果中間報告「細胞間情報伝達・細胞外小胞研究国際シンポジウム開催報告と今後

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:岡山歯学会

    開催期間:2019年12月

    題目又はセッション名:オルガノイドを応用したドラッグリポジショニング開発

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第4回岡山医療教育国際シンポジウム (The 4th Internation Symposium of Medical and Dental Education in Okayama)

    開催期間:2019年12月

    題目又はセッション名:Reserach on Exosome-mediated Intercellular Communication using Multiplexing Fluorescent and Bioluminescent Reporter Systems

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第4回岡山医療教育国際シンポジウム

    開催期間:2019年12月

    題目又はセッション名:The roles of Macrophage-derived Exosomes on the Oral Cancer Cells

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床ストレス応答学会 BSSR (Biomedical Society for Stress Response, Japan (BSSR))

    役職・役割名:幹事 (Coordinator)

    活動期間:2020年04月 ~ 継続中

  • 細胞間情報伝達・細胞外小胞研究会 (ICEV) (ICEV (Intercellular Communication and Extracellular Vesicles / International Community for Extracellular Vesicles))

    役職・役割名:会長,大会長,幹事

    活動期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    活動内容:国際シンポジウムICEV-1の開催

  • 歯科基礎医学会

    役職・役割名:シンポジウム企画・オーガナイザー

    活動期間:2019年03月 ~ 2019年10月

    活動内容:シンポジウムの企画・オーガナイザー

  • 第3回研究を楽しむ会

    役職・役割名:コーディネーター

    活動期間:2018年11月

    活動内容:Coordinated the meeting with a presenter Dr Nakayama Masaaki and guest Prof Sylviane Muller.

  • 日本臨床ストレス応答学会 (BSSR)

    役職・役割名:座長

    活動期間:2018年10月

    活動内容:10月27日(土)9時~9時45分.一般口演1「癌のストレス応答機構」

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:ウェブ

    会社名等:Medical Press

    番組名等及び内容:Potential of 3-D nanoenvironments for experimental cancer research

    https://medicalxpress.com/news/2018-03-potential-d-nanoenvironments-experimental-cancer.html

    報道年月日:2018年03月16日

  • 年度:2018年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:ウェブニュース

    会社名等:NBC

    番組名等及び内容:Okayama University Research: Insights Into Mechanisms Governing the Resistance to the Anti-Cancer Medication Cetuximab

    http://www.nbcrightnow.com/story/39163988/okayama-university-research-insights-into-mechanisms-governing-the-resistance-to-the-anti-cancer-medication-cetuximab

    報道年月日:2018年09月25日

  • 年度:2018年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:日本経済新聞 電子版

    会社名等:日本経済新聞社

    番組名等及び内容:体内の小さな粒、役割多彩 がん早期発見などに活用

    報道年月日:2018年10月27日

  • 年度:2018年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:日本経済新聞 朝刊

    会社名等:日本経済新聞社

    番組名等及び内容:小さな粒 体内で役目 がん早期発見など活用へ

    報道年月日:2018年10月28日

  • 年度:2018年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:Press Release

    会社名等:Okayama University Silicon Valley Office (OUSVO)

    番組名等及び内容:The Production of Organoids with Cancer Stem-like Models Leads to a Successful Living Organism Analysis. Discovery of Organoids with Cancer Cells Efficiently Accumulating and Secreting Protein.

    報道年月日:2018年02月16日

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:最優秀発表賞(ベストプレゼンテーション賞)ブレインストーミング2018 (Best Presentation Award at BrainStorming 2018)

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2018年09月16日

    受賞国:日本国

    授与機関:岡山大学医療系等研究開発戦略委員会

    受賞者・受賞グループ名:江口傑徳 (Takanori Eguchi)

  • 受賞学術賞名:Springer Scholarship

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2008年10月22日

    受賞国:カナダ

    授与機関:Springer, International CCN Society

    受賞者・受賞グループ名:Takanori Eguchi

  • 受賞学術賞名:日本軟骨代謝学会賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2009年03月07日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本軟骨代謝学会

    受賞者・受賞グループ名:江口傑徳

  • 受賞学術賞名:奨励論文賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2009年10月

    受賞国:日本国

    授与機関:岡山歯学会

    受賞者・受賞グループ名:江口傑徳

  • 受賞学術賞名:両備檉園記念財団 研究助成金

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞

    受賞年月:2016年10月03日

    受賞国:日本国

    授与機関:公益財団法人 両備檉園記念財団

    受賞者・受賞グループ名:江口傑徳

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:歯周病原菌が放出する小胞の組織障害性と病態評価への応用

    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:歯周病原菌が放出する小胞の組織障害性と病態評価への応用

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:CCNsの細胞内新機能~細胞外新情報伝達系の解明と共通分子基盤の確立及びその応用

