所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部 物理学科 機能電子物理学分野

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

物性I

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

誘電体 磁性体

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:電子誘電体の研究

    研究課題概要:

 

写真

氏名

池田 直 (イケダ ナオシ)

IKEDA Naoshi

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区津島中3-1-1

研究分野・キーワード

(日)誘電体 磁性体

(英)ferroelectrics magnetism electronicferroelectricity

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:物性I (Physical properties I)

    学位授与機関名:早稲田大学 (Waseda University)

    取得方法:論文

    取得年月:1995年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科 、数理物理科学専攻

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2006年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性I (Physical properties I)

  • 物性II (Physical properties II)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 誘電体

  • 磁性

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:電子誘電体の研究 (Research on the Electronic Ferroelectrics)

    キーワード:電子誘電体,マルチフェロイック,RFe2O4 (Electronic Ferroelectricity, RFe2O4, multiferroic material)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2006年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):物性I 、物性II

    専門分野(researchmap分類):誘電体

    研究内容:高品質な電子誘電体結晶を作成し基礎特性の解明を行う。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    授業科目:極性電子系物理学

    担当期間:2016年10月 ~ 2017年03月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:機能電子物理学演習

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:機能電子物理学演習

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:放射光物性学

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年09月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:放射光科学実習

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 2人

    修士論文指導学生: 1人

    博士論文指導学生: 1人

    AA担当学生数: 0人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 2人

    修士論文指導学生: 1人

    AA担当学生数: 0人

  • 年度:2014年度

    卒業論文指導学生: 1人

    修士論文指導学生: 3人

    博士論文指導学生: 2人

    AA担当学生数: 0人

  • 年度:2013年度

    卒業論文指導学生: 2人

    修士論文指導学生: 2人

    博士論文指導学生: 2人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Elemental substitution effects in multiferroic RFe2O4 (R: rare earths)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Phys. Status Solidi C12巻 6号 (頁 841 ~ 844)

    発行年月:2015年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:DOI 10.1002/pssc.201400250

  • 論文題目名:Present status of the experimental aspect of RFe2O4 study

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J.Phys.:Condens.Matter

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):Naoshi Ikeda, Tomoko Nagata, Jun Kano and Shigeo Mori

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Valence-specific magnetization of the charge-ordered multiferroelectric LuFe2O4 using soft x-ray magnetic circular dichroism under 30 T pulsed high magnetic fields

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Phys.Rev.B

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):Yasuo Narumi, Tetsuya Nakamura, Kota Saito, Takayuki Morioka, Yukimasa Fukada, Takashi Kambe, Naoshi Ikeda, Yoshinori Kotani, Toyohiko Kinoshita, Koichi Kindo, and Hiroyuki Nojiri

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Preparation and Electronic Properties YbFe2O4 Thin Films by Polymerized Complex Method

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Ferrites: Proceedings of ICF

    発行年月:2014年05月

    著者氏名(共著者含):N. Okamura, T. Fujii, J. Takada, M. Nakanishi, J. Kano, N. Ikeda

    共著区分:共著

    DOI:10.2497/jjspm.61.S327

  • 論文題目名:Current-Induced Enhancement of Magnetic Anisotropy in Spin-Charge-Coupled Multiferroic YbFe2O4 ,

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J.Phys.Soc.Jpn

    発行年月:2014年01月

    著者氏名(共著者含):Yoshii Kenji, Matsumura Daiju, Saitoh Hiroyuki, Kambe Takashi, Fukunaga Mamoru, Muraoka Yuji, Ikeda Naoshi, Mori Shigeo

    共著区分:共著

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:日本放射光学会誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:日本放射光学会誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:日本放射光学会誌

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OF PACIFIC BASIN SOCIETIES 2015

    開催場所:Honolulu, Hawaii, USA

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:The electronic state of Pd nanoparticles supported on ferroelectric BaTiO3 particle studied by in situ x-ray absorption fine structure

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第25回日本MRS年次大会

    開催場所:横浜情報文化センター

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:Synthesis of multiferroic YbFe2O4 thin lms by reactive sputtering

