所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

自然生命科学研究支援センター 分析計測分野

職名 【 表示 / 非表示

助教

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

単結晶X線構造解析 粉末X線回折 薄膜X線回折

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:鉄ヒ素系超伝導化合物のX線構造解析

    研究課題概要:

  • 研究課題名:ポリオキソ酸化合物の単結晶X線構造解析

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名: Superconducting transition temperatures of up to 47 K from simultaneous rare-​earth element and antimony doping of 112-​type CaFeAs2(共著)

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan83巻 9号 (頁 093705/1 ~ 093705/4)

    発行年月:2014年07月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Reversible Near-​Infrared​/Blue Mechanofluorochromism of Aminobenzopyranoxanthene(共著)

    掲載誌名:Journal of the American Chemical Society137巻 20号 (頁 6436 ~ 6439)

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含): Tanioka, Masaru; Kamino, Shinichiro; Muranaka, Atsuya; Ooyama, Yousuke; Ota, Hiromi; et al

  • 論文題目名:Thyminato-​bridged cyclic tetranuclear rhodium(III) complexes containing a sodium, calcium or lanthanoid ion as a template metal core(共著)

    掲載誌名:Inorganica Chimica Acta452巻 (頁 205 ~ 213)

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

太田 弘道 (オオタ ヒロミ)

OTA Hiromi

所属専攻講座

自然生命科学研究支援センター

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区津島中3-1-1理学部コラボレーション棟204

研究室電話

(日)086-251-8747

研究室FAX

(日)086-251-8748

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)単結晶X線構造解析 粉末X線回折 薄膜X線回折

(英)X-ray structure determination

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:化学科

    卒業年月:1999年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:自然科学研究科

    専攻名:錯体科学研究室

    修了課程:博士課程

    修了年月:2004年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:機能物質化学 (Functional material chemistry)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2004年03月

  • 学位名:修士(理学)

    学位の分野名:機能物質化学 (Functional material chemistry)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然生命科学研究支援センター

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2014年01月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:自然生命科学研究支援センター

    組織名:分析計測・極低温部門 分析計測分野

    経歴名:職員(技術系) (Technical Staff)

    職務期間:2011年05月 ~ 2013年12月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本結晶学会 /  日本国 ( 2014年01月 ~ 継続中 )

  • 錯体化学会 /  日本国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

取得資格 【 表示 / 非表示

  • エックス線作業主任者

  • 危険物取扱者(甲種)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:鉄ヒ素系超伝導化合物のX線構造解析

    キーワード:単結晶X線構造解析 超伝導

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2014年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用物性・結晶工学 、金属物性 、電子・電気材料工学

    専門分野(researchmap分類):超伝導 、無機化合物の結晶構造

  • 研究課題名:ポリオキソ酸化合物の単結晶X線構造解析

    キーワード:ポリオキソ酸 単結晶X線構造解析

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2014年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用物性・結晶工学

    専門分野(researchmap分類):錯体の結晶構造

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Visualization of Protonation​/Deprotonation of Active Pharmaceutical Ingredient in Solid State by Vapor Phase Amine-​Selective Alkyne Tagging and Raman Imaging(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Pharmaceutical Sciences

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.xphs.2017.03.006

  • 論文題目名:Voltammetric and Spectroscopic Studies of α- and β-​[PW12O40]​3- Polyoxometalates in Neutral and Acidic Media: Structural Characterization as Their [(n-​Bu4N)​3]​[PW12O40] Salts(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Inorganic Chemistry56巻 7号 (頁 3990 ~ 4001)

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.inorgchem.6b03046

  • 論文題目名: Site-Selective Antimony Doping in Arsenic Zigzag Chains of 112-Type Ca1−xLaxFeAs2(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan86巻 (頁 025002 ~ )

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.7566/JPSJ.86.025002

  • 論文題目名:Electrostatic electron-​doping yields superconductivity in LaOBiS2(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Applied Physics Letters109巻 25号 (頁 252601 ~ )

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1063/1.4972400

  • 論文題目名:Encapsulation of Two Potassium Cations in Preyssler-Type Phosphotungstates: Preparation, Structural Characterization, Thermal Stability, Activity as an Acid Catalyst, and HAADF-STEM Images(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Inorganic chemistry55巻 21号 (頁 11583 ~ 11592)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Xiao Miao, Hiromi Ota, and Yoshihiro Kubozono

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.inorgchem.6b02116

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:単結晶X線構造解析依頼測定

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2013年01月 ~ 継続中

    研究内容:学外の研究機関より有償で依頼測定を受け付けている。

    本年度実績
    11 件
    127 万円

    上記の依頼測定収入は使用装置のメンテナンス費用に充当されている。

  • 研究題目:単結晶X線構造解析依頼測定

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2013年01月 ~ 継続中

    研究内容:学外の研究機関より有償で依頼測定を受け付けている。

    本年度実績
    5 件
    35 万円

    上記の依頼測定収入は使用装置のメンテナンス費用に充当されている。

  • 研究題目:単結晶X線構造解析依頼測定

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2013年01月 ~ 継続中

    研究内容:学外の研究機関より有償で依頼測定を受け付けている。

    本年度実績
    11 件
    83 万円

    上記の依頼測定収入は使用装置のメンテナンス費用に充当されている。

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 共同研究希望テーマ:単結晶X線構造解析

    共同研究実施形態:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態:受託研究

 
 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:単結晶X線構造解析装置監守者会議

    役職:委員

    任期:2011年05月 ~ 継続中

    貢献の実績:装置の正常稼動のため
    ・高度な技能を必要とするメンテナンス作業
    ・利用料金の集計
    ・消耗品の購入
    ・新規利用者のための広報、教育
    を行っている。

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:コラボ棟X線回折装置室監守者会議

    役職:委員

    任期:2011年05月 ~ 継続中

    貢献の実績:装置の正常稼動のため
    ・高度な技能を必要とするメンテナンス作業
    ・利用料金の集計
    ・消耗品の購入
    ・新規利用者のための広報、教育
    を行っている。

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究支援センター分析計測分野運営会議

    役職:委員

    任期:2014年01月 ~ 継続中

全学的な実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:「RIETAN RIETAN -FP ・VENUS VENUS システム と 外部 プログラムによる粉末構造解析 」を工学部狩野旬 准教授とともに主催した。学内外から約90名の参加があった。