    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:CCNsの細胞内新機能~細胞外新情報伝達系の解明と共通分子基盤の確立及びその応用

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:癌間質による癌の生物学的性格の制御および癌誘発の検討

    研究期間:2018年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:癌の誘発と特性は,腫瘍実質によってのみ規定されるものではなく,腫瘍間質によるところが大きいとの仮説を検証する.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:MZF1誘導性の新規がん幹細胞ストレス耐性に関する検証

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:MZF1誘導性の新規がん幹細胞ストレス耐性に関する検証

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:エクソソームを指標とする体液診断型口腔癌予後予測法の開発

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:エクソソームを指標とする体液診断型口腔癌予後予測法の開発

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 生活習慣病における医学,薬学の萌芽的研究

    研究題目:難治性がん克服のための腫瘍オルガノイドを利用した創薬研究

    研究期間:2018年12月 ~ 継続中

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:公益財団法人両備檉園記念財団研究助成金

    研究題目:MMPを介した腫瘍細胞リプログラミングの制御の試み

    研究期間:2016年10月 ~ 2017年09月

    資金支給機関:民間財団等

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:癌幹細胞治療薬およびそのアッセイ・スクリーニングシステムの開発

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    相手先機関名:JSRライフサイエンス株式会社

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    研究期間:2018年11月 ~ 2019年03月

    研究費名:SAKU (Supporting Advance Activities of YoUng Researchers)

    課題名:SAKU Overseas Presentation Tour Revealing Exosome Code

  • 年度:2017年度

    研究期間:2017年11月 ~ 2018年03月

    研究費名:平成29年度岡山大学機能強化促進補助金若手研究者育成支援事業

    課題名:「ストレス応答細胞間コミュニケーション」研究コア形成

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    相手方組織名称:ハーバード大学

    研究課題等:癌幹細胞における細胞外HSP90の役割
    Organoids with cancer stem cell-like properties secrete exosomes and HSP90 in a 3D nanoenvironment

    研究テーマにおける役割:統括,共同執筆

  • 年度:2018年度

    相手方組織名称:ボストン大学

    研究課題等:ゲノム毒性ストレスによる乳癌幹細胞におけるプロスタグランジンE2合成について
    Genotoxic stress induces Sca-1-expressing metastatic
    mammary cancer cells

    研究テーマにおける役割:トランスクリプトーム解析

  • 年度:2018年度

    相手方組織名称:ハーバード大学

    研究課題等:脂質・コレステロールポンプABCG1標的による腫瘍縮小効果について
    Depletion of Lipid Efflux Pump ABCG1 Triggers the Intracellular Accumulation of Extracellular Vesicles and Reduces Aggregation and Tumorigenesis of Metastatic Cancer Cells

    研究テーマにおける役割:統括,研究推進,指導

  • 年度:2018年度

    相手方組織名称:ハーバード大学

    研究課題等:ゲノム毒性ストレスによる乳癌幹細胞におけるプロスタグランジンE2合成について
    Genotoxic stress induces Sca-1-expressing metastatic
    mammary cancer cells

    研究テーマにおける役割:遺伝子発現解析

  • 年度:2018年度

    相手方組織名称:ハーバード大学

    研究課題等:小胞誘導性上皮間葉転換に関する研究
    Carcinogenic epithelial-mesenchymal transition initiated by oral cancer exosomes is inhibited by anti-EGFR antibody cetuximab

全件表示 >>

産学官連携等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    JSRライフサイエンス社との連携

  • 年度:2018年度

    三井情報株式会社との連携

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 共同研究希望テーマ:難治性がん / 抵抗性がんの病態理解に基づく創薬研究

