所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部・化学科(自然科学研究科・地球生命物質科学専攻・物質基礎科学講座)錯体化学研究室

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

無機化学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

錯体化学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規機能性金属錯体の合成

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Comparison of ancillary ligand effects between 2,2’-bipyridine and 2-(2’-pyridyl)phenyl in the linkage and bridging isomerism of 5-methyltetrazolato iridium(III) and/or rhodium(III) complexes

    掲載誌名:Dalton Trans.42巻 40号 (頁 14556 ~ 14567)

    発行年月:2013年10月

    著者氏名(共著者含):Asuka Takayama, Takayoshi Suzuki, Miyu Ikeda, Yukinari Sunatsuki, Masaaki Kojima

  • 論文題目名:Four-Electron Oxidative Dehydrogenation Induced by Proton-Coupled Electron Transfer in Ruthenium(III) Complex with 2-(1,4,5,6-Tetrahydropyrimidin-2-yl)phenolate

    掲載誌名:Inorg. Chem.52巻 17号 (頁 10183 ~ 10190)

    発行年月:2013年09月

    著者氏名(共著者含):Ryoji Mitsuhashi, Takayoshi Suzuki, Yukinari Sunatsuki

  • 論文題目名:Orange and Yellow Crystals of Copper(I) Complexes Bearing 8-(Diphenylphosphino)quinoline. A Pair of Distortion Isomers of an Intrinsic Tetrahedral Complex

    掲載誌名:Inorg. Chem.50巻 9号 (頁 3891 ~ 3897)

    発行年月:2011年05月

    著者氏名(共著者含):Takayoshi Suzuki, Hiroshi Yamaguchi, Akira Hashimoto, Koichi Nozaki, Mototsugu Doi, Naoya Inazumi, Noriaki Ikeda, Satoshi Kawata, Masaaki Kojima, Hideo D. Takagi

 

写真

氏名

鈴木 孝義 (スズキ タカヨシ)

SUZUKI Takayoshi

所属専攻講座

異分野基礎科学研究所

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)700-8530 岡山市北区津島中3−1−1

(英)Tsushimanaka 3-1-1, Okayama 700-8530

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)錯体化学

(英)Coordination Chemistry

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:名古屋大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:化学科

    卒業年月:1987年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:名古屋大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:化学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:1992年06月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:無機化学 (Inorganic chemistry)

    学位授与機関名:名古屋大学 (Nagoya University)

    取得方法:課程

    取得年月:1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2015年07月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2008年03月 ~ 2015年06月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:大阪大学

    経歴名:助教

    経歴期間:2007年04月 ~ 2008年02月

  • 所属(勤務)先:ワシントン大学 (University of Washigton)

    経歴名:文部科学省在外研究員 (Visiting Scholar)

    経歴期間:2002年09月 ~ 2003年06月

  • 所属(勤務)先:大阪大学

    経歴名:助手

    経歴期間:1995年06月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:岡崎国立共同研究機構分子科学研究所

    経歴名:助手

    経歴期間:1993年07月 ~ 1996年05月

  • 所属(勤務)先:コペンハーゲン大学 (University of Copenhagen)

    経歴名:文部省交換留学生 (Exchange student)

    経歴期間:1988年09月 ~ 1989年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会 /  日本国 ( 1987年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2009年09月 ~ 2011年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 無機化学 (Inorganic chemistry)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 配位化合物

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規機能性金属錯体の合成 (Synthesis of novel functional coordination compounds)

    キーワード:機能性金属錯体 (Functional coordination compounds)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2008年03月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):無機化学

    専門分野(researchmap分類):配位化合物

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:錯体化学I

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:錯体化学1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:物質化学特論

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:錯体化学4

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:錯体化学3

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    科目名:化学実験1

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    講義内容またはシラバス:分析化学、無機化学、物理化学および有機化学系の基礎的実験を行い、合成、分析、測定およびデータ処理に関する基礎的概念や手法について学ぶ。本講義は、後期に行う化学実験Ⅱの基礎となるものである。

  • 年度:2018年度

    科目名:化学実験法1

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    講義内容またはシラバス:分析化学、無機化学、物理化学および有機化学系の基礎的実験を行い、合成、分析、測定およびデータ処理に関する基礎的概念や手法について学ぶ。本講義は、後期に行う化学実験Ⅱの基礎となるものである。

  • 年度:2018年度

    科目名:個別研究1(プレマスター)

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

  • 年度:2018年度

    科目名:自然科学入門

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    講義内容またはシラバス:  

