職名 【 表示 / 非表示

准教授

 

写真

氏名

大月 純子 (オオツキ ジュンコ)

OOTSUKI Junko

所属専攻講座

生殖補助医療技術教育研究センター

職名

准教授

性別

女性

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:お茶の水女子大学

    研究科名:理学系研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2007年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:理学博士 (Ph.D. in Embryology)

    学位の分野名:発生生物学 (Developmental biology)

    学位授与機関名:お茶の水女子大学 (Ochanomizu University)

    取得方法:課程

    取得年月:2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:生殖補助医療技術教育研究センター

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2017年05月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生殖発生医学会(旧 日本生殖再生医学会) /  日本国 ( 2007年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:幹事:学術

    活動期間:2010年04月 ~ 継続中

  • 日本受精着床学会 /  日本国 ( 2002年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2014年04月 ~ 継続中

  • 日本卵子学会 /  日本国 ( 2002年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:編集委員、評議員

    活動期間:2008年04月 ~ 継続中

  • 日本生殖医学会 /  日本国 ( 2002年04月 ~ 継続中 )

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Retrospective comparative study of the factors affecting birthweights in frozen-thawed embryo transfer, compared to fresh embryo transfer

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reproductive Medicine and Biology16巻 3号 (頁 290 ~ 296)

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):Yuta Tsuji, Junko Otsuki, Toshiroh Iwasaki, Kohyu Furuhashi, Yukiko Matsumoto, Shoji Kokeguchi and Masahide Shiotani

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/rmb2.12038

  • 論文題目名:Potential of zygotes to produce live births can be identified by the size of the male and female pronuclei just before their membranes break down

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reproductive Medicine and Biology16巻 2号 (頁 200 ~ 205)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Junko Otsuki, Toshiroh Iwasaki, Yuta Tsuji, Yuya Katada, Haruka Sato, Yukari Tsutsumi, Kanae Hatano, Kohyu Furuhashi, Yukiko Matsumoto, Shoji Kokeguchi and Masahide Shiotani

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/rmb2.12032

  • 論文題目名:Grade and looseness of the inner cell mass may lead to the development of monochorionic diamniotic twins.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Fertility and Sterility106巻 3号 (頁 640 ~ 644)

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Otsuki J, Iwasaki T, Katada Y, Sato H, Furuhashi K, Tsuji Y, Matsumoto Y, Shiotani M.

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.fertnstert.2016.05.007.

  • 論文題目名:Detection and quantification of male-specific fetal DNA in the serum of pregnant cynomolgus monkeys (Macaca fascicularis).

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Comparative medicine65巻 1号 (頁 70 ~ 76)

    発行年月:2015年02月

    著者氏名(共著者含):Yasmin L, Takano J, Nagai Y, Otsuki J, Sankai T.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Aggregated chromosomes transfer in human oocytes.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reproductive BioMedicine Online28巻 3号 (頁 401 ~ 404)

    発行年月:2014年03月

    著者氏名(共著者含):Otsuki J, Nagai Y, Sankai T.

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.rbmo.

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:The nuclear phase of human oocytes during ICSI and nuclear transfer procedures

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Mammalian Ova Research34巻 1号 (頁 31 ~ 36)

    出版機関名:

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):Junko Otsuki*, Toshiroh Iwasaki, Yuta Tsuji and Masahide Shiotani

    共著区分:共著

    DOI:10.1274/jmor.34.31

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:不妊・不育診療指針

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:中外医学社

    発行日:2016年11月

    著者名:

    著書形態:共編著

  • 著書名:卵子学

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:京都大学学術出版会

    発行日:2011年09月

    著者名:

    著書形態:共編著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Journal of Mammalian Ova Research

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Journal of Mammalian Ova Research

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:Journal of Mammalian Ova Research

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Annual meeting of European Society of Human Reproduction and Embryology

    開催場所:Geneva

    開催期間:2017年07月

    題目又はセッション名:The higher incidence of cleavage failure in oocytes with smooth endoplasmic reticulum clusters (sERC) than in oocytes without sERC in sERC positive cycles

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:Merck Serono Conference

    開催場所:Beijing

    開催期間:2017年06月

    題目又はセッション名:Embryo assessment based on continuous embryo monitoring

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Annual meeting of American Society of Reproductive Medicine

    開催場所:Salt Lake City

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:IMPROVED NONLASER TROPHECTODERM BIOPSY FOR PGD AND PGS INTEGRATED WITH TIME LAPSE OBSERVATION AND A SECURE METHOD FOR PLACING BIOPSY SAMPLES INTO PCR TUBES

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:日本IVF学会

    開催場所:神戸

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:ART lab in the next generation

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:日本受精着床学会

    開催期間:2016年09月

    題目又はセッション名:胚評価 up to date

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本生殖発生医学会(旧 日本生殖再生医学会)

    役職・役割名:幹事:学術

    活動期間:2017年04月 ~ 継続中

  • 日本受精着床学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2014年04月 ~ 継続中

  • 日本生殖再生医学会

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2014年04月 ~ 2017年03月

  • 日本卵子学会

    役職・役割名:編集委員、代議員

    活動期間:2008年06月 ~ 継続中

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:ART Laboratory Award

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2007年07月

    受賞国:フランス共和国

    授与機関:European Society of Human Reproduction and Embryology

    受賞者・受賞グループ名:Junko Otsuki