研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

分析化学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:単一細胞、単一分子計測の研究

    研究課題概要:レーザー分光法、電気泳動法を利用した生体物質計測法の開発を行っている。

  • 研究課題名:マイクロペーパー分析デバイスの研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Acid-Base Titrations Using Microfluidic Paper-Based Analytical Devices

    掲載誌名:Analytical Chemistry86巻 (頁 12108 ~ 12114)

    発行年月:2014年11月

    著者氏名(共著者含):Shingo Karita, Takashi Kaneta

 

写真

氏名

金田 隆 (カネタ タカシ)

KANETA Takashi

所属専攻講座

自然科学研究科

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)分析化学

(英)Analytical Chemistry

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:北海道教育大学

    学校の種類:大学

    学部名:教育学部

    学科名:化学

    卒業年月:1987年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:北海道大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:化学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1992年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:北海道大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:化学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:1989年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学) (Doctor (Science))

    学位の分野名:分析化学 (Analytical chemistry)

    学位授与機関名:北海道大学 (Hokkaido University)

    取得方法:課程

    取得年月:1992年03月

  • 学位名:理学修士 (Master of Science)

    学位の分野名:分析化学 (Analytical Chemistry)

    学位授与機関名:北海道大学 (Hokkaido University)

    取得方法:課程

    取得年月:1989年03月

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:単一細胞、単一分子計測の研究 (Study on the analytical methods for single cells and single molecules)

    キーワード:キャピラリー電気泳動,レーザー,細胞,タンパク質,DNA (Capillary electrophoresis, Laser, Cell, Protein, DNA)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):分析化学

    専門分野(researchmap分類):分析化学一般

  • 研究課題名:マイクロペーパー分析デバイスの研究 (Study on microfluidic paper-based analytical devices)

    キーワード:ろ紙、簡易分析法、環境分析、現場分析 (Filter paper, Facile analytical method, Environmental analysis, On-site analysis)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2013年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):分析化学

    専門分野(researchmap分類):分析化学一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析化学2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:課題研究1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:化学実験法1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:化学実験1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生体分析化学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A colorimetric paper-based analytical device coupled with hollow fiber membrane liquid phase microextraction (HF-LPME) for highly sensitive detection of hexavalent chromium in water samples

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Talanta190巻 (頁 78 ~ 84)

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Waleed Alahmad,Nuttanee Tungkijanansin,Takashi Kaneta*,Pakorn Varanusupakul

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.talanta.2018.07.056

  • 論文題目名:Hydrophobic assembly of gold nanoparticles into plasmonic oligomers with Langmuir-Blodgett film

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers & Short Notes, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers, Japanese Journal of Applied Physics, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2: Letters, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers & Short Notes & Review Papers57巻 12号

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Shiho Ikegami,Kenzo Yamaguchi,Takuo Tanaka,Nobuyuki Takeyasu*,Takashi Kaneta*

    共著区分:共著

    DOI:10.7567/JJAP.57.120311

  • 論文題目名:Enhanced Optical Collection of Micro- and Nanovesicles in the Presence of Gold Nanoparticles

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ACS Omega3巻 3号 (頁 2527 ~ 2531)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):Mai Kuboi,Nobuyuki Takeyasu*,Takashi Kaneta*

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acsomega.8b00033

  • 論文題目名:Laser-Induced Fluorometry for Capillary Electrophoresis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chemical Record, Chemical Records

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):Takashi Kaneta*

    共著区分:単著

    DOI:10.1002/tcr.201800051

  • 論文題目名:Highly sensitive paper-based analytical devices with the introduction of a large-volume sample via continuous flow

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Analytical Sciences34巻 1号 (頁 65 ~ 70)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):Yuhi Shimada,Takashi Kaneta*

    共著区分:共著

    DOI:10.2116/analsci.34.65

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:マイクロ流路ペーパー分析デバイスの作製法 ( Fabrication Methods of Microfluidic Paper-Based Analytical Devices)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:ぶんせき2015巻 11号 (頁 499 ~ 500)

    出版機関名:日本分析化学会 ( The Japan Society for Analytical Chemistry)

    発行年月:2015年11月

    著者氏名(共著者含):金田 隆 ( Takashi Kaneta)

    共著区分:単著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:26th International Symposium on Electroseparation and Liquid Phase-Separation Techniques (ITP2019)

    開催場所:Toulouse, France

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:Direct counting of exosomes in a culture medium with laser-induced fluorescence

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:26th International Symposium on Electroseparation and Liquid Phase-Separation Techniques (ITP2019)

    開催場所:Toulouse, France

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:Determination of Exosomal Membrane Proteins CD63 by Capillary Electrophoresis

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:PACCON 2018

    開催場所:Bangkok, Thailand

    開催期間:2019年02月

    題目又はセッション名:Novel paper-based analytical devices with distance readouts

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Flow Analysis 2018

    開催場所:Bangkok, Thailand

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:Paper-based analytical devices using chromatographic principle

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Flow Analysis 2018

    開催場所:Bangkok, Thailand

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:Acceleration mechanism of vesicles via optical pressure in the presence of gold nanoparticles

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会

    役職・役割名:中国四国支部支部長

    活動期間:2018年03月 ~ 継続中

  • 日本分析化学会

    役職・役割名:中国四国支部支部長

    活動期間:2017年03月 ~ 継続中