所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

岡山大学惑星物質研究所

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

岩石・鉱物・鉱床学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

岩石学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:西南日本新生代マグマ活動の進化

    研究課題概要:西南日本に分布する新生代の玄武岩,デイサイトの成因関係を明らかにし,沈み込む海洋地殻と島弧下のマントルの相互作用を解明すべく K-Ar 年代測定と主成分・微量成分・B-Sr-Nd-Hf-Pb 同位体組成に基づいたマグマ活動の時空間変化を解析している.

  • 研究課題名:感度法による若い火山岩のK-Ar年代測定

  • 研究課題名:アイスランドマントルプルームの進化

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 会議名称:26th Goldschmidt conference

    開催期間:2016年06月 ~ 2016年07月

    題目又はセッション名:Geochemistry of Cenozoic Basalts in Northern Kyushu

    発表形態:口頭(一般)

    発表者名(共同発表者含):Kitagawa H, Sakaguchi C, Tokeshi S, Nakamura E

  • 論文題目名:Origin of the 'ghost plagioclase’ signature in Galapagos melt inclusions: New evidence from Pb isotopes

    掲載誌名:Journal of Petrology55巻 (頁 2193 ~ 2216)

    発行年月:2014年11月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Geochemical heterogeneities in magma beneath Mount Etna recorded by 2001–2006 melt inclusions

    掲載誌名:Geochemistry, Geophysics, Geosystems16巻 7号 (頁 2109 ~ 2126)

    発行年月:2015年07月

    著者氏名(共著者含):Schiavi, F. et al.

全件表示 >>

 

写真

氏名

北川 宙 (キタガワ ヒロシ)

Hiroshi Kitagawa

所属専攻講座

惑星物質研究所

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)山田827

(英)Yamada 827

研究室電話

(日)0858 43 3826

(英)0858 43 3826

研究室FAX

(日)0858 43 3826

(英)0858 43 3826

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)岩石学

(英)petrology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:学術

    学位の分野名:岩石・鉱物・鉱床学 (Science of rocks/minerals/ore deposits)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2006年03月

  • 学位名:理学

    学位の分野名:岩石・鉱物・鉱床学 (Science of rocks/minerals/ore deposits)

    学位授与機関名:琉球大学 (University of the Ryukyus)

    取得方法:課程

    取得年月:2002年03月

  • 学位名:理学

    学位の分野名:岩石・鉱物・鉱床学 (Science of rocks/minerals/ore deposits)

    学位授与機関名:琉球大学 (University of the Ryukyus)

    取得方法:課程

    取得年月:2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:惑星物質研究所

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2015年03月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本鉱物学会 /  日本国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 岩石・鉱物・鉱床学 (Science of rocks/minerals/ore deposits)

  • 地球宇宙化学 (Earth astrochemistry)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 岩石学、火山地質学

  • 地球化学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:西南日本新生代マグマ活動の進化 (Evolution of Cenozoic magmatism in SW Japan)

    キーワード:西南日本新生代 (Cenozoic magmatism in SW Japan)

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):岩石学、火山地質学

  • 研究課題名:感度法による若い火山岩のK-Ar年代測定 (Developement of unspiked K-Ar dating and applications to young volcanic rocks)

    キーワード:K-Ar年代法 (unspiked K-Ar dating)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2011年12月 ~ 2013年07月

    専門分野(科研費分類):岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):岩石学、火山地質学

  • 研究課題名:アイスランドマントルプルームの進化 (Evolution of Iceland mantle plume)

    キーワード:マントルプルーム (mantle plume)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2006年04月 ~ 2008年10月

    専門分野(科研費分類):地球宇宙化学 、岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):地球化学 、岩石学、火山地質学

    研究内容:代表的なホットスポットであるアイスランドで採取した 1300 万年から 200 万年前に噴出した玄武岩に地球化学分析手法を適用し,マントルプルームの進化が非定常的マントル物質の輸送に支配されていることを明らかにした.

    (Geochemical analyses (major and trace element and Sr-Nd-Hf-Pb isotopic compositions) were applied to Tertiary basalts from Iceland hot spot. Temporal fluctuation in isotopic variations are attributed to mixing of melts derived from three different mantle end-member components. Relative contribution from each component shows temporal variation, and is correlated with magma production rate. )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:分析地球惑星化学演習III

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:分析地球惑星化学演習II

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:分析地球惑星化学特別研究

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:分析地球惑星化学ゼミナール

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:地球惑星地質学

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    博士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 4人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Petrologic and geochemical characterization of rift-related magmatism at the northernmost Main Ethiopian Rift: Implications for plume-lithosphere interaction and the evolution of rift mantle sources

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Lithos282–283巻 (頁 240 ~ 261)

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):D. H. Feyissaa, R. Shinjo, H. Kitagawa, D. Meshesha, E. Nakamura

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.lithos.2017.03.011

  • 論文題目名:Geochemical heterogeneities in magma beneath Mount Etna recorded by 2001–2006 melt inclusions

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Geochemistry, Geophysics, Geosystems16巻 7号 (頁 2109 ~ 2126)

    発行年月:2015年07月

    著者氏名(共著者含):Schiavi, F. et al.

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/2015GC005786

  • 論文題目名:Evaluation of the applicability of acid leaching for the 238U–230Th internal isochron method

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chemical Geology396巻 (頁 255 ~ 264)

    発行年月:2015年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.chemgeo.2014.12.025

  • 論文題目名:Comment on "Diverse magmatic effects of subducting a hot slab in SW Japan: Results from forward modeling" by J.-I. Kimura et al.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Geochemistry, Geophysics, Geosystems

    発行年月:2015年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/2015GC005914

  • 論文題目名:Origin of the 'ghost plagioclase’ signature in Galapagos melt inclusions: New evidence from Pb isotopes

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Petrology55巻 (頁 2193 ~ 2216)

    発行年月:2014年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Island Arc

  • 年度:2013年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Island Arc

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:Earthquake hazards and tectonics in southwest Japan

    開催場所:鳥取県東伯郡三朝町

    開催期間:2017年07月

    題目又はセッション名:Slab morphology and Cenozoic volcanism in East Asia

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:26th Goldschmidt conference (26th Goldschmidt conference)

    開催期間:2016年06月 ~ 2016年07月

    題目又はセッション名:Geochemistry of Cenozoic Basalts in Northern Kyushu

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:Misasa VI “Frontiers in Earth and Planetary Materials Research: Origin, Evolution and Dynamics”

    開催場所:Misasa, Tottori, Japan

    開催期間:2016年03月

    題目又はセッション名:Seamount subduction and slab rupture: geochemical evidence from northern Kyushu