    共同研究実施形態:未設定

    産学連携協力可能形態:未設定

  • 共同研究希望テーマ:バイオバンクを活用したトランスレーショナルリサーチ

    共同研究実施形態:未設定

    産学連携協力可能形態:未設定

  • 共同研究希望テーマ:細胞外小胞が関わる薬剤耐性に関する研究

    共同研究実施形態:未設定

    産学連携協力可能形態:未設定

  • 共同研究希望テーマ:腫瘍免疫に関する研究

    共同研究実施形態:未設定

    産学連携協力可能形態:未設定

  • 共同研究希望テーマ:腫瘍微小環境に関する研究

    共同研究実施形態:未設定

    産学連携協力可能形態:未設定

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:30人

    開催日:2020年02月

    講座等名:岡山大学歯学部第14期生卒後20周年記念同窓会

    講義題名:中枢神経作用薬に見出した抗癌作用 ~独創的研究を志して~

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:225人

    開催日:2019年08月

    講座等名:「未来の君へ:グローバル化対応力を考える」

    講義題名:「未来の君へ:グローバル化対応力を考える」

    主催者:岡山大学
    岡山大学歯学部

    対象者:高校1年,2年,3年生
    保護者
    中学生以下

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:253人

    開催日:2018年08月

    講座等名:模擬講義「岡大歯学部に入ったら」

    講義題名:2018岡山大学オープンキャンパス 歯学部模擬講義「岡大歯学部に入ったら」

    主催者:岡山大学歯学部

    対象者:高校生,その家族

    開催地,会場:岡山大学歯学部第一講義室

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2019年02月

    講座等名:神戸再生医療勉強会 特別企画 「オルガノイド研究で繋ぐ未来の医療」

    講義題名:オルガノイド研究の創薬応用

    主催者:神戸再生医療勉強会(公益財団法人神戸医療産業都市推進機構クラスター推進センター)

    開催地,会場:神戸臨床研究情報センター(TRI)

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:朝日高校一年生

    実施日時,時間数:2017.12.15. 30分

    活動内容:学部紹介,研究室紹介

国際貢献(協力事業) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    相手方国名:フランス,インドネシア

    プロジェクト名:ODAPUS

    期間:2019年07月 ~ 2019年08月

    役割:薬理学実習
    抄読会

    (Practice on Pharmacology, Journal Club)

    相手方機関名:Univ of Western Brittany (Brest, France),
    Andalas Univ (Indonesia)

  • 年度:2019年度

    相手方国名:韓国

    プロジェクト名:Research Talk Sessions

    期間:2019年09月

  • 年度:2018年度

    相手方国名:チリ,ブラジル,ベトナム,韓国,インドネシア

    プロジェクト名:外国人学生のための短期留学研修プログラム (ODAPUS for Foreign Students)
    短期留学生受け入れ、研究紹介、研究室紹介

    期間:2018年01月 ~ 2018年02月

    役割:英語による授業,研究室の紹介・見学

  • 年度:2017年度

    相手方国名:ブラジル

    プロジェクト名:外国人学生のための短期留学研修プログラム (ODAPUS for Foreign Students)
    短期留学生受け入れ、研究紹介、研究室紹介

    期間:2017年09月

  • 年度:2016年度

    相手方国名:ブラジル,チリ,
    ベトナム,台湾,インドネシア

    プロジェクト名:外国人学生のための短期留学研修プログラム (ODAPUS for Foreign Students)
    短期留学生受け入れ
    英語による講義
    研究室見学

    期間:2017年01月 ~ 2017年03月

    役割:1/18 英語講義 Biology of Cancer 25名
    研究室見学受入 計10名,計4日

    相手方機関名:サンパウロ大,フェニステラエ大,ハイフォン医科薬科大,ハノイ医科大,ハサヌディン大,台北医学大

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    他機関名:朝日医療大学校

    活動内容:薬理学講義シリーズ
    講義(90分)x15回(総論,各論)

  • 年度:2018年度

    他機関名:朝日医療大学校

    活動内容:国家試験対策
    90分x3回

  • 年度:2017年度

    他機関名:朝日医療大学校

    活動内容:薬理学講義(総論,各論)。
    90分講義x15回。

  • 年度:2017年度

    他機関名:朝日医療大学校

    活動内容:国家試験対策.
    90分x3回.

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:OSCE部会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:ARCOCS委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:国際委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:国際担当部会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:研究を楽しむ会

    役職:その他

    任期:2017年11月 ~ 継続中

    貢献の実績:企画,運営

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:・論文作成・編集
    ・抄読会の司会・ディスカッション
    ・プログレスミーティングの司会・ディスカッション
    ・研究を楽しむ会の開催・運営

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:分野の研究推進における舵取り。具体的には、研究進捗報告会と抄読会における司会的役割、質問、コメント、ディスカッション、論文の作製、大学院生の研究テーマ策定、研究相談および実験ノートのチェックなど。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:週一回、抄読会(Journal Club)を開催し、医歯薬学・生命科学の分野で発表された重要な文献を共有している。本抄読会は、研究促進のための情報収集・交換、ディスカッション、大学院生とスタッフのトレーニングを兼ねている。
    週一回、セミナーを開催し、プレゼンテーションとディスカッションを通して、研究開発を推進すると同時に、院生およびスタッフのトレーニングに寄与している。

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:OSCE委員

    役職:委員長

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:ARCOCS委員

    役職:委員長

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:国際委員

    役職:委員長

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:早期見学実習委員

    役職:委員長

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:チュートリアル教育委員

    役職:委員長

全件表示 >>

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:・論文作成・編集
    ・抄読会の司会・ディスカッション
    ・プログレスミーティングの司会・ディスカッション

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • タイトル:プラスミド各種

    内容:論文掲載分とそれに関連する未発表のプラスミド

おすすめURL 【 表示 / 非表示