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第25回日本MRS年次大会

    開催場所:横浜情報文化センター

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:Coherent X-ray Di raction for Domain Observation II

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第25回日本MRS年次大会

    開催場所:横浜情報文化センター

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:Ca2+ and Zr4+ co-substitution on crystallinity and electric properties of YbFe2O4

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第25回日本MRS年次大会

    開催場所:横浜情報文化センター

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:Dielectric, magnetic and non-linear conductive properties of Yb2Fe2.1Mn0.9O7 single crystal

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • RCBJSF(Russia/CIS/Baltic/Japan Symposium on Ferroelectricity) 

    役職・役割名:Program Committee(委員長)

    活動期間:2014年11月 ~ 2016年10月

    活動内容:プログラム委員 委員長

  • Korea-Japan Conference on Ferroelectric (Korea-Japan Conference on Ferroelectric)

    役職・役割名:Program Committee (Program Committee)

    活動期間:2014年10月 ~ 2016年09月

    活動内容:日韓強誘電体会議(JKC-FE09, Univ. of Ulsan)プログラム委員

  • RCBJSF(Russia/CIS/Baltic/Japan Symposium on Ferroelectricity) 

    役職・役割名:Program Committee(委員長)

    活動期間:2014年11月 ~ 2016年10月

    活動内容:プログラム委員 委員長

  • Korea-Japan Conference on Ferroelectric (Korea-Japan Conference on Ferroelectric)

    役職・役割名:Program Committee (Program Committee)

    活動期間:2014年10月 ~ 2016年09月

    活動内容:日韓強誘電体会議(JKC-FE09, Univ. of Ulsan)プログラム委員

  • RCBJSF(Russia/CIS/Baltic/Japan Symposium on Ferroelectricity) 

    役職・役割名:Program Committee(委員長)

    活動期間:2014年11月 ~ 2016年10月

    活動内容:プログラム委員 委員長

全件表示 >>

出展・出場・入賞等 【 表示 / 非表示

  • 名称:酸化鉄加工物「グリーンフェライト(R)」を用いた次世代型太陽電池の実用化に向けた取組

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2013年11月27日

    発表者氏名(共同作業者含):池田直,永田知子

    発表内容:ポスター掲示

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:プレス発表

    会社名等:岡山大学

    番組名等及び内容:「酸化鉄太陽電池技術研究組合」を設立

    報道年月日:2013年01月16日

  • 年度:2013年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:雑誌

    会社名等:重化学工業通信社

    番組名等及び内容:岡山大/ベネッセなど、酸化鉄太陽電池技術研究組合 20130205 No53号 
    新エネルギー新報20130123
    http://www.jkn.co.jp/magazine/energy/indexbk/20130205/

    報道年月日:2013年02月05日

  • 年度:2013年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:雑誌

    会社名等:Vision 岡山

    番組名等及び内容:岡大と9事業者がタッグ 革新的太陽電池開発を促進

    報道年月日:2013年01月17日

  • 年度:2013年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:中国新聞

    番組名等及び内容:産学連携で新型太陽電池

    報道年月日:2013年01月17日

  • 年度:2013年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:朝日新聞

    番組名等及び内容:酸化鉄で低価格の太陽電池を 岡山大と9企業が研究組

    報道年月日:2013年01月17日

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:触媒及びその製造方法

    発明(考案)者名:狩野旬 三宅通博 池田直

    登録番号:5804489

    登録日:2015年09月11日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:メモリ素子及びその製造方法、並びにメモリ素子を備えた記憶装置

    発明(考案)者名:池田 直,久保園 芳博,神戸 高志

    登録番号:5467241

    登録日:2014年02月07日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:3次元繊維構造体

    発明(考案)者名:池田直,狩野旬

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:強誘電体担体触媒

    発明(考案)者名:狩野 旬,池田 直

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:物質中の電子密度を双極子状に分布させることで誘電体特性を実現する方法および材料

