所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部物理学科

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

物性II

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

強相関物理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:重い電子系の磁性と超伝導

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Pressure–Temperature–Field Phase Diagram in the Ferromagnet U3P4

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan84巻 (頁 024705-1 ~ 024705-8)

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):Shingo Araki, Minami Hayashida, Naoto Nishiumi, Hiroki Manabe, Yoichi Ikeda, Tatsuo C. Kobayashi, Keizo Murata, Yoshihiko Inada, Piotr Wiśniewski, Dai Aoki, Yoshichika Onuki, Etsuji Yamamoto, Yoshinori Haga

  • 論文題目名:Hall Effect in CeIn3 under High Pressure

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan84巻 12号 (頁 123702 ~ )

    発行年月:2015年11月

    著者氏名(共著者含):Shingo Araki, Taiki Onji, Shunsaku Kitagawa, Tatsuo C. Kobayashi, Takashi Kambe

  • 論文題目名:Hall effect in single crystal CeCu2Si2 under high pressure

    掲載誌名:journal of Physics: Conference Series391巻 (頁 012005 ~ )

    発行年月:2012年12月

    著者氏名(共著者含):S Araki, Y Shiroyama, T Shinohara, Y Ito, Y Ikeda, T C Kobayashi, S Seiro, C Geibel, F Steglich

 

写真

氏名

荒木 新吾 (アラキ シンゴ)

ARAKI Shingo

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

准教授

性別

男性

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)強相関物理学

(英)Strongly Correlated Electron System

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:物理学科

    卒業年月:1996年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:物理学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2001年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学) (Doctor (Science))

    学位の分野名:強相関物理学 (Strongly Correlated Electron System)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2009年08月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:大阪大学 (Osaka University)

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    経歴期間:2007年04月 ~ 2009年07月

  • 所属(勤務)先:大阪大学 (Osaka University)

    経歴名:助手 (Research Associate)

    経歴期間:2003年05月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:日本原子力研究所 (Japan Atomic Energy Research Institute)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2002年04月 ~ 2003年04月

  • 所属(勤務)先:大阪大学 (Osaka University)

    経歴名:日本学術振興会特別研究員 (Postdoctoral Fellowships of Japan Society for the Promotion of Science)

    経歴期間:2001年04月 ~ 2002年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会 (The Physical Society of Japan)  /  日本国 ( 1996年08月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性II (Physical properties II)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:重い電子系の磁性と超伝導

    キーワード:磁性,超伝導,ホール効果

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2009年08月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):物性II

    専門分野(researchmap分類):磁性

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:強相関系物理学

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:教養物理学(電磁気学)2

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:極限環境物理学演習

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:低温磁性物理学

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:教養物理学(電磁気学)1

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年06月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Pressure–Temperature–Field Phase Diagram in the Ferromagnet U3P4

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan84巻 (頁 024705-1 ~ 024705-8)

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):Shingo Araki, Minami Hayashida, Naoto Nishiumi, Hiroki Manabe, Yoichi Ikeda, Tatsuo C. Kobayashi, Keizo Murata, Yoshihiko Inada, Piotr Wiśniewski, Dai Aoki, Yoshichika Onuki, Etsuji Yamamoto, Yoshinori Haga

    共著区分:共著

    DOI:10.7566/jpsj.84.024705

  • 論文題目名:Hall Effect in CeIn3 under High Pressure ( Hall Effect in CeIn3 under High Pressure)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan ( Journal of the Physical Society of Japan) 84巻 12号 (頁 123702 ~ )

    発行年月:2015年11月

    著者氏名(共著者含):Shingo Araki, Taiki Onji, Shunsaku Kitagawa, Tatsuo C. Kobayashi, Takashi Kambe ( Shingo Araki, Taiki Onji, Shunsaku Kitagawa, Tatsuo C. Kobayashi, Takashi Kambe)

    共著区分:共著

    DOI:10.7566/JPSJ.84.123702

  • 論文題目名:Hall effect in single crystal CeCu2Si2 under high pressure ( Hall effect in single crystal CeCu2Si2 under high pressure)

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:journal of Physics: Conference Series ( journal of Physics: Conference Series) 391巻 (頁 012005 ~ )

    発行年月:2012年12月

    著者氏名(共著者含):S Araki, Y Shiroyama, T Shinohara, Y Ito, Y Ikeda, T C Kobayashi, S Seiro, C Geibel, F Steglich ( S Araki, Y Shiroyama, T Shinohara, Y Ito, Y Ikeda, T C Kobayashi, S Seiro, C Geibel, F Steglich)

    共著区分:共著

    DOI:10.1088/1742-6596/391/1/012005

  • 論文題目名:Interplay between quantum fluctuations and reentrant superconductivity with a highly enhanced upper critical field in URhGe

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review B-Condensed Matter, Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics, Physical Review B93巻 20号

    発行年月:2016年05月

    著者氏名(共著者含):Y. Tokunaga,D. Aoki,H. Mayaffre,S. Kramer,M. H. Julien,C. Berthier,M. Horvati?,H. Sakai,T. Hattori,S. Kambe,S. Araki*

    共著区分:共著

    DOI:10.1103/PhysRevB.93.201112

  • 論文題目名:Phase transitions observed due to the improvement of hydrostaticity

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Review of High Pressure Science and Technology/Koatsuryoku No Kagaku To Gijutsu, the review of high pressure science and technology26巻 1号 (頁 21 ~ 26)

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Tatsuo Kobayashi*,Shingo Araki*

    共著区分:共著

    DOI:10.4131/jshpreview.26.21

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会第72回年次大会

    開催場所:大阪大学豊中キャンパス

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:強磁性超伝導体UCoGeの高圧下ホール効果

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会2016年秋季大会

    開催期間:2016年09月

    題目又はセッション名:CeRh2Si2の反強磁性量子臨界点

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会 2015年 秋季大会

    開催場所:関西大学

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:CeRh2Si2の高圧ホール効果

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:SCES 2014

    開催場所:Grenoble, France

    開催期間:2014年07月

    題目又はセッション名:Hall effect under pressure in CeCu2Si2

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会大69回年次大会

    開催場所:東海大学

    開催期間:2014年03月

    題目又はセッション名:EuAl4の電荷密度波(CDW)

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:高圧下ホール効果と量子振動測定による重い電子系超伝導体の臨界揺らぎの研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:反強磁性セリウム化合物に圧力を加えると,反強磁性が消失する圧力近傍で,しばしば超伝導が観測される。一般にそれらの超伝導は磁気揺らぎを媒介にしていると考えられているが,CeRh2Si2における精密圧力実験の結果は,それ以外(価数揺らぎ?)の超伝導引力機構の存在を示唆している。本研究では,圧力下ホール効果とdHvA,SdH振動の測定により、セリウム化合物の超伝導発現圧力領域における磁気揺らぎ,価数揺らぎおよび価数不安定性の存在を実験的に検証し,重い電子系超伝導の超伝導引力機構の系統的な理解を目指す。