職名 【 表示 / 非表示

准教授

 

写真

氏名

平田 彩子 (ヒラタ アヤコ)

HIRATA Ayako

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

准教授

性別

女性

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学

    学校の種類:大学

    学部名:法学部

    卒業年月:2007年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:カリフォルニア大学バークレー校

    研究科名:法学と社会政策プログラム(Jurisprudence and Social Policy Program, Law School)

    専攻名:法学と社会政策プログラム(Jurisprudence and Social Policy Program, Law School)

    修了課程:博士課程

    修了年月:2013年08月

    修了区分:修了

    所在国:アメリカ合衆国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:Ph.D. (Ph.D. )

    学位の分野名:法学と社会政策 (Jurisprudence and Social Policy )

    学位授与機関名:カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ合衆国) (Universtiy of California, Berkeley )

    取得方法:課程

    取得年月:2016年08月

  • 学位名:法学 (Law )

    学位の分野名:基礎法学 (Basic law)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:法社会学概論Ⅱ

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:現代法社会理論演習2

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:法社会学概論a

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:法社会学概論I

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:現代法社会理論2

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:自治体間ネットワークと法の解釈 ( Frontlie Networks for Legal Interpretation )

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:臨床法務研究22号 (頁 111 ~ 118)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:公務員弁護士と規制行政 ( Government Lawyers in Regulatory Implementation )

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:地方自治851号 (頁 2 ~ 24)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:分析枠組みとしてのストリート・レベル・ビュロクラシー ―「第一線裁判官」という理解は可能なのか―

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:宮澤節生先生古希記念 現代日本の法過程(上) (頁 713 ~ 734)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Regulatory Enforcement of Environmental Law in Japan: An Analysis on the Water Control Pollution Act Implementation

    記述言語:英語

    掲載種別:その他

    掲載誌名: The Changing Role of Law in Japan: Empirical Studies in Culture, Society and Policy Making (頁 133 ~ 156)

    発行年月:2014年08月

    著者氏名(共著者含):Dimitri Vanoverbeke et al., (ed.)

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Human Flotsam, Legal Fallout: Japan’s Tsunami and Nuclear Meltdown

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Journal of Environmental Law and Litigation27巻 1号 (頁 107 ~ 124)

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):Robert B Leflar, Ayako Hirata, Masayuki Murayama, and Shozo Ota

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:自治体現場の法適用―あいまいな法はいかに実施されるか (Dealing with Ambiguity: How Street-level Offices Make Sense of Environmental Regulatory Statutes)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:東京大学出版会 (University of Tokyo Press)

    発行日:2017年03月

    著者名:平田 彩子 (Ayako Hirata )

    著書形態:単著

  • 著書名:行政法の実施過程ー環境規制の動態と理論ー (Enforcement Processes of Administrative Law: Empirical and Economic Analysis on the Dynamics of Environmental Regulation in Japan)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:木鐸社 (Bokutakusha Publisher)

    発行日:2009年11月

    著者名:平田 彩子 (Ayako Hirata )

    著書形態:単著

  • 著書名:法,疫学,市民社会:法政策における科学的手法の活用

    記述言語:日本語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:木鐸社

    発行日:2009年03月

    著者名:太田勝造・津田敏秀(監訳),太田勝造,ノミンチメグ・オドスレン,佐伯昌彦,平田彩子共訳

    著書形態:共訳

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本行政学会 (The Japanese Society for Public Administration )

    開催場所:東京大学

    開催期間:2018年05月

    題目又はセッション名:自治体間ネットワークと法の解釈・適用―地方自治体による環境規制法の実施・執行の場面から (Inter-office Networks and Interpretation of Law )

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:法と経済学会 (Japan Law and Economics Association )

    開催場所:東洋大学

    開催期間:2017年07月

    題目又はセッション名:Regulatory Ambiguity: a pilot survey of regulated entities’’ perspectives (Regulatory Ambiguity: a pilot survey of regulated entities'' perspectives)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:7th Dutch-Japanese Law Symposium (7th Dutch-Japanese Law Symposium)

    開催場所:Kyoto University, Japan

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:“Diffusion and Diversity of Regulatory Governance at Local Level: How Street-level Regulatory Offices Cope with Uncertainty of Environmental Damages and Ambiguity of Law” (Diffusion and Diversity of Regulatory Governance at Local Level: How Street-level Regulatory Offices Cope with Uncertainty of Environmental Damages and Ambiguity of Law)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:ECPR Regulatory Governance Conference (ECPR Regulatory Governance Conference)

    開催場所:Tilburg University

    開催期間:2016年07月

    題目又はセッション名:“Diffusion and Diversity of Regulatory Governance at Local Level: How Street-level Regulatory Offices Cope with Uncertainty of Environmental Damages and Ambiguity of Law” (Diffusion and Diversity of Regulatory Governance at Local Level: How Street-level Regulatory Offices Cope with Uncertainty of Environmental Damages and Ambiguity of Law)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Law and Society Association Annual Meeting (Law and Society Association Annual Meeting)

    開催期間:2016年06月

    題目又はセッション名:Diffusion and Diversity of Meaning of Regulatory Statute: how frontline regulators cope with uncertainty of environmental damages and ambiguity of law (Diffusion and Diversity of Meaning of Regulatory Statute: how frontline regulators cope with uncertainty of environmental damages and ambiguity of law)

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:藤田賞 (Fujita Award )

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞

    受賞年月:2017年09月

    受賞国:日本国

    授与機関:公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所

    受賞者・受賞グループ名:平田 彩子 (Ayako Hirata )

  • 受賞学術賞名:Graduate Student Paper Prize

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2016年05月

    受賞国:アメリカ合衆国

    授与機関:Law & Society Association

    受賞者・受賞グループ名:Ayako Hirata

  • 受賞学術賞名:Winner of the 2nd Half Century Junior Scholars Essay Competition

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2014年05月

    受賞国:アメリカ合衆国

    授与機関:Law & Society Association

    受賞者・受賞グループ名:Ayako Hirata

  • 受賞学術賞名:天野和夫賞

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2010年11月

    受賞国:日本国

    授与機関:立命館大学

    受賞者・受賞グループ名:平田 彩子

  • 受賞学術賞名:学会奨励賞(著書部門)

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2010年05月

    受賞国:日本国

    授与機関:日本法社会学会

    受賞者・受賞グループ名:平田 彩子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:法の実施・執行における行政組織内弁護士の役割:地方自治体・児童相談所を中心に (Government Lawyers for Policy Implementation)

    研究期間:2020年04月 ~ 2024年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:法の実施・執行における行政組織内弁護士の役割:地方自治体・児童相談所を中心に

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:環境規制法実施下での遵守・交渉・法の実現に関する経験的研究

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:環境規制法実施下での遵守・交渉・法の実現に関する経験的研究

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:公的及び私的主体による要支援者支援に関する包括的研究

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:公的及び私的主体による要支援者支援に関する包括的研究

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:環境規制法実施過程と規制遵守行動についての実証的分析

    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:環境規制法実施過程と規制遵守行動についての実証的分析

 

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:総務省自治行政局市町村課「基礎自治体による行政基盤の構築に関する研究会」

    役職:委員

  • 年度:2019年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:文部科学省 学術調査官

    役職:その他

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:基礎自治体による行政基盤の構築に関する研究会(総務省)

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:総務省21世紀地方自治制度研究会

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:文化審議会著作権分科会「著作権法における権利制限規定の柔軟性が及ぼす効果と影響等に関する作業部会」

    役職:委員