所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

行動科学専修コース

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

文化人類学・民俗学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

文化人類学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:オランダにおけるワークライフバランス

    研究課題概要:

  • 研究課題名:インドネシア・バリ島農村における女性労働の研究

  • 研究課題名:東南アジア産の伝統染織の生産、流通、消費

 

写真

氏名

中谷 文美 (ナカタニ アヤミ)

NAKATANI Ayami

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

教授

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)文化人類学

(英)Cultural Anthropology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:上智大学

    学校の種類:大学

    学部名:外国語学部

    学科名:フランス語学科

    卒業年月:1985年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:オックスフォ-ド大学 大学院

    研究科名:地理学,社会人類学科

    専攻名:社会人類学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1995年03月

    修了区分:修了

    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(社会人類学) (M. Phil)

    学位の分野名:社会人類学 (Social Anthropology)

    学位授与機関名:オックスフォード大学(英国) (University of Oxford (United Kingdom))

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:博士(社会人類学) (D. Phil)

    学位の分野名:社会人類学 (Social Anthropology)

    学位授与機関名:オックスフォード大学(英国) (University of Oxford (United Kingdom))

    取得方法:論文

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2008年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • ジェンダー史学会 (Gender History Association Japan)  /  日本国 ( 2011年06月 ~ 継続中 )

  • 日本文化人類学会 /  日本国 ( 1991年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2010年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 英国社会人類学会(Association of Social Anthropologists) /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • アメリカ人類学会 (Association of American Anthropologists) /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 東南アジア学会(Association of South-East Asian Scholoars in UK) /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・民俗学 (Cultural anthropology/folklore studies)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:オランダにおけるワークライフバランス

    キーワード:オランダ ワークライフバランス 労働 ジェンダー

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2005年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):文化人類学・民俗学 、ジェンダー

    専門分野(researchmap分類):文化人類学(含民族学・民俗学)

  • 研究課題名:インドネシア・バリ島農村における女性労働の研究 (Research on women''s work in the rural area in Bali, Indonesia)

    キーワード:インドネシア、ジェンダー、農村開発 (Indonesia,gender,rural development)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):文化人類学・民俗学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:東南アジア産の伝統染織の生産、流通、消費

    キーワード:染織、東南アジア、消費

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):文化人類学・民俗学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:「男の育児参加」をめぐる社会的評価の変容 (The changing evaluations of father''s role in the child care)

    キーワード:育児、ジェンダー、性役割 (child care,gender,gender roles)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):文化人類学・民俗学

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:実践演習(フィールド調査b)

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:文化人類学演習

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:実践演習(フィールド調査a)

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:人文学概説(文化人類学b)

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:文化人類学演習

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:「女の仕事」のエスノグラフィ〜バリ島の布・儀礼・ジェンダー

    記述言語:未設定

    著書種別:著書

    出版機関名:世界思想社

    発行日:2003年02月

    著者名:*中谷文美

    著書形態:単著

  • 著書名:民族大国インドネシア

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:木犀社

    発行日:2012年09月

    著者名:

    著書形態:単著

    担当部分:都市の家族、村の家族

  • 著書名:アジア女性と親密性の労働

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:京都大学出版会

    発行日:2012年03月

    著者名:中谷 文美

    著書形態:単著

    担当部分:主婦の仕事・母の仕事―オランダ社会における家事の文化とその変容

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    件数:1件

    学術雑誌名:国立民族学博物館研究報告

  • 年度:2013年度

    件数:1件

    学術雑誌名:『東南アジア 歴史と文化』

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:Roundtable "Cloth, Culture and Development" (Roundtable "Cloth, Culture and Development")

    開催場所:Chaing Mai University, Chaing Mai, Thailand

    開催期間:2014年08月

    題目又はセッション名:The fashionalization and heritagization of hand-woven textiles in Bali, Indonesia

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:国立民族学博物館共同研究「文化の表象のポリティクス」研究会

    開催場所:岡山大学

    開催期間:2014年10月

    題目又はセッション名:ミス・ワールドが紋織で装うとき:バリ島手織り布のファッション化・文化遺産化をめぐって」

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:EAAA (East Asian Anthropological Association) Annual Meeting (EAAA (East Asian Anthropological Association) Annual Meeting)

    開催場所:Xiamen University, China

    開催期間:2013年11月

    題目又はセッション名:”Cross-cultural consumption of cultural heritage:Weaving and wearing traditional textiles in Bali and beyond”

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 17th World Congres of IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences) (The 17th World Congres of IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences),)

    開催場所:University of Manchester, U.K.

    開催期間:2013年08月

    題目又はセッション名:“Four days at home, three days at a day-care”: The gendered meaning of time and place in the Dutch ways of reconciling work and family”

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:「グローバルアジアの中のバリ」研究集会 (Bali in Global Asia: Between Modernization and Heritage Formation)

    開催場所:Denpasar, Bali, Indonesia

    開催期間:2012年07月

    題目又はセッション名:”Kainku, kain siapa?: Cotemporary traditional textiles as cultural heritage in the globalizing Bali and Beyond”

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本文化人類学会 (The Japaneese Society for Cultural Anthropology)

    役職・役割名:理事

    活動期間:2010年04月 ~ 2013年03月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:アジア地域における布工芸品の生産・流通・消費をめぐる文化人類学的研究 (An anthropological study of production, marketing, and consumption of hand-made textiles in Asia)

    研究期間:2014年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:日本を含むアジア地域を主たる対象とし、各地域・民族の生活文化や慣習に根ざした広義の布工芸品の生産・流通・消費が、グローバルネットワークの進展に従って、どのような変化を遂げてきたかを明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ワークライフバランスをめぐる政策と実践の人類学的研究:オランダの事例から

    研究期間:2010年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ワークライフバランスをめぐる政策と実践の人類学的研究:オランダの事例から

    研究期間:2010年04月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:総務省

    研究内容:「仕事の人類学」という枠組みにおいて「ワークライフバランス」をめぐる政策と人々の実践のあだにある相互作用を文化人類学的手法を用いて明らかにすることを目的とする。とくにオランダにおける「仕事とケアの両立」の在り方に注目し、1)労働政策、社会福祉政策などの内容・歴史的変遷とその背景、2)「仕事」「ケア」それぞれの文化的意味付けと世代間・男女間の役割分担に見られる変化、3)異なる世代・男女のライフスタイル選択に対する時代ごとの政策およびジェンダー規範の影響、の3点を主たる調査課題とする。

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    役職:副学部長

    職名:文学部副学部長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    役職:副学部長

    職名:文学部副学部長

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2013年度

    役職:副学部長

    職名:文学部副学部長

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

  • 年度:2012年度

    役職:副学部長

    職名:文学部副学部長

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月