所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

産業創成工学専攻・知能機械システム学講座

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

人間工学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:生理・行動指標による交通事故リスクが高くなる時点の予測技術に関する実用的研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:自動車人間工学

 

写真

氏名

村田 厚生 (ムラタ アツオ)

MURATA Atsuo

所属専攻講座

自然科学研究科

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)人間工学

(英)Ergonomics

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • IEEE SMC Internnationla Workshop on Computer Intelligence and Applications /  日本国 ( 2009年07月 ~ 2009年11月 )

    役職・役割名:オーガナイザー

    活動期間:2009年07月 ~ 2009年11月

    活動内容:User Interface Design(1),User Interface Design(2),Automotive Interface Design,Human Factors and Intelligent Manufacturing System

  • 日本人間工学会中国四国支部学術講演会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 2009年11月 )

    役職・役割名:大会長

    活動期間:2009年04月 ~ 2009年11月

  • 計測自動制御学会中国支部 人間・情報・システム研究会 /  日本国 ( 2009年01月 ~ 2009年12月 )

    役職・役割名:代表

    活動期間:2010年01月 ~ 2010年12月

  • 計測自動制御学会中国支部 人間・情報・システム研究会 /  日本国 ( 2009年01月 ~ 2009年12月 )

    役職・役割名:代表

    活動期間:2009年01月 ~ 2009年12月

  • 日本人間工学会 /  日本国 ( 2009年01月 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2010年06月 ~ 2012年05月

全件表示 >>

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:生理・行動指標による交通事故リスクが高くなる時点の予測技術に関する実用的研究 (Prediction Technology of Point in Time with High Risk of Crash using Physiological and Behavioral Measures)

    キーワード:交通事故 予測技術  (crash point in time with high risk of crash prediction technology)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2014年04月 ~ 2019年03月

    専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム

    専門分野(researchmap分類):人間機械系

  • 研究課題名:自動車人間工学

    キーワード:自動車,人間工学,認知特性

    研究態様:未設定

    研究制度:経常研究

    研究期間:1998年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):感性情報学・ソフトコンピューティング 、認知科学

    専門分野(researchmap分類):人間機械系

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:知能ロボット運用論

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:知能ロボット運用論

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:生産システム基礎論

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:機械システム工学演習2

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:機械システム工学セミナーⅡ

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:専任

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A method for predicting the risk of virtual crashes in a simulated driving task using behavioural and subjective drowsiness measures

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Ergonomics (頁 1 ~ 17)

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):Atsuo Murata*,Kensuke Naitoh,Waldemar Karwowski

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/00140139.2016.1223885

  • 論文題目名:Development of a method to predict crash risk using trend analysis of driver behavior changes over time

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Traffic Injury Prevention17巻 2号 (頁 114 ~ 121)

    発行年月:2016年02月

    著者氏名(共著者含):Atsuo Murata*,Kohei Fukuda

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/15389588.2015.1050720

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:安心感を高める自動車用コックピット・モジュール設計基盤技術

    研究期間:2010年04月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:触覚警報インターフェースの有効性に関する研究

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    役職:学科長

    職名:工学部 機械システム系学科長

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

  • 年度:2013年度

    役職:学科長

    職名:工学部 システム工学科長

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月