職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

公法学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

憲法学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:両院制の比較憲法・議会法学的研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:立憲民主制における議会機能再生の制度構想−日・英・豪の比較議会法研究−

  • 研究課題名:「議会運営における時間」に関する比較研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:イギリス憲法における両院制

    掲載誌名:比較憲法学研究18=19号 (頁 1 ~ 27)

    発行年月:2007年10月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:イギリス庶民院における調査委員会制度(一)−国政調査権に関する制度考察−

    掲載誌名:北大法学論集44巻 5号 (頁 1229 ~ 1291)

    発行年月:1994年01月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:オーストラリアにおける両院制-直接公選対等型両院制に関する制度考察-

    掲載誌名:高見勝利先生古稀記念『憲法の基底と憲法論』(信山社) (頁 471 ~ 497)

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):木下和朗

 

写真

氏名

木下 和朗 (キノシタ カズアキ)

KINOSHITA Kazuaki

所属専攻講座

法務研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区津島中3-1-1 岡山大学大学院法務研究科

研究分野・キーワード

(日)憲法学

(英)Constitutional Law

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:北海道大学

    学校の種類:大学

    学部名:法学部

    学科名:法学課程

    卒業年月:1991年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:北海道大学

    研究科名:法学研究科

    専攻名:公法専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:1996年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(法学)

    学位の分野名:公法学 (Public law studies)

    学位授与機関名:北海道大学 (Hokkaido University)

    取得方法:課程

    取得年月:1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:法務研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2016年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:北海学園大学大学院法務研究科

    経歴名:教授

    経歴期間:2011年04月 ~ 2016年03月

  • 所属(勤務)先:熊本大学大学院法曹養成研究科

    経歴名:教授

    経歴期間:2010年07月 ~ 2011年03月

  • 所属(勤務)先:熊本大学大学院法曹養成研究科

    経歴名:准教授

    経歴期間:2007年04月 ~ 2010年06月

  • 所属(勤務)先:熊本大学大学院法曹養成研究科

    経歴名:助教授

    経歴期間:2004年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:熊本大学法学部

    経歴名:助教授

    経歴期間:1996年04月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本公法学会 /  日本国 ( 1994年12月 ~ 継続中 )

  • 全国憲法研究会 /  日本国 ( 2012年05月 ~ 継続中 )

  • 憲法理論研究会 /  日本国 ( 2010年05月 ~ 継続中 )

  • 比較憲法学会 /  日本国 ( 2004年10月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2017年10月 ~ 継続中

    活動内容:監事(2016年10月〜2017年10月)

  • 日米法学会 /  日本国 ( 1997年09月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 公法学 (Public law studies)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 公法学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:両院制の比較憲法・議会法学的研究

    キーワード:両院制、二院制、議会法、選挙制度

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2006年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):公法学

    専門分野(researchmap分類):公法学 、政治学

  • 研究課題名:立憲民主制における議会機能再生の制度構想−日・英・豪の比較議会法研究−

    キーワード:議会法、イギリス憲法、オーストラリア憲法

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2017年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):公法学

    専門分野(researchmap分類):公法学 、政治学

  • 研究課題名:「議会運営における時間」に関する比較研究

    キーワード:公法学、議会運営、議事日程、会期制

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2017年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):公法学

    専門分野(researchmap分類):公法学 、政治学

  • 研究課題名:現代議会法の理論的転回−グローバル化時代の議会立法と議会統制権の拡充−

    キーワード:立法権、議会統制権、政府統制権、議会法、議会先例、グローバル化

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):公法学

    専門分野(researchmap分類):公法学 、政治学

  • 研究課題名:日本憲法研究の国際比較−グローバル立憲主義の形成における日本憲法の寄与可能性−

    キーワード:比較憲法学

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2017年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):公法学

    専門分野(researchmap分類):公法学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:リーガルライティング演習入門b

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:憲法II(人権)

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:リーガルライティング演習III

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:人権演習

    担当期間:2018年09月 ~ 2019年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2018年度

    授業科目:憲法演習

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年09月

    授業形式:

全件表示 >>

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:憲法I(統治)予習用教材・講義レジュメ(A4版160頁)及び憲法入門教材(A4版6頁)

  • 年度:2018年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:憲法演習/公法訴訟演習予習用教材・講義レジュメ(A4版62頁)

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:憲法I(統治)予習用教材・講義レジュメ(A4版151頁)及び憲法入門教材(A4版6頁)

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:リーガルライティング演習III予習用教材・講義レジュメ(A4版29頁)

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:リーガルライティング演習入門b予習用教材・講義レジュメ(A4版20頁)

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:菊池事件の裁判手続をめぐる憲法問題

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:法学セミナー757号 (頁 78 ~ 82)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):木下和朗

    共著区分:単著

  • 論文題目名:イギリスにおける人権保障 ( Civil Liberties and Human Rights in the United Kingdom)

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学法学会雑誌 ( Okayama Law Journal) 67巻 1号 (頁 142 ~ 108)