  • 年度:2018年度

    科目名:化学実験2

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年05月

    講義内容またはシラバス:分析化学、無機化学、物理化学および有機化学系の基礎的実験を行い、合成、分析、測定およびデータ処理に関する基礎的概念や手法について学ぶ。本講義は、後期に行う化学実験Ⅱの基礎となるものである。

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Syntheses and crystal structures of neodymium(III) and europium(III) complexes bearing dimethyl-, pyrrolidine-, or S-prolinol- dithiocarbamato ligands and their natural and magnetic circular dichroism spectra

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Inorg. Chim. Acta481巻 (頁 394 ~ 401)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):Abdallah Yakubu, Takayoshi Suzuki, Masakazu Kita

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j. ica.2018.09.064

  • 論文題目名:Hydrogen-bonding interactions and magnetic relaxation dynamics in tetracoordinated cobalt(II) single-ion magnets

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Dalton Trans.48巻 2号 (頁 395 ~ 399)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):Ryoji Mitsuhashi, Satoshi Hosoya, Takayoshi Suzuki, Yukinari Sunatsuki, Hiroshi Sakiyama, Masahiro Mikuriya

    共著区分:共著

    DOI:10.1039/c8dt04537b

  • 論文題目名:trans-Dichloridotetrakis(pyridine-kN)rhodium(III) chloride methanol tetrasolvate

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:IUCrData3巻 10号 (頁 x181482 ~ )

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):Takayoshi Suzuki, Misaki Tsujino, Yukinari Sunatsuki

    共著区分:共著

    DOI:10.1107/S2414314618014827

  • 論文題目名:Field-induced single-molecule magnet behavior in ideal trigonal antiprismatic cobalt(II) complexes: precise geometrical control by a hydrogen-bonded rigid metalloligand

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chem. Commun.54巻 64号 (頁 8869 ~ 8872)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):Ryoji Mitsuhashi, Kasper S. Pedersen, Takaaki Ueda, Takayoshi Suzuki, Jesper Bendix, Masahiro Mikuriya

    共著区分:共著

    DOI:10.1039/c8cc04756a

  • 論文題目名:Geometrical Isomerism and Redox Properties of Ruthenium(II/III) Complexes with 3-Hydroxypicolinamide

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chem. Lett.47巻 4号 (頁 479 ~ 481)

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):Ryoji Mitsuhashi, Takayoshi Suzuki, Masahiro Mikuriya

    共著区分:共著

    DOI:10.1246/cl.171166

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:J. Coord. Chem.

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Inorg. Chim. Acta

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Chem. Lett,

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Dalton Trans.

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Bull. Chem. Soc. Jpn.

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2018年 日本化学会中国四国支部大会

    開催場所:松山

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:核酸塩基を用いたロジウム(III)およびイリジウム(III)錯体の構造および水素結合相互作用

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2018年 日本化学会中国四国支部大会

    開催場所:松山

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:8-ジフェニルホスフィノキノリン誘導体を含む新規ロジウムおよびコバルト錯体

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:43rd International Conference on Coordination Chemistry

    開催場所:Sendai, Japan

    開催期間:2018年07月 ~ 2018年08月

    題目又はセッション名:Hydrogen-bonding Supramolecular Assembly of S6-Symmetric Cobalt(II) Complex with Tris-bidentate Metalloligand

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:43rd International Conference on Coordination Chemistry

    開催場所:Sendai, Japan

    開催期間:2018年07月 ~ 2018年08月

    題目又はセッション名:Structural characterization and racemization of transition-metal complexes bearing a Schiff base ligand derived from L-histidine methyl ester

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:43rd International Conference on Coordination Chemistry

    開催場所:Sendai, Japan

    開催期間:2018年07月 ~ 2018年08月

    題目又はセッション名:Syntheses, crystal structures and spectroscopic studies of hydrazonato-bridged NdIII-NdIII and EuIII-EuIII dithiocarbamato dinuclear complexes

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:30人

    開催日:2017年02月

    講座等名:原子力基礎工学研究セミナー

    講義題名:金属錯体の特異な構造と性質:分子構造のひずみの制御と自然分晶

    主催者:日本原子力研究所

    開催地,会場:東海村、日本原子力研究所

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県立津山高等学校SSH運営指導委員会

    役職:委員

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外国人研究者受入数:0人

    外国人訪問者数:0人

    外国人留学生数:3人

  • 年度:2017年度

    外国人研究者受入数:0人

    外国人訪問者数:0人

    外国人留学生数:2人

  • 年度:2016年度

    外国人研究者受入数:11人

    外国人訪問者数:0人

    外国人留学生数:1人

 

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:フランス共和国トゥールーズ第3ポールサバティエ大学との大学間協定締結 (2017. 01.04)(本学側実施責任者)