職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

形態系基礎歯科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

分子細胞生物学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:レチノイン酸シグナルと骨格形成に関する研究

    研究課題概要:レチノイン酸シグナルは骨格形成において重要な役割を担うことが知られているが、その制御メカニズムは不明な点が多い。レチノイン酸レセプターを介したシグナルの軟骨形成、骨形成における制御機構を解明し関連疾患の治療法への応用を目指す。

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Genetic and pharmacological inhibition of retinoic acid receptor γ function promotes endochondral bone formation

    掲載誌名:Journal of Orthopaedic Research

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Selective Retinoic Acid Receptor γ Agonists Promote Repair of Injured Skeletal Muscle in Mouse.

    掲載誌名:American Journal of Pathology

    発行年月:2015年09月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Identification of novel transcription-regulating genes expressed during murine molar development.

    掲載誌名:Developmental Dynamics

    発行年月:2012年07月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

内部 健太 (ウチベ ケンタ)

UCHIBE Kenta

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)分子細胞生物学

(英)Molecular and cell biology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(歯学)

    学位の分野名:補綴理工系歯学 (Prosthetic odontology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2015年05月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本軟骨代謝学会 /  日本国 ( 2015年10月 ~ 継続中 )

  • 日本解剖学会 /  日本国 ( 2015年05月 ~ 継続中 )

  • 歯科基礎医学会 /  日本国 ( 2015年05月 ~ 継続中 )

  • 日本口腔インプラント学会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

  • 日本補綴歯科学会 /  日本国 ( 2005年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形態系基礎歯科学 (Morphological basic odontology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 歯科学

  • 生物科学一般

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:レチノイン酸シグナルと骨格形成に関する研究 (Retinoic acid signaling in skeletal biology)

    キーワード:レチノイン酸,軟骨内骨化 (retinoic acid, endochondral ossification)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2012年02月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):形態系基礎歯科学 、解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):生物科学一般 、歯科学

 

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:歯・歯周組織の構造と発生実習

    担当期間:2016年12月 ~ 2017年02月

  • 年度:2016年度

    科目名:自己表現力演習2

    担当期間:2016年10月 ~ 2016年11月

  • 年度:2016年度

    科目名:運動器の構造

    担当期間:2016年10月 ~ 2016年12月

  • 年度:2016年度

    科目名:知的理解(現代と生命):「口を構成する臓器を知る。」

    担当期間:2016年10月 ~ 2016年11月

  • 年度:2016年度

    科目名:内臓の組織学実習

    担当期間:2016年10月 ~ 2016年11月

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Genetic and pharmacological inhibition of retinoic acid receptor γ function promotes endochondral bone formation.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Orthopaedic Research35巻 5号 (頁 1096 ~ 1105)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Effectiveness and mode of action of a combination therapy for heterotopic ossification with a retinoid agonist and an anti-inflammatory agent

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bone, Metabolic Bone Disease and Related Research90巻 (頁 59 ~ 68)

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Sayantani Sinha,Kenta Uchibe*,Yu Usami,Maurizio Pacifici,Masahiro Iwamoto

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bone.2016.02.008

  • 論文題目名:Palovarotene Inhibits Heterotopic Ossification and Maintains Limb Mobility and Growth in Mice With the Human ACVR1R206H Fibrodysplasia Ossificans Progressiva (FOP) Mutation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Bone and Mineral Research31巻 9号 (頁 1666 ~ 1675)

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Salin A. Chakkalakal,Kenta Uchibe*,Michael R. Convente,Deyu Zhang,Aris N. Economides,Frederick S. Kaplan,Maurizio Pacifici,Masahiro Iwamoto,Eileen M. Shore

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jbmr.2820

  • 論文題目名:Genetic and pharmacological inhibition of retinoic acid receptor γ function promotes endochondral bone formation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Orthopaedic Research

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Selective Retinoic Acid Receptor γ Agonists Promote Repair of Injured Skeletal Muscle in Mouse.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:American Journal of Pathology

    発行年月:2015年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:The pathophysiology of heterotopic ossification: Current treatment considerations in dentistry

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Japanese Dental Science Review

    出版機関名:

    発行年月:2014年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第29回日本軟骨代謝学会

    開催期間:2016年02月

    題目又はセッション名:RARγシグナリングは成長板軟骨細胞分化・成熟を制御する

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第57回歯科基礎医学会学術大会

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:オスウズラに形成された骨髄骨の吸収に対するプロゲステロンの影響

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society

    開催期間:2015年03月

    題目又はセッション名:Ligand Dependent RARγ Signaling Regulates Chondrocyte Maturation in Growth Plate.

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:ASBMR 2013 Annual Meeting

    開催期間:2013年10月

    題目又はセッション名:Impact of RARγ- BMP Signaling Cross-talk on Endochondral Bone Formation.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:軟骨内骨化におけるレチノイン酸シグナルの機能解析

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:レチノイン酸シグナルの軟骨内骨化における役割を包括的に解析する研究。

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    研究期間:2015年09月 ~ 2017年09月

    研究費名:若手研究者スタートアップ研究支援事業

 
 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:公募問題(CBT)作成部会

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:講義室・実習室利用部会

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:早期見学実習検討部会

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:チュートリアル検討部会

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:OSCE部会

    役職:委員

全件表示 >>