研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:「細胞「外」小器官を介した象牙芽細胞の規則的配列機構の解明

    研究課題概要:

  • 研究課題名:細胞アンテナを介した歯牙再生への新しいアプローチ

  • 研究課題名:軟骨でのシグナル伝達及びタンパク輸送におけるLRP1の役割:顎関節症治療にむけて

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名: in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    出版機関名:Springer

    発行日:2016年10月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 会議名称:第34回日本骨代謝学会学術集会・第3回アジア太平洋骨代謝学会議

    開催期間:2016年07月

    題目又はセッション名:骨格形成における低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の役割

    発表形態:ポスター(一般)

    発表者名(共同発表者含):河田かずみ、久保田聡、服部高子、青山絵理子、滝川正春

  • 会議名称:第8回日本CCNファミリー研究会

    開催期間:2016年08月

    題目又はセッション名:CCN2による軟骨細胞増殖・分化促進に対する癌抑制遺伝子PDGFR-like (PDGFRL)の効果

    発表形態:口頭(一般)

    発表者名(共同発表者含):河田かずみ、久保田聡、江口傑徳、青山絵理子、森谷徳文、 岡森彦、川木晴美、 滝川正春

全件表示 >>

 

写真

氏名

河田 かずみ (カワタ カズミ)

KAWATA Kazumi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

性別

女性

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(歯学)

    学位の分野名:機能系基礎歯科学 (Functional basic odontology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2007年03月

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:「細胞「外」小器官を介した象牙芽細胞の規則的配列機構の解明

    キーワード:一次繊毛、象牙芽細胞

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2016年01月 ~ 2016年03月

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):細胞生物学

  • 研究課題名:細胞アンテナを介した歯牙再生への新しいアプローチ

    キーワード:一次繊毛、象牙芽細胞

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):細胞生物学

  • 研究課題名:軟骨でのシグナル伝達及びタンパク輸送におけるLRP1の役割:顎関節症治療にむけて

    キーワード:LRP1、軟骨細胞

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 2010年03月

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):細胞生物学

  • 研究課題名:変形性関節症発症に於ける一次繊毛の役割 -新規治療法の開発に向けて -

    キーワード:一次繊毛、軟骨細胞

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2013年10月 ~ 2014年03月

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):細胞生物学

  • 研究課題名:軟骨組織でのCCN2/CTGF受容体LRP1のタンパク輸送における役割:新たな変形性関節症治療にむけて

    キーワード:LRP1、CCN2/CTGF、軟骨細胞

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2010年10月 ~ 2012年03月

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):細胞生物学

全件表示 >>

 

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:口腔生化・分子市科学演習

    担当期間:2016年12月 ~ 2017年02月

  • 年度:2016年度

    科目名:分子から生命体へ

    担当期間:2016年11月

    講義内容またはシラバス:近年の生命情報収集技術の飛躍的進歩は、累積する生命情報のビッグデータ化を招来した。そしてそれに伴う解析技術の進化により、「分子」から「生命体」に繋がる広大な時空間的ネットワークが漸く徐々に明らかになりつつある。本授業では具体的に特定の分子、もしくはその集合体から出発し、そこから広がる知見に基づいて生命体の本質を透視しうるような話題を提供し、受講者を次世代の研究マインドの覚醒へと導きたい。

  • 年度:2016年度

    科目名:早期見学実習

    担当期間:2016年07月

  • 年度:2016年度

    科目名:生化学

    担当期間:2016年04月

    講義内容またはシラバス:シグナル伝達機構の総論の講義を行った。授業後に講義内容を問うレポートを出し、それにより評価を行った。

  • 年度:2016年度

    科目名:チュートリアル

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年05月

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    博士論文指導学生: 1人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Role of LRP1 in transport of CCN2 protein in chondrocytes

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of cell science

    発行年月:2012年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Role of the Low-Density Lipoprotein Receptor-Related Protein-1 in Regulation of Chondrocyte Differentiation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Cellular Physiology

    発行年月:2009年04月

    著者氏名(共著者含):*Kazumi Kawata, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Norifumi H. Moritani, Tsuyoshi Shimo Seiji Kondo, Takashi Nishida, Shogo Minagi, and Masaharu Takigawa1

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Possible role of LRP1, a CCN2 receptor, in chondrocytes.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochemical and biophysical research communications

    発行年月:2006年06月

    著者氏名(共著者含):Kawata K, Eguchi T, Kubota S, Kawaki H, Oka M, Minagi S, Takigawa M.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A tumor suppressor gene product, platelet-derived growth factor receptor-like protein controls chondrocyte proliferation and differentiation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J Cell Biochem.

