所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

保健学研究科看護学分野コミュ二ティヘルス看護学分野

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

地域・老年看護学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

老年看護学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:男性介護者ー認知症を持つ女性要介護高齢者との2人暮らしを継続するための構成要素

    研究課題概要:在宅で,男性介護者が認知症を持つ妻や母親との2人暮らしの生活を継続するために必要な構成要素を明らかにし,支援への示唆を得ることを目的とした.男性介護者5名に,半構造化面接を行い,その内容を逐語録にし,そのデータを質的分析手順に従って,コード化,サブカテゴリー化,カテゴリー化していき構成要素を探った.

 

写真

氏名

生田 由加利 (イクタ ユカリ)

IKUTA Yukari

所属専攻講座

保健学研究科

性別

女性

研究室住所

(日)岡山市北区鹿田町2-5-1 609室

研究室電話

(日)086-235-6563

研究室FAX

(日)086-235-6563

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)老年看護学

(英)gerontological nursing

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:保健学研究科

    専攻名:コミュニティヘルス看護学

    修了課程:博士課程

    修了年月:2014年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:保健学研究科

    専攻名:看護学分野

    修了課程:修士課程

    修了年月:2006年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:看護学修士

    学位の分野名:臨床看護学 (Clinical nursing science)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2006年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生看護学会 /  日本国 ( 2014年05月 ~ 継続中 )

  • 日本老年社会科学会 /  日本国 ( 2012年04月 ~ 継続中 )

  • 日本老年看護学会 /  日本国 ( 2006年04月 ~ 継続中 )

  • 認知症ケア学会 /  日本国 ( 2005年04月 ~ 2017年03月 )

  • 日本看護研究学会 /  日本国 ( 1996年10月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地域・老年看護学 (Community/elderly nursing science)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 看護,看護サービス

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 看護師

  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)

  • 平成8年度厚生労働省岡山県看護教員養成講習会終了

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:男性介護者ー認知症を持つ女性要介護高齢者との2人暮らしを継続するための構成要素 (Male caregivers;Requirements for continuing to support elderly females with dementia in need of nursing care)

    キーワード:男性介護者, 認知症を持つ女性要介護者,2人暮らしの継続 (Male caregivers,women dementia in need of nursing care, continuation of living together)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2015年03月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):地域・老年看護学

    専門分野(researchmap分類):看護,看護サービス

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:健やかに生きるためのエイジング

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:クラスターエッセンス

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:老年看護学実習

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:老年看護学Ⅱ

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2016年度

    授業科目:老年看護学実習

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:専任

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:基礎看護学実習Ⅱ

    担当期間:2017年02月

    講義内容またはシラバス:1)健康障害が患者の入院生活に及ぼすさまざまな影響を知る。
    2)患者の日常生活上の援助を行うことによって,看護ケアの効果を体験する。
    3)医療の場における看護者の役割を学ぶ。

  • 年度:2016年度

    科目名:基礎看護学実習Ⅰ(1年生対象)

    担当期間:2016年08月

    講義内容またはシラバス:看護学生として能動的に患者とのコミュニケーションを図り,病院を訪れる患者の心情や負担を理解する。また,看護をはじめとする患者をとりまく様々な職種に関する仕事の実際と役割を学ぶ。
    実習場所:岡山大学病院入院棟東9階

  • 年度:2016年度

    科目名:基礎看護学実習Ⅰ(2年生対象)

    担当期間:2016年08月

    講義内容またはシラバス:生活者としての個人を尊重した看護とはどのような看護であるのかを学習するとともに,看護を学ぶ者としての自己理解に努める。
    実習場所:社会福祉法人岡山博愛会介護老人保健施設「みくに」

  • 年度:2016年度

    科目名:卒業研究

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年12月

  • 年度:2015年度

    科目名:基礎看護学実習Ⅱ

    担当期間:2016年02月

    講義内容またはシラバス:シラバス参照

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:東日本大震災による津波被災半年後に自治体職員が語った有事の業務と思い~遺体対応に焦点をあてて~ ( Emergency Operations and Feelings as Described by Municipal Employees)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本公衆衛生看護学会誌 ( JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH NURSING) 5巻 1号 (頁 47 ~ 56)

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):岡本玲子他

    共著区分:共著

    担当部分:インタビュー データ分析

  • 論文題目名:東日本大震災により被災した自治体職員の被災半年後の語りに見られた身体的精神的健康に影響する苦悩を生じた状況(共著) ( Circumstances Related to Physical and Psychological Heaith of Local Government Employees after the Great East Japan Earthquake)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本公衆衛生看護学会誌4巻 1号 (頁 21 ~ 31)

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):岩本里織 他

    共著区分:共著

    担当部分:データ分析

  • 論文題目名:男性介護者の現状ーインタビューの中から家事・介護・精神的支援を検討する

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:在宅医療助成勇美記念財団WEB

    発行年月:2010年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:「高齢者虐待と介護者の攻撃反応に及ぼす人間関係」岡山大学大学院保健学研究科保健学専攻看護学分野博士前期課程(修士論文)

