職名 【 表示 / 非表示

講師

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

画像診断、インターベンショナルラディオロジー

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:有痛性骨転移に対する温度センサー併用下経皮的凍結治療の第I/II相臨床試験

    研究課題概要:骨軟部腫瘍による鈍痛に対して凍結治療を行う安全性を前向きに評価する

  • 研究課題名:高磁場オープンMRIを用いた安全かつ高精度な新しい針生検法

  • 研究課題名:CT透視ガイド下穿刺用ロボットの開発

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:CT fluoroscopy-guided preoperative short hook wire placement for small pulmonary lesions: evaluation of safety and identification of risk factors for pneumothorax.

    掲載誌名:Eur Radiol.

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

生口 俊浩 (イグチ トシヒロ)

Iguchi Toshihiro

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

講師

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)画像診断、インターベンショナルラディオロジー

(英)Diagnostic imaging, IVR

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士

    学位の分野名:放射線科学 (Radiation science)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2003年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 2015年03月

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:有痛性骨転移に対する温度センサー併用下経皮的凍結治療の第I/II相臨床試験

    キーワード:凍結治療

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):放射線科学

    専門分野(researchmap分類):放射線医学

  • 研究課題名:高磁場オープンMRIを用いた安全かつ高精度な新しい針生検法

    キーワード:MRI

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2017年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):放射線科学

    専門分野(researchmap分類):放射線医学

  • 研究課題名:CT透視ガイド下穿刺用ロボットの開発

    キーワード:ロボット・IVR

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:学術研究支援事業

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    専門分野(科研費分類):放射線科学

    専門分野(researchmap分類):放射線医学

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:CT fluoroscopy-guided preoperative short hook wire placement for small pulmonary lesions: evaluation of safety and identification of risk factors for pneumothorax.

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Eur Radiol.

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Preoperative short hookwire placement for small pulmonary lesions

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:European Radiology (頁 1 ~ 9)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Toshihiro Iguchi*,Takao Hiraki*,Yusuke Matsui*,Hiroyasu Fujiwara*,Yoshihisa Masaoka*,Takashi Tanaka,Takuya Sato,Hideo Gobara*,Shinichi Toyooka*,Susumu Kanazawa

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s00330-017-5176-2

  • 論文題目名:腎癌の治療におけるアブレーションの現状-凍結治療を中心に-

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:画像診断37巻 14号 (頁 1452 ~ 1460)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):平木隆夫、生口俊浩、藤原寛康、松井裕輔、金澤 右、荒木元朗、和田耕一郎、郷原英夫

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Robotically Driven CT-guided Needle Insertion: Preliminary Results in Phantom and Animal Experiments.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Radiology.285巻 2号 (頁 454 ~ 461)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):Hiraki T, Kamegawa T, Matsuno T, Sakurai J, Kirita Y, Matsuura R, Yamaguchi T, Sasaki T, Mitsuhashi T, Komaki T, Masaoka Y, Matsui Y, Fujiwara H, Iguchi T, Gobara H, Kanazawa S.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:CT fluoroscopy-guided core needle biopsy of anterior mediastinal masses.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Diagn Interv Imaging. 99巻 2号 (頁 91 ~ 97)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):Iguchi T, Hiraki T, Matsui Y, Fujiwara H, Sakurai J, Masaoka Y, Uka M, Tanaka T, Gobara H, Kanazawa S.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:レポート端末から電子カルテ端末への患者IDの受け渡しシステムの導入

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:映像情報Medical

    出版機関名:

    発行年月:2015年03月

    著者氏名(共著者含):郷原英夫、加藤勝也、平木隆夫、生口俊浩、藤原寛康、多田明博、佐藤修平、金澤 右

    共著区分:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第129回 日本医学放射線学会中国・四国地方会

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:腎生検・凍結療法後に腫瘍播種を生じ再凍結療法を施行した1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第129回 日本医学放射線学会中国・四国地方会

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:腎生検後に遅発性出血を来した1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第31回 中国四国IVR研究会

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:PD後に生じたCHA仮性動脈瘤出血に対してバイアバーンを用いて治療した1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第31回 中国四国IVR研究会

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:膵癌肝転移破裂に対しTAE施行した1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第31回 中国四国IVR研究会

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:TIPS後にステント破損を認めた1例

全件表示 >>