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Kawata, K., Kubota, S., Eguchi, T., Aoyama, E., Moritani, N.H., Oka, M., Kawaki H., Takigawa. M.

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jcb.26059

  • 論文題目名:Analysis of Transcytosis of CCN2 by Chondrocytes.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Methods Mol Biol.1489巻 (頁 405 ~ 413)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Kawata K, Kubota S and Takigawa M

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/978-1-4939-6430-7_33

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名: in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2016年10月

    著者名:

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第8回日本CCNファミリー研究会

    開催場所:岡山

    開催期間:2016年08月

    題目又はセッション名:CCN2による軟骨細胞増殖・分化促進に対する癌抑制遺伝子PDGFR-like (PDGFRL)の効果

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第34回日本骨代謝学会学術集会・第3回アジア太平洋骨代謝学会議

    開催期間:2016年07月

    題目又はセッション名:骨格形成における低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の役割

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第29回日本軟骨代謝学会

    開催期間:2016年02月

    題目又はセッション名:軟骨細胞分化における癌抑制遺伝子PDGRTL-like (PDGFRL)の役割

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第 120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第 92回日本生理学会大会

    開催期間:2015年03月

    題目又はセッション名:Intraflagellar transport protein 88 (IFT88) は細胞分裂期においても繊毛形成に働く

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称: 2014 ascb/ifcb meeting

    開催期間:2014年12月

    題目又はセッション名:Canonical Wnt signaling pathway regulates not only the odontobast differentiation through primary cilia but also formation of primary cilia

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:ANZBMS 2013 Travel Award

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2013年05月

    受賞国:日本国

    授与機関:国際骨代謝学会・日本骨代謝学会 第2回合同国際会議

    受賞者・受賞グループ名:河田かずみ, 成田啓之, 竹田扇

    題目名:象牙芽細胞の一次繊毛を介したhedgehogシグナルの新規修飾機能

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:細胞外環境感知センサーを介した象牙芽細胞の規則的配列機構の解明

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:日本人の平均寿命は年々伸びている反面、健康寿命は伸びていない。健康寿命を延長には咀嚼機能の維持が鍵となるため、組織再生による歯牙の再建治療法の開拓がいま歯科領域には望まれている。個々の歯牙の再建には象牙質の再生がカギとなるが、自然状態での象牙質再生能力は不充分である。この問題を解決するためには、象牙芽細胞の〝一次繊毛″の機能制御が不可欠であると申請者は考えている。一次繊毛とは細胞外環境感知センサーとして機能する細胞器官であり、細胞極性を制御する。よって本研究では、象牙芽細胞における一次繊毛を介した極性制御機構を解明し、これを制御することで、整然とした細管構造を有する「正常象牙質」再生の実現を目指す。

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:細胞アンテナを介した歯牙再生への新しいアプローチ

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:生活習慣病、認知症患者は近年、増加している。これらの疾患原因の一つには、軟食傾向がある。軟食傾向は残存歯数の減少によってもたらされる。この歯牙喪失原因の一つは齲蝕である。これらの疾患は患者の生活の質に大きな影響を及ぼすが、一度発病すると根治困難である。このため、普段から予防に取り組む必要がある。つまり、全身の健康を維持するには、歯牙喪失の防止を目指し、齲蝕に罹患した歯牙組織の再生が望まれる。現在、齲歯への再生治療法はないが、申請者は、細胞アンテナである一次繊毛が象牙芽細胞の石灰化を制御するデータを既に得ている。本研究では、この一次繊毛による象牙芽細胞分化機構を明らかにすることにより、得られた知識を基盤として齲蝕でダメージを受けた歯牙組織の新たな再生治療方法を開拓することを目的とする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:軟骨細胞の成長概日リズムとSOX9-ユビキチンガーゼとの関連

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:CCN

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:復職支援助成金

    研究題目:細胞「外」小器官を介した象牙芽細胞の規則的配列機構の解明

    研究期間:2015年12月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:岡山大学ダイバーシティ推進本部男女共同参画室

  • 資金名称: 第28回基礎医学医療研究助成金

    研究題目:変形性関節症発症に於ける一次繊毛の役割 -新規治療法の開発に向けて -

    研究期間:2013年11月 ~ 2014年09月

    資金支給機関:公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団

  • 資金名称:ANZBMS 2013 Travel Award

    研究題目:象牙芽細胞の一次繊毛を介したhedgehogシグナルの新規修飾機能

    研究期間:2013年09月

    資金支給機関:国際骨代謝学会・日本骨代謝学会

 

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:早期見学実習検討部会

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:チュートリアル部会

    役職:委員

調査・研究会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    名称:第8回日本CCNファミリー研究会

    役職:幹事