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:「高齢者虐待と介護者の攻撃反応に及ぼす人間関係」

    発行年月:2006年03月

    著者氏名(共著者含):*生田 由加利

    共著区分:単著

  • 論文題目名:岡山県筋力向上トレーニング「効果的な介護予防促進事業」

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:岡山県筋力向上トレーニング「効果的な介護予防促進事業」

    発行年月:2005年03月

    著者氏名(共著者含):*生田 由加利  西田 眞壽美

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:看護のエビデンス ”いま””むかし”

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:中山書店

    発行日:2010年10月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:高齢者の介護のコツー介護を支える基礎知識

    記述言語:日本語

    著書種別:著書・辞典

    出版機関名:クリエイツかもがわ

    発行日:2010年04月

    著者名:石田一紀 他

    著書形態:共著

  • 著書名:Clinical Study

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:メジカルフレンド社

    発行日:2009年12月

    著者名:秋元典子 他

    著書形態:共著

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    件数:6件

    学術雑誌名:岡山県看護協会

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本老年社会科学会第56回大会

    開催場所:岐阜県下呂市森2270番地3 下呂交流会館アクティブ

    開催期間:2014年06月

    題目又はセッション名:男性介護者ー認知症を持つ女性要介護高齢者との2人暮らしを継続するための構成要素

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 岡山県看護協会学会委員会

    活動内容:岡山県の看護職者の資質向上にむけた看護学会開催の企画、運営、評価

  • 岡山県看護協会学会委員会

    活動内容:岡山県の看護職者の資質向上にむけた看護学会開催の企画、運営、評価

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本公衆衛生看護学会 学術奨励賞(優秀論文部門)

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2017年01月21日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本公衆衛生看護学会

    受賞者・受賞グループ名:岩本里織 他

    題目名:東日本大震災により被災した自治体職員の被災半年後の語りに見られた身体的精神的健康に影響する苦悩を生じた状況

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    男性介護者、また、仕事を続けながら在宅で介護を行う、いわゆる「仕事と介護の両立をする人」等、介護者支援に焦点をあてた研究を行っております。

  • 年度:2014年度

    基盤研究(B)特設分野研究
    ケアの現場と人文学研究との協働による新たな<老年学>の構築
    研究協力

  • 年度:2013年度

    平成25年度 文学部プロジェクト研究
    「介護・看取りの現場に応ずる新たな人文学研究の構築」

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 共同研究希望テーマ:働く介護者

    共同研究実施形態:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態:その他

 

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県看護協会 学会委員会総務(学会全体の運営)

    役職:委員

    活動内容:岡山県看護職者の資質向上にむけた看護学会開催に関する事項をあずかる。

調査・研究会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    名称:働く介護者の集い ほっとステーション すまいる

    役職:幹事

    活動内容:岡山市内において,働く介護者「仕事と介護を両立する人」を対象に,思いの共有,情報交換等を行っている。

  • 年度:2015年度

    名称:働く介護者の集い ほっとステーションすまいる

    役職:幹事

    活動内容:岡山市内において、今後ますます増加することが考えられる「働く介護者」「仕事と介護を両立する人」を対象に集いを行い、思いの共有、情報交換等、介護者のサポート活動を行っている。

  • 年度:2014年度

    名称:働く介護者の集い

    役職:幹事

    活動内容:今後、ますます増加することが考えられる「働く介護者」(仕事をしながら介護をする人)を対象に集いを行い、思いの共有、情報交換等の介護者サポート活動を展開する。

  • 年度:2014年度

    名称:介護・看取りの現場に応ずる新たな人文学研究の構築

    役職:会員・委員

    活動内容:介護・看取りに関する研究会。介護・看取りに直面する人々よの交流・対話を通して、現代日本の介護・看取りの現場に生じている問題を明らかにし、それに対応する新たな人文学研究の構築を目指す。

  • 年度:2013年度

    名称:働く介護者の集い

    役職:幹事

    活動内容: 今後、増加すると考えられる「働く介護者」(仕事をしながら介護をする人)を対象に集いを行い、思いの共有、情報交換等の介護者サポート活動を展開する。

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    【働く介護者ほっとステーション「すまいる」】
    現行の介護保険制度をはじめとする介護に関わる環境では、介護者の心身・経済的負担なしには在宅介護は成り立たない。しかし、社会的には介護者サポートは不十分であり、介護のための離職数は年間10万人を超えており(平成23年版内閣府調査)、今後、ますます増加することが考えられる。そこで、「働く介護者」(仕事をしながら介護をする人)を対象に、思いの共有、情報交換等の介護者サポート活動を1~2ヶ月毎に実施している。

  • 年度:2013年度

    【働く介護者ほっとステーション「すまいる」】
    現行の介護保険制度をはじめとする介護に関わる環境では、介護者の心身・経済的負担なしには在宅介護は成り立たない。しかし、社会的には介護者サポートは不十分であり、介護のための離職数は年間10万人を超えており(平成23年版内閣府調査)、今後、ますます増加することが考えられる。そこで、「働く介護者」(仕事をしながら介護をする人)を対象に、思いの共有、情報交換等の介護者サポート活動を1~2ヶ月毎に実施している。

 

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    貢献の項目と割合等:保健学科フォーラム運営WG担当

  • 年度:2013年度

    貢献の項目と割合等:保健学科フォーラム運営WG担当