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):木下和朗

    共著区分:単著

    論文本文URL: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/55335

  • 論文題目名:立法過程の改革及び変動と政治部門における権力の拡散

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:川崎政司=大沢秀介(編)『現代統治構造の動態と展望−法形成をめぐる政治と法−』(尚学社) (頁 112 ~ 150)

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):木下和朗

    共著区分:単著

  • 論文題目名:オーストラリアにおける両院制-直接公選対等型両院制に関する制度考察-

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:高見勝利先生古稀記念『憲法の基底と憲法論』(信山社) (頁 471 ~ 497)

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):木下和朗

    共著区分:単著

  • 論文題目名:イギリスにおける憲法改革-ウェストミンスター・モデルと政治的憲法をめぐって-

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:比較憲法学研究25号 (頁 57 ~ 84)

    発行年月:2013年10月

    著者氏名(共著者含):木下和朗

    共著区分:単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:【ブックレビュー】田中嘉彦『英国の貴族院改革-ウェストミンスター・モデルと第二院-』

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:法律時報88巻 9号 (頁 118 ~ 122)

    出版機関名:日本評論社

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):木下和朗

    共著区分:単著

  • 題目:欧米諸国における日本憲法研究の状況

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:広島法科大学院論集12号 (頁 277 ~ 328)

    出版機関名:

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):新井誠, 岡田順太, 横大道聡, 小谷順子, 木下和朗, 徳永貴志

    共著区分:共著

    担当部分:「III 欧州における比較憲法と日本憲法研究 1 イギリス」307-314頁を執筆

  • 題目:「熊本に特徴的」な憲法問題と「地域の憲法学」の意義(熊本大学法学部シンポジウム「地域に学ぶ憲法」報告2)

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:熊本法学132号 (頁 224 ~ 231)

    出版機関名:

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:小選挙区選挙と法の下の平等 最(大)判平成19年6月13日(民集61巻4号1617頁)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ジュリスト1354号 (頁 10 ~ 11)

    出版機関名:有斐閣

    発行年月:2008年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:憲法 事例問題起案の基礎(共著) (The Basics of Writing Constitutional Law Exam Papers)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山大学出版会

    発行日:2018年05月

    著者名:岡山大学法科大学院公法系講座(編著) (Public Law Faculty at School of Law, Okayama University)

    著書形態:共著

    担当部分:「第1章 総説 第5節 司法試験論文式試験の出題趣旨・採点実感について」17-18頁, 「第4章 平等違反の合憲性審査」45-56頁, 「第7章 文面審査 第1節 総説」75-76頁, 全体の編集

  • 著書名:世界の人権保障(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:三省堂

    発行日:2017年09月

    著者名:中村睦男(編著),佐々木雅寿(編著),寺島壽一(編著),岩本一郎,木下和朗,大島佳代子,鈴木賢,李仁淼,岡克彦,齊藤正彰

    著書形態:共著

    担当部分:第2章 イギリス

  • 著書名:はじめての憲法学[第3版](共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:三省堂

    発行日:2015年04月

    著者名:中村睦男(編著), 岩本一郎, 大島佳代子, 木下和朗, 齊藤正彰, 佐々木雅寿, 寺島壽一

    著書形態:共著

  • 著書名:二院制の比較研究-英・仏・独・伊と日本の二院制-(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:日本評論社

    発行日:2014年03月

    著者名:岡田信弘(編), カルロ・フザーロ, ソフィー・ボアロン, イェンス・ヴェルク, メグ・ラッセル, 芦田淳, 新井誠, 加藤一彦, 木下和朗, 只野雅人, 田中嘉彦, 橘幸信, 川崎政司,

    著書形態:共著

  • 著書名:ロースクール憲法総合演習-<基礎>から<合格>までステップ・アップ-(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:法律文化社

    発行日:2012年10月

    著者名:原田一明(編), 君塚正臣(編), 新井誠, 上田健介, 大江一平, 葛西まゆこ, 川岸令和, 木下和朗, 高畑英一郎, 田近肇, 早瀬勝明, 藤井樹也, 松本哲治, 丸山淳裕, 山本龍彦, 横大道聡

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第24回岡山行政法実務研究会

    開催場所:岡山大学

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:書評報告

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:2017年度第9回北陸公法判例研究会

    開催場所:石川四高記念文化交流館

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:イギリス議会における政治と法の交錯・相互作用-政治性の強い立法過程における貴族院の憲法保障及び裁判官の委員会出席-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:岡山公法判例研究会第91回研究会

    開催場所:岡山大学

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:イギリス議会における政治と法の交錯・相互作用

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:イギリス行政法研究会

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:イギリス議会における政治と法の交錯・相互作用

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第3回「司法のファンダメンタルズの改革」研究会

    開催場所:北海道大学

    開催期間:2016年08月

    題目又はセッション名:イギリスにおける議会に対する裁判所の説明責任

全件表示 >>

 

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山県本人確認情報保護審議会

    役職:委員

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    福山市議会議会運営委員会において参考人として地方議会の議員定数について意見陳述

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:岡山大学広報推進会議

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境管理センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:岡山大学広報推進会議

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2019年03月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:副委員長

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:法学会編集委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月