所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部・化学科・機能有機化学研究室

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

有機化学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:遷移金属触媒による新規有機合成反応の開発

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Copper-Catalyzed Regioselective Chloroamination of Alkenes with Chlorotrimethylsilane and N-Fluorobenzenesulfonimide under Microwave-assisted Conditions

    掲載誌名:Chemistry Letters48巻 3号 (頁 281 ~ 284)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Jie Xu, Yukari Tani, Liyan Fu, Yuichi Ikemoto, Yasuyuki Ura, Yasushi Nishihara

  • 論文題目名:Regioselective Synthesis of γ-Lactones by Iron-Catalyzed Radical Annulation of Alkenes with α-Halocarboxylic Acids and Their Derivatives

    掲載誌名:Organic Letters20巻 13号 (頁 3848 ~ 3852)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Natsumi Miki, Yuichi Ikemoto, Yasuyuki Ura, Yasushi Nishihara

  • 論文題目名:Phenanthrene Synthesis by Palladium-Catalyzed Benzannulation with o-Bromobenzyl Alcohols through Multiple Carbon–Carbon Bond Formations

    掲載誌名:The Journal of Organic Chemistry82巻 12号 (頁 6242 ~ 6258)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Yasuhiro Araki, Yasushi Nishihara

全件表示 >>

 

写真

氏名

岩﨑 真之 (イワサキ マサユキ)

IWASAKI Masayuki

所属専攻講座

異分野基礎科学研究所

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)有機化学

(英)Organic Chemistry

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (Docter of Engineering)

    学位の分野名:有機化学 (Organic chemistry)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:2010年11月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:ミシガン大学 (University of Michigan)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2015年03月

  • 所属(勤務)先:スクリプス研究所 (The Scripps Research Institute)

    経歴名:留学生 (Visitig Student)

    経歴期間:2009年04月 ~ 2010年03月

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:遷移金属触媒による新規有機合成反応の開発 (Development of New Synthetic Organic Reactions by Using Transition-Metal Catalysts)

    キーワード:遷移金属触媒 (Transition-Metal Catalysts)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:基礎科学研究

    研究期間:2010年12月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):合成化学 、有機化学

    専門分野(researchmap分類):有機金属化合物

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:基礎化学実験

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:基礎有機化学1

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:基礎有機化学1

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:機能有機化学演習

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:機能分子化学特論

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Copper-Catalyzed Regioselective Chloroamination of Alkenes with Chlorotrimethylsilane and N-Fluorobenzenesulfonimide under Microwave-assisted Conditions

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chemistry Letters48巻 3号 (頁 281 ~ 284)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Jie Xu, Yukari Tani, Liyan Fu, Yuichi Ikemoto, Yasuyuki Ura, Yasushi Nishihara

    共著区分:共著

    DOI:10.1246/cl.180937

  • 論文題目名:Regioselective Synthesis of γ-Lactones by Iron-Catalyzed Radical Annulation of Alkenes with α-Halocarboxylic Acids and Their Derivatives

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Organic Letters20巻 13号 (頁 3848 ~ 3852)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Natsumi Miki, Yuichi Ikemoto, Yasuyuki Ura, Yasushi Nishihara

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.orglett.8b01436

  • 論文題目名:Phenanthrene Synthesis by Palladium-Catalyzed Benzannulation with o-Bromobenzyl Alcohols through Multiple Carbon–Carbon Bond Formations

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Journal of Organic Chemistry82巻 12号 (頁 6242 ~ 6258)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Yasuhiro Araki, Yasushi Nishihara

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.joc.7b00848

  • 論文題目名:Synthesis of Benzoisoselenazolne Derivatives by Nickel-Catalyzed Dehydrogenative Direct Selenation of C(sp2)–H Bonds with Elemental Selenium

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Organic Letters19巻 5号 (頁 1092 ~ 1095)

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Natsumi Miki, Kiyohiko Nakajima, Yasushi Nishihara

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.orglett.7b00116

  • 論文題目名:Palladium-Catalyzed Regio- and Stereoselective Carbothiolation of Terminal Alkynes with Azolyl Sulfides

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Organic Letters18巻 7号 (頁 1642 ~ 1645)

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Nikola Topolovcan, Hao Hu, Yugo Nishimura, Glwadys Gagnot, Rungsaeng Na nakorn, Ramida Yuvacharaskul, Kiyohiko Nakajima, Yasushi Nishihara

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acs.orglett.6b00503

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:パラジウムまたはニッケル触媒による芳香族炭素-水素結合の直截硫黄化およびセレノ化反応 ( Direct Thiolation and Selenation of Aryl C-H Bonds Catalyzed by Palladium or Nickel)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:有機合成化学協会誌76巻 1号 (頁 11 ~ 20)

    出版機関名:有機合成化学協会 ( The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):岩﨑真之, 西原 康師 ( Masayuki Iwasaki, Yasushi Nishihara)

    共著区分:共著

    DOI:10.5059/yukigoseikyokaishi.76.11

  • 題目:Palladium-Catalysed Direct Thiolation and Selenation of Aryl C–H Bonds Assisted by Directing Groups

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Dalton Transactions45巻

    出版機関名:Royal Society of Chemistry

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Yasushi Nishihara

    共著区分:共著

  • 題目:Synthesis of Multi-Substituted Olefins through Regio- and Stereoselective Addition of Inter-Element Compounds having B–Si, B–B, and Cl–S Bonds to Alkynes, and Subsequent Cross-Couplings

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Chemical Records16巻

    出版機関名:Wiley

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Iwasaki, Yasushi Nishihara

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/tcr.201600017

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:4th International Symposium on C–H Activation

    開催場所:神奈川

    開催期間:2018年08月 ~ 2018年09月

    題目又はセッション名:Chelate-Assisted Direct Selenation of Aryl C–H Bonds with Diselenides and Elemental Selenium

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:International Symposium on Main Group Chemistry, Directed toward Organic Synthesis

    開催場所:京都

    開催期間:2018年08月

    題目又はセッション名:Regio- and Stereoselective Halothiolation of Alkynes Controlled by Transition-Metal Catalysts

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 28th International Conference on Organometallic Chemistry

    開催場所:フィレンツェ(イタリア)

    開催期間:2018年07月

    題目又はセッション名:Synthesis of γ-Lactones by Iron-Catalyzed Radical Annulation of Styrenes with α-Bromocarbonyl Compounds