    発明(考案)者名:池田 直

    登録番号:1243464

    登録日:2013年03月07日

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本物理学会2015年秋季大会 領域10 学生奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年10月

    受賞国:日本国

    授与機関:日本物理学会 領域10

    受賞者・受賞グループ名:藤原孝将,宮島瑞樹,烏谷友之,福永守,古林宏之,永田知子,狩野旬,池田直

    題目名:化学当量性の良いYbFe2O4の電荷秩序と誘電性1

  • 受賞学術賞名:日本物理学会第70回年次大会 領域10 学生奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年03月28日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本物理学会 領域10

    受賞者・受賞グループ名:押目典宏,狩野旬,大崎浩司,寺西貴志,吉田右,池田直,藤井達生,大久保智子,上田剛慈

    題目名:Ba0.8Sr0.2TiO3のMgドープ効果

  • 受賞学術賞名:ポスター賞(第6回誘電体若手夏の学校) (Future Ferroelectrics 2014 Presentation Award)

    受賞区分:その他の賞

    受賞年月:2014年08月21日

    受賞国:日本国

    授与機関:8th International Symposium on the Industrial Applications of the Mössbauer Effect

    受賞者・受賞グループ名:Kosuke Fujiwara, Mamoru Fukunaga, Jun Kano, Tomoko Nagata, and Naoshi Ikeda

    題目名:Semiconductor and Dielectric Prorerties of RFe204

  • 受賞学術賞名:ポスター賞(ISIAME2012 Poster Award) (ISIAME2012 Poster Award)

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2012年09月03日

    受賞国:日本国

    授与機関:8th International Symposium on the Industrial Applications of the Mössbauer Effect

    受賞者・受賞グループ名:T. Okamoto, J. Kano, S. Nakamura, A. Fuwa, T. Otoyama, Y. Nakazaki, M. Ito and N. Ikeda

    題目名:Carrier Mobility of Iron Oxide Nanoparticles Supported on Ferroelectrics Studied By Mössbauer Spectroscopy

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:フラーレン磁性・誘電性共存物質における相関現象の解明

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:フラーレン磁性・誘電性共存物質における相関現象の解明

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:放射光を用いた核共鳴散乱回折装置の開発

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:放射光を用いた核共鳴散乱回折装置の開発

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:フラーレン磁性・誘電性共存物質における相関現象の解明

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:フラーレン磁性・誘電性共存物質における相関現象の解明

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:放射光を用いた核共鳴散乱回折装置の開発

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:放射光を用いた核共鳴散乱回折装置の開発

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:放射光を用いた核共鳴散乱回折装置の開発

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:放射光を用いた核共鳴散乱回折装置の開発

全件表示 >>

産学官連携等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    酸化鉄太陽電池技術研究組合 活動継続

  • 年度:2015年度

    酸化鉄太陽電池技術研究組合 活動継続

  • 年度:2014年度

    酸化鉄太陽電池技術研究組合 活動継続

  • 年度:2013年度

    酸化鉄太陽電池技術研究組合 活動継続

寄付金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 寄附金名称:ベネッセ次世代太陽電池研究寄付(池田 直)

    寄附者名称:株式会社ベネッセホールディングス

    寄附年月:2013年08月

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:160人

    開催日:2013年11月

    講座等名:中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2013

    講義題名:酸化鉄加工物「グリーンフェライト(R)」を用いた次世代型太陽電池の実用化に向けた取組

    主催者:岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

    対象者:社会人

    開催地,会場:岡山ロイヤルホテル

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:鳥取県立鳥取東高等学校

    実施日時,時間数:平成28年7月8日(火)13:30~16:05

    活動内容:学部紹介(学問・生活)

  • 年度:2014年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:兵庫県立加古川西高等学校

    実施日時,時間数:平成26 年7 月15 日(火)10:35~11:25 講義(50 分)

    活動内容:学部紹介(学問・生活)

  • 年度:2013年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:兵庫県立相生高等学校

    実施日時,時間数:平成25年8月5日(月)・12日(月)

    活動内容:8月5日(第1日)
    講義「従来型太陽電池の仕組みと新原理太陽電池の仕組み」
    実験「単結晶人工ルビーの種結晶作成作業」
    8月12日(第2日)
    実験「単結晶人工ルビーの育成作業」(8月5日の続き)

国際貢献(協力事業) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    相手方国名:EU

    プロジェクト名:エラスムス・ ムンドゥス(Erasmus Mundus)EASED(Euro-Asian Sustainable Energy Development)パートナーシッププログラム

    期間:2013年07月 ~ 2017年07月

    活動国名:EU

    役割:岡山大学 実施委員会委員長

    相手方機関名:EU

  • 年度:2015年度

    相手方国名:EU

    プロジェクト名:エラスムス・ ムンドゥス(Erasmus Mundus)EASED(Euro-Asian Sustainable Energy Development)パートナーシッププログラム

    期間:2013年07月 ~ 2017年07月

    活動国名:EU

    役割:岡山大学 実施委員会委員長

    相手方機関名:EU

  • 年度:2014年度

    相手方国名:EU

    プロジェクト名: エラスムス・ムンドゥス(Erasmus Mundus)BEAM(Build on Euro-Asian Mobility)パートナーシッププログラム

    期間:2010年07月 ~ 2014年07月

    活動国名:フランス、英国、ドイツ、ベルギー、スペイン

    役割:岡山大学 実施委員会委員長

    相手方機関名:EU

  • 年度:2014年度

    相手方国名:EU

    プロジェクト名:エラスムス・ ムンドゥス(Erasmus Mundus)EASED(Euro-Asian Sustainable Energy Development)パートナーシッププログラム

    期間:2013年07月 ~ 2017年07月

    活動国名:EU

    役割:岡山大学 実施委員会委員長

    相手方機関名:EU

  • 年度:2013年度

    相手方国名:EU

    プロジェクト名: エラスムス・ムンドゥス(Erasmus Mundus)BEAM(Build on Euro-Asian Mobility)パートナーシッププログラム

    期間:2010年07月 ~ 2014年07月

    活動国名:フランス、英国、ドイツ、ベルギー、スペイン

    役割:岡山大学 実施委員会委員長

    相手方機関名:EU

全件表示 >>

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    他機関名:広島市こども文化科学館

    活動内容:スーパーサイエンスミュージアム講座

  • 年度:2015年度

    他機関名:広島市こども文化科学館

    活動内容:スーパーサイエンスミュージアム講座

  • 年度:2014年度

    他機関名:広島市こども文化科学館

    活動内容:「ルビーの単結晶をつくろう」2 と題して,小学生にサファイア単結晶育成の体験学習を行った。単結晶育成を行った

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:エラスムス・ムンドゥス(EASED)パートナーシッププログラム実施委員会

    役職:委員長

    任期:2013年07月 ~ 2017年07月

    貢献の実績:エラスムスムンダスプログラムの岡山大学コーディネーターとなっている。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:エラスムス・ムンドゥス(EASED)パートナーシッププログラム実施委員会

    役職:委員長

    任期:2013年07月 ~ 2017年07月

    貢献の実績:エラスムスムンダスプログラムの岡山大学コーディネーターとなっている。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:エラスムス・ムンドゥス(BEAM)パートナーシッププログラム実施委員会

    役職:委員長

    任期:2010年07月 ~ 2014年07月

    貢献の実績:エラスムスムンダスプログラムの岡山大学コーディネーターとなっている。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:エラスムス・ムンドゥス(EASED)パートナーシッププログラム実施委員会

    役職:委員長

    任期:2013年07月 ~ 2017年07月

    貢献の実績:エラスムスムンダスプログラムの岡山大学コーディネーターとなっている。

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:エラスムス・ムンドゥス(BEAM)パートナーシッププログラム実施委員会

    役職:委員長

    任期:2010年07月 ~ 2014年07月

    貢献の実績:エラスムスムンダスプログラムの岡山大学コーディネーターとなっている。

全件表示 >>